FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

06月« 2019年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … しらたまちゃん無事卒業しました

しらたまちゃん無事卒業しました

こんばんは。
6月30日に里親様が決まった、アメリカンショートヘアのしらたまちゃん
予定通りに今日、里親様がお迎えに来てくださり無事卒業となりました


大物な雰囲漂うしらたまちゃん。
ですが、飼育放棄での保護でした。

保護当時は診察時に逃げ回り、威嚇を繰り返し、診察不能と書かれていました。
慣れない環境でニャンコさんが必ず取る行動です。
猫は病院へ行くだけでもストレス。
私が飼っていた猫は、病院へ行く時には死にそうな声を張り上げて鳴き続けていました。
保護理由はアレルギーが出たとのことで、それはやむを得ない選択だったのかもしれません。
他に方法が無かったのかは、今の私にはわかりません。

行先が保健所ではなかったことが救いだったと思います。

そんなしらたまちゃんが川西にやってきたのはG20前の6月25日。
木曜日は高速道路が閉鎖されるので、その2日前に預かって来ました。

最初は確かに緊張していたと思います。
ですが、診察から帰ってきてネコ部屋にINすると、思ったより警戒心は無いように見えました。

「良かった・・」
あとは先輩のポッケちゃんとの相性だけでした。
良くも無く、悪くも無く、興味津々でポッケに近づいていくけれど・・。

実際はポッケが警戒モード発令していました。

でも、夜間はケージに入ってもらいましたが翌日日中はケージを開け様子見。
夜間ネコ部屋解放時には何度か唸り合う場面もありましたが、次第にそんなことも少なくなっていきました。
とにかくしらたまちゃんは自由。

飼い猫のキャリアがあるので、人慣れもしていました。

抱っこは拒否されましたが、気がつけば人の側で寝転がって気ままにマイペースで過ごしていました。

ただ、朝と夜のフロア開放時にはいつも窓の外を見ていました。

それもずっと。
ただ外を見たかっただけなのかもしれませんが、私は少し切ない気持ちになりました。


里親様ご夫婦がカフェに来られたのは、6月29日の事でした。
ネコちゃんかワンちゃんを飼いたいと思われてのご訪問でした。
ですがお留守のお時間が長いため、ワンちゃんを断念。
そしてしらたまちゃんと出会ってくださったのです。
ネコちゃんを飼われるのは初めてとお伺いしていましたので、お話もたくさんさせていただきました。
素敵なご夫婦でした。
明るくて穏やかで、優しくて。
誠実で温かで・・。
このご夫婦のところに託させていただきたいと、その時強く思いました。
でも、一時的な感情で決められるご夫婦ではありませんでした。
この日、カフェを後にされたご夫婦は一日ゆっくりとご相談し、考えてくださり、翌日お電話をくださり引き取ることを伝えてくださったのです。

その後カフェにお見えになり、ご契約となりました。

一度は慣れた家から放棄されたけれど、間もなく新しいお家が決まったしらたまちゃん。
「しらたま!」と呼ぶと、振り向いてくれるので
名前もそのまま・・・。
「しらたまちゃん」となりました。

ネコちゃんの新しいお家でのスタートは隅っこからが定番。
どうなってるかなぁ、と気になっていた私でしたが、夕方くださった里親様からのメールに思わず笑みがこぼれました。


「我が家に慣れたのでしょうか。まったり扇風機の前で寝ています」
と、堂々たる落ち着きっぷり。
もちろん緊張していないわけでは無いと思いますが、それでも本当に一安心でした。

里親様。
この度は出会ってくださり、素敵なご縁を繋いでくださいまして本当にありがとうございました。

過去はどうあったとしても、まだしらたまちゃんは6歳。
これから過ごす時間はたくさん残されています。
どうぞしらたまちゃんの未来をよろしくお願いいたします。

しらたまちゃんへ。

とにかく素敵な家族が出来て良かったよ
持ち前の人なっつこさでいっぱい甘えて幸せになってね。
卒業、おめでとう~

では。

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう