FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

10月« 2019年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … シールちゃん卒業しました

シールちゃん卒業しました

こんばんは。
10月23日に里親様が決まり、お迎え待ちだったトイプードルのシールちゃん
今日無事卒業となりました



シールちゃんがカフェに来たのは8月6日。
暑い夏の事でした。
小さくて可愛いトイプードル。
だけど被毛は伸びきり、目と口のの周りは赤く変色。

顔の周りはいつも涙で濡れていて、臭いもしていました。

更に、フロアを何度も何度も小さな円を描いて、くるくると回っていました。

そのくるくるはケージの中でも同じ。
高速で回りました。
回るその理由はただ一つ。
今までいた動こうと思っても回るほかない狭いところにいたからだと思います。
そして、その癖はすぐに治るものではありません。
とても切ない癖でした。

スリスリが好きで、ペロペロと手を舐めてくれて
抱っこすると顔を舐めてくれるようになりました。
「シーちゃん」と名前を呼べば、走って寄って来てくれるようになり

人の顔をじっと見つめ、
抱っこして欲しくてお膝をカリカリするようになり、

他のワンちゃんでお膝が埋まっていたら、ピタっと横でお座りしてくれるようになり、

寄り添ってくれました。

お客様のお膝に抱っこしてもらうと、ずっとそのままでした。
だからいつも大活躍でたくさんの人に抱っこしてもらいました。

甘えたさん。
抱っこ好き。
飼主さん一筋になる予感でした。
でもカフェでは他のワンちゃんがいるので、専用のお膝はありません。
シーちゃん専用のお膝=お家が決まること。
そのことを待ち続ける毎日でした。

里親様は先週の日曜日にカフェに来てくださたお母様とお嬢様です。
この日はミリィーちゃん(現リリーちゃん)の卒業の日。
残っているご契約をしていた契約席の横でお座りでした。
長くお待たせしている間、お母様はシールをずっと抱っこしてくださっていました。
ミリィ-ちゃんを見送った後、お席にお伺いしてお話をさせていただきました。
ワンちゃん飼うのはお久しぶりで、以前飼われていたに日本テリアを亡くしてからは約6年もの年月が経っていらっしゃるとのことでした。

お母様のお膝で身体を丸めてピッタリと寄り添うシール。
愛おしくてたまらない。
言葉にされなくても感じる愛情でした。
保護経緯や今まで頑張って来た身体の事。。
性格などをお伝えしました。
6歳でしたがシールの歯は劣悪。
半分の歯が抜け落ちていて、残っている歯も茶色。
目は初発白内障でした。

それでもなお、それだから愛おしい。
絶対にシールちゃんがいい。
言葉少ないお母様が、シールを抱きしめながらそうおっしゃられていました。
シールもお母様に寄り添ってお膝から降りようともしませんでした。
お母様はずっとお家にいるのでお留守番もありません。

私も甘えたさんのシールにピッタリだと思いました。

保護犬をお譲りする場合、何かあった時のために二次的飼育場所が必要になります。
そのこともあり、慎重にお考えくださるお嬢様はこの日はすぐに決められずにカフェを後にされたのですが・・。
水曜日、シールをお家に迎えたいとお電話をくださり、夕刻ご契約となりました。
「絶対にシールちゃん」
そうおっしゃられたお母様の強いお気持ちが、シールをお家に導いてくださいました。

今日お迎えに来てくださったお母様に改めてシールを選ばれた理由をお聞きしたところ
明確な理由などなく、ただこの子と思われたとのこと。

その時のお母様は、本当に嬉しそうな笑顔でいらっしゃいました。

里親様。
シールちゃんは小さくて可愛くてカフェでは人気だったけれど、里親様が決まらずとても不思議に思っていました。
でもそれは、里親様のお家を待っていただけなのだと、今はそう思います。

カフェに足を運んでくださり、シールと出会ってくださってありがとうございました。
そして身体の事などをご理解くださり、ご縁を繋いでくださいましてありがとうございました。

シールちゃんがご機嫌で幸せでありますように。
里親様もお母様も幸せでありますように。
心から願っています。
これからもどうぞよろしくお願いします。

名前は、カフェで呼ばれていたからと・・。
「シールちゃん」
のままでと言ってくださいました

シーちゃんへ

素敵なお家が決まったことに、万感の思いです。
カフェに来た時、くるくる回る様子を見た時。
気がついたら隣でピタッと寄り添っていてくれたこと。
座ったまま寝ていたこと。
お膝取り合いしたり、ワンちゃん達と遊ぼしていたり、
先輩になってちょっと偉そうにしていたり・・(笑)。
でもね。
どんな時もお客様の抱っこは嫌がらずにいてくれたよね。
今日はお母様のお膝でちょっと自慢げにこっちを向いてた時
胸がいっぱいになったよ。
やっと甘えん坊シーちゃんの専用お膝が出来たね。
これからはずっと一緒。
優しくしてもらって、甘えさせてもらって
幸せにね。


卒業ほんとにほんとにおめでとう

では。

スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう