FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

09月« 2020年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … たいようくん卒業

たいようくん卒業

おはようございます。
昨日、お迎え待ちだったマルチーズのたいようくんが無事卒業しました



イケワンたいよう。
名前のとおり明るくて屈託のない性格です。

8月10日に迎える6歳の誕生日はお家。
間に合いました

里親様は約5年をかけてワンちゃんをお家に迎えていただきました。
最初にお会いしたのはおそらく4年半ほど前。
お聞きすると、その時カフェには当時10歳のふくちゃん(ダックス)がいたとのことでした。
ワンちゃんが好き。
特にお嬢様はワンちゃんが大好きでいらっしゃいました。
当時、何度かカフェにお越しくださっていて、お話をさせていただいていましたが・・。
でもその時はまだ環境が整っておられない。
確かそうおっしゃられていました。
それからも何度かカフェに遊びにきてくださいました。

今回、お電話をくださったのが7月。
その時はお名前とお顔が一致していなかった私。
8月2日にお越しくださって初めて気がつきました。
お久しぶりにお会いしたお嬢様は背も高くなっていて、時の経過を感じさせていただきました。
この日、どの子を引き取りたいのかは決めておられずでしした。
だけど・・・。

お嬢様はお越しくださってからは、ほぼ最初からたいようくんをずっと抱っこ。
ヤンチャボーイのたいようも、この時はお嬢様のお膝でまったり。
優しい時間が流れていたように思います。

そしてお声を掛けてくださったので、既往症などをお伝えさせていただきました。
たいようは若年性白内障。
少し目の白濁が始まっていました。

加えて、歯はたったの2本しが残存しておらず、同然その歯は真っ黒な歯石がこびりついていました。

それに加えて、男子ならではのマーキングなど。

でも歯が無くても食欲はいっちょ前に旺盛(笑)。
おやつも一生懸命もらいに行きます。
われ先にと言うわけではありませんが、ほんとに一生懸命。

いじらしくて、可愛いところです。

いいところもそうでないところも全てお伝えするるのが私の役目です。
だから、既往症はより詳しく時間をかけてお伝えするようにしています。
しばらくお嬢様とご相談くださっていましたが、程なくたいようくんをお家にお迎えしたいとお伝えくださいました。
目が見えなくなる可能性。
それをお伝えしてもなお、お嬢様にはたいようと暮らしたいという揺るぎないお気持ちがありました。

まるでお嬢様にとって一生に一度だけの出会い。
それは、一期一会。
だったのだと思います。

少し心配性な里親様は、お迎えまでに色々ご準備くださってお迎えに来てくださいました。
私は、やっとお家にお迎えすることを決めてくださったことが嬉しくて、胸がいっぱい。
そんな卒業になりました。

里親様へ

この度、やっとワンちゃんを飼っていただけることになり感無量です。
素敵な里親様へたいようくんを託させていただけて本当に良かったです。
また、気になられていたお嬢様のアレルギーも病院で検査をしてくださってありがとうございました。
今までとは環境が変わり、色々不安もおありかと思います。
温かく見守っていただけましたら幸いです。
何かありましたら、いつでもご相談くださいね。
そしてまた、ぜひカフェに遊びに来ていただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

里親様は帰られてからお便りをくださいました。
まずはお嬢様からの一報は、ベッドで暴れるたいようくんの動画。

そして昨夜と今朝はお母さまからお便りをいただきました。
お散歩の様子、ご飯の様子、夜の様子などをお知らせくださいました。
「きっと私達の方がたいよう君にやすらぎと幸せをいただくと思います。安心して幸せに生活してもらえるように愛情をもってお世話させていただきます」
そう温かで優しいお言葉を綴ってくださいました。

たいようくんへ

あのね、お嬢様に
たいようのどこが好きか聞いたんだけど
「全部」
なんだって。
可愛いからね、たいようは。
やったね!
色んな事が一からのスタートになるけど
たいようが幸せになれるよう
たいようの周りの皆さんが幸せになれるよう
カフェからずっと願っているからね。

たいよう、卒業おめでとう

たいようくんの名前は・・。
そのまま「たいようくん」になりました。
里親様、ありがとうございました。

では。

スポンサーサイト



*** COMMENT ***

心の力の素晴らしさ

関係者の皆様、不断の御尽力に合わせて素敵な行動ありがとうございます🙇

『保護犬』をキーワードに検索して、このブログでの活動や願いを知って感銘を受け、共感を感じて、昨日、初めて御店に伺いました。

御店の中の雰囲気は「小さな幼児が母親と来てワイワイと遊びに集まっている感じ」と勝手に想像して行くと、たまたま子供さんは1人も居なく、スタッフさんを除いたら、男の来店者は私1人(^-^;

ワンちゃんに話し掛けたりしようと思って行ったのですが、雰囲気の予想が外れて動揺して普通に発声できず、ナゼかワンちゃんの耳元で「遊ぶ?来る?おいで。。。」と緊張して小声で話し掛ける私っ( ´;゚;∀;゚;)

そんな私に岩澤さんがスッと来て下さり、過去~今に至る温かく熱いお話し伺い自動的に会話がスターーート🚥🚙💨

他の来店者の女性の皆さんも気を配ってくださり、自然に話し掛けて頂き、犬に癒される前に女性に癒されてしまいました😆

落ち着きを確認できたワンちゃんから入れ替わり来てくれる様になり、犬🐶に癒され楽しく時間イッパイに過ごさせていただきました✨
途中、椅子の足にもぐり体が抜けずに引きっって大きな音がして、人も犬もわぁ~~~ってなり笑いが生まれたり、ワンちゃん同士のドキドキハラハラやコントの様な当たって砕けてを繰り返す子もいて最高でした🎵

最後はグレーのトイプーさんが腹見せして私の膝の間で寝てくれました!

気になる好きな犬種を探すだけが出会いや巡り合わせではないと身をもって勉強させられました😍😍😍

人は、人以外の他の生き物と言葉を交わして気持ちを伝え合うことが出来ないけれど、直接触れ合って・人を方から声を掛けて近付くことにより、『人の息づかい、声のトーン、表情、感情、匂いや鼓動、動きを通じて敏感に必ず気付き、感じとってくれる。』
便利な世の中になり苦しいながらも何とか生きて行ける様になり、今の時代を生きるほとんどの人間達が忘れかけてしまいかけてる「生きる・生かす」ことの感覚が麻痺し、本来太古からDNA・細胞にしみ込み刻まれてきた5感の大切さや意味を見失っている中、この里親の家族の皆さん素晴らしい事ですねっ🙆
人も最大限の歩みよりと迎える努力をして、更に新たな形の家族を作られて行こうと時間をかけて一生懸命に歩まれている!!

天狗・マンネリ・慣れだけではダメで原点回帰ってのが絶対に必要なもんなんですね~~😊👍



たいようくん、おめでとう🎊😌🎂
名前の様に、いつまでも明るく元気に、犬に産まれてきた一生をまずは自分が楽しみ、人と一緒に幸せになり楽しんでくださいねっ🐶

Lorosae.TAIYOU (^з^)-☆

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう