FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

10月« 2019年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … クランちゃん卒業しました

クランちゃん卒業しました

こんばんは。
水曜日にお家が決まったトイプードルのクランちゃん
日曜日のお迎え予定でしたが、予定を早めてくださって今日卒業となりました。



クランちゃんは10月1日にカフェにやって来ました。
来たときから甘えたさん。

近寄ってきてくれて、抱っこして欲しくて私の足をカリカリしていました。

出来るだけ人の近くでいたい。
人と触れていたい。
クランちゃんは、そんな人の側に寄り添うタイプでした。
だから可愛いでした。

見た目も、甘える仕草も、すべて。

でもカフェには先輩ワンちゃん達がいます。
その先輩を押しのけてお膝をゲットしたくて、繰り広げられる可愛い争い。

最後はシール先輩に譲って自分は床で寝たりしていて・・。

それがまたいじらしくて可愛いでした。

お客様がお見えになって、ワンちゃんを抱っこしたいとおっしゃられると
決まってクランちゃんの出番でした。
小さなお子様には床で胡坐を組んでいただいて、その隙間にすっぽりと治まっていて・・。
もちろん大人のお客様も大丈夫。

甘えたのクランはお膝が大好き。
人の温もりが好きでした。

今までどんな暮らしをして来たんだろうなぁ。
甘えたくてもケージの中だけで暮らしていたであろうこと。
100頭いれば必然的に1/100になる愛情。
クランの過去は、クランの気持ちが彷徨うだけの場所。
人と暮らすために創られた存在だと言われているワンちゃん。
人間には友達もいるし学校もあれば職場もあります。
友達や知り合った人と食事へ出かけたり、遊んだり。
だけど犬には「飼い主さん」しかいません。
犬の生活は全て飼い主に委ねられるということ。
だけど・・。
6年もの間そのことが満足に叶わない場所にいて
身体を張って生きていました。
決して人の温もりを感じれる場所ではなかったのだと私は思います

そんなクランちゃんに素敵な出会いが訪れました。
先週の日曜日の夕方、女性のお客様とそのお孫さんがカフェに来てくださいました。
この日、他のワンちゃん譲渡会に行かれた後、ネットで見つけてくださったカフェにお寄りくださいました。
お家で一緒に過ごすワンちゃんを探されていたのです。
その時出会ったのがクランちゃんでした。
お孫さんは3兄妹の末っ子さん。
小学生になり落ち着かれたのでお家でワンちゃんを飼おうという事になったとのこと。
以前も里親様は何頭かワンちゃんを飼われていたそうです。

お話を伺ったり、私も私達が預かっている保護犬のことをお話をしたり・・。
でも里親様のお家は7人家族。
この日お見えになったのは里親様とお孫さん。
もしよかったら、ご家族とご一緒にカフェに来てくださることをご提案させていただきました。
その間、お孫さんのお膝にはクランちゃんがいました。
大事そうに抱っこしてくださっていて・・。
クランちゃんも身体を丸めて、身体を委ねていました。

そして水曜日、夕方近くにカフェに来てくださった里親様のご家族。
里親様のご主人、里親様のお嬢様、お孫さんお2人でご来店くださったのです。
カフェからはお車で1時間半はかかる距離からでした。
心臓疾患を含めたクランちゃんの既往症をしっかりお伝えし、それをご理解くださり引き取ることを決めてくださいました。

命を選ぶのではなく、大切なことは一緒に暮らすという事。
最後も家族。最後まで家族。
それをご理解いただける素敵なご家族でした。

↑数年前に亡くなった先住犬のバロくん。冊子にしておられました。

日曜日の卒業の予定でしたが、ご都合で今日の卒業となったクランちゃん。
残念ながら里親様お一人のお迎えになりましたが、夜、ご家族で撮られたお写真を送ってくださいました。
cran001.jpg
早くもシートでおしっこが出来たとのご報告。
クランちゃん、ほんとにお利口スタートになりました。

里親様。
この度、ご縁を繋いでくださいましてありがとうござました。
私の申し出をご理解くださり、心から感謝しています。

今までは大勢の中で生きて来たクランちゃんですが、今日からはみんなのアイドルですね。
どうかたっぷりの愛情で包んでいただけると嬉しいです。
そしてまたぜひ、皆さんでカフェにお越しいただければ幸いです。

新しくつけてくださった名前は・・。
「コロンちゃん」
可愛い可愛い名前になりました。

コロンちゃんへ。
素敵なお家が見つかって良かったね。
お家には芝生のお庭があるんだって。
そしてお散歩は毎日おじいちゃんとお孫さんが言ってくれるらしいよ。
コロンちゃんが望んだ温もりがいっぱいある場所。
お家の亡くなった先輩のバロくんは20年もの長い間いたそうだから、
コロンちゃんも元気で長生きしてね。


卒業、ほんとにおめでとう

では。

スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう