保護犬・保護猫カフェⓇ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

新メンバーが来ました(ワン72期生)

おはようございます。
昨夜、新しいワンちゃん72期生3頭がカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね~

ヨーダくん ♂ ミニチュアダックスフンド 2014年10月3日生まれ(2歳) 4.1㎏ 色:ブラックタン
yoda009.jpg
まだ2歳のイケメン、ヨーダくん。
最初は全力でフロアを走り回っていました。
yoda010.jpg
その後、近づいてきて・・・。
そばに寄って来てくれて、お膝をカリカリ。
yoda001.jpg
yoda018.jpg
更によじ登って来て、じーっと見つめてくれて、ペロペロ・・・。
人見知り無しの人懐こさで、べったりしてくれると、メロメロになってしまいます。
赤ちゃん抱っこも可。
yoda016.jpgyoda011.jpg
yoda006.jpgyoda003.jpg
ほんとに可愛いヨーダくんです。

フキヤンちゃん ♀ ロングコートチワワ 2015年12月16日生まれ(1歳) 2.4㎏ 色:ブラウン&ホワイト
fuki005.jpg
愛称「フッキー」。
お顔は小っちゃくて、クリクリオメメ。
fuki008.jpg
最初はちょっとビビリンちょ。
急に手を出すと、ビックリしちゃいましたが、慣れると後ろをついて来てくれて、可愛いオメメで見つめてくれます。
そして、名前を呼んだら寄って来てくれました。
fuki006-1.jpg
まだビビリンちょなので、抱っこはそーっとしてあげてくださいね。
fuki004.jpgfuki003.jpg
fuki002.jpgfuki001.jpg
とっても可愛いですよ。

青(あお)ちゃん ♀ マルチーズ 2009年6月15日生まれ(8歳) 3.1㎏ 色:ホワイト
ao001.jpg
今日は楽し過ぎて、フロアをノンストップで走り回っていました。
ao008-1.jpg
ワンちゃん大好きで、とってもフレンドリー。
お仲間のフッキーちゃんと楽しく遊んでいました。
ao009.jpg
その後電池切れ(笑)
そして人も大好き。
もちろん抱っこ可能です。
ao006.jpgao005.jpg
ao004.jpgao002.jpg
幼顔の青ちゃん、可愛いですよ~。


新しいワンちゃんが3頭増えて、カフェでは8頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。

「カフェ募集メンバー」



保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。

またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

では。


お盆期間の営業時間のお知らせです

お盆期間の営業時間を
お知らせをさせていただきます


   チャロ0808-2

明日8月9日(水)と8月10日(木)は、改装工事のため、
お休みとさせていただきます。
8月11(金・祝)からは通常通り営業させていただきます。
少し改良を加えたカフェで、皆様をお待ち申しています。
ただ、夏休み期間中ということもあり、またお盆期間でも
ありますので、少し混み合うことも予想されます。
混み合った場合、時間制をお願いすることもあります。
   
ワンちゃん、ネコちゃんの里親様探しのため、ご協力とご理
解をいただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

  8月9日(水) 
  8月10日(木) 
     休業。 
申し訳ございませんが、店内とバックヤードを少し改装させていただくため、
お休みとさせていただきます。
少しでも快適に過ごしていただくため、またワンちゃん達のため、ご理解と
ご協力をお願いいたします。

   チャロ0808-1


  8月11日(金・祝)
  8月12日(土)
  8月13日(日)
     休日営業時間 11時~19時


  8月14日(月) 
  8月15日(火) 
  8月16日(水) 
     平日営業時間  12時~18時

    メア0808-1

ツバキちゃん卒業、そしてグーくんの里親様決定

こんにちは。
昨日、ロングコートチワワのツバキちゃんの里親様が決まり、卒業しました。
そして、ミニチュアダックスフンドのグーくんの里親様が決まりました。

ツバキちゃん
tubaki015.jpg

里親様は初めてカフェに来てくださった方です。
台風の雨風が少し強くなった開店前に、「今日カフェは開いていますか?」と、お電話をくださってのご来店でした。

後でお聞きすると・・・ツバキちゃんをネットで見つけて会いに来てくださったとのこと。
そういえば、最初からツバキちゃんをお膝に抱っこしてくださっていました。
「可愛い
そうずっとおっしゃっていました。
長い時間過ごしてくださっていました。
何時間たったころでしょうか。
「ツバキちゃんをお家に連れて帰りたいのですが・・・」
とお声を掛けてくださいました。
tubaki016.jpg

外は雨風が強くなっていました。
台風の日ではありましたが、他にもご来店くださるお客様もいて。
でも、触れ合いにきてくださっているとばかり思っていましたので、お声もかけずにいたので、それからゆっくりとお話をさせていただきました。

ご実家にはチワワちゃんがいるそうです。
里親様はご実家とは別に、お子様と里親様のおばあ様と一緒に暮らしているそうです。
実家のワンちゃんも高齢になり、またお子様も5歳になってチワワちゃんに優しく接することもできる様になったので、お家にワンちゃんをお迎えしたいと、カフェに来てくださったそうです。

既往症や保護犬の事をゆっくりお伝えしました。
tubaki010.jpg
あどけない可愛い顔とは裏腹に、出産経験をたくさん経験した身体。
想像してあげるしかできないけれど、一度も飼い犬として暮らした経験もない過去。

ひとつひとつに頷き、そして耳を傾けてくださいました。
tubaki012.jpg

まだカフェに来て3日を過ごしただけのツバキちゃんです
すべてはまだわかりません。
それでもいいですか?
との問いかけに、大きくうなずいてくださいました。

ツバキちゃんの里親様が決まった瞬間でした。
1頭飼い、そして一軒家。
おばあ様がお家にずっといるので、お留守もありません。
きっと、おばあ様のお膝でゆっくりとした時間が流れていく。
そう思いました
まったりのツバキちゃんにピッタリのお家です。
tubaki013.jpg

お名前は只今お考え中とのこと
また後日、お知らせしますね。
そして、行先は宝塚市です。

tubaki017.jpg
里親様。
台風の日に、カフェにきてくださり、そしてツバキちゃんをお家に子にしてくださって本当にありがとうございました。
またぜひ、今度はお子様、おばあ様と一緒にカフェにあそびにきてくださいね。
お待ちしています。


グーくん
7月13日にカフェにやって来たMダックスのグーくん。
マズルは短め、オメメもつぶら。
優しい顔立ちでゴールデンレトリバーの子犬のようなグーくん。
そのとってもイケメングーくんのお家が決まりました

goo016.jpg

里親様は神戸市北区から来られたご夫婦です。
7月23日。
川西店の2周年の日に初めてカフェを訪ねてくださいました。
ご夫婦でワンちゃんを飼われたことが無い。
そうおっしゃっておられたと記憶しています。

goo008.jpg
その時カフェにお見えになったのは18時。
閉店まで1時間を残すばかりでした。
また、周年日で賑わってもいましたので、ばたばたとした雰囲気でした。
私はゆっくりお話はできなかったのですが、ボランティアスタッフが対応してくれていました。
また、その時ご夫婦のお膝にはグーくんがちょこんと座っていたのを覚えています。
そして、その時のご夫婦の印象も・・・。
すぐでなくても、きっと保護犬からワンちゃんを迎えてくださる。
とても素敵なご夫婦。
そう感じた事はちゃんと覚えていたのですから、自分でも不思議でした。

そして一昨日の日曜の夕方にお電話をいただきました。
「グーちゃんはまだいますか?
先日グーちゃんに会ってから、グーちゃんの事が忘れられなくて。
でも今度会いに行けるのはお盆休み。
それまで、いてくれるかな」
そうお話しくださいました。

私はお電話をくださった時、あの周年の日にお会いしたご夫婦だと気づいていませんでした。
「今はまだ里親様が決まっていませんので、会いに来られる時までいてくれればいいですね」
とお答えしていました。
goo011.jpg

会いにこられるのはお盆。
「ご縁」があれば待っててくれた例も、今までは多々ありました。

ですが・・・
昨日の閉店間際、ツバキちゃんを見送り、そしてレントゲンで顎の具合を見てもらっている病院に天馬くんを迎えに行こうと思っていた矢先
里親様ご夫婦が、カフェに来てくれたのです。
それも、走って。
お顔をしばらく見て、あっ!
あの時のご夫婦だ。
そしてもしかして、昨日お電話をくださったご夫婦。
そう気づいたのです。

里親様ごめんなさい。

でも、たしかお盆・・・、と言っておられたのでは?
と思いお聞きすると・・。
「台風で早帰りになり、閉店に間に合うと思って駆けつけた」
と言ってくださったのです。

goo020.jpg

その想いに心が動かされました。
ご縁が繋がる・・・のではなくて、繋げてくださった。

あの日、1時間ほど触れ合ってくださっただけで、グーくんの良さに気付かれた。
忘れられなかった。
だから、少しでも早くと、昨日一生懸命カフェにに来てくださった。
しかも、神戸市北区から。
台風の日に。

あの日にもグーくんの既往症などはお伝えしていましたが、再度ご確認のためにお伝えし、ご意志を確認。
「大丈夫です」
そう力強くお答えくださって、めでたくグーくんのお家が決まったのでした。
goo021.jpg

8歳。
決して若くはありません。
でも、頑張ってきたからこその8歳。
川西に来て出会ったご縁。
人も犬も大好きで、怒ったりすることもない穏やかな性格。
今までは大勢の中の一頭。
残りの人生はオンリーワンの存在。
穏やかに、可愛がられて愛されて過ごして欲しい。
そう願っています。

goo001.jpg
グー。
ほんとうにおめでとう

卒業は8月13日夕方の予定です
ご準備を整えてお迎えに来てくださるそうです。

では。

MACANAちゃん 天国へ旅立ちました

こんにちは。

皆さんの応援をいただいていた卒業生、シーズーのMACANAちゃんが、昨夜20時天国に旅立ちました。
macana011.jpg

壮絶な戦いでした。
倒れては立ち上がり、また倒れては立ち上がる。
ただ、生きることを頑張りぬいた・・・。
最後の最後まで諦めずに。

私達にどれほどの頑張りをみせてくれたのでしょうか。
どれほどの事を教えてくれたのでしょうか。
macana012.jpg
macana010.jpg
↑最後の人工透析で頑張っていたMACANAちゃん

たった2歳で頑張りぬいたそのことは、私にとって「生きる意味」を教えてくれました。
そのことを伝えるために、この世に生まれてきてくれたのではないか・・・。
今はそう思います。

MACANAちゃんは、川西店の誇り。
生まれて来てくれてありがとう。
頑張ってくれてありがとう。

そして・・・。
献身的な愛でMACANAちゃんを包んで、そして常に前を向き支えてくださった里親様。
そのお気持ちを考えると、言葉もありません。
昨夜いただいたメールに書かれていた言葉。
「MACANAは最後まで頑張り、強く優しい子でした。改めてMACANAの家族になれて良かったと思っています」
そう綴ってくださった文字を読み、恥ずかしくも大声で泣き崩れてしまいました。

あの日(3月26日)、いったんカフェを後にされて、夕方カフェに戻って来てくださった時の映像が蘇りました。
「心臓の手術は決して安くはない。新しいシーズーの子犬を飼うよりも高い。きっとシーズーを飼いたい方はペットショップに行くだろう。それなら、私達が引き取って手術をしてあげたい。」
そう言ってくださいました。

そのことを忘れたことは一度もありません。
これからも一生忘れることはありません。

私は、本当に幸せ者です。
人生で知り合う人は限りがある中で、MACANAちゃんのご家族に出会えたことは、私の宝物です。

里親様、最後の最後までMACANAちゃんを生かしてくださってありがとうございました。
短い時間だったかもしれませんが、MACANAちゃんに幸せを運んでくださってありがとうございました。
お家の子にしてくださってありがとうございました。
私に希望と勇気を与えてくっださってありがとうございました。
本当に本当に本当にありがとうございました。

最後に・・・。
里親様が川西店のTwitterにリツイートしてくださったお言葉を載せさせていただきます。

「皆様いつもMACANAを応援して頂きありがとうございます。MACANAは昨日20時頃全ての苦しみから解放されお空に帰りました。胸が切り裂かれそうな想いですが今は穏やかなお顔で私の横にいます。最後まで戦い最後まで頑張り最後まで私想いの子でした。本当に皆様ありがとうございました」


si012.jpg
MACANAちゃん、ありがとう。
良くがんばったね。
お疲れ様。
少し前に、お空に旅立ったCAPくんがきっと、虹の橋のたもとで待っててくれていると思うよ。
だから、2人でお母さんたちを見守っていてね。
お願いね。


そして、応援してくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。


天馬くんの里親様が決まりました

おはようございます。
昨日、天馬くんにご縁があり里親様が決まりました

天馬0702

里親様は尼崎にお住いのご夫婦です。
カフェを始めて訪れてくださったのは5月の下旬。
去年4月に亡くされたワンちゃん(チワワ)の月命日で、霊園からのお帰りでした。
最初来られた時は、今寄生虫で隔離中のトイプードルのももちゃんと奥様のお誕生日が一緒なので、会いに来られた・・・。
そうおっしゃっていたと記憶しています。

亡くされたチワワちゃんのことや、保護犬、繁殖犬のことなど、色々お話をさせていただきました。
本当に穏やかなお人柄の優しいご夫婦でした。
今すぐではないけれど、きっと運命の子に出会っていつか保護犬をお家に迎えてくださる。
そうあって欲しい・・・。
そう思っていました。

その翌月も月命日の霊園の帰りに、カフェに来てくださいました。
そして、7月最初、またカフェに来てくださいました。
この日は月命日ではなかったと思います。
天馬くんに出会いました。

天馬くんは6月22日にカフェに来ました。
慣れない場所での天馬くんは目に力がありませんでした。
天馬0622-2

そして、実は7月6日。
天馬くんは顎の骨を負傷していました。
抱っこがあまり好きではない天馬くん。テーブル席のお客様のお膝から自ら飛び降りてしまいました。
すぐに病院へ連れていってレントゲンを撮ってもらうと、なんと下顎を骨折してしまっていました。
ボロボロの歯に加え、顎の骨がもろくなっていた天馬くん。
レントゲンに映った骨は、健康な骨が真っ白に映るのに比べてグレーで透けて見えていました。
歯を支えている根元も溶け始めていたのです。
天馬0708

年齢は9歳。
健康で若いワンちゃんだと1ヵ月で完治するそうですが、獣医師さんには
「骨が着くかはわからない」
と言われました。

それでも翌日から、天馬くんは口輪で固定した口で流動食を食べてくれたのです。
食欲はありました。
それが救いでした。
天馬0716
天馬0806
痛々しい姿とは裏腹に、天馬くんは日に日にたくましくなっていってくれました。
お水も飲めるし、ご飯も完食。
小さくしたおやつも大好き。
ウンチも快便。
そしてとても元気でした。

そんな天馬くんを、その時ご夫婦の間に置いてみました。
でも、年齢9歳で心雑GⅢ。
顎の骨が折れていて、片側陰睾。
どちらかと言えば難易度が高いワンちゃん。
とりあえず経緯等をお話しするのにとどめていました。
お帰りの際、「やっぱりチワワちゃんは可愛いですね」
とおっしゃっておられたのですが。。。

でも、7月29日にカフェにお見えになった時、
「もし、来週カフェに来るまでに里親様が決まらなければお家に迎えたい」
そうお申し出くださったのです。

カフェのルールは、契約してからのお預かりは1週間。
今日契約をして来週お家に連れて帰っても、来週はお仕事があり家を留守にする。
だから来週契約をして、お盆休みに入る8月11日にお家に連れて帰りたい。
だから、もう一週間にかけてみます。
そう言ってくださったのです。
そして、写メにとられたお家の様子を見せてくださいました。
そこには、天馬くんが過ごすであろう素敵な空間が映っていました。

私はその時の様子をたまたまカメラに撮っていました。
天馬0729
↑おやつを小さくして天馬くんにあげてくださっている様子です

私はびっくりしたと同時に、嬉し過ぎて・・・。
このご夫婦に来週までご縁が繋がることを祈りました。

そして、お約束通りの昨日、カフェに来てくださいました。
ご意志に変わりは無く、ご契約させていただきました。
まだ口輪をしたままの天馬くんを愛おしそうにみてくださった里親様。
抱っこ嫌いの天馬くんを無理やり抱っこせずに見守ってくださっていましたが・・・。
「抱っこしてみませんか?」
とお声をかけて抱っこをしてもらうと・・・。
不思議。
天馬0806-4
ご主人のお膝でゴキゲンで過ごしていました。

「きっと私達に笑ってくれる日がくる」
そう言ってくださった里親様。
私は、その言葉をお聞きし、胸が詰まってしまいました。

天馬、本当に良かったね。
お家が出来たよ。
おめでとう。
本当に本当におめでとう。
天馬0806-2
卒業は8月11日の予定です。

では。