FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

09月« 2020年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … チッチちゃん卒業、サザエちゃん卒業

チッチちゃん卒業、サザエちゃん卒業

こんばんは。
今日、お迎え待ちだったトイプードルのチッチちゃんが卒業しました
そしてミニチュアダックスフンドのサザエさんにもご縁が繋がり、卒業しました

チッチちゃん



小さくてプリティ女子なチッチちゃんがカフェに来たのは5月19日です。
そんなに震えなくても・・・。
そう思うくらい、ブルブル震えていました。

知らない場所と知らない人達。
おそらく名前を呼ばれていても、それが自分の名前だということも分からなかったのだと思います。
切ない初めまして。

首から下は短くバリカンでカットされていました。

守ってあげたくなりました。
人と暮らすことや、愛されて過ごすこと。
楽しいことを教えてあげたい。
そう思いました。

翌日からのチッチも、初日とそう変わりません。

ベッドにじっといたり、開けっぱなしのケージの中にいたり、トイレシートの上で寝ていたり。
自分からアピールすることも、お膝に寄って来ることもありません。
とっても可愛い顔立ちでしたが、いつも不安そうでした。
でも抱っこすると少しは落ち着いてくれて、じっとそのまま。

少しづつ慣れていければいいなと感じていました。

里親様は昨年12月にカフェからmix犬のピーリン(現さとちゃん)をお家に迎えてくださったお家です。
卒業してからもカフェにお里帰りをしてくださったり、近況報告のメールを送っていただいたりしてくださっていました。

カフェに遊びに来てくれたさとちゃんは楽しそうに走り回っていて、幸せそうな姿。
大切に大切に育ててくださっていました。

「さとちゃんの相棒を探しています」
そうお伝えくださったのは1か月ほど前でした。
今日お聞きしたのですが、里親様はお世話するのがお好きだそうです。
今までもお子様を4人育てていらっしゃいました。
さとちゃんも手作りご飯で育ててくださっています。
今回、木曜日に息子さんとさとちゃんも来てくださってチッチと対面してくださいました。

チッチはご飯をなかなか食べてくれません。
ご飯の時間になると、カフェの子達は必死でお皿に顔を突っ込んで食べているのに、
チッチはそのお皿に口一つつけようとしません。
緊張なのか、そのご飯がお口に合わないのか。
手からあげてみても同じ。
チッチがカフェにいる間は、チッチとのご飯の戦いでもありました(笑)
手を変え品を変えながら、置きっ放しにしておくと翌日にはある程度減っていました。

そのことを里親様に恐る恐るお伝えすると・・。
「さとちゃんもそんな感じです。今も毎日色々試しながらですよ」
「だから大丈夫です」
と、笑顔で言ってくださったのです。


明るく言ってくださったそのお言葉がどれほど頼もしかったことか・・。
私には神様のように思えました。

2頭目の相棒をお考えの間に、思ったワンちゃんが先に里親様が決まってしまっとこともありましたが、
その赤い糸はチッチへと繋がっていました。
いえ、繋がるべくして繋がっていたご縁。
お世話をしてもらえるお家へ繋がっていたチッチは、本当に幸運なワンちゃんだと思います。
卒業写真をお撮りするのに抱っこしてもらっているチッチの表情は、少し誇らしげに見えました。


里親様へ。
今回も素敵なご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。

きっと最初はおそらく不安からのスタートだとは思います。
そしてご苦労をお掛けすると思います。
ですが、ご家族に愛されることで変わっていってくれるのもそう遠くないと思います。
どうぞよろしくお願い致します。
そしてまた様子をお知らせいただけれは幸いです。

さとちゃんもチッチをよろしくね。

帰られてから送ってくださったメールとお写真には・・・。
「最初はさとちゃんがちょっかい出してうなっていましたが、落ち着きました」
と、徐々に近づいている微笑ましい姿が映っていました

まだまだこれから変わって行くと思います。
頑張れチッチ

そしてチッチへ


不安しかなかったよね。
みんなと離れたところにいつもポツンといた頃のチッチの写真は
いつも寂しげだったから。
でも早くにお家が出来てほんとに良かった。
今日からはもう不安なんで感じなくて大丈夫。
震えることもしなくて大丈夫。
さとちゃんと一緒にお散歩楽しんで、美味しいご飯もいただいて
幸せになってください。

チッチ、ほんとに卒業おめでとう

チッチの新しい名前は・・・。
「かすみちゃん」
小さくて可愛い可憐な花のイメージで、チッチにピッタリの名前を、息子さんが付けてくれました。
ありがとうございました。


サザエちゃん



サザエちゃんがカフェに来たのは5月12日。
同期は4頭で、卒業したノリオくん(現琥珀くん)、ミワッチちゃん(現リナーシェちゃん)とゆみなちゃん。
性格は最高。
人見知りなし。
お愛想バツグン。

シッポはいつだってフリフリでルンルン。
・・と元気でフロアを走り回っていました。
抱っこも大好きで、不思議と抱っこすると大人しくて甘えた全開。

名前を呼ぶと、遠くからでも走って来てくれました。
また、いつでも困り顔なところもたまらない魅力でした。

そして、おやつは大大大大好き。
ちょっと太め(笑)の身体でしたが、ぴょんぴょん跳びながら長さを駆使してもらいに行きました。

でも・・・。
左の耳は膿と耳垢で黒く変色。

歯も歯石重度。
目は初発白内障とドライアイと、アレルギー。
目薬は3本を点眼しています。
そして乳腺腫瘍もありました。
お腹は黒い角質がいっぱいでフケもいっぱい。
まだ4歳でそれはとても切ない状態でした。

毎週病院に行き、お耳掃除。
咳も出ていたのでレントゲンを撮り、
時折下痢もありました。
健康とは言えない体調でしたが・・。
日々、変わらずご機嫌Max。

同期は次々にお家が決まっていきましたが、会ってもらえればサザエの事は誰でも好きになってもらえる自信はありました。
こんな天真爛漫なサザエ。
いいお家が見つかるといいな・・と願っていました。

里親様は昨日(金曜日)にお電話をいただき、夕刻カフェに来てくださいました。
お会いするととても優しい雰囲気をお持ちで、お電話でお話させていただいた印象と同じでした。
ご主人だけのご来店でしたが、お家にはダックスの女の子が一頭いて、この日はトリミングで不在。
奥様もお仕事で不在でした。
お話をお聞きすると、昨年末までお家には2頭ダックスがいたそうですが心臓疾患でお空に旅立っていき、今いるワンちゃん(ここちゃん)が少し寂しそうで、お友達をさがしてあげたいとのことでした。

その時里親様抱っこしてもらったサザエは、やはり甘えた全開。
その調子やよ・・。
そう思いながら、ボランティアさん達とそっと見守らせていただいていました。

そして翌日の今日、お電話をくださり奥様と先住犬のここちゃんを伴われて再来店くださった里親様。

ここちゃんも保護犬で推定9歳。

不思議なことに既往症がサザエと全く同じでした。
早速マッチングをさせていただきましたが・・。
お互い臭いを嗅ぎながを認め合っているように思えたのです。
違和感も全く無い、いい感じ。

ここちゃんもとっても穏やかな性格です。
「大丈夫!」
マッチング成功でした。



里親様へ。
この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。

ここちゃんと同じ既往症という偶然の一致があり、
今まで保護犬を育てられていたご経験と保護犬への想い。
保護犬達を引き取るという事は、可愛いだけでは飼えないことも多いですが、たくさんのご理解をいただけたことに心から感謝をしています。

また、2頭の楽しいお写真などいただければ嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

帰られてからいただいたメールには・・。
「一生大切にします」
と、短くも痺れるお言葉をいただき、嬉しくて泣いてしまいました。

そして、サザエさんへ


降ろしても降ろしても、お膝によじ登り甘えてくれたこと。
名前を呼ぶと、ちょっと太めの身体で一直線に走ってきてくれたこと。
いつも困った顔だったけど、実はご機嫌だったこと。
おやつ大好き過ぎて、手まで食べられそうになったこと。
そんなすべてが大好きだったよ。
えり好みするご飯はイケてなかったけれど、
お母さんは手作りご飯してくれるそうだから、
いっぱい甘えて、
ここちゃんとも仲良くして、
幸せなワンちゃんになってね。

サザエさん、
ほんとに卒業おめでとう~

そして新しくつけてくださった名前は・・。
「ききちゃん」
可愛くて呼びやすい名前をありがとうございました

では。

スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう