FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェⓇ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

11月« 2018年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月

ポコちゃんの里親様が決まりました

こんばんは。
今日、ポメラニアンのポコちゃんの里親様が決まりました




ポコちゃんは昨日(金曜日)フロアデビューしたばかり。
デビュー2日目で、お家が決まりました。
環境が変わって緊張からか、来た早々はブルブルと震えていたポコちゃん。
8歳と6ヵ月を過ごした場所を後にして、新しいところはやっぱり怖かったんだと思います。

でも、しばらく過ごすうちに慣れてくれてフロアを歩き始めました。

だけど、表情は緊張したまま。
だから腫れ物に触るようにそっと抱っこ。
その時撮った写真には、まるでぬいぐるみのように可愛いベビーフェイスのポコちゃんが映っていました。


小さめで可愛くて・・・。
でも、ポコちゃんは8歳なのです。
被毛は残念ながらパサパサ。
歯はたくさん抜け落ちて、残っている歯もまっ黒。
お母さん犬として、子供をたくさん産んでいる身体でした。

多くの年月を、そのためだけに過ごして来た過去。
とても切ない身体でした。

ポコちゃんのその様子を、今日里親様にお伝えしました。
ですが、それを聞かれた里親様はより一層ポコを抱きしめてくださいました。


里親様はカフェを開店した当初から、時折遊びに来てくださっていたご夫婦です。
その時、いつも一緒にいたワンちゃんがいました。
希花(のどか)ちゃん。
ポメラニアンです。
のどかちゃんは実は、5年前に天神橋店から引き取られた元保護犬。
当時9歳でした。

2015年10月11日にカフェに来てくださった時の懐かしいのどかちゃんの写真が残っていました。
付けているヒマワリの花飾りのような、明るい太陽のようなワンちゃんです。

先住犬のレイちゃん(パピヨン)も一緒でした。


その後も何度かカフェに来てくださっていたのですが、残念ながらのどかちゃんは治らない病気を発症したため、去年虹の橋を渡ってしまいました。
その余命を宣告された後、出来るだけ楽しい思いをさせてあげたいと、ご家族で沢山旅行に行かれたのだと、お話しくださいました。
その時奥様の目は、赤く腫れていました。
小さな命を思う優しくて温かな.お気持ち。
言葉ではなく、伝わるお気持ちが私の心の琴線に触れ、胸がいっぱいになりました。


何年生きるかが問題ではなく、どう生きるかを考えてくださるご夫婦でした。。
保護犬たちがお家で過ごせる時間は、そう長くはありません。
だから「長さ」を「深さ」で補ってあげたい。
いつも私が話すそのことをご理解くださっていて、そしてすでにのどかちゃんとそう過ごされていました。
だから今日ゆっくりと触れ合ってくださって、十分にご相談くださって、その後ポコちゃんを連れて帰りたいとお申し出くださった時、
ポコちゃんがこれから過ごす温かで優しい時間と未来を想い、心から、本当に本当に嬉しかったです。

のどかちゃんに似ているから、引き取ることを決められたのではないと思います。
ですが、本当にポコちゃんはのどかちゃんに似ていました。

ポメラニアンの保護も多く、他店にもポメラニアンは在籍しています。
でも、のどかちゃんに似ていることがきっかけでポコに会いに来てくださったこと。
それは、亡くなったのどかちゃんがポコちゃんのタスキを里親様に繋いでくれたのだと、私は思っています。
何故なら・・・。
今日里親様に抱っこされたポコは、初めて大輪の花ような笑顔を見せてくれたのですから。


そんなポコちゃんは、明日お家の子になります。
先住犬の13歳のパピヨン、レイちゃんも一緒にお迎えに来てくれるそうですよ。

では。

くまくんの里親様が決まりました。

こんばんは。
今日、雑種猫のくまくんの里親様が決まりました



くまは今年の7月26日に川西にやって来た、ちょっと臆病な・・けれど人が大好きな男の子です。
「くま!」って呼ぶと、「ニャー」と大きな声でお返事が返って来ます。

近づくと逃げるくせに、足もとにやって来てはジーっと見つめてくれる、そんなくま。

また抱っこすると逃げずに抱っこさせてくれて、気がつくと前足がエアーでもみもみ・・。
ゴロゴロの喉を鳴らす音も大音量で聞こえて来ます。
甘えたくても甘え方がちょっと下手くそで、そこがとっても可愛いニャンコ男子、くま。


ご飯大好き。
おやつも大好き。
川西に来た夜は、よほどお腹が減っていたのか、おかわりを3杯。

必死で食べていました。

その時同室は、先日お家の子になったお千代。
特に争うことも無く、しつこくつきまとうわけでも無く、まるで以前から一緒に過ごしていたように馴染んでいました。

すぐにマカロンベッドに潜り、足だけ外に出して、その後約3日間、1日2回のご飯以外はそこで眠り続けました。
やっと落ち着ける場所に来た・・。
そんな気がしました。

お千代のあとに来たアメショーのジェイちゃんとも全く同じ。

違和感なく馴染んでいました。

純血種でもなく、雑種のくま。
そんな普通の猫であるくまは、保健所から来ました。

「多頭飼育崩壊」。
別名「アニマルホーダー」。
”自分の飼育能力を超えた数のペットを抱えていて、管理が行き届かないことによりペットの健康が損なわれるほか、悪臭や感染症の発生源となるなど周囲にも影響をおよぼすことがある。過剰多頭飼育者。アニマルコレクター。”
辞書を引くとこう書いています。

多頭飼育崩壊で苦情が出て、一緒にいた約40頭は強制的に保健所に連れていかれたのだそうです。
殺処分になっていた可能性は十分あったと思います。
ですが、奇跡が起きて保護されたとのこと。
そして縁あって川西にやって来ました。
強運だと思いました。

私もネコちゃんは大好きです。
今まで自宅で飼ったネコちゃんはすべて自ら保護したネコちゃんです。
縁あって出会って飼っています。
ですが、避妊去勢をせずに自分の飼える能力を超えて飼う事の是非。
ある意味虐待だと、私は思います。

でも、そんな私の切なくやるせない気持ちとは裏腹に、くまは楽しそうにしていました。

朝カフェに行くと、ネコ部屋からニャーニャー鳴いてご飯の催促。
夕方5時になると決まってネコ部屋の入り口に座り出し、その後ニャーニャーとご飯の催促。
決まって5時。
腹時計をお持ちでした(笑)

夜はカフェ内を探検。
色んな所に潜り込んで遊んでいました。


また、人の側に寄り添って寝転んでゴロゴロと構ってアピール。

夜、食事をしているとどこからともなく臭いを嗅ぎつけてお膝をカリカリ。

また、遠くからじっと見つめていたりして・・。
まるでずっと前から飼っているネコちゃんのようでした。

だから、きっとどんなお家に行っても可愛がってもらえると思いました。

里親様はそんなくまに、会いに来てくださいました。
確か10月の下旬のことでした。
ネコちゃんを飼うのは初めて、とおっしゃられて、ネコ部屋にいたくまくんと触れ合ってくださいました。
その時はそのままお帰りになられたのですが、再度カフェに来てくださったのは
それから2週間ほど経った頃だったと記憶しています。
くまくんを気に入ってくださっていました。
でもその時お決めにならなかったのは、まだお家のご環境が整っていらっしゃらなかったためでした。


12月からなら飼えます・・。
そう言われていました。
だから、それよりも早くにどなたかが先にくまを引取るご意思を申し出られていれば、繋がっていないご縁でした。
ですが、里親様はご予定よりも早くご環境を整えられたのです。
くまとの暮らしを望んでくださってのお気持ちが伝わってきました。

「木曜の開店時に伺います。」
そう火曜日にお電話をくださいました。

今日、くまくんに決められた理由をお聞きしたところ・・・。
「言葉では上手く表すことができないです」
そうお返事が返ってきました。
言葉ではない、何か・・・。
この子の一生を面倒見てあげたい。
そう思われたとのことでした。
そんな気持ちをくまは感じたのでしょうか・・・。
ご契約を終えられてネコ部屋で触れ合ってくださっていた里親様に甘えるくまの姿がガラス越しに見えた時、
とても温かな安堵感が私を包みました。


本当は殺処分される可能性の中生き延びた強運。
その先にある未来は、ネコちゃんを飼うのが初めてのお家。
だけど、ご家族5人がくまを待ってくれています。
たくさんのネコちゃんを見て来ましたが、くまくんはとっても飼いやすいネコちゃん。
くまくんにとっては、今度こそ最後まで自分だけを可愛がってもらえるお家。

ご家族の愛情をいっぱい注いでもらって、マイペースでのんびりと過ごして欲しい。
そう思います。


そんなくまくんの卒業は来週の月曜日の予定です。

では。

新メンバー(ワン125期生・ニャン21期生)

こんばんは。
今夜、ワンちゃん(125期生)2頭と、ニャンコ(21期生)1頭が、新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね~

ワンちゃんの部

ポコちゃん ポメラニアン ♀
2010年5月13日生まれ(8歳) 3.0㎏ 色:ウルフセーブル

カフェに来たときは震えていたけれど、しばらくしたら慣れてくれました。
歩く姿がとっても可愛くて・・いえ可愛過ぎ。

てちてち歩いて、そのあと振り向く様子をみていると、目尻が下がってしまいます。
そして抱っこしたら、ぬいぐるみに変身


その愛らしさは格別です。

フロアではケンタ君とも上手に遊べました。
とにかくベビーフェイスのポメラニアン女子、ポコちゃん。

とってもとっても可愛いですよ

サザンくん ミニチュアダックスフンド ♂
推定2014年頃生まれ(推定4歳) 5.7㎏ 色:ブラックタン

警察保護を経て保健所から川西にやって来たサザンくん。
推定4歳です。

行動力バツグン。
1日目の今日は、カフェの隅から隅まで精力的に探検していました。


とにかくとっても元気。
好奇心旺盛。
そして食いしん坊さんです(笑)

人も大好きで、抱っこするとまったり。
くりくりオメメとぽってりな足がチャームポイントのお茶目なサザンくん。

とってもイケメンです。

ネコちゃんの部

ゴットンくん アメリカンショートヘアー ♂
2009年月日生まれ(9歳)  4.0㎏ 色:シルバータビー

渋めでキリっとしたイケメンミドルのアメショー男子。
初めてのネコちゃん部屋とフロアでも、全く物怖じしないメンタルの持ち主です。

くまくんとのご対面も大丈夫でした。

毛艶が良くて、シュッとしていて・・かっこよくて。

今日は「STAFF ONLY」と貼っている侵入防止柵を」軽々飛び越える、素晴らしいジャンプ力を披露してくれました。
思わず大拍手


猫らしいネコ、ゴットン。
慣れるともっと可愛くなる予感です。

長い間窮屈な場所にいたと思われるので、早くのびのびと過ごせるお家を見つけてあげたいです。

新しいワンちゃんが2頭、新しいネコちゃんが1頭増えて、カフェでは9頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」

保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

そしてネコちゃん部屋ですが、ネコちゃん達は警戒心が強い生き物です。
そのため色々なお客様と触れ合うことにストレスを感じ、なかなか環境に慣れてくれないなどの問題が生じています。
現在猫部屋里親希望の方のみの入室とさせて頂いております。
ご期待に沿えず申し訳ございませんが、触れ合い目的のお店ではないため、どうかご理解いただけますと幸いです。
里親希望の方、保護猫をお家にお迎えすることを少しでもお考えの方は、お気軽に近くのスタッフにお声掛けください。
よろしくお願い致します。

では。

アチャモちゃん、無事卒業しました

こんばんは。
昨日お家が決まったアチャモちゃんですが、今日無事卒業しました



新しい首輪、新しいハーネスとリードを持ってお迎えに来てくださった里親様。

今までは共用のハーネスとリードでお散歩に行ったけれど、アチャモ専用が出来ました。
ご主人がアチャモに合うようにと長さを調節してくれているのに、そのハーネスとリードをカジカジ(笑)

カジカジするなら・・と、アチャモがいつも遊んでいた同じおもちゃまで買ってくださっていて・・・。
こんなやり取りを見ながら、突然胸がいっぱいになってしまいました。


何度もお伝えしてきましたが、私は保護犬から飼い犬に変わるこの瞬間がとても好きです。
生まれてからのアチャモが見た光景は、小さなガラスケースからの景色。
その後どんな景色を見てきたのでしょうか。
決して素敵なものばかりではなかったと思います。
だけど、今日からアチャモが見るのは・・お家。
アチャモだけを見てくれるご家族。
ほんの短い間のやり取りのあいだに流れていたのは、やっぱり優しくて温かいオーラでした。

食いしん坊で、おやつ大好きで、おやつ争奪戦は必ず先頭。

おやつをくれる手よりもおやつが入っている容器を狙う賢いアチャモ。
ネコ部屋を素晴らしいジャンプ力で覗いたり、
いつも賑やかだったアチャモ。
だけど、あどけなくて、天真爛漫で、そして甘えたで、

2か月いた川西でたくさんの人に可愛がってもらい、たくさんのエピソードを残してくれました。

里親様。
この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。

アチャモを引き取ることをお決めくださり、再度カフェに来てそのことをお伝えくださった時
ほんとうに嬉しかったです。
そして温かなご家族の元に行けるアチャモがとても誇らしく思います。
これから色んな事があると思いますが、アチャモと思い出をたくさん重ねて行っていただければ幸いです。
またぜひカフェにも遊びにきてくださいね。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

そして・・・。
帰られてからいただいたメールによると、
帰りの車の中では里親様のお膝の上でずっと震えていたそうですよ。
お家に着いてからはひととおり探索して、その後ご飯もペロリと食べて、ソファで寝たそうです。

「本当に可愛いアチャモちゃんです」
「大切に大切にしたいと思います
そう綴ってくださった言葉に、またもや泣けてしまった私。
ご家族にお会いして感じた温かさは、やっぱり確かなものでした。

アチャモ良かったね。
今日からはアチャモだけを見てくれるお家だよ。

いっぱい甘えて、可愛がってもらって
アチャモらしくね。
卒業、本当におめでとね

アチャモの名前はそのまま・・・。
「アチャモ」です


では。

アチャモちゃんの里親様が決まりました

こんばんは。
今日、トイプードルとチワワmixのアチャモちゃんに里親様が決まりました



アチャモの保護は今年5月。
ペットショップから保護され、他店を経て9月にペット博に参加。
そしてその後まもなく9月20日に川西に移動でやって来ました。

3歳。
元気でお転婆な性格のアチャモは人が大好き。
来店されるお客様を大歓迎でお迎えし、すぐにお膝をゲットするのが得意技です。

天真爛漫なその性格はカフェの雰囲気を明るくしてくれました。
朝のお散歩も大好き。
ご自慢の健脚でダッシュして、それはそれでボランティアさん泣かせ(笑)
持て余すアチャモの体力について行くには、若さが必要になるほどでした。
そしてジャンプも得意でした。

そんなアチャモでしたが、保護時の写真は顔中真っ黒。

涙焼けで覆われていました。
おそらく鼻涙管が詰まってしまっているようでした。
涙が固まり、そのまま塊がこびりついた頬。
川西に来た日、まずは水分を補給して塊を除くことから始めました。

それからは毎朝濡れたタオルで顔を拭き、その後ヒバ油で目の下を拭くのが日課。
でもこびりついた汚れは簡単には落ちてくれませんでした。


だけど・・・。
それさえも個性と思ってくださるお家が見つかって欲しいと思いました。
アチャモは健康。
検診結果も異常なし。
快食快便。
更に快眠。
オメメがくりくりの可愛いワンちゃんそのものなのです。


また、子犬時代を思い切り遊べなかっただろうことを想い、
楽しく一緒に遊んでくれるお子様のいるお家に決まればいいな・・・。
そう思う日々でした。

最初に里親様がカフェにお見えになったのは、11月の初旬のことでした。
お母様とお嬢様。
平日のカフェでゆっくりと過ごしてくださっていました。
お話をお伺いすると、「ワンちゃんを飼いたいと思っている」
とおっしゃられていたと思います。

それから約2週間ほど経った昨日、再度カフェを訪れてくださいました。
今度はお父様もご一緒でした。
ワンちゃんを飼われたご経験がないお父様でしたが、とても楽しそうにワンちゃんと接してくださっていて
ご家族の周りには、温かい穏やかな空気が流れていました。
それは優しいオーラでした。

「ワンちゃんを飼いたい」
そう先日お伺いしていたため、お席にお伺いして沢山お話をさせていただきました。
カフェのワンちゃんたちを含む保護犬のご説明をさせていただいた後、
もしワンちゃんを飼われるのなら、保護犬も選択肢の中に入れていただきたい旨をお伝えすると・・。
「飼うなら保護犬と決めています」
と、直ぐにお応えが返って来ました。

更に・・・。
実はアチャモをお考え中だという事をお伝えくださいました。
最初に来られた時から、お嬢様はアチャモを気に入ってくださっていたそうです。
「絶対にアチャモ」
お嬢様のお気持ちはこの日も変わることはありませんでした。
抱っこしても、すぐに降りてフロアではしゃぐアチャモ。

だけど、そんなアチャモを暖かな眼差しで、目を細めながら見続けてくださっていました。

だから、私はゆっくりお考え下さった結果を待とうと思いました。
もちろん繋がって欲しい。
そう思っていました。
ご理解も深く「アチャモがいい」と言ってもらえる場所へ託せること私の願いでもあるからです。

その後、カフェを後にされた里親様ご一家でしたが・・。
閉店間際、ご意思を伝えるためにカフェに戻ってきてくださったのです。
とりあえず早く伝えたい・・・。
カフェを後にされてからご相談してくださって決められた結論でした。
都合でご契約は今日となりましたが、本当に飛び上がりたいほど嬉しい瞬間でした。

一軒家で周囲は田んぼや駐車場。
だから、「鳴いても大丈夫です」
そう言ってくださった里親様。

鳴き声を気にすることなく、持ち前の天真爛漫さを発揮できて、アチャモだけを可愛がってくださるお家。
何より、涙やけなど気にもとめられず、アチャモ本来の可愛さを愛してくださる
願ってもない素敵なこのご縁に、ただ胸がいっぱいになりました。

そんなシンデレラガール、アチャモの卒業は明日の予定です。


では。