FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

05月« 2021年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … ミカちゃん卒業しました

ミカちゃん卒業しました

こんばんは。
昨日のイチゴちゃんに続いて、7月12日に里親様が決まった今日トイプードルのミカちゃんが無事卒業しました


ミカちゃんに初めて会ったのは川西に来た日の6月20日。
病院の受診時でした。
「これは・・・?」
とミカちゃんを診察していた先生が見つけてくれた、首にきつく縛られたの紐のような跡。

その時の衝撃は忘れることはできません。
手で触ると相当食い込んでいたこと。
苦しかっただろうことを想像すると、その場で涙が止まりませんでした。
小さな身体を張って、頑張った過去がそこにはありました。

7歳。
ミカちゃんも繁殖引退犬です。
全身をバリカンでカットされていました。

皮膚には無数の膿疱。
歯もところどころ抜けていて歯石重度。
お腹には乳腺腫瘍もありました。
耳も汚れていて、記録用紙には保護時には耳ダニがいたと記されていました。
診察室で抱きしめても、無表情。

楽しいことなどきっと何もなかったために感情も封印されているように思えました。


お散歩も最初は歩けず、抱っこ散歩からのスタートでした。
表情もいつもどこか寂しそうでした。

ベッドに寝ることや、おやつをもらうこと。
最初は出来ませんでした。
でもカフェに来て少しづつ、本当に少しづつ変わっていきました。
人は大丈夫、他のワンちゃんも大丈夫。
性格もおとなしくて、抱っこも大好きでした。
何より、可愛い顔立ちはカフェでは人気。

たくさんのお客様の抱っこされて過ごす姿は微笑ましくも思いました。

そんな中、7月7日にカフェに来てくださった一組のご家族。
ご両親とお嬢様、そしてお孫さんの5人でのご来店でした。
お母様はワンちゃんを飼ったことがあったけれど、それは遠い昔。
だから、飼いたいけれど不安もおありになったようでした。
だけどお2人のお孫さんがずっとミカちゃんを抱っこされていたと記憶しています。

そして4日後の11日。
お電話をくださった後に再度カフェにお越しくださった時は、お母様お嬢様、そしてお嬢様のご主人も同席してくださいました。
迷われるお母さまを後押ししてくださるお嬢様。
ミカちゃんとのご縁は一期一会。

ご縁を繋いでくださらなければ成り立ちません。
そのことを感じてくださったお嬢様でした。

この時点でお決めにならずに帰られたご家族でしたが、その後お電話をくださり引き取るご意思をくださいました。
そして翌日ご契約、今日の卒業と繋がりました。
ご両親とお嬢様のお家。
二つのご家族のタッグ。
私にとってこれほど心強いタッグはありません。
安心してお任せできると思いました。

今日お迎えに来てくださった里親様。

お嬢様とお洋服を選ばれ、とっかえひっかえミカちゃんに着せてくださる様子を拝見していた私は、とても温かい気持ちに包まれていました。
これからのミカちゃんは今まで頑張った分を差し引いても、幸せになれる・・。
最初にカフェにご家族で来てくださった日は七夕で珍しく晴れた日でした
この時のご縁が今日のご縁に結び付いたのだとしたら、一年に一度の逢瀬が叶った織姫と彦星からのプレゼントなのかもしれないな・・。
そう思いました。


淋しい顔つきも、きっと笑顔になる日が来ます。
初めて出会った日にミカちゃんに感じた悲しさも、やがて人の温もりや愛情を感じて変わっていきます。

その日が一日も早くミカちゃんに来ることを願っています。

里親様。
この度は素敵なご縁を繋いでくださり、ありがとうございました。

ご家族皆さんとこれから歩む道が本当の犬生。
首の跡もいずれは取れて行きます。
新しい未来が幸せでありますように・・・。
ご家族皆さんが幸せでありますように・・。
心から願っています。
また、皆さんで遊びにきてくださいね。
お待ちしています。

そして夕方送ってくださったメールには、シャンプーをしてもらって微笑むミカちゃんの姿がありました。

新しくつけてくださった名前は・・・。
「ミーちゃん」
お母様が付けてくださったそうですよ。
可愛い名前をありがとうございました

ミーちゃんへ。

急がなくてもいいから、
ゆっくりでいいから、
今までの分を取り戻して幸せになってね。
そしてまた、その幸せをご家族にも分けてあげてください。
良いご家族に巡り合えて良かったね。
卒業、ほんとうにおめでとう。

では。

スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう