FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

10月« 2020年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … モモちゃん卒業

モモちゃん卒業

こんばんは。
今日はヨークシャテリアのモモちゃんにご縁が繋がり、卒業しました



モモちゃんの保護は2月初旬。
その後避妊と腹壁ヘルニアの整復手術を受け、4月14日に川西にやって来ました。
カフェに来たとき、たった2.2㎏。
小さすぎる身体は震え、顔を上にあげることすらできませんでした。

この日、診察や夜ご飯を終え、SNSでの新メンバー紹介のために撮影しようとフロアに出てもらったところ・・。
同期のフラットちゃん(現しぇりーちゃん)やキララちゃん(現あんちゃん)が楽しそうにフロアを駆け巡る中で、
探すと、モモちゃんはベッドの中にいました。


丸めて、小さく折り畳んだ身体。
ベッドから出してもダッシュで次のベッドへ移動。
また出すと、すぐ次のベッドへ。
忍者のようにベッドを渡り歩きました。
翌日も同じ。

賑やかしんこちゃんやじゅんちゃんが側で賑やかにしていても、モモは動かない。

消極的に見えるその行動でしたが、本当は強い意志の表れ。

「とにかく私に構わないで欲しい」
そう言っているように思いました。

抱っこは出来なくもないけれど、最初抱き上げた時にはびっくりして暴れてしまうモモちゃん。

抱っこなんてされたことなかった。
今までも寝るだけが日課だったから、ここでも寝るよ。
人に愛情を注いでもらい方を知らないから、どうしていいのかもわからない。
これは私のあくまで想像です。
でも、そう言ってるように思いました。

数日が過ぎ、ベッドから出てくる時がありました。
その理由は、たったひとつ。
おやつの時間でした。

最初はベッドまでデリバリーしていたのですが、そのおやつの美味しさを知ったのでしょうか。
朝のおやつの時間、気がつくとみんなに混じってもらいに行ってたのです。
「もらいに行ったらもらえる」
を覚えました。
ひとつ進歩でした。

更に、モモちゃんは散歩が出来ます。
それは初日から出来ました。

お外と中では対照的なモモ。
そう思ったと同時に、具合が悪くてベッドばかりで寝ているわけでは無かったのだと安堵。
お家が決まって落ち着いたら、きっとお家でも歩き回るようになるといいな・・。
そう思いました。

里親様ご夫婦がモモちゃんに会いに来てくださったのは、先週の日曜日の事でした。
飼っておられたヨークシャテリアを亡くされ、ネットでモモちゃんを見つけて会いに来てくださったものでした。
この日、私はチワワのキズナくんのご契約中でしたので、すぐにはご対応させていただく事が出来なかったのですが、
おやつが出た時、里親様のご主人がベッドにいるモモちゃんまで、やさしく何度もおやつを運んでくださる様子を、契約席から拝見していました。
契約が終わり、お席に急ぎお伺いして、お話をさせていただきました。

多くを語られるわけではないのに、伝わる優しさがたくさんありました。
なんて優しいご夫婦なんだろう・・。
その日カフェをあとにされたけれど、その印象がとても強く残っていました。

そして・・・その日から5日が過ぎた昨日。
「明日、お迎えに行かせていただきたい」
と奥様からお電話をいただきました。
私は心の中で声にならないガッツポーズを作っていました。

きっとこの里親様ならモモちゃんの心を開いてくださる。
その時を焦らず待っててくださる。
お留守も無く、モモちゃんに合ったお家。
そこに行かせてもらうために川西にやって来た幸運。
モモちゃんが約8年頑張ったからこそ、出会ってもらえたんだ。

なんだか色々なことが頭を巡り、嬉しくて仕方ありませんでした。

里親様。
モモちゃんを迎えにきてくださいまして、本当にありがとうございました。

不思議なことに、ご主人に抱っこされると安心したようにモモちゃんは落ち着いていましたね。

また、モモちゃんをお家の子にしてくださった理由をお聞きしたとき、
すぐに迷うことなく・・
「一目惚れだったんです」
そう言ってくださったことが、とても嬉しかったです。
モモちゃんが好き。
それは今まで言ってもらったことが無いと思います。
目立たぬように生きてただけの過去が、今日からはモモちゃんは家族となり、
更に主役へと変わっていくと思います。

どうか、焦らず気長にお願いできれば幸いです。
よろしくお願い致します。

モモちゃんの名前はそのまま・・・。
「モモちゃん」です
昔飼っておられたワンちゃんにモモちゃんの名前のワンちゃんがいて、
懐かしいのでそのまま使わせてください、と言ってくださいましたよ。


ちっちゃくてベビーフェイスなモモちゃんへ。

その可愛さに気づいてもらえて、本当に良かったね。
これから、楽しい思い出をいっぱい作ってもらって、幸せに暮らしてね。

モモちゃんの幸せがずっと続きますように・・。
卒業、おめでとう

では。

スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう