FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

11月« 2019年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … アマディーちゃん卒業しました

アマディーちゃん卒業しました

こんばんは。
今日、ヨークシャテリアのアマディーちゃんの里親様が決まり、卒業しました



アマディーちゃんがカフェに来たのは7月18日。

同期はカイくんとウォーリンちゃんです。
元気な2頭に比べてアマディーちゃんは控えめな大人しいワンちゃんでした。
抱っこは出来るけど、手足が突っ張っていて頭が下がり、なんだか不自然な姿勢。

気がつくとフロアの隅っこが定位置になっていました。

最初は立ったまま寝ていたり、やっと座れても頭が上がったまま。

それからしばらくすると床に頭を付けて眠れるようにはなりましたが、ベッドを使うことが出来ませんでした。

なぜか孤独を感じるその姿。
いつもいつも気になりました。

ちらっと舌が出ていて、可愛い顔立ち。
されるがままで抵抗することもありません。

人は嫌いでは無く、ワンちゃんとも争うことなど全くなく平和。
鳴いた声を聞いたのもたった一度だけ。
カフェに来た日に行った病院でのキャリーケースの中でした。
その声は掠れ、潰れていて声帯は取られていました。
感情を表すことが出来ない。
現すことを許されないその声に、胸がいっぱいになりました。

ヨーキーは人気もあり、会いに来てくださる方も少なくありませんでした。
でも、歯石歯肉炎重度を始めとする疾患の数々。

決して万全では無い身体。
引き取って一緒に暮らすことには、覚悟も必要になります。

里親様は8月8日にお電話をくださっていました。
日曜日にアマディーちゃんに会いにご来店くださるお電話でした。
今までもヨークシャテリアを飼っておられて、現在もヨークシャテリアとダックスフンドの女の子いるお家。
お約束通り、今日お見えになった時にはヨークシャテリアの花梨ちゃん(推定6歳)とミニチュアダックスフンドの椿ちゃん(14歳)も一緒に来てくださいました。


今までも保護犬を迎えておられていて、花梨ちゃんも椿ちゃんも保護犬。
いつも3頭いたお家だそうで、1頭亡くなって淋しくなったお家にもう1頭お迎えしようと探されていた時に、アマディーちゃんを見つけてくださったそうです。
アマディーはお顔もほんわかした性格も、亡くなったワンちゃんに似ているそうです。

今までも何頭か保護犬を迎えておられるので、既往症の説明にもご理解が深く、
お席でお話させていただいているうちに、里親様の持つ優しいオーラに引き込まれていました。

私がカフェを始める前から、保護犬と向き合ってくださっている・・・。
アマディーと共に暮らし、アマディーの生涯を見守ってくださること。
多くは話さなくても、伝わる気持ちがそこにありました。
いえ、私が話す必要さえないほどでした。
アマディーが出会った素晴らしいご縁でした。

里親様。
カフェからは車で約2時間ほどかかる遠い場所から、わざわざお越しくださいまして本当にありがとうございました。

アマディーちゃんはまだまだメンタルも身体も不安定です。
たくさんの人や犬がいる場所もストレスだったと思います。
出来るだけ早く、落ち着いた場所で暮らさせてあげたかった願いが届きました。
ご縁を繋いでくださったこと、心から感謝いたします。
椿ちゃん、花梨ちゃんと一緒に楽しく暮らせるようになり、笑顔で一杯になる日が来ることを楽しみにしています。
これからもどうぞよろしくお願いします。

今までお家のワンちゃんには、お花の名前を付けておられたとのことで
アマディーにも新しい可愛い名前を付けてくださいました。
「蓮華ちゃん」。
花言葉「心が和らぐ」「私の幸せ」
可愛い見た目と野に咲く強さ。
これからのアマディーの心が和らぎ幸せにと願う、本当に素敵な名前をいただきました。

蓮華ちゃん。

長いこと頑張ったね。
でも辛いことはもう今日で終わったよ。
いつも寂しそうな顔ばかりだったけれど、本当はきっともっと笑顔が似合うワンちゃんだと私は思う。
優しいお父さん、お母さん、お兄ちゃんと一緒に
更に椿ちゃん、花梨ちゃんと一緒に幸せにね。
卒業、おめでとう

では。


スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう