保護犬・保護猫カフェⓇ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

05月« 2018年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月

ミミちゃんの里親様が決まりました

こんばんは。
今日、ラグドールのミミちゃんに里親様が決まりました


ミミちゃんは先週カフェに仲間入りしたネコちゃんです。
ラグドールは川西初。
私も写真でしか見たことのないネコちゃんです。

ふわふわと長い被毛と、人なつっこくて飼いやすい性格。
「ぬいぐるみ」と言われる由縁です。

本来は4㎏~7㎏と言われるラグドール女子。
ですがミミちゃんはたった2.9㎏。
小さな女の子です。

ミミちゃんが持つ透き通るブルーアイは、誰でも一瞬で魅了されてしまうようでした。
とにかく美しいミミちゃん。
同室のメインクーンのリグスくんにいつも言い寄られ、少しだけ迷惑そう・・・。

でもそれも、まんざらでも無さそうな感じで過ごしていました。

そんなミミちゃんを、里親様は水曜日の夕方見に来てくださいました。
お母様と娘さんのお二人で。
お電話をくださってのご訪問でした。

実は、里親様は2年前の5月に
カフェからトイプードルのポコちゃん(前ドカちゃん)を引き取ってくださった里親様です。
引き取ってくださってからも、現在に至るまで、季節が変わるごとにポコちゃんの様子をメールでお知らせくださったり、

時折ポコちゃん同伴でカフェに来てくださったり、

もちろんポコちゃん抜きでもカフェに遊びに来てくださっていました。
里親様お一人の時もあれば、ご家族を伴って来てくださったこともありました。
明るくて優しくて、そしてワンちゃん達を本当に大切にしてくださっている、素敵なご家族です。

その里親様のお家には猫ちゃんがいました。
名前はまる吉くん。

その時からさかのぼること13年前に、お家の庭に捨てられていたそうです。
それからはお家の猫として、楽しくご機嫌で年を重ねていたまる吉くんでしたが・・・。
でも2016年の11月に虹の橋を渡ってしまったと、亡くなられた日にメールをくださいました。
そのいただいた文字の中には、、、。
沢山の愛情が綴られていたことを、まるで昨日のように覚えています。
そして・・・。
そのメールを読ませていただいて、ご家族がまる吉くんを思うお言葉の数々に涙が止まりませんでした。

そして1年半が経ち、ネットでミミちゃんを見つけられた里親様。
今までもたくさんネコちゃんがいたにもかかわらず、ミミちゃんの事が気になられた。
とのことでした。

その時は、お家にはワンちゃんもいるし、ご自身の一存では決めかねておられました。
なので、何も決められずにカフェを後にされたのですが・・・。
帰られてご家族皆さんにご相談くださり、全員一致でお家に迎えることを決めてくださって、
そして昨日の夜お電話をくださいました。
「ミミちゃんをお家にお迎えしたいと思います」

写真で見て、そしてミミちゃんと会って、
そしてご家族にご相談くださって決めてくださった。
そのことは私にとってこの上ないお申し出です。

それは・・・。
前回もフィラリア陽性だったポコちゃんを一目で気に入ってくださり、ただただ愛情を注いてくださっていた事や、
今までに沢山送ってくださったポコちゃんのお写真が全てを物語ってたからです。
そして、ミミちゃんを気に入ってくださったこと。
「一目惚れでした」
今回もそう言ってくださったことが、何より嬉しいお申し出でした。

ご契約中もご家族からお電話が入り、ご準備を進めておられるご様子
そしてご契約を終え、ミミちゃんに優しく語られていた里親様。

「待っててね」
そう言いながら、抱っこされていたのがとても印象的でした。

猫本来が望む自由気まま」な生活を知らなかったミミ。
でも里親様のご家族は6人。
これからは広いお家で、優しい人たちに囲まれて、可愛がってもらって、
皆んなにちやほやしてもらって、

最高の幸せをゲットして欲しい。
そう心から願っています。


ミミちゃんの卒業は未定ですが、ご準備が整い次第お迎えに来てくださるそうです。
そして行先は豊能郡能勢町です。

ではまた。

新メンバーが来ました(ワン109期生)

こんばんは。
今夜、 ワンちゃん (109期生) 4頭が新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね~

ワンちゃんの部

プーちゃん  トイプードル ♀  2011年1月21日生まれ(7歳) 3.7㎏
色:レッド

小さな身体とその雰囲気は、まるでひっそりと咲くお花のよう
抱っこも慣れていなくて、手足がピーンとなってしまいますが、それがいじらしいプーちゃんです。

人は嫌いではないようで、気が付いたらそっと寄り添ってくれるタイプ。
今日は初めてのなれない場所でじっとしていることが多いでしたが、慣れればきっと元気に遊んでくれる予感。

あどけない表情がとっても可愛い女の子

守ってあげたくなりますよ。


マヨちゃん  アメリカンコッカースパニエル ♀  2010年5月24日生まれ(8歳) 6.1㎏
色:ブラック

被毛はブラックだけれど、お耳とお口の周りがちょっと白くて、優しげな雰囲気のマヨちゃん。

くりくりオメメでとっても美人です

性格は元気で陽気。
警戒心もなくて明るくておおらか。

抱っこも大好きなマヨちゃんは愛されキャラ

とってもとっても人懐こいですよ。

ダンディくん ヨークシャテリア ♂   2014年6月26日生まれ(3歳) 2.7㎏
色:スチールブルータン

ちっちゃくて可愛いヨーキー男子。
毛がとってもツヤつやです

気が合えばワンちゃん同志で遊びもできます。
抱っこも出来て、人懐こいダンディくん。

愛くるしいオメメがチャームポイント。

小さいけれど、大人の雰囲気です。
マイペースさもダンディの魅力です。


くぅくん ミニチュアダックスフンド ♂   2012年4月24日生まれ(6歳) 8.5㎏
色:レッド

人懐こさでは、カフェ歴代1・2を争うほど。
全力でシッポフリフリ

全力で寄って来てくれて、全力で体当たり(笑)
全力で満面の笑顔。

そして全力でペロペロしてくれます。
後追い、寄り添いも全力少年です。

大きめですが、とってもイケメンなくぅくん。

元気いっぱいです

新しワンコちゃんが4頭増えて、カフェでは9頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」

保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

そしてネコちゃん部屋ですが、ネコちゃん達は警戒心が強い生き物です。
そのため色々なお客様と触れ合うことにストレスを感じるなどの問題が生じています。
現在猫部屋里親希望の方のみの入室とさせて頂いております。
ご期待に沿えず申し訳ございませんが、触れ合い目的のお店ではないため、どうかご理解いただけますと幸いです。
里親希望の方、保護猫をお家にお迎えすることを少しでもお考えの方は、お気軽に近くのスタッフにお声掛けください。
よろしくお願い致します。

では。

ミルちゃん無事卒業、白夜くん卒業、ロアちゃん里親様決定

こんばんは。
今日はとてもいい日になりました
トイプードルのミルちゃんが無事卒業
そしてMシュナウザーの白夜くんに里親様が見つかり卒業
そして、キャバリアのロアちゃんに、遂に里親様がみつかりました

ミルちゃん

里親様は予定通りに今日、お迎えに来てくださいました。
里親様のお家には3人の息子さんがいらっしゃいますが、今日は一番下の息子さんが一緒に来てくださいました。
奥様にとっては、ご家族は奥様以外は男性ばかり・・・。
だからミルちゃんが初めての女子になります。
それはご主人にとっても息子さんたちにとっても同じこと・・・。
絶対に可愛がってもらえること間違いなしなのです(笑)

そしてご主人はイギリスの方。
英語での会話が飛び交うお家です。

だから・・・
ミルちゃんの公用語は英語
「お座り」や「待て」は「SIT」や「WAIT」。
そして「I love you」といっぱい言ってもらえるお家なのです。
保護犬だったミルちゃんは、まるで映画のようなシーンが日常になります。

温かなお家で一杯愛情をかけてもらって、幸せになれること。
それは金曜日にミルちゃんが熱いビームで、里親様を射止めたからこそ。
ミルちゃん、川西に来て良かったね。
出会ってもらって良かったね。
本当におめでとう

ご主人に抱っこしてもらったり、息子さんに抱っこしてもらったりしていたミルちゃん。

今まで愛情が足りていない生活だったと思います。
また環境も今までは閉ざされた空間だけがテリトリー。
でも、これからは・・・。
やっと愛してもらえて、自由に暮らせる。
そう思い、私自身胸がいっぱいになりました。

里親様。
素敵なご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。

あの時、ミルちゃんが送ったサインに気づいてくださってありがとうございました。
これからのミルちゃんの未来を、どうぞよろしくお願い致します。

そして・・・。
新しくミルちゃんにつけてくださった名前は・・・。
「Chloe(クロエ)ちゃん」。
英語での発音は「クロイちゃん」。
たくさんの候補の中から6つに絞られ、ご家族全員で決めてくださったそうです。
また、帰られてからご家族全員での記念写真(First day photo)を送ってくださいました。
「常に誰かの側に寄り添っていて、可愛いです」
とのことですよ


クロエちゃん。
またね。
元気でね~。


白夜くん


里親様は昨日お電話をくださっていました。
そして、朝いちばんでカフェに来てくださいました。
お聞きすると、富田林市からのご来店でした。

以前もMシュナウザーを飼っていらっしゃいました。
名前はソウ君。
保健所から保護され、そしてご縁があってお家に来てもらったとのことでした。
でも病気になり、先月虹の橋を渡ってしまったそうです。
寿命まで生きれなかったソウくん。
そうお言葉を選びながらお話くださいました。
今回、鶴橋のSNSで白夜くんを見つけてくださり、お母様と一緒にお見えになりました。
言葉多く語られる方ではありませんでしたが、誠実なお言葉で丁寧にお話しくださいました。

ただ大切な命であることを十分ご存知でした。
私もすぐお決めにならずに十分お考え下さってから・・・。
そう思ってはいたのですが、
たまたま遠くから白夜に会いに来てくださっている別のご家族がいたため、
ご無理を承知の上で、その事をお伝えしました。
「1時間だけ考えさせてください」
そうお申し出いただき、返事をお待ちしていました。


白夜くんは5歳。
シュナウザーのそもそもの性格は・・・
「従順でしつけがしやすく、好奇心が旺盛で遊びが大好き。警戒心が強く、攻撃的になったり良く吠える子もいます」
ネットを調べるとそう書いています。
でも白夜くんは本当に静か。
鳴くこともほとんどなく、いつもひっそりとそこにいました。
控えめ。

名前を呼ぶと走ってきてお座り。
他のワンちゃんを押しのけたり、アピール上手というわけでもなく、
ただただお利口でした。
おやつの時間も、他のワンちゃんが我先にアピールするのに、白夜くんは1m離れたところでお座りして待っていました。
その姿が微笑ましくて、本当に可愛いでした。

お申し出くださった1時間より早く・・・。
「お家に来てもらいたい」
そうお返事くださった里親様。
見ると、白夜くんはお母様のお膝で抱っこされていました。


里親様。
遠くから白夜くんに会いに来てくださって、おうちの子に選んでいただき本当にありがとうございました。
また、ご無理をお伝えしたのにも関わらずご理解いただいたこと、感謝しています。

これからの白夜くんの未来をどうぞよろしくお願いいたします。

帰られてから、お家に無事着かれたご報告をいただきました。
その時添えてくださったお写真です。

(笑っています!)

お名前は少しお考え中。
明日決めてくださるそうです。
そして・・・。
お母様はまだ畑に出られているそうですので、季節がよければきっと白夜も一緒に連れて行ってもらえるのでしょうね。

白夜くん。
カフェにいる間、シュナウザーファンを魅了してくれてありがとうね。

元気で、そして幸せにね。
おめでとう


ロアちゃん

遂にロアちゃんにお家が見つかりました

おとなしくて、ラブリーで、可愛いロアちゃん。
ロアは日がな一日をほぼ窓際のベンチで寝そべって過ごしています。
そのお仲間はチワワのうららちゃん。

時折うららちゃんにマウントされていますが、全く平気。
ロアは性格温厚で、細かいことは気にしないおおらかな性格だからです。
お客様がベンチに座ろうが、これまた平気。
よほどのことが無い限りそのまま寝そべっています。


ぐうたらに見えるロアちゃんですが、お散歩は大好き。
見違えるかの如く、走ったりもできます。
また、人懐こくて甘えて抱っこをおねだりしてお膝カリカリもしてくれるのです。


川西に来たのが4月19日。
こんな可愛いロアちゃんなので、誰もがすぐに里親様が見つかると思っていました。
ですがGWを過ぎても決まらないロアちゃん。
カフェの七不思議と言われていました。

里親様は以前からカフェに来てくださっていました。
特にお嬢様がワンちゃん大好き。
だから、ゆっくりワンちゃんと触れ合ってくださっている様子を何度かお見かけしたことがあります。

一か月ほど前に、カフェでロアちゃんに出会ったお嬢様。
その時とても可愛いと思ったけれど、きっとすぐ里親様が決まると思っていた。
でも、決まらない。
だから・・・。
今回お父様も一緒にカフェに来てくださいました。
再度ゆっくりと触れ合ってくださって、決断してくれたのはお嬢様でした。
「娘に任せています」
そう傍らで微笑みながらご両親がおっしゃられたとのこと。


不思議に決まらなかったのは、ロアちゃんはこのご家族を待っていた。
いえこのお嬢様を待っていたのでした。

ロアちゃんの卒業は、来週の土曜日の予定です。
そしてロアちゃんの行先は吹田市です。


では。

ヨウカンちゃん無事卒業しました

こんばんは。
先週里親様が決まった、ミニチュアピンシャーのヨウカンちゃんが今日無事卒業しました


お迎えには、今日はご主人もご一緒に来てくださいました。
それまでは抱っこのお膝を探してフロアを歩いたり、ベッドで寝ていたりしていたヨウカンでしたが、
里親様がご到着され、そのお膝に抱っこされると・・・。
キラキラの大きな目で、待ち遠しかったと言わんばかりに里親様をじっと見つめていました。



ヨウカンには分かっているんだ・・・。
そう思えたのは、その表情が今までと違って見えたからです。
更に・・・。
里親様がご用意くださった、リボンの付いた首輪、リボンの付いたハーネス、リボンの付いたリード。
全てお揃いでした。

それを着けてもらった時のヨウカンの顔が、なんとも誇らしげ
これこそが飼い犬の証だと言わんばかりに胸を張ってこちらを見る姿に、胸がいっぱいになりました。

ワンちゃん達は、私達が思っているよりもずっと知能が高い・・・。
このカフェをしていて感じたことの一つです、
また人がどう思っているかというのを感じ取る能力にも長けています。
あの日一目惚れしてもらったことはヨウカンには十分通じていたのだと思います。


里親様。
このカフェに足をお運びいただき、ヨウカンに出会ってくださってありがとうございました。
ヨウカンに手を差し伸べてくださいましてありがとうございました。

そしてこの子がいいと望まれて行くヨウカンは本当に幸せだと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

今日から未来(ミク)という名前をもらったヨウカン。
人間の為に尽くした過去はもう過去。
これからはご家族のパートナーとなり、またかけがえのない存在になって
今まで頑張った分、飛び切り幸せになって欲しいと願っています。


人一倍淋しがり屋で甘えたさんのヨウカン。
元気でね。
またね~

未来ちゃんの行先は神戸市です。

ではまた。

ミルちゃんの里親様が決まりました

こんばんは。
今日は昨日夜に来たばかりのトイプードルのミルちゃんにご縁が繋がりました


里親様は今日初めてカフェに来てくださったご夫婦です。
今日私は私用等でカフェを離れていた時、来てくださっていました。
穏やか・・・。
ワンちゃん達を見つめる目には、愛がたっぷり。
そんな印象のご夫婦でした。

ミルちゃんはカフェに来たばかり。
慣れない場所ではありましたが、今日はお客様の間ではひっぱりだこ。
甘えたさんだけれど、控えめな性格。
そしておしとやかな雰囲気を持っているのミルちゃん。

人気でした。
でも表情はどこか寂しそうに見えることがありました。


そのミルちゃんが抱っこしてもらっているお客様のお膝から降りて、
フロアの真ん中のベッドに座り、
ある方向をじっと見つめていました。
その視線の先には・・・。
里親様のご夫婦がいました。
その様子を見ていたボランティアスタッフさんは、
「自分から里親様にアピールしている」
ように思えたそうです。
そして里親様も、ミルが放つ熱いビームに気づかれて、抱っこをしてくださったようでした。


夕方近くになり、里親様にお声をかけていただきました。
そして、色々お話をさせていただきました。

今年3月に飼っていたラブラドールをご家族全員で見送られたそうです。
ワンちゃんが最後の一息をつくのを、お子様を含めたご家族5人で看取られた。
そうおっしゃったそのお顔は、寂しさの中にも晴れやかさがみられるようでした。

そして奥様はもう一度ワンちゃんを飼おうと思われたこと。
それは子犬ではなくて保護犬を選びたい・・・。
だから、それからご自身で一生懸命保護犬の事を勉強され、調べられたそうです。
そして、
そのお気持ちをご家族にお伝えになり、カフェへと辿り着かれたとのことでした。


そこに運命の神様がいたのです。
カフェデビュー初日のミル。
まるでこの人がいい、と言っているように見つけたご縁。
今私にわかることをすべてお伝えしましたが、
一つ一つ、真剣に耳を傾けてくださいました。

温かなお人柄。
優しい雰囲気。
里親様はミルが持つ雰囲気と似ていらっしゃいました。

そしてミルの持つほのぼのとした雰囲気に魅かれられた里親様。
ミルを選ばれた理由をお聞きしましたが、
「理由などありません」
そうお答えくださったのです。

たくさんの経験をしてきたミルが出会ったご縁。
昨日川西に来なければ繋がっていなかったご縁。
ミルはこの里親様に出会うためにここに来たのだと思いました。


ミルは明後日の日曜に神戸市へ行きます。
ミル、おめでとうね

では。