FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

06月« 2020年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … ルナちゃん卒業

ルナちゃん卒業

こんばんは。
今日、ポメラニアンのルナちゃんにご縁が繋がり、卒業しました



ルナちゃんがカフェに来たのは4月28です。
「可愛い」に加えて、「愛想良し」。
側に来てじっと笑顔で見つめてくれるとハートがきゅんきゅんになりました。

人が好き。
だから抱っこも大好きです。
それは最大の武器。

自粛要請が出たこの時期ですが、お電話でのお問合せや面会もダントツでした。

でも、ルナちゃんには既往症がありました。
心雑GⅢ。
僧帽弁閉鎖不全症ステージB2です。
エコー検査で確認したところ、心肥大が少し出始めていました。

その日から投薬を開始しています。
更に、両足パテラGⅣ。
歯石も超重度で、真っ黒になった歯は何本かもうグラグラになっていました。


可愛い笑顔や懐こさの裏に潜む身体の状態。
ご説明させていただくと、悩まれてしまうことはもちろん理解出来ます。
特に心臓はナーバスな部分です。
更に避妊もしていただくことをお願いしますので
慎重にお考えいただく必要がありました。

カフェに来て1週間後の5月6日。
お電話をくださって、一組のご家族(お母様とお嬢様)が面会に来てくださいました。
お家にいる先住犬のカリンちゃんと猫のテトくんも一緒。

カリンちゃんは柴犬17歳の女の子です。
おばあちゃん犬でしたが、とっても元気な美人さんでした。

後ほどそう教えてくださったのですが、
「カリンは犬にはほとんど無関心だけれど、ダメな場合はイヤと意思表示します」
とのことでした。
その日の結果は、「〇」

無関心ではありましたが、鼻先でご挨拶も出来て上々。
後は、既往症へのご理解でした。

お嬢様はどんな既往症でも我が家で幸せにしてあげたいと言うお気持ちがありました。
それが伝わるお人柄。
本当に優しい方でした。

この日はもう一度ご家族とご相談をされるためにカフェを後にされたのですが・・。
2日後の昨日、メールで引き取ることをお伝えくださいました。
居ても立っても居られない・・。
短い文面にそのお気持ちが溢れていました。

尊い命なので悩まれて当然です。
でも、それを超えた愛。
だからこそ、幸せにしたいというお気持ち。
里親様から感じさせていただいた温かさは本物でした。

必要書類を整えられて、今日ご契約とお迎えにきてくださった里親様。
正直、とてもとても嬉しかったです。

里親様へ。
この度ルナちゃんとのご縁を繋いでくださったことに心からお礼を言わせてください。

簡単に決められた訳では無かったと思います。
でも一途にルナを想ってくださった。
一緒に幸せになりたいと言ってくださった。
そのお気持ち、本当に嬉しかったです。
これからのルナの未来をどうぞよろしくお願い致します。
またぜひ、お写真などお送りいただければ幸いです。

里親様は今後、カフェでお世話になっているミネルバ動物へ通ってくださるご予定とのこと。
定期検診や、治療の際には病院でまた会えるかもしれません

名前はそのまま・・・。
「ルナちゃん」
呼ばれ慣れているからと、そのままにしてくださいましたよ。


そして・・可愛いルナちゃんへ。
人懐こさはルナの最大の魅力。
その魅力はほんとにすごいと思う。
夜見回りに行った時には、シッポが回転。
朝ケージから出る時にはお腹出し。

お散歩では満面の笑顔。

フロアでは真正面からじっと見つめてくれて、
私もそんなルナちゃんが大好きだったよ。
だから、ちゃんとお薬も飲んでご飯もしっかり食べて
幸せになってね。

卒業、本当に本当におめでとう~

では。

スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう