FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

11月« 2019年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月

新メンバー(ワン168期生)

こんばんは。
今夜、ワンちゃん(168期生)3頭が、新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね~

ワンちゃんの部

チーターくん ロングコートチワワ ♂
2015年8月10日生まれ(4歳) 2.1㎏
色:レッド&ホワイト


小柄な身体に大きなオメメ。
とにかくとっても可愛いチワワ男子です。

フロアでは元気いっぱい。
あちこち縦横無尽に、常に全力疾走でチーターのように走り回ります。

だけど抱っこするととたんにスイッチOFF。
ちょっと情けない表情になってしまうところが、またまたチャームポイント。
 
降ろすとスイッチON。

抱っこするとスイッチOFF。

のギャップがたまりません。
キラッキラのキラースマイル連発のチーターくん。
言葉にできない可愛さは必見。

人気殺到の予感です。
(印西店からの移動組)


大ちゃん ミニチュアダックスフンド ♂
推定2012年頃生まれ(推定7歳) 5.4㎏
色:クリーム


大ちゃんはとっても大らかさん。
新メンバーがワチャワチャしていても、あまり気にする様子もありません。

鳴いたりもせず、その穏やかな様子は見ていて頼もしく感じたり、またいじらしくも思えたり・・。

印西店からの移動と鳴れない場所で緊張しているはずだけど、抱っこもさせてくれて、そのままおネムモードになりました。

体格はがっちりだけれど、痩せています。

ちょっとつぶら系のオメメも可愛い大ちゃん。
お手々はアンパンのように大きなお手々。

おやつ大好きです。


ちゃん チワワ×マルチーズ  ♀
2015年7月15日生まれ(4歳) 2.9㎏
色:クリーム


チワワとマルチーズmixのピーリンちゃん。
お耳がウサギさんみたくぴょんぴょん上下に動きます。

オメメもくりくりで、体格小柄。
愛想もよくてとっても可愛いです。

他のワンちゃんに興味津々で、気になってちょっかいかけたりしていましたが、しばらくたったら電池切れ。
まるまってネコちゃんの様に寝てしまいました。

人懐こくて抱っこもできる、可愛いおてんば娘ピーリン。

会っていただければ、このキュートさをきっとわかっていただけると思います。

(印西店からの移動組)


新しいワンちゃんが3頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」

保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

そしてネコちゃん部屋ですが、ネコちゃん達は警戒心が強い生き物です。
そのため色々なお客様と触れ合うことにストレスを感じ、なかなか環境に慣れてくれないなどの問題が生じています。
現在猫部屋里親希望の方のみの入室とさせて頂いております。
ご期待に沿えず申し訳ございませんが、触れ合い目的のお店ではないため、どうかご理解いただけますと幸いです。
里親希望の方、保護猫をお家にお迎えすることを少しでもお考えの方は、お気軽に近くのスタッフにお声掛けください。
よろしくお願い致します。

では。

芽愛ちゃん卒業しました

こんばんは。
今日、ミニチュアダックスフンドの芽愛(めあ)ちゃんにご縁が繋がり、卒業しました

mea010.jpg


芽愛ちゃんは今週の火曜の夜に川西に来ました。
一足先に卒業したチワワのしんくん(現ちゃばくん)やMシュナウザーのじゅんちゃんと一緒で、印西店からの移動組。

保護はおそらく1か月前くらいだと思います。

初めて会ったのは移動のケージの中でした。
ケージの中では鳴いてしまうのですが、その声はくぐもっていて、電子音のような違和感。
おそらく声帯がカットされていて、声の半分くらいが出ていないようでした。
そして、他のワンちゃん達に比べて芽愛ちゃんは場所見知り・・・。

人にも慣れていないように思いました。
移動から今日でまだ4日なので、すべてはまだわかりません。
フロアでは鳴いたりするでなく、ワンちゃん達の中では大人しい印象。

個性豊かなワンちゃん達の中にいて、それはひときわ目立っていました。
開店前のフロアでは動き回ったっりすることもありましたが、ほとんど気配を消して一日中ベッドの中。
それも身体を丸めて顔を隠して。

だから早く落ち着くお家が、芽愛ちゃんには必要だと思いました。

でも、ご飯は大好き。
芽愛の一日の楽しみは、食べることでした。
おやつが出るとおもむろに起きて、ワンちゃん達の後方で控えめに待っていました。
夜のご飯は必ず完食。
食後のガムも大好きでした。

ご飯を食べてくれるんだから大丈夫。
あとは時間が解決することを願いました。

里親様は昨日お電話をくださっていました。
実は木曜日にも、里親様の妹さんから面会希望のお電話をいただいていました。
今日開店してすぐに芽愛ちゃんに会いに来てくださったのは、里親様の妹さんご夫婦。
里親様はご都合がつかずに先に妹さんが見に来られたということでした。
里親様のお家には、2年前までMダックスのハルくんがいました。
ハルくんは迷い犬。
妹さんが当時働いていたところで保護されたワンちゃんでした。
そのハルくんが虹の橋を渡ってしまったのは2年前。
それから悲しくてワンちゃんを飼っていなかったそうです。
でも妹さんは最近SNSなどを見ておられて、印西店にいる芽愛ちゃんのことを見つけていました。
「ハルくんに似ている」
と思っていらっしゃったそうです。

本当にハルくんはとっても芽愛ちゃんとそっくり。

(携帯に保存されているハルくんの写真を見て、余りに似ているので私も驚きました)
その芽愛ちゃんが川西に移動になったことを知ったご家族は、
とりあえずは妹さんのご夫婦が見に来てくださったということでした。

でもしばらく過ごされているうちに連れて帰りたいというお気持ちになり、そのことを伝えてくださったのですが、
ご契約のお家はお姉様のお家。
お姉様に来ていただかないと、連れて帰っていただくことはできません。
そのことをお姉様にお伝えいただくと、ご都合をつけて、カフェからは2時間ほどかかる距離を急ぎ駆けつけてくださいました。

お待ちしている間、妹さんとたくさんお話をさせていただきました。
保護犬のことや、既往症の事。
亡くなったワンちゃんに似ていても、全く個性の異なるワンちゃんであることも。
もちろん、すべて受け入れてくださいました。
何より、妹さんはトリマーさんでワンちゃんへのご理解がありました。
mea012.png

もちろん、後ほど来てくださったお姉様(里親様)ともたくさんお話をさせていただきました。
新しい場所で慣れるまで少し時間がかかると思われる芽愛ちゃん。

でもきっと、優しく見守っていただけると思いました。

里親様。
たくさんのワンちゃんの中から、遠く印西にいる芽愛ちゃんを見つけてくださいましてありがとうございました。
そしてその奇跡のような出会いをしっかりと繋いでいただいたことに、心から感謝しています。
mea011.jpg

長い距離を移動して、辿り着いた川西の地は、まるで里親様のお家に行くための移動のように思います。
そしてそれは、ハルちゃんが導いてくれたのではないかと思っています。

まだ控えめで怖がりさんの芽愛ちゃんですが、気長に待ってあげていただければ幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

芽愛ちゃんへ。

いままでいっぱい頑張ったよね。
お疲れさまでした。
でもね、やっとお家ができたんだよ。
お家はもう頑張らなくていいところだから
皆に愛されて、幸せになってね。
卒業、本当におめでとう

※新しい名前は現在お考え中とのことです。

では。

みかんちゃん、しんくん、揃って卒業しました

こんばんは。
今日、先日里親様が決まったチワワ×ポメラニアンmixのみかんちゃんが、無事卒業しました
そして、昨日カフェデビューしたばかりのロングコートチワワのしんくんも、里親様が決まり卒業しました


みかんちゃん



カフェで1歳の誕生日(11月14日)を迎えたみかんちゃんは飼育放棄での保護でした。
「飼い主への威嚇」
それが元飼い主の放棄理由。
保護され、川西にやって来たのは11月12日です。

威嚇って、もしかして噛んだりするのだろうか・・。
そんなことを考えていたのですが、
実際は全くもって違っていました。

まだまだ若いので、運動量も半端なくて、賑やかではありましたが、
元気、天真爛漫、遊び大好き、人大好き。

そしてとっても甘えたさんでした。

鳴き声はちょっと大きいでしたが、鳴くのはフロアでケージに入れられた時だけ。

それも、ホルモーくんとはエンドレスにワンプロするので、興奮しすぎないように入ってもらったときくらいです。

夕方近くになると、さすがに疲れたのかベッドでお休みすることが多く
抱っこも嫌いではありませんでした。

ただかまってほしいし遊びたい、1歳の無邪気でとっても可愛いワンちゃんでした。

みかんちゃんがカフェに来た週末の土曜日。
一組のご夫婦がご来店くださいました。
先月、飼っておられたワンちゃんを亡くされたとのことで、
名前は海くん(Mダックス)。

12歳だったそうです。

この日、この時、不思議なことが起こりました。
カフェに来られたご夫婦がお席に着くや否や、みかんちゃんがご主人に駆け寄りお膝にちょこんと乗ったのです。

そのままずっとお膝から降りませんでした。
しかもその後、ご主人のお膝で寝てしまいました。
「ん?」
その場にいたみんながそう感じたと思います。
人は大好きなようでしたが、おもちゃをカジカジしたり、ワンちゃん達と遊んだり、と、
他の事で大忙し(笑)
だから、それまでは自分からはお膝には行くことはめったになかったし、
みかんが自分でご主人のお膝を選んだ気がしたからです。
この日は結局、ご主人のお膝でずーっと過ごしていたみかんちゃん。

「普段はめちゃくちゃお転婆なんですけどね~」
そう里親様にご説明させていただきました。

2日後の月曜日。
「お転婆なところを見に来ました」
そう言われて再度ご来店くださいました。
この日は先日と違ってお転婆全開。
ずっとワチャワチャとフロアで過ごしていたみかん。

その様子を、じっと目を細めてみていらっしゃいました。

更に金曜日にお嬢様もご一緒に三たびご来店。

この日はまたもや甘えたみかんちゃん。

ご主人のお膝でまったりしている様子を目撃しました。
そして・・。
お家の子に決めていただき、翌日ご契約となりました。


初日、たまたまお膝に乗ったのではなくて
みかんは今度は自分でお家を選んだろうな。
私はそう思います。
何故なら、今日お迎えに来てくださった時の様子です。
自ら玄関にお迎えに行って、熱烈歓迎。

完全にお父さんを認識していました。
お父様もそのことがとても嬉しそうでした。

里親様。
何度もカフェに来てくださり、みかんちゃんをお家にお迎えることお決めくださいまして本当にありがとうございました。

今まで何頭もワンちゃんネコちゃんをカフェからお家へと送り出してきましたが、
これほどまでに真直ぐに里親様を見つめたワンちゃんはいなかったと思います。
出会ってくださったご縁に、心から感謝しています。

またぜひ、カフェに遊びに来ていただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

帰られてから送ってくださったお写真ですが・・。

鏡に映る自分の姿に吠えていたそうですヨ

みかんちゃんへ。

まだまだお子ちゃまだと思ってたのに、
自分でお家を選ぶなんて、正直びっくりです。
でも・・・。
みかんちゃんのために何度も来てもらって
みかんちゃんの良さを分かってもらえて
ほんとに良かった
今度はずっとのお家。
どうか幸せにね。

卒業おめでとう


しんくん




しんくんは6歳。
保護はおそらく今年4月頃だと思います。
千葉県印西店からの移動で先週大阪に来ました。
川西には一昨日来たばかり。

小さくて可愛くて、守ってあげたくなるタイプです。
人見知りや場所見知りは全然なくて、抱っこ大好き。

抱っこされると、そのまま。
お膝から降りるのは嫌なようでした。

フロアでもすぐにしっぽが上がって、ワンちゃん達と仲良しさん。

でも小さいけれど男気たっぷりで、男のワンちゃんには果敢に威嚇しに行く強気な一面あり。
ただそのギャップも可愛く思えました。
しかし、ワンちゃんとのトラブルは禁物です。
フロアにはケージが一つ増えて、基本その中にINしてもらっていました。


しんくんには心疾患があり、僧帽弁閉鎖不全症のステージはB1~B2の間。
投薬は様子を見ながら、と病院の先生から言われていました。
歯も下切歯2本のみ。

6歳で歯が無くなることは普通ありません。
声帯も切除されていたしんくん。
見た目ではわからない過酷な過去を物語っていました。

それは切ない過去でした。

里親様は昨日、川西カフェデビューの日にお母様とお嬢様でしんくんに会いに来てくださいました。
カフェに来てくださるのはこの日で2度目。
1度目は先週の水曜日のことで、この日はお父様もご一緒でした。
「ワンちゃんを飼いたい」
そう思って訪れてくださったカフェ。
8年前に18歳目前でビーグル犬のミミちゃんを亡くされて以来で、今回はお嬢様の強いご意思でした。


先週水曜日のカフェには、みかんちゃんやキキちゃんがいて楽しく触れ合ってくださっていました。
お嬢様はみかんちゃんがお気に入りで、お父様はキキちゃんがお気に入り。
だけど間もなく里親様が決まりました。
今回は新しいメンバーの中でしんくんが気になったので、いち早く見に来てくださいました。
心疾患やその他、今わかる全てを里親様にお伝えしました。
悩まれて当然。
迷われて当然。
そう思いながらのご説明でした。

でも、里親様とお嬢様の反応は違いました。
そもそもワンちゃんを飼うなら、絶対に保護犬にしようと思っておられたそうです。
お嬢様は来春動物看護士の学校に進まれ、将来は動物のお仕事に就かれたいとのこと。
特にお嬢様は引き取るご意思は変わらず強いものでした。

それらの事が、「飼わない」という理由にはなりませんでした。
ただ、お父様にも会ってもらってから。
ご家族全員の同意を、自ら申し出ていただきました。

翌日の今日、早い時間にお父様とお母様がご来店。

お父様にも同様にしんくんのすべてをお伝えしました。
すると・・。
「もうすぐにでも連れて帰りたい」
そうお話しくださったのです。
力強い、さらに頼もしいそのお言葉に心が震えました。

その後。ご両親がしんくん受け入れのご準備を整えられて、
夕方学校帰りに駆けつけてくださったお嬢様とカフェで合流。

ご家族全員お迎えで、お嬢様に抱っこされたまま卒業していきました

里親様。
しんくんとの出会ってくださり、全てを受け入れてくださり、
お家の子にしてくださって本当にありがとうございました。

優しいご家族のお気持ちと、ご一家でしんくんを望んでくださったお気持に感謝しかありません。
過去は想像してあげることしかできませんが、大切なことは今と未来。
たっぷりの愛情でワンちゃん達は蘇ることができます。
どうぞしんくんの未来をよろしくお願いいたします。

新しくつけてくださった名前は・・。
「ちゃばくん」
お嬢様がご友人と一緒に考えてくださったそうですよ。
可愛くてピッタリですね。

ちゃばくんへ。

たった2日間の滞在でお家が決まってすごいよね。
でもほんと良かった。
川西に来た理由は、里親様と出会うため。
運命に翻弄されて来たかもしれないけれど、
これからが本当の犬生。
見つけてもらって良かったね。
出会ってもらって良かったね。
どうか幸せになってください。

卒業、本当におめでとう

では。

新メンバー(ワン167期生)

こんばんは。
今夜、ワンちゃん(167期生)3頭が、新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね~

ワンちゃんの部

しんくん ロングコートチワワ ♂
2013年1月26日生まれ(6歳) 2.5㎏
色:クリーム&ホワイト 去勢済み


ちっちゃなチワワのしんくんはベビーフェイスな男の子です。
ちょっとだけ残っている歯は、ビーバーちゃんみたいで超プリティ。

お口からいつもはみ出している舌は、可愛いチャームポイント。

ボディの柄も、とってもきれいなツートンカラー。

人は大好きで、気がついたら隣にそっと寄り添ってくれる甘えたさん。

抱っこはもちろんOKで、一度抱っこしたら降りるのは嫌なようです。

隅っこにいることが多いけれど、初めての場所でもしっぽが上がって楽しそうでした。

男の子のワンちゃんにはちょっと厳しい面もありますが・・。
まだまだこれから変わっていける予感です。



じゅんちゃん ミニチュアシュナウザー  ♀
2009年12月23日生まれ(9歳) 6.2㎏
色:ホワイト 避妊済


珍しいホワイトカラーのじゅんちゃん。
9歳とは思えない元気記しな女の子です。
今日はフロアでカイトくんと楽しそうに「遊ぼ」していました。

性格はとっても人懐こくて愛嬌たっぷり。
初めましてとは思えないくらい近寄ってきてくれました。

その後お膝もカリカリして来てくれるフレンドリーさん。

抱っこ大好き、おやつも大好きです。
お耳掃除も嫌がらずにじっとしてくれえるおりこうさん。

人見知りも犬見知りもないので、一緒に遊べるおお友達のいるお家でも大丈夫。

特技はヒップアタックです(笑)


芽愛(めあ)ちゃん ミニチュアダックスフンド  ♀
推定2012年頃生まれ(7歳) 4.4㎏
色:レッド


芽愛ちゃんはオメメがとっても大きい美人さん。
その大きな目でじっと見つめてきてくれます。

新しい場所では慣れなくて、今日はとってもおっかなびっくり。
抱っこもごそごそしてしまいますが、慣れてくると大丈夫になりました。

まだまだ様子伺いな感じですが、控えめさと本来の活発さが同居しているようで、
走るととっても速いです。

被毛はふわふわで触り心地バツグン。
おやつも大好きで、徐々に慣れて来てくれるのが楽しみな女の子。

そんな日がきっとすぐにやって来る予感です。



新しいワンちゃんが3頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」

保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

そしてネコちゃん部屋ですが、ネコちゃん達は警戒心が強い生き物です。
そのため色々なお客様と触れ合うことにストレスを感じ、なかなか環境に慣れてくれないなどの問題が生じています。
現在猫部屋里親希望の方のみの入室とさせて頂いております。
ご期待に沿えず申し訳ございませんが、触れ合い目的のお店ではないため、どうかご理解いただけますと幸いです。
里親希望の方、保護猫をお家にお迎えすることを少しでもお考えの方は、お気軽に近くのスタッフにお声掛けください。
よろしくお願い致します。


では。


ビービーくんの卒業 (不具合による再掲載です)

こんばんは。
昨日更新させていただいた「キキちゃん卒業、ビービーくん卒業」ですが・・、
「ビービーくんの卒業」のところで不具合が発生していることに先ほど気がつきました。
(文章と写真が途中かなりぬけ落ちていいました。申し訳ございません
つきましては「ビービーくんの卒業」について再掲載させていただきます。
再度お読みいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします


ビービーくん




ビービーくんは11月12日にカフェにやって来たイケメンダックスくん。

人懐こいけれど、先輩ワンちゃん達からはどういうわけかマウントされやすいタイプでした。

でも、どれだけマウントされようが自分からは攻撃するどころかされるまま・・。
日中は1席だけあるテーブルの下で寝ていることが多い日々でした。

それがまたいじらしくて守ってあげたくなるタイプでもありました。

ビービーくんの右頬には傷跡があります。

それは歯が劣悪で根本が膿んで、頬側に破裂してしまった跡でした。

ビービーの歯は5歳の歯ではありませんでした。
残っている歯は10本にも満たず、その歯のすべてが酷い状態。
歯石が石灰化したものが覆っていました。
診察してくれた先生さえも、初めて見るようなひどい状態。
抗生剤を飲んでも、また同じことの繰り返し。
もう抜く以外の選択肢はありませんでした。

ところが1週間後に右頬破裂の原因だった歯が抜けました。
食後に皆にあげている硬いアキレスのおやつをビービーも食べたがったのであげていたのですが
おそらくそのせいで抜けたものと思います。

残っている歯はまだひどいものでしたが、その歯はもう腫れることがないので、まずは一安心でした。

でも、ビービーはみんなのようにご飯を食べてくれませんでした。
夜、ケージでのご飯は舐める程度。
ドライやウエットを日替わりで工夫してあげても一緒でした。
みんなが寝静まったころに、手から少しづつ。
一度に食べないので、何度も何度も手から時間をかけてあげていました。
緊張からか、歯が痛いからなのか。
抜けた歯以外も同じような状態でしたから。

そんなビービーくんと里親様の出逢いは、運命の出会いでした。
里親様は2018年2月、Mダックスフンドのアダムくんを引き取ってくださったご家族です。
それ以降、よくカフェに遊びに来てくださっていました。
アダムくんもだいたい一緒に連れて来てくださっていて、そのアダムくんは決まったようにママのお膝で爆睡。

その姿が可愛くて毎回お写真を撮らせていただいていました。

だからビービーが川西に来た週もカフェに来てくださっていました。
その時から里親様は、何故かビービーが気になって仕方が無かったそうです。
「歯をなんとかしてあげたい」
そう思ったのが最初だったそうです。
それから、何度かカフェに来てくださるたびに気になって気になって・・。
とおっしゃられた里親様。

今までもたくさんのダックスが川西に来ていました。
でもビービーのような気持ちにはならなかった。
何故かの理由は分からなかったそうです。

くったくのない笑顔と淋しさを同居させていたその姿。
それが里親様を動かしていたのだとしたら・・。

出会ったこと自体がきっと運命だったのだと思います。

ご主人にご相談されて、同意を取り付けてくださって
引き取ってくださることをご決断くださったのは昨日の夜でした。
明日迎えに行きますとメールをいただいた時、
私はとても嬉しかったです。

里親様。
この度もビービーくんとのご縁を繋いでくださいましてありがとうございました。

「ただビービーくんと一緒にいたい」
「理由があるとしたら、ただそれだけだったと思います」
今日、帰られてからそう伝えてくださったメールに胸がいっぱいになりました。
私がチャロと出会った時も同じでしたから・・。

いつもカフェのワンちゃん達にお洋服を作ってくださっていること。

来られた時には必ずおやつをたくさんふるまってくださってること。
いつもたくさん募金をしてくださっていること。
それなのに控えめで、優しくて温かなお心の持ち主でいらっしゃること。
ビービーは体調不良でご飯をちゃんと食べれないのですが
それをご承知の上で引き取ってくださったこと。
その全てに心から感謝しています。
本当にありがとうございます。
まだまだご苦労をお掛けすると思いますが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

昨夜から少し体調を崩して吐いたり下痢が続いていたビービーくん。
お家に行ってもやっぱりご飯は、色々試していただいても食べてくれないそうでした。

明日、病院を受診してくださるそうです。

新しくつけてくださった名前は・・。
「ルークくん」
お嬢様が付けてくださったそうで、
「光を運ぶ」
という意味があるそうですよ。

光を運んでくれたルーク君が、皆さんの絆を更に輝かせてくれますように・・。

ルークくんへ
最強のお家ができたね。

ルーク君のことが大好きっていってくれるお家。
私はルーク君が里親様に会うために川西にやって来たって
そう思ってるよ。
たくさんいるワンちゃんの中から見つけてもらって良かったね。
体調をしっかり治してもらって
アダム兄ちゃんとも仲良くしてもらって
幸せになってね。

(↑お家でアダムくんとの初ツーショット)
そしてまた、カフェにも顔を見せてください。

ルーク君。
卒業、本当におめでとう

幸せにね

では。