FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

02月« 2019年03月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»04月
BLOGTOP » CATEGORY … 未分類

チーズちゃん卒業しました

こんばんは。
トイプードルのチーズちゃんの里親様が昨日決まり、今日無事卒業しました



2月14日のバレンタインデーに川西にやって来たチーズちゃん。
川西では「チーちゃん」と愛称でそう呼んでいました。
ちっちゃくてフォルムがぬいぐるみ。

甘えたで、引っ付き虫で、私ちゃん。

トイプードルの性格そのものがギュッと詰まっている感じでした。
どこから見ても「可愛い」チーちゃん。
同期のチャチャコちゃんには強気でマウントしていましたが、
「チーちゃん、めっ!」
って言うと、そそくさと離れて何事もなかったようにベッドに入っていました。

人懐っこくて、慣れたスタッフさんのお膝に何としてもよじ登り、お膝ゲット。

いつも楽しそうに過ごしていました。


会いに来てくださる方やお問合わせも多いでした。
でもチーちゃんには既往症も多く、
両目が少しだけ白濁していて、右目核硬化症、左目初発白内障。
奥歯が歯石歯肉炎重度。
乳腺腫瘍が4カ所。
パテラ左GⅡ。

左前足が少し上に上がっていて、歩くときにぴょこぴょことなります。
レントゲンを撮って骨を調べましたが、異状なし。
触っても痛がることはありませんが、少し筋肉が硬いように思いました。
だけど、それを含めてチーちゃんの個性です。
全てを受け入れくださる里親様を待っていました。

里親様は何度かカフェに来てくださっていたお客様でした。
昨日「チーズちゃんに会いに行ってもいいですか」と、午前中にお電話をいただいてのご来店でした。
お顔をお見かけしたことはありましたが、あまりお話をしたことが無かったため、昨日初めてゆっくりとお話させていただきました。

3年前に愛犬を亡くされていて、その悲しみが深くそれからはワンちゃんを飼ってはおられなかったとのこと。
でも、その後川西店を含めて保護犬カフェのワンちゃんに会いに行かれていたそうです。
先日卒業したはつねちゃん(現咲花ちゃん)も気になっておられたそうです。
でも・・・。
今までは悩んでいるうちに里親様が決まってしまってご縁が繋がらなかった、とお話くださいました。

里親様ご自身は介護士でいらっしゃいます。
お留守の時間も少なく、甘えたのチーズでも大丈夫なお家。
またワンちゃんを飼うご環境も整っておられました。
そして、色々お伺いする中で私が強く心惹かれたお話がありました。
「3年前に亡くなったワンちゃんは8歳の時に病気で半身不随になったのですが、元気な頃より病気で介護していた時の方が可愛くて愛おしかった・・・。」
そう振り返られてお話しくださったのです。
大変なことを大変だと言うのは簡単ですが、大変なことを愛おしいと思うことは簡単ではありません。
8歳から14歳までの6年間をそう思われて過ごされていた里親様。
明るいお人柄の中に真の強さと優しさをお持ちでした。
そして、このご家族にチーちゃんの未来を託させていただけたら・・・。
そう思いました。

「可愛い・・・」

そうおっしゃりながら、チーちゃんを抱っこしたり、フロアでの様子を見守ってくださったりして過ごしておられた里親様。
そして、ご一緒に来られたお嬢様と長く過ごしてくださった後に出してくださった結論は・・・。
「連れて帰りたい」
とのご決断でした。

今回はちゃんとご縁を繋がりました。
いえ、このご縁が「繋がるべきご縁」だったと思います。

昨日ご契約をしてくださって、今日無事卒業したチーちゃん。
帰られてから里親様にいただいたメールには・・。
「亡くなったワンちゃんに挨拶をすませ・・その後、娘の膝から離れません」
とのこと(笑)


チーちゃんやっぱりちゃっかり、お膝ゲットしてました。

里親様。
今回はやっとご縁を繋いでいただくことができてとても嬉しかったです。

温かで、気さくで楽しいお家。
明るいチーちゃんにはピッタリなお家だと思います。
これから身体を治していくことになると思いますがどうぞよろしくお願い致します。
そしてぜひ、またカフェにも遊びに来ていただけると嬉しいです。
お待ちしています。

そして新しくつけてくださった名前は・・・。
「つくしちゃん」。
つくしは3月10日から20日の暖かくなるころに生えて来ます。
ちょうど今がその季節
可愛い響き中に、土の中を経て生きる逞しさを秘めたその名前は、チーちゃんにピッタリだと思いました。

つくしちゃん。

つくしちゃんを大切にしてくれるお家が出来て良かったね。
いっぱい可愛がってもらって、元気で暮らしてね。
卒業、ほんとにおめでとう

では。

新メンバー(ワン136期生)

こんばんは。
今夜、ワンちゃん(136期生)2頭が新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね~

ワンちゃんの部

ピンツィーくん ヨークシャテリア ♂
推定2013年生まれ(5~6歳) 1.8㎏
色:スチールブルータン


とっても元気で陽気なヨーキー男子です。
1.8㎏と超小柄。
でも元気印です。

人懐っこくて、人も犬にも興味津々。

とにかくちょこまかとフロアをノンストップで走り回って楽しそうです。
手を出したらペロペロ舐めてくれるフレンドリーなピンツィーです。
抱っこもOK。

でも色々気になってしまって急に飛び降りる時もあるので、床に座ってなら大丈夫。
とにかくイケメンで可愛いピンツィー。

ぜひ会いに来てくださいね。

※お願い
無理やりの抱っこ、立っての抱っこ,、抱っこでの移動は危ないのでご遠慮ください。
また飛び降りによるケガを防ぐため、出来るだけ床に座っての抱っこをお願いいたします。


オリーブちゃん シーズー ♀
2011年2月7日生まれ(8歳) 6.0㎏
色:ゴールド&ホワイト


性格控えめで静かな女の子です。

初めての川西フロアは緊張でいっぱいのドキドキ・・。
でもしばらくすると、他のメンバー達にご挨拶したり、るんるんとフロアを探索したり楽しそうにしていました。

抱っこは大丈夫。
お膝にすっぽりハマって居心地が良さげです。

モフモフの被毛は手触りバツグン。
ちょっとカーリーなお耳の毛が珍しいオリーブちゃん。

端っこで座っていることが多く、ちょっと寂し気な表情が切ない女の子です。


新しいワンちゃんが2頭増えて、カフェでは6頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」

保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

そしてネコちゃん部屋ですが、ネコちゃん達は警戒心が強い生き物です。
そのため色々なお客様と触れ合うことにストレスを感じ、なかなか環境に慣れてくれないなどの問題が生じています。
現在猫部屋里親希望の方のみの入室とさせて頂いております。
ご期待に沿えず申し訳ございませんが、触れ合い目的のお店ではないため、どうかご理解いただけますと幸いです。
里親希望の方、保護猫をお家にお迎えすることを少しでもお考えの方は、お気軽に近くのスタッフにお声掛けください。
よろしくお願い致します。

では。

ミョンちゃん卒業しました

こんばんは。
今日、シーズーのミョンちゃんが卒業しました




昨年の10月に川西に来たミョンちゃん。
保護はおそらくその数か月前。
他店からの移動でした。

ミョンを初めて見た時、顔に違和感がありました。
右側の顎が下がり、閉じれない口・・・。
明らかに顎の骨が折れている状態でした。

口腔環境が悪く、歯を支えている骨が溶けて融解骨折していました。
子宮に不具合が生じたため避妊をしてもらっていたので、その時に歯も治療済み。
触ると嫌がる口を無理やりこじ開けるとほとんど歯は残っていませんでした。

さらにドライアイのため、顔にこびりついた酷い目ヤニ。
真っ黒な耳垢。

顎が折れているせいか、顔を触られることを断固拒否。
耳掃除も目薬も首を振り、容易にはさせてくれませんでした。
もちろんお顔周りのカットもとても難しいものでした。

心臓は僧帽弁閉鎖不全症ステージB2。
すぐに投薬を開始しています。
そして・・・ミョンの声帯はカットされていました。

繁殖犬としての運命を受け入れてきた身体。
それは見事に傷んでいました。
一度はマウスガードで固定して、顎の骨折の治療をしようと試みましたが、本人がそれを絶対に受け入れてくれず断念。

食欲は旺盛。
顎は折れていても、ご飯を食べれてお水も飲めました。
さらにはおもちゃでも楽しそうに遊んでいました。

傷んでいる身体ではありましたが、ミョンは逞しく生きていました。


ミョンちゃんファンも何人か出来て、そのお客様が来られた時はお膝でまったり過ごしていました。

でもほとんどの時間は机の下組。

シーズーがお好きな方も多く、会いに来てくださる方も何人かいましたが・・・。
なかなか里親様とはめぐり逢えませんでした。

若くもないし、既往症もたくさんあるけれど
抱っこが好きで、大人しくて、食いしん坊。
文句も言わず、手もかからず、ただひっそりと過ごすその姿。
それはまるで、目立たないように生きているかのようでした。
笑うとほんとに可愛いミョン。

頑張って生きていました。

里親様はそんなミョンをネットで見つけて先週月曜日に会いにきてくださいました。
ご自宅はカフェから電車で約2時間。
お姉様とご一緒に電車を乗り継ぎ、カフェまで来てくださいました。
事前にお電話をくださってのご来店でした。

お会いしたときに感じたもの。
それは・・・。
優しく温かなお人柄でした。

今までもミョンに会いに来てくださる方はいましたが、何故か今回は少し違う気がしたのです。
それはお話をした時に分かりました。
今までも5頭ワンちゃんを見送ってこられた里親様。
全て行き場のない子達だったそうです。
だから元気な子や子犬より、お家が決まりにくい子達に目が行き、気になり、迎えてこられたとのこと。
若さや飼いやすさ、健康の度合いでワンちゃんを選ばれる方ではなかったのです。
優しい眼差しでそうお話しくださった時、涙を堪えるのが難しいでした。

その日はお約束が控えておられたので、そのままお帰りになりました。
里親様のお家は美容院。
お休みは月曜日だけ。
次に来られるのは来週の月曜日。
それまでに他にご縁があるかもしれないことをお伝えしました。
ですが帰られる際に・・・。
「きっと大丈夫。家に来てくれる気がします」
そうおしゃられていました。

そして一週間後の今日。
雨の中、2時間をかけてお約束通りにキャリーバッグを持ってお迎えにきてくださいました。

嬉しかったです。
本当に・・。

里親様のお家は美容院。
店舗兼自宅のお家には先住犬のシーズーちゃんがいて、お店の看板犬。
ミョンも仲間入りさせてもらいます。
ケージもないお家。
1階は住宅部分も含めて自由。
さらにはお姉様のお子様はトリマーさん。
伸び放題の毛は、姪っ子さんにカットしてもらえます。
そしてご飯は手作りご飯になるそうです。

ミョンは保護されて半年以上をかけて、このご縁を待っていたのです。

これ以上ない環境と愛情。
頑張った過去はもう過去でしかありません。
これからはのんびりまったりの時間が待っています。

里親様。
遠い場所から川西までミョンに会いに来てくださいましてありがとうございました。
そしてミョンとのご縁をしっかり繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。

気さくで温かで優しいお家。
今もこれからのミョンの未来想うと、温かな涙が溢れます。
どうぞこれからもよろしくお願い致します。

ミョンちゃんの名前は。。。
そのまま「ミョンちゃん」です

ミョンちゃん。

今までお疲れ様。
だけど頑張って来て良かったね。
見つけてもらって良かったね。
人生はまだまだこれからだから、
ゆっくりと疲れを癒して
みんなに可愛がってもらって、幸せにね。
卒業おめでとう

では。

はつねちゃん、無事卒業しました

今日、お迎え待ちだったはつねちゃんが無事卒業しました



日に日に元気を取り戻して来たはつねちゃん。
2月28日の最後の病院診察では、体重が更に100g増。
川西に来た日に計った体重からは合計300g増の1.8㎏になり、痛々しかったあばら骨もあまり目立たなくなっていました。

炎症マーカーは正常値。
リパーゼも2000まで落ちて来ました。
貧血改善。
肝臓の数値正常。
新たに膀胱と胆のうに少し心配な部分も発見されましたが、今後治療が出来る範囲。
まだまだお薬続行ですが、ほとんどの数値が改善されていました。

前回始めた抗生剤、効いていました

また、とっても大きな声も出るようになりました。
ケージから出たくて鳴いたり、
ご飯が欲しくて鳴いたり、
淋しくて構って欲しくて鳴いたり、
と色々。

その声は日に日に大きくなっていきました。

先週からは、ケージを出してもらってバックヤードで過ごすことが増えて来て、ちょこまかと走り回っていました。

今日はお迎えに待ちの間、フロアに初デビュー。
元気に走り回り興味津々。
それぞれのお客様にご挨拶して回っていました。

2月7日に川西に来た時の瀕死の状態から、1か月足らずでこの回復力。
入院時の写真と現在に写真の表情を比べてみても、その差は一目瞭然。


皆さんにいただいた応援パワーは、確かにはつねに届いていました。
やっぱりはつねはすごいワンちゃんです。

里親様。
この度ははつねをお家に迎えてくださいまして、本当にありがとうございました。

2月に初めてはつねに会いに来てくださった時、はつねの生立ちと境遇を想い、身体の状態をご心配下さりずっと涙を溜めておられた姿を、私は一生忘れないと思います。
その時のはつねの状態はまだ回復途中。
その状態でお引きうけくださる決断はどなたにでも出来る事ではないと思います。

本当に本当にありがとうございました。
心から、感謝しています。
電車でのご移動になりますが、また機会がありましたらぜひ元気なはつねと一緒にカフェに遊びに来ていただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

帰られてから送ってくださったメールによりますと、
帰りの電車の中ではワンワン、キュンキュンとずっと鳴いていたそうです。

そして帰られてから亡くなったワンちゃんにごあいさつ。
その後、お家の中を探検して、ごはんも食べたそうですよ。

「みんさんに助けていただいた命を、大事に大事に育てていきたいと思います」
と綴ってくださいました。

新しくつけてくださった名前は・・・。
「咲花(はな)ちゃん」


春に向かう季節。
これからいっぱい花を咲かせるように願いを込めてつけてくださいました。

最後に・・・。
咲花ちゃんを助けてくださった命の恩人、ミネルバ動物病院のH先生。
先生に出会わなければきっとはつねは助かっていなかったと思います。
本当にありがとうございました。


里親様宛に、先生は治療経緯や投薬などを書いたお手紙をくださったのですが、、
そのお手紙の最後に・・
「はつねちゃんと幸せになってください」
と、優しさあふれる一行を書き添えてくださってました。

また、SNSではつねちゃんにたくさんの元気玉をくださった皆様。
たくさんの応援をありがとうございました。
そして、はつねちゃんのお世話をしてくださったボランティアの皆様もありがとうございました。

咲花ちゃんへ。
辛く厳しい過去は今日で終わり。
治療を頑張ってくれてありがとう。
元気になってくれてありがとう。

これからは優しい里親様のもとで、満開の花をたくさんたくさん咲かせてね。

卒業、本当におめでとう

では。

火曜定休日のお知らせ

2015年7月の開店以来、年末年始を除いて年中無休の営業を続けて参りました。
しかしながら火曜日は私が不在のため、今後は責任者不在としての営業を止め定休日とさせていただきます。
つきましては、この度3月5日火曜日から毎週火曜日を定休日とさせていただくことと致しました。
皆様にはご不便をお掛けするととなり、本当に申し訳ございませんが、どうかご理解いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。