保護犬・保護猫カフェⓇ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

01月« 2018年02月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728»03月

セニョリータちゃん&ギンちゃん 無事卒業しました

おはようございます。
昨日夕方、スコティッシュフォールドコンビのセニョリータちゃんギンちゃんが無事卒業しました

segin023.jpg

ご連絡をいただいていたり時を過ぎた頃、入口が開き、ご家族3人でお迎えにきてくださいました。
手にはお揃いのにゃんこ用キャリーバッグ。
ネコの形をした、そのまま病院で診察を受けれる優れものです。
segin025.jpg
キャリーケースから伝わる温かさ。
自分の為に用意してもらえる幸せ。
保護猫ではなく、飼い猫への一歩。
それは・・・キャリーケースに宿っていました。

お嬢様に姉妹が出来ました。
そのことをお伝えすると、はにかみながら笑顔を見せてくれたお嬢様。
2頭一緒に引き取ること。
そのことをご両親に進言してくださったお嬢様の笑顔を、私はきっと忘れることはないと思います。

segin028.jpgsegin030.jpg
優しくて穏やかなご家庭に行けるセニョとギン。
ひとりぼっちではない安心感。
一緒だから、大丈夫だよ・・・。
まるでそう言っているかのように、卒業写真を撮り終えた後、2頭は抵抗もなくキャリーケースに入って行きました。
segin024.jpgsenyo017.jpg

卒業写真をお撮りするためご家族でネコ部屋にお入りいただいたきましたが、いつもは抱っこできるセニョ。
でもいつもと違う雰囲気を察知したためすったもんだ(笑)。
segin022.jpg
そのすったもんだの横で、暴れもせずに抱っこされたまま、じーっとお母様を真っすぐ見つめ続けていたギン。
segin021.jpg
私が抱っこするとすぐに降りたがったのに・・・。
言葉じゃなく、テレパシーで語りかけているようでした。


里親様。
神戸市から来てくださり、出していただいた結論は感動のお申し出でした。
お嬢様が言ってくださらなければ、繋がらなかったセニョとギンの運命。
しかしながら、それを聞き入れてくださったご両親様がいたからこそ、繋がった運命。
悩まれ、考えられて・・・。
2頭を一緒に引き取りたい、とお申し出いただいたことを、本当に感謝しています。
素敵な家族が出来るセニョとギンが誇らしく思いました。
segin020.jpg
これからのセニョギンのこと、どうぞよろしくお願い致します

そして、帰られてから送っていただいたメールで、こんなお写真をいただきました。
segin050.jpgsegin051.jpg

「ふたりとも緊張していますが、室内を探検したあとは思い思いの場所で過ごしています」
とのことです。
ネコちゃん定番の「隅っこスタート」。
ではありませんでした
閉ざされた世界から抜け出し、掴んだ幸せは・・・二人で過ごせる最高のお家でした。

segin003.jpg
セニョリータちゃん、ギンちゃん。
二人一緒で良かったね。
お嬢さんに感謝して、二人仲良く幸せにね。
本当におめでとう

セニョリータちゃんと、ギンちゃんの名前は・・・そのままです
そして行先は神戸市灘区。
六甲の見える街です。

では。

新メンバーが来ました(ワン94期生)

こんばんは。
今夜、ワンちゃん(94期生)3頭が新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね~


ワンちゃんの部

ヒジキちゃん  ジャックラッセルテリア×トイプードルmix ♀  2016年頃生まれ(推定1歳)  5.4㎏ 色:ブラック&ホワイト
hijiki002.jpghijiki013.jpg

呼びにくいので、「ヒーちゃん」と呼びますね
ジャックラッセルテリアとトイプードルミックスの推定1歳の女の子。
振り向いた目の表情がなんとも言えない可愛さです。
hijiki003.jpg
性格はとっても愛らしくて可愛いです。
hijiki007.jpg
そっと後追いしてくれたり、お膝にちょこんと乗りに来てくれたり・・・。
と、、、人懐っこさバツグン
とにかく人が大好きです。
hijiki008.jpg
甘えることも出来て、気が付けばお尻をピタっとつけて寄り添ってくれます。
写真で見るより、会うと断然可愛さがわかってもらえる、ヒーちゃん。
hijiki011.jpghijiki006.jpg
hijiki010.jpghijiki009.jpg
幼さが残る、あどけなくて可愛いワンちゃんですよ。

ベルちゃん  トイプードル ♀  2011年9月20日生まれ(歳)  3.2㎏ 色:レッド
bell003.jpgbell006.jpg
華奢で、小さな可愛いトイプードルのベルちゃん。
bell001.jpgbell002.jpg
小顔でスタイル抜群
そして元気。
フロアを走り回る、ちょこまかちゃんです。
人見知りなし、犬見知りなし。
bell008.jpg
今日来た、大きな雑種のいちこちゃんも全然平気。
抱っこしてほしくて、早くもお膝カリカリ。
bell007.jpg
お膝ゲットでご満悦です
お嬢様の雰囲気漂うベルちゃん。
bell010.jpg
横に伸びたお耳がチャームポイントで、歩くと揺れますよ!

いちこちゃん  雑種 ♀  2015年頃生まれ(推定2歳)  9.1㎏ 色:黒茶
itiko013.jpg
推定2歳。飼育放棄されてきました。
性格はとてもとてもとてもおとなしくて、まるで小型犬のよう。
itiko011.jpgitiko012.jpg
まだまだ怖がりさんです。
だけど、人がとても大好きです。
いつでも人にそっと・・・寄り添っています。
itiko014.jpgitiko016.jpg
そして誰にでも抱っこさせてくれて、時折ペロペロもあります。
9㎏と大きいけれど、誰よりも穏やか。
itiko008.jpgitiko004.jpg
鳴かず、威嚇もせず、おとなしくて、健気。
itiko001.jpgitiko006.jpg
きっと大人気・・・の予感です。
高齢のおじいちゃんが施設に入り保護されたこともあり、
今度は絶対に離れることのない家族を見つけてあげたいです。


新しいワンちゃんが3頭増えて、カフェでは9頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
  
  「カフェ募集メンバー」


保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。

またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

現在ネコちゃん部屋は、里親様が決まり、お迎え待ちのセニョリータちゃんとギンちゃんの2頭です。
譲渡対象ではありませんので、ふれあい目的のお客様には入室をご遠慮いただいております。
来週金曜日には、ネコちゃんの新しいメンバーが来る予定です。
それまで、しばらくお待ちいたきますようお願いいたします。
触れ合い目的のお店ではなく、里親様を探すためのカフェであることをどうかご理解いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

では。


ぱ子ちゃん無事卒業、ポチくんも電撃卒業、セニョリータとギンも決まりました

こんばんは、
今日、ロングコートチワワの ぱ子ちゃん が無事卒業しました
また、木曜夜に来たばかりのコーギー、ポチくんにも里親様が決まり、電撃卒業しました
そしてそして・・・。
スコティッシュフォールドのギンちゃんセニョリータちゃんに里親様が決まり、忙しくも、とても嬉しい1日になりました

ぱ子ちゃん
pako028.jpg
里親様は予定通り、朝一番にお迎えに来てくださいました。
残っていたご契約事項を済ませて周りを見渡すと、カフェは満席。
その満席のお客様の大拍手に見送られて、無事卒業して行きました

思い返せば1月19日に来てから、わずか半月での卒業です。
直感を信じて会いに来てくださった里親様が投げてくださった運命の糸を、しっかり受け止めたぱ子ちゃん。
ご縁とは繋ぐものではなく、繋がるもの。
カフェを初めて2年を過ぎた頃から、そう感じるようになりました。
ぱ子ちゃん自身がきっと呼び寄せた幸せなんだと思います。

pako013.jpg
ぱ子ちゃん、出会えて良かったね。
生まれてから不慮の事故に合い片腕を失くしてしまったけれど、失った腕にも優る大切な家族が出来たこと・・・。
それは、すごいこと。
だから、幸せになって欲しい。
そう思います。

カフェに来た頃はビビッていたけれど、やっと本来持っていた性格を表すことが出来たぱ子ちゃん。
天真爛漫で甘えたさんで、自己アピールも出来るし、最初は食べれなかったおやつも、みんなの先頭で後ろ足で立ってもらいに行けるようになりました。
pako036.jpg
里親様のお家でも、一日でも早く慣れてくれることを祈っています。

pako032.jpg
里親様。
素敵な出会いをしてくださいまして、本当にありがとうございました。
今日お撮りした写真の中で、このショットが一番大好きです。
pako031.jpg
言葉ではない暖かな優しさのオーラが、周りを包んでいるように思いました。
きっと里親様のお人柄がそう見えたのだと思います。
また慣れた頃、ぜひ一緒に遊びに来てくださいです。
お待ちしています。

そして・・・。
帰られてからいただいたメールには、こんなぱ子ちゃんが映っていました。
pako033.jpg
pako034.jpg
pako035.jpg
しばらく落ち着かなかったけれど、ケージから出してあげるとニコニコしてくれるように・・・。
ご飯も完食だったようです。
後はお水をあまり飲んでくれないのが少し心配、だそうです。
でも・・・。
寝顔は天使・・・。
そう書いてくださっていました。
頑張ってね、ぱ子ちゃん!
pako030.jpg

そして、ぱ子ちゃんの名前は・・・・。
そのまま、ぱ子ちゃんです
行先は箕面市です。

ポチくん

poti012.jpg
里親様はお隣の宝塚から来てくださったご家族です。
お家には2歳のコーギーの女子のあずみちゃんがいるので、相性を見てくださるためにお電話をくださってから一緒に連れて来てくださいました。

小さなワンちゃんに比べて対格差があるため、フロアの真ん中に置しているサークルの中にいたポチくん。
ポチくんは、人が大好き。
吠えることもなく、ガウガウすることもなく、ただただ構ってちゃん。
poti011.jpg
撫でてあげるとくりくりのおメメで嬉しそうにしてくれていました。
そしてあどけない顔立ち。
ぷりぷりなお尻。
poti002.jpg
あちこちから、「可愛い」ともてはやされ(笑)、今日もポチくん周辺は賑わっていました。

そこに現れた、コーギー女子のあずみちゃん。
poti015.jpg
それからというもの、ポチくんは大大興奮
他にはもう何も見えなくて、あずみちゃん一筋状態になりました。
お客様達にご協力いただいて、カフェにいた他のワンちゃん達を抱っこしてもらい、
ポチくんとあずみちゃんをフロアでマッチング。
poti014.jpg
確かにアタックを繰り返すポチ。
それに応戦するあずみちゃん。
あずみちゃんは嫌だろうなぁ・・・。
そう思い里親様にお聞きすると。
「あずみは嫌なら絶対吠えるのに、今回吠えないので大丈夫かも」
そうおっしゃられました。

その後、ポチくんを抱っこをしてくださったりして、慎重に慎重にお考え下さいました。
ご家族でご相談をしてくださいました。
poti016.jpg
あずみちゃんは以前、今の姿からは想像できないくらいお転婆さんだったそうです。
でも、トレーニングをしたりしつけに通って、とてもお利口になった。
だから、これからはあずみちゃんと一緒にポチくんもしつけに通わせたい。
そうおっしゃって、引き取ることをお決めくださいました。

poti006.jpg
よって、お家と彼女を同時にゲットすることになったポチくん。
昨日までとは違い、一躍幸せをつかみました。

ブリーダーから保護されたポチ。
推定2015年生まれのポチには生年月日がありません。
そのポチくんに作ってくださった誕生日は今日。
今日が「うちの子記念日」と決めてくださいました。
そして新しい名前は 「りょうくん」。
帰られてからいただいたメールには、
「あずみもりょうくんも大切な家族。どこに行くのも一緒。
これからたくさん思い出を作っていきます」
そう綴ってくださいました。

添えてくださったお写真も2頭一緒。
poti021.jpg
poti020.jpg
帰ってからずっと、コギプロをしているそうです・・・
でも、ちゃんと未来を見据えて引き取る事をご決断くださいましたので、安心してお任せすることが出来ました。

poti019.jpg
里親様。
久しぶりに見たFacebookに載っていたポチくんを見て会いに来てくださって、
そしてそのことが今回のご縁に繋がりました。
素敵なご縁をいただき、本当にありがとうございました。
真剣に考えていただいて、出してくださったことを心から感謝しています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

poti001.jpg
りょうくん、おめでとう

セニョリータちゃん、ギンちゃん

segin001.jpgsegin002.jpg
そしてセニョリータちゃんとギンちゃん。
夕方、とても素敵なご縁が繋がりました
お父様とお母様とお嬢様。
里親様は神戸市灘区から来てくださったご家族です。

今日は朝から、ぱ子ちゃんの卒業や、昨日卒業したハルちゃん(元もやしちゃん)の保険ご契約に加え、りょうくん(ポチくん)のご契約と卒業と、嬉しい続き。
また、沢山のお客様にご来店いただき、賑わうカフェでした。
夕方近くになり、少し空席が出始め、ふと気づくとネコ部屋にご家族が入っていらっしゃいました。
カフェのネコ部屋は、現在里親様ご希望の方のみの入室にさせていただいているので、少し気になり見守らせていただいていました。

その後、お声をかけていただきゆっくりとお話をさせていただきました。
動物が大好きなお嬢様。
ネコ、うさぎ、ワンちゃん・・・。
飼いたい動物はたくさんあって、ワンちゃんとも触れ合ったけれど、ギンちゃんとセニョリータが可愛くて飼ってみたいと思うので、と、ご契約等の流れをご質問くださいました。

segin017.jpg
そして保護ネコの事や、既往症の事など詳しくご説明させていただきました。
とくにギンちゃんはアレルギー。
segin016.jpg
セニョちゃんも健康体ではありません。
それをお伝えした後、再度ネコ部屋にお入りになり、ご家族でご相談くださいました。

結論は・・・。
「2頭一緒にお家にお迎えをしたい」
というお申し出でした。
仲がいい2頭を離してしまうのはかわいそうだから・・。
それはお嬢様がそう言ってくださったとのことです。

ほんとに2頭は仲良しです。
前回のネコ部屋にいたてつこ&パルスちゃんが同じお家に行ったため、ギン・セニョは同期入居。
いつも一緒に行動し、仲良く遊んでいました。
segin015.jpg
segin014.jpg
segin009.jpg
segin003.jpg
今回も一緒のお家に行かせてあげたいと思う反面、それは難しいこともわかっていました。

でも、それをお嬢様がご両親に言ってくださって、ご両親もOKしてくださった。
願ってもない、本当に嬉しいお申し出でした。

segin018.jpg
ギン・セニョ、良かったね。
本当に良かった
ずっと一緒に暮らせお家が出来たよ。

穏やかなご家族。
そんなご家族の元に、2頭を送り出せることを心から感謝の気持ちでいっぱいです。

segin011.jpg
ご準備をされるため、卒業は来週の土曜日の予定です。

では。

もやしちゃんの里親様が決まり、卒業しました

こんばんは。
今日、ジャックラッセルテリアとトイプードルミックスのもやしちゃんの里親様が決まり卒業しました
moyasi014.jpg

今日のカフェは、読売新聞に掲載していただいた影響もあったのでしょうか。
開店からたくさんのお客様にご来店いただいていました。
特にコーギーのポチくんが大人気。
体格が大きいため、カフェの真ん中設置しているサークルの中にいたポチくん。
四方から撫でてもらったり名前を呼んでもらったりと、人懐こいポチくんのサークル周辺は賑わっていました。

一方、ネコ部屋の横に置いているベッドの中にひっそりといたもやしちゃん。
お客様のお膝に乗せても、いつの間にかまたそのベッドに戻っていました。
何度繰り返しても、気が付けばそのベッドに舞い戻るもやしちゃん。
moyasi005.jpg
大勢のお客様の中など初めての体験。
「私に構わないで・・・」
そんな無言の声が聞こえてくるようでした。

一昨日、本部から川西に移動してきました。
その後動物病院に連れていかれ、診察。
そしてカフェに戻ってシャンプー。
ご飯を食べた後は、フロアで新メンバー紹介の写真撮影。
慣れない環境での出来事ばかりでした。
ひどくブルブル震えていたその姿が切なすぎました。
moyasi011.jpg

そして、とても汚れていました。
moyasi023.jpg
moyasi024.jpg
伸び放題の毛。
耳はとてつもなく汚れ、お尻にはこびりついた便の塊。
身体には子供を産んだ形跡。
生まれた年さえわからず、誕生日もありません。
推定4歳。
それだけがもやしちゃんの過去でした。

それでも可愛い瞳をしていました。
moyasi008.jpg
あどけない顔立ち。
その時感じた、希望でした。

里親様は去年一度来てくださったことがありました。
今回カフェに足を運んでくださったのは、blogに載ったもやしちゃんに会いに来てくださったものでした。
「もやしちゃんに会いに来ました」
そう言って、スタッフに話してくださったので、もやしちゃんをお膝に抱っこしていただきました。
私がお席に伺ったときは、もやしちゃんはお父様のお膝でウトウト・・・。
身体を預け、安心しきったような姿でした。
moyasi016.jpg
いままでは緊張していたと思っていた私は、少し驚きました。

里親様のお家は、小さいころから、ワンちゃんがいるお家だったそうです。
何頭も飼育経験があり、保護犬のことにもとてもご理解がありました。
直近で亡くなった柴犬のマリンちゃん。
お父様とお嬢様のスマホはマリンちゃんの写真で溢れていました。
moyasi012.jpgmoyasi012-1.jpg
ひどく汚れた耳の事をお伝えしても、ひどい状態の歯をお見せしても、まったく動じずにいてくれました。
まだまだ慣れるまでに時間がかかるかもしれないもやしちゃんを、お家に迎えてくださったとしても
きっと大切にしてくださり、慣れるまで焦らず待っててくれる・・・。
moyasi015.jpg

お話をさせていただいた中で感じた、確信。
私は、それを信じようと思いました。

そして・・・程なく。
「今日連れて帰ってもいいでしょうか」
そうお申し出くださいました。

ご契約の間、その席の下に置いたお気に入りの小さなベッドから動かなかったもやしちゃん。
moyasi019.jpg
moyasi018.jpg
きっと今まで出会った人の中で、一番居心地が良かった人の側。
だから、ここから離れない。
そう思っているようでした。
そのもやしちゃんを優しい眼差しで、見つめてくださっていたお父様とお嬢様。
もやしちゃんと里親様の心が通じた瞬間。
そう思います。


帰られてからいただいたメールには、もやしちゃんの新しい名前をご報告くださいました。
「ハルちゃん」
暖かな響き・・・。
素敵な名前を、ありがとうございました。
添付してくださったお写真は、ちょっとまだ緊張中
moyasi021.jpg
でも・・・。
「これから楽しいこと、嬉しいことを経験させてあげたいです。焦らずゆっくりと向き合っていきます」
そう言葉を添えてくださっていました。
あの時感じた確信は、間違いではありませんでした。

moyasi017.jpg
里親様。
ハルちゃんに会いに来てくださってありがとうございました。
出会ってくださってありがとうございました。
少し慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、気長に見ていただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
そして慣れた頃、飼い犬になったハルちゃんと一緒に、ぜひ遊びに来てくださいね。
心からお待ちしています。

moyasi020.jpg
ハルちゃん、本当におめでとう
幸せにね。
またね

ハルちゃんの行先は伊丹市です。

では。

マリコちゃん卒業しました

こんばんは。
今日、小っちゃなトイプードルのマリコちゃんにご縁が繋がり、卒業しました

mariko023.jpg

1月11日に川西にやって来たマリコちゃん。
たしか、お正月明けの3連休で関東でのペット博に行き、里親様が決まらなかったため大阪に戻って来た、と記憶しています。
長旅の後、川西にやって来たマリマリ(⇠こう呼んでいました)。
その時の印象は。。。
見た目にも明らかなほど、疲れていました。
mariko014.jpg
可愛さなど考えてもらったこともない、全身バリカンカット。
鼻先は擦り剝けていました。
きっとキャリーケースの隙間から鼻を出して、こすりつけた時についた傷だったと思います。

その時、1月に卒業したPTのももちゃんが川西に来た時のことを思い出していました。
ももちゃんより一回りほど小さかったけど、まるでリトルももちゃんでした。
そして、お乳はたくさん子供を産んだことを物語っていました。
切ないなぁ・・・。
こんな小さな身体で産んできたんだ・・・。
そう思ったことを鮮明に覚えています。

mariko018.jpg
鳴く声もか細いものでした。
じっと周りの様子をみていたマリマリ。
抱っこをされても、緊張が腕に伝わるほどでした。
mariko017.jpg

でも、可愛い目をしていたのです。
mariko020.jpg
1~2か月したら毛も伸びてきっと可愛くなる。
今は緊張しているけれど、きっと慣れてくれる。
そう思い接していました。
mariko021.jpg

ほどなく、頭角を現したマリちゃん。
それは、自衛からくるものなのかもしれませんが、性格は他を寄せ付けない程の強さを持っていました。
だんだん鳴き声は大きくなっていました。
そして、遊び大好き。
ピコピコ音の鳴る小さなぬいぐるみのおもちゃは、すべてマリマリのもの。
投げてあげると、素早く探して持ってくる。
隠しても見つけて持ってくる。
それを飽きることなく繰り返していました。
mariko019.jpg
また、朝、ケージから出すときのマリマリは可愛いものでした。
お腹を見せてゴロン。
超甘えたさんでした。

1頭飼い。
それも、お子様のいるお家。
そんな場所を見つけてあげれたら・・・。
いつしかそんな思いが頭を巡っていました。

里親様は一昨日、お電話をくださいました。
ワンちゃんを飼った経験はありませんが、小3と小1の息子と一緒に行かせていただいてもいいでしょうか?
というものでした。
その先にワンちゃんを迎えるご意思もおありのようでしたので、
「もちろん、ぜひ遊びに来てください」
とお答えしました。

そして翌日、お子様と3人でお超しくださいました。
とにかく触れ合ってみられるおつもりだったように思います。
でもそこには、マリマリと運命の出会いが待っていました。
マリマリは遊びが大好き。
なので、お子様達とのおもちゃ遊びをしていて、もう夢中・・・。
でした。
mariko024.jpg
その間、初めての飼育に関することや、保護犬のことをお母様と色々お話をさせていただきました。
ただそこには、お父様が不在でした。

後ろ髪を引かれるように、カフェを後にされたお子様達。
マリマリを本当に大好き。
連れて帰りたい・・・。
そんなお子様達の気持ちが、私にも伝わって来ていました。

そして翌日の今日・・・。
ドアが開き、お父様とお母様が入口に立っていらっしゃいました。
マリマリに会いに来てくださったのです。
その後しばらく過ごされて、帰られたのですが。

夕方・・・。
お子様達とお母様が再度ご来店くださいました。
その時のお子様達は・・・。
「マリコ~」
と名前を呼びながら入って来てくれたのです。
mariko025.jpg
それはまるで愛しい人との再会。
映画のワンシーンのようでした。

たった1日で、お子様の気持ちを虜にしたマリマリ。
マリマリが自分でつかんだ幸せです。
本当に1頭飼いで、優しいご兄弟のいるお家。
マリマリは最高のお家を見つけました。

mariko026.jpg
里親様。
マリコちゃんに出会ってくださって、ありがとうございました。
息子さん達に出会えたまりこちゃんは本当に幸せだと思います。
たった1本の赤い糸。
それを繋いでくださったこと、心から感謝しています。
これからのマリコちゃんをどうぞよろしくお願いいたしますね。
そして1か月後、毛が伸びて可愛くなったマリコちゃんのお写真を楽しみにお待ちしています。

mariko016.jpg
マリコちゃんの名前は・・・。
そのまま 「マリコちゃん」です
そして、行先は箕面市。
お庭のあるお家ですヨ

マリマリ、すごいね。
やったね~。
皆に可愛がってもらって幸せにね。
ほんとにおめでとう

PS.帰られてからいただいたメールには、マリコちゃんのご飯を食べているお写真を添えてくださっていました。
とりあえずは、一安心です
mariko027.jpg

ではまた。