FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

03月« 2021年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月

新メンバー(ワン233期生)

こんばんは。
今日、ワンちゃん2頭が新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね

ワンちゃんの部

 ベアリンちゃん ロングコートチワワ  ♀
2013年月日生まれ(7歳) 3.7㎏
色:クリーム


ぽちゃかわチワワ女子が来てくれました。
まん丸お目目でちょっと困り顔。

足は短めだけど、テチテチ歩く感じがたまりません。
シッポもフリフリ。
抱っこも大丈夫。

身体はバリカンされていますが、ぽちゃ感で手触りはとっても気持ちいいです(笑)

白くまのようなフォルムがまるでぬいぐるみ🧸ですよ。


 イヨリちゃん トイプードル  ♀
2016年6月日生まれ(4歳) 3.3㎏
色:レッド
(声帯無し)


手足が長いスレンダーガールのイヨリちゃんは、とってもとっても人懐こい構ってちゃん。
人が大好きで、ぴょんぴょん飛びながら後をついてきてくれる元気いっぱいの女の子です。

でも抱っこすると不思議…。
大人しくなって甘えたさんになります。

幼さが残るあどけなく、無邪気なイヨリちゃん。

本当に可愛い女の子です。


新しいワンちゃんが2頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」
カフェの定員は約16~7名ですが、3密を避けるため、カフェに入っていただく人数を最大10名程度にさせていてだいています。
感染予防のため、窓を開けながらの営業しておりますので寒い日にご来店いただく場合は温かくしてお越しください。
また、ご来店の際は必ずマスク着用の上、手消毒と検温にご協力をお願い致します。
また、従来は時間で切らせていただくことはありませんでしたが、ご入店人数を制限させていただくため、混み合った場合には2時間程度でお時間を切らせていただく場合がございます。
入店規制中は里親様ご希望の方のご入店を優先させていただきます。
なお、里親様ご希望の方はあらかじめ お電話にてご予約をお願い致します。その際、ご来店くださる日時、人数をお知らせください。
保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)
譲渡には必要書類や審査等がございます。
また、面会いただくまでに家族が決まる可能性がございますので、カフェにお越しくださる前にお電話をいただけますと在籍状況をお伝えさせていただきます。

引き続きご理解とご協力をどうぞよろしくお願い致します。


なゆかちゃん卒業。

こんばんは。
昨日お家が決まったロングコートチワワのなゆかちゃん
今日お迎えに来てもらって無事卒業しました



なゆかちゃんはブリーダー崩壊の現場から保護されたワンちゃんです。
おそらく劣悪な環境に身を置いていたと思います。
でも生きていてくれたこと。
生きていればやり直すことができます。
それが救いでした。

保護は2月末頃。
それから1か月の間、鶴橋店にいました。
ダニが身体にたくさんついていたため、駆虫をしてもらっていました。
そして川西に来たのが今週の火曜日でした。

妊娠しているのか、避妊しているのかの有無もわかりません。
そして誕生日が分からないため年齢がわからない。
なゆかが生きて来た証はなにひとつ残っていませんでした。
ただ閉ざされた空間に何年もの間いて、お腹には傷跡。
おそらく子供を産んだ帝王切開の跡だと想像できます。

表情も無くて、動かなくて・・。
初めてなゆかを見た時に、やるせない切なさが胸を締め付けました。

「頑張ったね、偉かったね」
「もう大丈夫だから、ゆっくり過ごそうね」
いいお家を見つけてあげることが、今のなゆかにしてあげれること。
川西に来た夜、なゆかのケージの前でそっと誓いました。

歯の状態は酷く、ほとんどが欠歯。
残る歯も真っ黒でした。

真っ黒な耳垢とマダニに噛まれた咬傷痕が身体に多数。
両後肢は外れて奇形。
腹部は膨満。
脱毛もあちこちにありました。
ただ、なゆかは痩せていませんでした。
どんなものを食べて来たのかは不明。
でも少しほっとしたのも事実でした。

なゆかのカフェデビューの日(水曜日)。
里親様は初めてカフェに来てくださったご家族です。

後ほどお聞きすると、そもそもお母様以外はネコ派・・だったそうで、保護猫の施設などに行かれたこともあったそう。
でもこの日カフェに来てくださったお父様、息子さんはなゆかと出会って、心が変わられていました。
サキツちゃんのご契約の後、お席にお伺いさせていただきました。
その時はお父様と息子さんはご都合があり、先にカフェを出られた後でしたが、お母様曰く、なゆかのことをとても気に入って引き取りたいと言っていた・・そうお話しくださいました。

穏やかで大人しくて抱っこも出来るなゆかちゃん。
可愛い顔をしていて、もちろん譲渡させていただくのはやぶさかではありません。

でもお家に迎えるにはたくさんの事をご理解いただく必要がありました。
分からない年齢、体調。
マダニも完全にいなくなっているとは言い切れず、更に避妊や歯の治療も必要になります。
これから先の体調やリスクもお伝えせねばなりません。
一時の感情とは別に、冷静になっていただく事。
厳しいようですが、それをお話するのが私の役目になります。
お母さまはこの日、そのことに真剣に向き合ってくださいました。

翌木曜日、今度はお母さまとお嬢様とでご来店。
一晩ご家族で話し合われて、再度来てくださいました。
そしてこの日も長い時間を過ごしてくださった里親様。
再度たくさんお話させていただきました。

その後、やはりなゆかちゃんをお迎えしたい・・。
そうお申出くださったのです。
お気持ちに変わりはありませんでした。

私はきっとこのご家族なら、一緒に頑張ってくださると思いました。
明るくて優しい思いやりのご家族。
まるでなゆかと出会うため、神様が導いてくれたようでした。

ご準備を整えられて、翌日の今日お迎えに来てくださった里親様とお嬢様。
目薬を差し方も覚えていただいたりして・・。

お帰りの際にお撮りした写真のなゆかは、前日のなゆかとは違いカフェに来て微笑んでいました。
前日↓

今日↓


里親様へ
この度はなゆかとのご縁を繋いでくださいましてありがとうございました。

なゆかにとって、川西デビューの日に里親様のご家族に出会っていただいたことは本当に奇跡のように思えます。
色々不安もおありかと思いますが、なにもかもが初めてのことばかりのなゆかです。
気長に見守っていただき、ゆっくり家族にしていただければ幸いです。
どうぞなゆかのこと、よろしくお願い致します。
また分からないことがありましたら、ご遠慮なくご相談くださいです。

なゆかへ。

たくさんのお疲れさんを伝えたいです。
今までの事はわからないことだらけで、
過去のことを聞いてあげることは出来ないけれど、
未来の事は伝えてあげることができる。
それはみんなに愛されて過ごせるという事。
素敵なご家族に出会って良かったね・・。
卒業おめでとう
どうか、幸せになってね。

なゆかちゃんの新しい名前は・・・。
「まろちゃん」になりました
里親様、可愛い名前をありがとうございました。



なぜブリーダー崩壊という事が起こるのか・・・。
それは様々な理由があると思います。
でも想像するには、利益のことしか考えず多数の繁殖犬を持つことでその管理がキャパシティを超えてしまって、破綻する事が多くの理由だと私は思います。
ブリーダー崩壊が起こるということは、犬が不衛生で手入れされていない状態になっていて、
最悪のケースは完全に飼育を放棄し、その崩壊現場に到着したとき間に合わずに既に息を引き取っている子、
保護された翌日に力尽きてしまう子達がいるということです。

もちろんこの現状がブリーダーの全てではありません。
適正に飼育して繁殖をしているブリーダーもたくさんあります。
ですが、崩壊は起きてからでは遅いということ。
飢え、渇き、不自由、恐怖、痛みや病気。
暑さと寒さ。
本来の快適さからは程遠いことを強いられていた可能性。
ノミダニ寄生虫が身体を蝕み、食べ物も与えられない現実。
そうならないために、私達の団体はブリーダーから保護する際に行っている頭数や繁殖制限、予防医療の助言を行わせていただいています。
ですが現状として多くの繁殖場がある以上、崩壊が実際に起こりその場面に立ち会うこともあります。

みんな同じ「命」であることに何ら変わりはありません。
命を扱うからこその責任をしっかりと胸に留め、現状を放置することで崩壊や引取り屋などにより悪循環に置かれてしまう危機をなくすために、私達は継続して活動を続けていきたいと思います。
今回保護された多数のワンちゃん達が安心して暮らせますように・・。
ご理解頂ければ幸いです。

では。

サキツちゃん卒業しました

こんばんは。
昨日(3/31)マルチーズのサキツちゃんに里親様が見つかり、卒業しました



サキツちゃんは卒業前日の午後に川西に来ました。
保護はさらにその前日。
3日間で目まぐるしく環境が変わったサキツちゃんです。
きっと気が張って、緊張したはず・・。

でも本人はとても元気でした。
性格は本当に懐こく、人が大好き。
抱っこも出来て、食欲も旺盛。
オメメがとっても大きくて愛くるしい顔。

川西に滞在した、たった1日未満で誰もが「可愛い」と思うワンちゃんでした。

里親様はとても遠方から来てくださったご夫婦です。
保護されてすぐに鶴橋店のSNSを見て、会いに行こうと思われたそうですが・・。
その翌日川西に移動になったことをお知りになり、川西まで来てくださいました。
それが水曜日のカフェデビュー日のこと。
開店1番でお越しくださいました。


お席にお伺いしてお話をさせていただくと、お家には2頭のワンちゃんがいて3頭目を探していらっしゃるとのこと。
実は昨年飼っておられたマルチーズを亡くされていました。
そのワンちゃんは保護犬。
捨てられていたのをお家に迎えられたそうです。
長く闘病生活の末に見送られた里親様。
約1年が経って新しいワンちゃんを迎えたいと思われ、保護犬を探されていたとのことでした。
私は里親様に譲渡させていただく条件とサキツちゃんの身体の状態をお伝えしました。

当たり前のように酷い歯。

そして血液検査で白血球が高かったため、院内で炎症値を見てもらうと・・。
数値は8.4。(正常値は1.0以下)
炎症がどこで起きているか分からないためエコー検査実施。
結果、子宮に液体が貯留していました。

子宮蓄膿症か子宮水腫か、また他の原因か。
もし元気が無くて、食欲がなければ蓄膿症のため緊急手術が必要になるとのことでした。
病院から帰り、ご飯をあげてみると・・・即完食!
後ほどあげてみたおやつは大好きでパクパク。

更にとても元気。
とりあえずは緊急性がなさそうでした。
でも高い炎症値はどこから来ているのか特定できていません。
歯の治療と避妊をしてからもう一度炎症値を調べていただく事が必要になると、里親様にお伝えしました。

保護犬を迎えるという事は、寄り添っていただくこと。
過去を想いやっていただき、現実を受け止めていただかなければなりません。
特に今、ブリーダー崩壊でたくさんの子達が保護されています。
放置され続けた体調は、酷い場合も多い。
里親様ご希望の方にいつもお伝えしていることは・・。
この子達に寄り添っていただくお気持ちが無ければ、決して可愛いだけでは引き受けることは難しいといいうことです。
高騰するペットショップで買うより安価だから・・という安易な理由では出来ないと・・。

サキツの里親様は保護犬を迎えられたご経験がありましたので、冷静にそのことを受け止めてくださいました。
そしてたくさんお考え下さり、それでもお家にお迎えしたいとお申出くださいました。

そんな温かなお気持ちをお持ちの里親様だからこそ、神様はサキツちゃんと出会わせてくれたのでは・・。
私はそう思いました。
そして遠方からお越しくださったため、サキツちゃんはこの日卒業となりました。

里親様。
この度は遠いところお越し下さり、ご縁を繋いでくださいましてありがとうございました。

色々なことをお伝えさせていただきましたが、ご理解くださり本当に感謝しています。
最初は治療などご苦労をお掛けすると思いますが、どうぞよろしくお願い致します。
遠いのでお越しくださるのは難しいと思いますが、先住犬ちゃん達との様子などお知らせいただければ幸いです。
これからのこと、どうぞよろしくお願い致します。

里親様は帰られてから様子をお知らせくださいました。
お家に帰られてから、サキツちゃんずっとお母さんの後をついて回っているそうです。

また先輩達とも何事もなく、ご家族みんなに歓迎していただいたとのことです。

サキツちゃんへ

たった一泊二日のお付き合いだったよね(笑)
でも元気に過ごしてくれたことが嬉しかったです。
ただ、同期のワンちゃん達がベッドに入って寝ている中で
サキツちゃんだけが座ったままフロアで寝ている姿を見て
胸がいっぱいでした。

でも、まだサキツちゃんの犬生は始まったばかりだから・・。
これからはお家の先輩ワンちゃんに色々教えてもらって
楽しいことたくさん経験して
幸せになってください。

卒業おめでとう

サキツちゃんの新しい名前は・・・。
「さくらちゃん」になりました
桜満開の季節にお家に来てくれたから、とつけてくださいました。
里親様、素敵で可愛お名前をありがとうございました。

では。

きりんちゃんの卒業(3/29)。

こんばんは。
更新が遅くなりましたが、ロングコートチワワのきりんちゃんが3月29日に卒業しました




可愛い可愛いそして小ちゃなきりんちゃん。
3月2日にカフェにやって来ました。
この日の診察で貧血が判明。
直前に帝王切開と記入があり、お腹には手術痕。

陰部からはおりものや血が出ていました。

エコーを撮ると、子宮に内容物がたくさんまだ溜まっていて、少し炎症値も高い状態。
幸い白血球の数値が上がっておらず、また子宮に液体が溜まっていなかったので、子宮蓄膿症ではありませんでした。
子宮の粘膜炎症・・?
持続的に出血が続くことはあまり良くないため、様子を見ることにしました。

「ご飯は食べます」と申し送りのメモをいただいていました。
でも・・・。
この日の夜はご飯を全く食べてくれなかったきりんちゃん。
翌水曜日の朝も、その夜も全くダメ。
カリカリ以外も色々と取り揃えて置いてても、ダメ。
お水も飲んでいませんでした。
更に翌日の木曜日の朝も全く食べません。
さすがに心配になり、早朝ヤギミルクをスポイドで飲ませました。
午後もヤギミルクをスポイドで・・。
食べないと子宮の様子も気になるし、とりあえずは点滴をしてもらおうと病院を予約しました。

営業終了後、病院に行く前にとりあえずご飯をダメもとであげてみました。
すると・・。
一生懸命食べ始めました。

ほとんどない歯で、カリカリをゆっくり一生懸命。
なんだかそれが嬉しくて、ガッツポーズ。
病院をキャンセルしました。

お水も給水機からしっかり飲んでいました。

きりんちゃんとはこんなヒヤヒヤで心配が始まりでした。
よく考えると、チワワあるあるなんですが。
性格はだから、要するに、怖がりさん。
抱っこはダメで、暴れて降りてしまいます。
カフェオープン前は結構走り回り自由に過ごしていたり、

お散歩もしばらくしたら上手に出来るようになっていましたが

開店でお客様が来られるとすぐ「隅っこ」へ。
契約席の下と、客席の端っこに置いてあるドームベッドの中が常駐場所になりました。

なので・・撮った写真はほとんどがその位置です

その後出血は続きましたが、少しづつ少なくなっていきました。
でもやはり、隅っこばかり。
抱っこ好きなワンちゃんでもお愛想たっぷりでもないきりんちゃん。
いつも神経を張っていました。
私はその不器用さがたまらなく愛おしく、手が空くと話しかけたり、ナデナデしたりしていました。

お客様にもご理解いただき、そっと見守っていただいていました。

そんなきりんちゃんに初めて面会予約が入りました。
臨時休業明けの3月24日にお電話をいただき、翌25日に先住犬のチワワ「かえるくん」を連れてお嬢様と来てくださいました。

そのかえるくんも保護犬とのことで、以前いたワンちゃん達も保護犬。
チワワの女の子が亡くなって少し元気がないかえるくんの新しい相棒にと、きりんちゃんに会いに来てくださいました。
しかしながら、きりんはツンツンタイプ。
気に入っていただけるかなぁ、と少し気をもんでいたのですが・・・。
里親様はそんな私の思いを見事に払拭してくださいました。

「前の子にそっくり・・、とても似ている」
そう目を細めながらおっしゃられました。
それは外見だけでなく、性格も。
念のため相性を見るためにお母さんから離れてバックヤードでマッチング。
でも、かえるくんはソワソワでお母さんのところに行きたくてそれどころではありませんでした。
逆にきりんんちゃんはかえるくんの臭いを嗅ぎに行ったりと少し興味がある様子。

里親様は今までも同じようなご経験をお持ちでいらっしゃいました。
また亡くなったチワワちゃんとも性格がよく似ているそうで、
「大丈夫」
と言ってくださいました。
そして更に27日にご主人や息子さんご夫婦とご一緒にきりんに会いに来てくださり・・。


翌28日、嬉しいご契約となりました。


目は初発白内障。
お耳もとても汚れていて、歯も劣悪。

足もパテラGⅡとGⅣ
胆のうや副腎も少し気になる所見。
でもすべてご理解くださった里親様。
何より、きりんをとても可愛いと言ってくださいました。

里親様へ。
この度はきりんちゃんとのご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。

きりんの不器用な性格と少なくない既往症をご理解くださったこと。
さらに保護犬と暮らされているご経験。
そして優しくて温かなお心。
願ってもない素敵なお家の子にしていただけて胸がいっぱいです。
きりんが頑張って来た過去が報われた気がしました。
これからはかえるくんと一緒に、穏やかな未来をただ祈っています。
最初は治療などでご苦労をお掛けすると思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

連れて帰ってくださった後、里親様はお便りをくださいました。
カフェでは落ち着かなかったかえるくんでしたが・・。
自分のお家があるのにもかかわらず・・何故かきりんちゃんのお家に入り浸り(笑)

結局その日はきりんちゃんのお家で寝てしまったそうです。
あまりのその微笑ましさに、何度も何度もお写真をみてしまいました。
「私のお家に来たのは本当にラッキーだったと言えるように、毎日可愛がりたいです」
「必ず幸せにします」
最後にそんな痺れるお言葉を綴ってくださいました

きりんちゃんへ

カフェに来た時に全くご飯を食べなくて、ほんと、心配したんだからね。
でも3日目の夜、一生懸命カリカリを食べてくれた時
めちゃくちゃ嬉しかったよ。
さらに・・お愛想なんて全く無いし(笑)
手を出してもビクビク。
最後まで慣れることは無かったもんね。
今までの環境から移動したカフェは、それほど怖かったんだと思う。
でもね、最高のお家が決まって良かった。
きりんちゃんが持つその強運がとても嬉しくてしかたがないよ。

これからは、きりんちゃんのペースで
かえるくんと一緒に幸せな未来を過ごしてください。

卒業、おめでとう

きりんちゃんの名前は・・・。
そのまま「きりんちゃん」です。
かえるくんときりんちゃん。
可愛いコンビの誕生です
里親様、ありがとうございました。

では。

新メンバー(ワン232期生)

こんばんは。
今日、ワンちゃん4頭が新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね

ワンちゃんの部

  ロランちゃん ミニチュアダックスフンド  ♀
推定2014年生まれ(推6歳) 3.7㎏
色:レッド
※ブリーダー崩壊で保護されました。


身体は痩せていて、被毛も薄く後脚が少し奇形しています。

最初はブルブル震えていましたが、フロアに出るとお転婆さんに早変わり!
他のワンちゃんにちょっかい出して怒られていました。
抱っこはまだ慣れていない様子です。

幼い顔立ちがとても可愛く、じっと見つめられると胸がきゅんとなります。

おやつ大好きなロランちゃん。
楽しく過ごせるおうちが見つかって欲しいです。

  なゆかちゃん ロングコートチワワ  ♀
推定2013年生まれ(推7歳) 3.1㎏
色:茶
※ブリーダー崩壊で保護されました。


優しい顔立ちのチワワ女子。
今日はベッドで大半過ごしていました。

大人しいけれど、マウントされるとそこはちゃんと怒ります。
抱っこはなゆかちゃんもまだ慣れていない様子でぎこちないです。

少しだけ出た舌がチャームポイント。
ちょいポチャでとっても可愛いです。

ずっとのおうちが見つかって欲しいです。

  シスラちゃん トイプードル  ♀
2014年6月11日生まれ(6歳) 2.6㎏
色:シルバー

見た目は儚げ、表情も寂しげなシスラちゃん。
全バリカンでカフェに来ました。
でも本人はフロアに出ると楽しそうに走り回ります。

他のワンちゃんにも「遊ぼ」して誘っていたり、おやつも大好き。
痩せているけれど、食欲旺盛。

被毛が伸びたら絶対可愛くなりますよ。

  サキツちゃん マルチーズ  ♀
2014年2月23日生まれ(7歳) 2.3㎏
色:ホワイト

大きなお目目で小柄なサキツちゃん。
人懐こくて賑やか。


元気でいつだって楽しそうなルンルンガールで、笑顔炸裂です🎵
たまにお膝をチョンチョンしてくれる技、あります。

抱っこは大丈夫。
まだベッドに入れないようで、床で座ったまま寝ていました。

おやつは大大大好きです。



新しいワンちゃんが4頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」
カフェの定員は約16~7名ですが、3密を避けるため、カフェに入っていただく人数を最大10名程度にさせていてだいています。
感染予防のため、窓を開けながらの営業しておりますので寒い日にご来店いただく場合は温かくしてお越しください。
また、ご来店の際は必ずマスク着用の上、手消毒と検温にご協力をお願い致します。
また、従来は時間で切らせていただくことはありませんでしたが、ご入店人数を制限させていただくため、混み合った場合には2時間程度でお時間を切らせていただく場合がございます。
入店規制中は里親様ご希望の方のご入店を優先させていただきます。
なお、里親様ご希望の方はあらかじめ お電話にてご予約をお願い致します。その際、ご来店くださる日時、人数をお知らせください。
保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)
譲渡には必要書類や審査等がございます。
また、面会いただくまでに家族が決まる可能性がございますので、カフェにお越しくださる前にお電話をいただけますと在籍状況をお伝えさせていただきます。

引き続きご理解とご協力をどうぞよろしくお願い致します。