fc2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

12月« 2022年01月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»02月

2022年を迎えて

こんにちは。
新しい年が明けましたね。

去年はいつにも増して、早く過ぎて行ったように思います。

未だ世界中に蔓延し続けるウイルスの脅威。
いつ終わるとも知れない、その果てしない戦いは続いています。
私事ですが、昨年90歳の母が骨折して入院しました。
その時に病院から言い渡された面会禁止。
会えることをあんなに楽しみにしていたのに、と、90歳の母の孤独を思うと胸がとてもとても痛みました。

人はその立場に立って、そうなって初めて分かることがあります。
情報は得ていても、気持ちを慮っても、理解できると思っていても、
100%とは言い切れないこと。
私はコロナのこの時期に入院された方の孤独を、母を通じて痛感しました。

でも・・。
共感すること。
思いやること。
包むこと。
寄り添うこと。
より一層、深く考えるようになりました。


今年のカフェは、120頭のワンちゃんネコちゃんを新しいお家に迎えていただきました。
(開店から通算689頭になります)
それは本当本当に嬉しいことでした。

多くは繁殖犬として頑張ってきた子達。
ブリーダーが崩壊してしまって、耳ダニや身体のダニ、骨と皮だけ。

体中が酷い状態で保護された子達もいました。
また多頭飼育崩壊で十分に栄養が行き届かずにやせ細って保護された子達。
過去が分からず、年齢も定かではありません。
足が欠損していたり、片方の目が機能していなかったり。



心疾患、腫瘍、寄生虫を持っている子もいました。
飼われていたお家から、理由はあるにせよ放棄されたワンちゃんも少なくありません。

保護犬を引き取り、家族の一員として迎えたいと言ってくださる方が増え、前よりも認知度が上がっていることも事実です。
それは間違いなく嬉しいことです。
ですが、譲渡に関して里親様とお話させていただくときに
「なぜ保護犬を迎えようと思われましたか?」
いつのころからか、そうお聞きすることが増えました。

その理由は・・この子達に寄り添ってあげて欲しい。
そう願うからです。
共感することや思いやってあげて包んであげることの前に、その根底に寄り添うお気持ちが無ければ、保護犬を迎える事は難しいと思うからです。

今あるこの子達の姿は、その過去があるがゆえ。
医療も愛情も環境も万全では無い場所から、本来の飼い方とは違うことを余儀なくされていたり。
飼犬にであったにもかかわらず、一緒にいれなくて放棄されていたり。
カフェに来たばかりのワンちゃんネコちゃんは、本当の性格を見せてくれないことも多いです。

ですが寄り添うことで、共感することで、思いやることで、治療を施すことで、変わります。
そしてその瞬間は喜びでいっぱいになります。
保護犬を迎えるということは、そう言う事なのです。

そのために私達は、心を込めて、そのことを一生懸命お伝えしています。
私がブログを更新する理由も、それらを伝えさせていただけるのならと書き続けています。


そして残念なことに、今年は悲しいお知らせもたくさんありました。
ご連絡いただいただけでも今年は21頭の命がお空に引っ越しをしています。
2015年にカフェを始めた頃は、年齢が高いワンちゃんネコちゃんがたくさん保護されていました。
愛情をたくさんもらって、寿命以上に生きさせていただいたワンちゃんもいます。
引き取っていただいてから、ずっと疾患と闘ってくださった里親様もいらっしゃいます。
その反面、突然何の前触れもなく逝ってしまったワンちゃんもいました。

命には限りがあること。
それは分かっていても、辛くて苦しい思いが消えるわけではありません。
でも・・ワンちゃんやネコちゃんは過去を振り返ったり、未来を思い描いて憂うこともないと言われています。
「今」だけを生きていて、その時間がご機嫌かどうか…という事が全て。
里親様の笑顔が、ワンちゃんネコちゃん達に命を吹き込んでくださったから、幸せな日々が過ごせました。
だから、きっと、幸せに旅立てたと思いますし、そう信じています。
ワンちゃん達の全てを受け入れ、かけがえのない時間を共有していただいた事に、心から感謝しています。


そしてもう一つ、お伝えしたいことがあります。
川西店は私以外は全てボランティアさん達のご協力で成り立っています。
ボランティアさん達の存在が無ければ、カフェを運営することができません。
毎日のお散歩やカフェスタッフをしてくださる方はもちろんのことながら、
カフェ開店当初から続けてくださっている方。
SNSを担当してくださっている方々。
新メンバーの運搬を始めシャンプーや写真撮影をしてくださる方。
トリミング担当をしてくださる方。
カフェの修理、メンテナンス、パソコン機器、卒業写真を担当してくださったり、
名古屋や岐阜からも来てくださる方もいらっしゃいます。
平日も、休日も、年末年始も・・。
ご自身の大切な時間を、カフェの子達のために使っていただいています。

優しさが溢れる方々と一緒にさせていただけることは、おこがましくも何物にも替えがたく思います。

みんなと笑ったり温かな涙を流したり一喜一憂したり。
そんなカフェが私は大好きです。

ラブファイブの皆さん、ミネルバ動物病院の皆さん、里親になってくださった皆さん。
ボランティアの皆さん。
そしてお客様を含むカフェに関わってくださっているすべての方々に心から感謝しながら・・。
より多くの温かい愛情で包まれたお家を見つけるため、ボランティアさん達と一丸で頑張らせていただければと思います。
今年も温かいご支援をいただけましたら幸いです。

2022年1月1日
岩澤晃子



🧡2021年卒業のワンちゃんネコちゃん




🌙⭐️2021年お空にお引越し組

パグのマルちゃん

ミニチュアダックスの幸(フク)ちゃん

パグのシューくん

スコティッシュフォールドのメアリーちゃん

チワワのマーガリンちゃん

シーズーのミョンちゃん

チワワのさくらちゃん

ミニチュアダックスフンドのシフォンくん

ペキニーズの桃子ちゃん

ミニチュアダックスフンドのシャルちゃん

チワワトイプードルmixの陽向くん

チワワのハルくん

トイプードルのたりんちゃん

スムースコートダックスのりろちゃん

ミニチュアダックスフンドのしらすちゃん

トイプードルのらんちゃん

マルチーズのうめちゃん

ミニチュアダックスフンドのサエちゃん

ポメラニアンの菊ちゃん

ラグドールの千歳ちゃん

トイプードルのみつきちゃん


お疲れさまでした。
安らかに・・。
心からご冥福をお祈りいたします。


ヒーチちゃん卒業

おはようございます。
更新が遅くなってしまい、大変申し訳ありません。
12月27日月曜日、スムースコートチワワのヒーチちゃんが卒業しました



川西店はこの日で今年の営業が最後。
ヒーチちゃんが幸せの締めくくりとなりました。

卒業のお話の前に、ヒーチちゃんの里親様のことをお話させてください。
里親様のご姉妹は昨年6月に川西から卒業したチワワmixの陽向(ひなた)くん[元しんのすけくん]の里親様です。

その陽向くんは本当に本当に残念なことに、今年10月13日突然虹の橋を渡って行ってしまいました。
まだ7歳の誕生日を迎えたばかり。
その日は朝散歩に行っていたのに、あまりに突然のその別れ・・。
おそらく肺の血管が破裂してしまったのだろうとのことでした。

「溺愛」
この言葉は陽向くんのためにあると言っても過言ではないほど里親様は可愛がってくださっていました。
幸せな一年と4ヵ月の日々。

その間カフェにも何度も里帰りをしてくださっていました。
色んな所に連れて行ってもらいました。
Instagramは陽向くんでいっぱいでした。
自慢の息子でした。

最後の日・・まだ温もりが残る陽向くんの身体。
毛布で包んで営業終了後のカフェに連れて来てくださり、最後のお別れをさせていただいた時、私もその事実を受止められず涙が止まりませんでした。
過酷な過去。
言葉を話せないワンちゃん達が辿った過去。
もしかしたら、それが原因だったのかもしれない。

そう思うと、心が痛くて痛くて、無念で仕方がありませんでした。

里親様ご姉妹は悲しみの中、それでも・・それからも・・カフェに足を運んでくださいました。
カフェの子達の誕生日には手作りケーキを持参してくださったり、カフェの子達にお洋服、毎支援物資や私達にまで差し入れをくださったり・・。

何度も。
何度も。

ものすごく辛かったと思います。
ここに陽向くんがいたら、きっと一緒に遊んでるのにな。
カフェの子達に陽向くんを重ねられたこともあったと思います。
それでも、カフェの子達を可愛がってくださいました。

抱っこしたり、お話をしたり・・。

もう一度ワンちゃんを飼われたらどうですか?
などと安易にその言葉をお伝えすることは出来ませんでした。
全力で愛していたから、何度もあの別れの日の事を思い出してしまう。
眠れない日々。
きっときっと時を戻したいと願われたはずでした。
新しい出会いは、その時が来たらきっと出会われる。
私は静かにその時が来るのを待つことしかできません。

そしてその時が昨日。
私にとっては、結構・・突然のことでした。
ヒーチがカフェに来たのが11月30日のことで、その週末にもカフェに来てくださっていた里親様のご姉妹。
可愛いと言ってくださってお膝に代わる代わる抱っこしていただいていました。

でも、色んなワンちゃんを抱っこしてくださる中の一頭・・だったように思っていました。
実際それからも何度かカフェに来てくださっていましたので・・。

片目は成熟白内障で視力は無く、歯もほとんどが欠歯。
年齢9歳。
繁殖引退犬でした。

カフェに来られた時には、私もとりあえずは既往症などをお伝えしていたのは事実です。
でもそれはあくまで可能性のひとつ。
でした。

でも営業終了日の16時。
今思えばご契約するのにはぎりぎりの時間に来てくださった里親様。
私は、てっきり今年の営業終了日に最後に遊びに来てくださったのだと思っていました。
でもお席にお伺いしたところ、ヒーチを迎えに来てくださったとお話しくださって・・。
驚いてひっくり返りそうになって、
そして嬉しくて胸がいっぱい。

そんな私を優しい微笑みで見つめてくださって・・。
今年の最後最後に、胸が震える卒業となりました。

前述のとおり、ヒーチは9歳です。
カフェでは寝ているか、抱っこしてもらっているか。


気配を消していることもあって、他のワンちゃんが結構賑やかなのとは対照的。
静かに過ごしていました。
でも・・たった2.1㎏の身体ではありましたが、とっても食いしん坊さん。
オヤツをご注文してくださった時には、しっかりちゃっかり起きて来てしっかりもらっていました。

ご飯だって、ドライフードだけで完食。
食べ過ぎて、カフェに来てから数日後お腹を壊して病院へも行きました💦

お散歩も、最初は怖がって歩けない子が多いのに、ヒーチは歩きました。
主にクン活くんか中心でしたが、それでも果敢に遊歩道を歩いてくれました。

とにかくちょこまかなところが可愛い💕
楽しいことはこれから。
カフェはその入口に過ぎないです。
しつけも大事なことなのだと思います。
でもお家で暮らせるために、少しでも何かしら慣れてもらえたら・・。
そう思いながらの毎日。
その思いに応えてくれたヒーチさん。
大物感満載でした(笑)


里親様へ
今回も素敵で優しいご縁を繋いでくださいましたこと、心から感謝しています。
本当に卒業の日は胸がいっぱいになりました。


それに加えて、いつもカフェの子達の事をさりげなく気遣ってくださるお気持ちにも、改めてお礼をお伝えさせてください。
大切なことをご理解くださるお気持ちに、いつも励まされていました。
それはずっと感じさせていただいた信頼感でもあります。
ヒーチを選んでくださったこと。
本当に嬉しかったです。
またぜひ、一緒に遊びに来てくださることを楽しみにお待ちしています。
どうぞよろしくお願い致します。

里親様は帰られてからお便りをくださいました。
「お家に着いて、あちこち探検して、ちゃんとおトイレでチッチして、ご飯も半分以上ぺろりんと食べて、今は姉のお膝でおネンネしています」
その後ウンチも完了。
一緒にゴロンしたら、お顔をペロペロと舐めたり・・。
歩くと後ろをついて回ってストーカー(笑)

カフェでは見せてくれなかった顔を続々と見せてくれていました。
翌日もお便りをいただいたのですが・・。
前夜は大いびきで朝までぐっすり。
朝は寝起きにケージのおトイレでチッチ。
ずっとシッポフリフリのご機嫌模様だそうで・・。
やっぱりヒーチさん、大物でした(笑)

「陽向の分まで元気で暮らしてもらえるように頑張ります」
「シニア犬、めちゃくちゃ可愛いです」
と温かなお言葉を綴ってくださいました。

ヒーちゃんへ

運命のお家は、このお家だったんだね。
9歳でも最高なお家が出来たヒーちゃんの事、
本当に嬉しいし、誇りに思うよ。
幸せは長さでは無くて深さ、と言い続けてきたけれど
だけど敢えて今思うことは、
この幸せな時間ができるだけ長くあって欲しいと思います。
出会ってもらって、お家の子にしてもらって
ほんとに良かったね。
卒業、心からおめでとう
素敵なお正月をね~。

ヒーチちゃんの新しい名前は・・・。
「つくしちゃん」
になりました
里親様、イメージぴったりな優しいお名前をありがとうございました。

では。

フータローくん卒業

こんばんは。
今日、パピヨンのフータローくんに素敵なご縁が繋がり卒業しました



フータローくんは4歳の男子パピヨン。
4歳で男子パピヨンと言えば・・今年3月に難病を克服して卒業したメンマくんを彷彿とさせてしまいます。
あれから、カフェの皆はパピヨンが大好き。
もちろん私もその一人です。

でも・・それでなくても、フータローは本当に可愛いワンちゃんでした。

チロっとでた舌がチャームポイント。
人懐こくて、甘えん坊。
甘え方もバラエティー豊か。
「ゴロンして」
て言うと、ゴロンしてくれてお腹を見せてくれて、寝ながら「ちょーだいポーズ」。

追いかけると、ぺたんと床に伏せ。
朝、ケージから出すときにもへそ天になってゴロンゴロン。
ウンチをしていたら、体中にウンチがついてしまって・・(笑)
それでも怒れない可愛さ。

契約席に座っていると、柵の上から顔を必死で出してきてくれたり、

厨房に入ると、何と、華麗なジャンプで柵を乗り越えて追いかけて来てくれたり。

そんな魅力あふれる、愛すべきワンちゃんでした。

ところが、ワンちゃんも大好きな様子。
本人は全く悪気はありませんが、全てのワンちゃんにマウントしてしまいます
そしてかなりしつこい。
そこで抗争が勃発します。

エメトしかり。
ミージュしかり。
女子チワワにも、ラルジュくんにも。
特にミージュはそれが嫌でケンカになりました。
だから同時にフロアに降ろせません。
さりとてフロア内ケージに入れると、爆音で鳴き続けます。

ネコ部屋前の第二ゾーンも、柵をよじ登るので危ないからダメ。
結果・・抱っこリレー。
あるいはミージュと交代。
ミージュもフータローと全く同じタイプ。
更には先日卒業したユティアちゃんも同じタイプ。
誰かを抱っこしていなければ、ケンかが起きてしまう。
起きてからでは遅いから、最新の注意を払って誰かを抱っこしてケンカを防ぐ。

カフェは、そんなちょっと悩ましい日々が続いていました(笑)

とにかく屈託がなくて、天真爛漫で無邪気なフータローさん。
おもちゃも大好きだし、おむつ替えの時にはオムツを咥えて逃げる。

お散歩は初日から興味津々。
間もなくお散歩道を爆走。

大人しくフロアのベッドで休んでいる姿など見かけたこともありません。
でも夕刻はさすがに疲れて大人しく抱っこされることもありましたが・・。

一頭飼いなら大丈夫。
先住犬がいるところは相性を合わせた方がいいよなぁ。
そう思っていました。

そんなフータローくんの運命が動いたのは12月22日の水曜日のことでした。
里親様のお母様とお嬢様がカフェに来てくださいました。
その時少しお話をさせていただくと、
ワンちゃんの飼うのは初めてとのことで、実は今日来られていない息子さんもワンちゃんが大好き。
そして可愛いフータローくんに目を留めておられていました。
「とても感じのいいご家族」
「温かくて素敵なご家族」
この日はお母様とお嬢様にお会いしただけでしたが、そう感じさせていただいていました。

そして2日後の金曜に、日曜日にご主人と息子さんとご一緒にフータローくんに会いに来てくださるとのお電話をいただきました。
「それまで在籍していればになりますが・・お待ちしています」
そうお伝えしました。
でも翌土曜日再度お電話をくださり、予定を変更してこの日に会いに来てくださいました。
優しいご主人と息子さん。
想像した通りの、温かなご家族。

それは・・初めてワンちゃんを飼われるとは思えないくらい。
ご家族にとって、フータローくんに出会ったことはきっと必然なんだ。
そう感じて私は嬉しくて胸がいっぱいになり、心を込めてたくさんの事をご説明させていただきました。

閉店までお時間も少ししかありませんでしたので、ご契約は翌日の今日に持ち越しとなりましたが、開店一番にご家族皆さんで来てくださって、ご契約。
ご契約の間、お嬢様がお洋服を選んでくださっていてたくさんご購入。

そして嬉しい楽しい賑やかな卒業となりました。

里親様へ

この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。
後ほどお聞きしたとき、最初の日に飼うのならフータローくんと決めてくださっていたとのこと。
チラッと出た舌が可愛くて、一目惚れ。
私達にとって、惚れていただいて引き取っていただけることは何よりのことです。
出会ってくださり、フータローくんを好きになっていただいて本当にありがとうございました。
初めて飼われるという事なので、何かしら不安もおありかと思いますが、一緒に頑張っていただければ嬉しいです。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
そしてまた、一緒に遊びに来てくださいね。
お待ちしています。

里親様は帰られてから、お便りをくださいました。
カフェから帰る時に、あんなにキャリーケースに入らなかったフータローくんでしたが・・。
「帰宅してすぐはキャリーバッグから出るのを躊躇っていたけれど、そろそろでてきた後は徐々に慣れて家の中を元気に走り回りました」
とのこと(笑)

お散歩、ご飯、OK。
走り回りすぎて疲れたのか、その後電池が切れたように寝たそうです。
「明日からも彼と遊ぶのがとても楽しみです」
と綴ってくださいました。

元気いっぱいのフータへ


カフェではケンカや傷ついたりしないようにと、抱っこばかりしていたけど
走り回りたかったよね。
少し窮屈な思いをさせてしまってほんと、ごめんね。
でもフータにとって、最高のお家が見つかった事がほんとに嬉しいです。
これからはフータを制御したり怒ったりすることのない
フータ自身が愛される場所。
のびのびと暮らして幸せになってください。
心から卒業おめでとう
フータローくんの名前はそのまま・・。
「フータローくん」です。

里親様、ありがとうございました。

では。

ユティアちゃん卒業

こんばんは。
クリスマスイブの昨日、トイプードルのユティアちゃんにご縁が繋がり卒業しました



ユティアちゃんがカフェに来てくれたのは12月14日のことでした。
2歳ではありましたが、左足後肢足首欠損。
要するにその足だけ3cmほど短くなっていました。

先天的なものなのか、後天的なのかは不明。
歩くとちょっとびっこ。
最初は心配でした。
でもすぐにその懸念は杞憂に変わりました。

歩くのはもちろんのことながら、走る、飛ぶ、遊ぶ。
何ならエメトの背中に乗ったり、オヤツの時間は他のワンちゃんを押しのける・・。
おもちゃも好きで夢中で遊ぶ。


もはやそれはハンディキャップでは無くて、要するにお転婆娘・・。
いえ、可愛い超お転婆娘でした(笑)

でも抱っこも大好きです。
ボランティアさんはもちろんのことながら、お客様のお膝でもまったり。


お散歩も最初はちょっとだけ戸惑っていたものの、クン活も出来て歩けるようになりました。

何より、オメメがクリクリ。
クリスマスの衣装がとっても似合う可愛い美人さんでした。


そんなユティアちゃんに会いに来てくださった里親様ご夫婦。
12月19日の日曜日のことでした。
それまでにも11月の終わりころ一度カフェに来てくださったことがありました。
飼いたいと思って探されて、たどり着かれたのがこのカフェでしたが、
この日はワンちゃんの卒業が相次いでいたため、里親様募集のワンちゃんは4頭だけの日。
私は残念ながらご契約などで、里親様とはお話をさせていただけませんでしたが、ボランティアのSさんが対応してくれていたので、後ほど少しお聞きしていました。
ずっとワンちゃんを飼われてたご家族。
チワワが2頭、ジャックラッセルを2頭。
でも最後にジャックラッセルのワンちゃんを亡くされたのは約1年半前。

それからはワンちゃんを飼うことをされていませんでした。

2度目の12月19日はピンポイントでユティアちゃんに会いに来てくださったもの。
お席にお伺いしてたくさんお話をさせていただきました。

この日はお決めにならずにカフェを後にされましたが、そこには温かでふんわりとした優しい空気が残っていて、ご主人のお膝でまったりしているユティアちゃんのことがずっと頭の中に残り続けていました。


そしてこの日から5日後。
たくさんお考えてくださったのだと思います。
出してくださった結論は連れて帰りたい・・。
そう決められて今日、お姉様とご一緒にカフェに来てくださいました。

この5日間、ユティアのことが今から離れなかったとお伝えくださいました。
可愛くて更に2歳。
すぐに里親様が決まっても不思議ではありません。
でも他にご縁が繋がることなく、待っていてくれたユティアちゃん。

サンタさんからの素敵な贈り物のように…幸せな温かいクリスマスイブの卒業になりました

里親様へ
この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。

女の子を飼われるのは初めてで、トイプードルも初めてとおっしゃられていらっしゃって。
でも・・。
お迎えに来てくださるのを、実は心待ちにしておりましたので、来てくださって本当に嬉しく思いました。
これからまた、ユティアちゃんと一緒に新しい未来を過ごしていただければ幸いです。
なにかありましたら、ご遠慮なくお知らせくださいね。
そしてまたご一緒にカフェに遊びに来ていただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

里親様は帰られてからすぐにお便りをくださいました。
ご飯は完食で安心なスタート。
ユティア
すぐに慣れてくれる予感にまた嬉しくなりました。

ユティアちゃんへ

可愛くて元気。
全速力で走る姿を見てたら、足はもはやハンディキャップでもなんでも無かったね。
しっかり食べて、おやつも最前線。
はしゃぎ過ぎて危ないこともあったけど、楽しかったんだよね、きっと。
逞しさもあって、いじらしさもあって、可愛くて可愛くて。
そんなユティアに素敵な優しいお家が出来て
とっても嬉しく思います。
これからは楽しい毎日をね。

卒業おめでとう。

ユティアちゃんの新しい名前は…。
「夢ちゃん」になりました。
夢溢れる未来になれますように。
里親様ありがとうございました。

では。

新メンバー(ワン266期生)

昨日ワンちゃん1頭が新しくカフェに仲間入りし、今日水曜日からフロアデビューしています。
早速ご紹介しますね

ワンちゃんの部

ユティアちゃん トイプードル ♀
2019年7月21日生まれ(2歳) 2.1㎏
色:アプリコット



小ちゃなトイプードルのユティアちゃん。
左後肢の足首から下が欠損しています。
でも、結構なスピードでとっても楽しそうにフロアを走り回って、ルンルン🎶の初日でした。

そして人が大好き。
人見知りも無し。座っているとちょこまか寄ってきてよじ登ります。


お目目がほんとにくりくりのキラキラ。
もふもふで優しいカラーの被毛。
色んなことに興味津々でいつも笑顔いっぱい。
抱っこ大好きな、ちょっとお転婆な激かわ女の子です。


新しいワンちゃんが1頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」
カフェの定員は約16~7名ですが、3密を避けるため、カフェに入っていただく人数を最大10名程度にさせていてだいています。
感染予防のため、窓を開けながらの営業しております。
寒い日は暖かくしてお越しください。
ご来店の際は必ずマスク着用の上、手消毒と検温にご協力をお願い致します。
また、声量は控えめでお願いします。
従来は時間で切らせていただくことはありませんでしたが、ご入店人数を制限させていただくため、混み合った場合には2時間程度でお時間を切らせていただく場合がございます。
入店規制中は里親様ご希望の方のご入店を優先させていただきます。
里親様ご希望の方はあらかじめ お電話にてご予約をお勧めします。その際、ご来店くださる日時、人数をお知らせください。
保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)
譲渡には必要書類や審査等がございます。
また、面会いただくまでに家族が決まる場合がございます。

引き続き引き続きご理解とご協力をどうぞよろしくお願い致します。