FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

05月« 2021年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … ペコちゃん卒業

ペコちゃん卒業

おはようございます。
昨日、アメリカンショートヘアのペコちゃんにご縁が繋がり卒業しました



ペコがカフェに来たのは7月28日。
3歳での保護でした。

綺麗な顔立ちの美女。
そして同じシルバータビー柄の中でも、なぜか上品に思える縞柄でした。
性格はネコさんそのもの。
手を出すと逃げ、抱っこもままなりませんでした。

リー先輩との相性はまずまず。
良くもなく悪くもなくで、リーちゃんもペコちゃんを受け入れてくれていました。


カフェのネコちゃんは、夜はフロアに出してもらえます。
ペコは夜は本当に楽しそうに過ごしていました。
あちこちに潜み、色んなもので遊び、まさに自由気まま。

相変わらず手を出すと逃げまくりでしたが、リーちゃんにちょっかいをかけ
本当に楽しそうに過ごしてくれました。
夜はちゅーるをもらえます。
リーはチュールを用意しだすと、厨房まで来て催促。
一方ペコはなかなか寄って来てくれません。
ケージに入れてあげると食べ始めるのがやっとでした。
でも次第に覚えてくれて、用意を始めると自らケージに入って待ってくれるようになりました。

ちょっとづつちょっとづつ慣れ始めたペコちゃん。
可愛い成長でした。


里親様がカフェを訪れてくださったのは8月10日のことでした。
ご両親とお嬢様でのご来店でした。
お話をさせていただいたところ、ネコちゃんの飼育ご経験はありませんでした。
でもお嬢様がずっとネコちゃんを飼いたいと言っておられて、ネコちゃんの事を熱心にお勉強していたとのこと。
そのことがとても微笑ましく思いました。
たくさんお話をさせていただきました。
ネコちゃんを飼うという事に加えて、保護猫のこと。
今までケージの中しか知らない暮らしは猫にとってどれだけ窮屈であったか・・。
さらにネコちゃんの病気に関することなど。
それらに実に真剣に耳を傾けてくださったご家族でした。

ペコちゃんはジャラシで遊ぶのが好き。
少しなら撫でさせてくれます。
里親様はこの日、ご家族で楽しく触れ合ってくださいました。

ですが、里親様は慎重でした。
ゆっくり考えてみますとおっしゃられて、カフェを後にされました。
でもこの時小耳にはさんだ内容は、お嬢様はペコちゃんを気に入ってくださったようでした。

そしてそれから約10日後の水曜日にお電話をくださり、昨日ご家族で再度ご来店くださった里親様ご一家。
まずは猫部屋で過ごしていただきました。
そしてその後、ペコちゃんをお家に迎えることをお申出いただきました。

大切な命であるからこそ、慎重に。
そのお気持ちが伝わる、優しい優しいご家族でいらっしゃいました。

ご契約はご家族皆さんで机を囲んで聞いてくださいました。

その後一旦カフェを後にされ、必要なものを揃えてくださった後・・。
夕刻お迎えに来てくださり、卒業となりました。

お嬢様に
「良かったね」
とお伝えすると、はにかまれながら嬉しそうに笑ってくれた笑顔がとても印象的でした

里親様へ。

素敵なご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。
「幸せにします」
と目に涙を溜めて言ってくださった時、私も胸がいっぱいになりました。
優しいご家族に決めさせていただけたことを本当に嬉しく思います。
これからは4人家族になりましたね。
皆さんで幸せな毎日を過ごしていただければ幸いです。
また、分からないことがありましたらご遠慮なく何でもお聞きいただければと思います。

そしてお嬢様。
ペコちゃんをどうぞよろしくお願いいたしますね

帰られてから里親様からメールをいただきました。
キャリーケースから出てきたのが5分後。
その後、お部屋を散歩し始めたそうです。
ご飯をあげたらすぐに食べてくれたそうですよ
いただいたお写真はテーブルの上に乗ったペコさん(笑)

まずまずのスタートかと思います。
「ペコちゃんと一緒に楽しい未来を切り開いていきたいです。家族一丸となって頑張ります」
と心強いお言葉を添えてくださいました。

ペコへ

素敵なお家が決まってほんとに良かったね。
お嬢様がとってもペコの事を気に入ってくれたそうだよ。
窮屈なケージ生活はもうおしまい。
これからは自由気ままなネコちゃん生活が待ってるだけだから
お嬢様と一緒にこれからの長い年月を重ねていってください。

幸せにね。
卒業おめでとう

ペコちゃんの名前はそのまま・・・。
「ペコちゃん」
になりました。

里親様、ありがとうございました。

では。

スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう