FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

12月« 2019年01月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»02月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … シルクちゃん卒業 マッジちゃんも里親様決定

シルクちゃん卒業 マッジちゃんも里親様決定

こんばんは。
今日は嬉しい一日になりました

ロングコートチワワのマッジちゃんとトイプードルのシルクちゃんの里親様が決まり、シルクちゃんはそのまま卒業となりました

マッジちゃん


マッジちゃんは昨年の暮れに川西に来たばかりの2.5キロのちっちゃな女の子です。
最初だけ少し緊張していましたが・・。
見た目の可愛さに加えて、性格も甘えたさん。
人が大好き。

「マッジ!」って呼ぶと振り向いて寄ってきてくれます。
ちょこまかと動く姿も愛らしく、きっとすぐに里親様が決まる予感でした。


里親様は以前も一度カフェに来てくださったご家族です。
今日はご家族3人でマッジちゃんに会いに来てくれました。
奥様のご実家ではワンちゃん(チワワ)がいるのだそうですが、残念ながらお子様嫌い。
里親様のお嬢様はワンちゃんが好きなので、もしマッジちゃんがお嬢様の事を受けいれてくれるのならお家にお迎えをしたいと思い、来てくださったとのことでした。

マッジはどうだろうか・・・。
そう思って、まずはお子様と一緒に触れだ合っていただきました。


里親様はご実家でワンちゃんと長く一緒に暮らされていて飼育経験がおありでした。
だから優しく優しくお嬢様とマッジを会わせてくださったのです。
マッジは大丈夫でした
お嬢様と向き合ってくれたのです。

今日は今年の営業初日。
開店と同時に賑わう中、2019年初の里親様決定になりました。


里親様のお家は留守のないお家。
楽しくて人が大好きなマッジは、マッジにぴったりのお家が見つかったのです。

卒業は明後日1月5日予定です・・。

シルクちゃん




シルクちゃんが保護されたのは昨年の5月。
その後他店で里親様とのご縁を待っていましたが、8月16日に川西へ移動となりました。

シルクは川西に来た当初から、大きく円を描くように一日中フロアを走り続けていました。

他店にいた時も、ほどんどの時間フロアを回り続けていたとのこと。
それまでを狭いケージの中で過ごしてきたからなのか、ただ運動能力が高くてエネルギーを持て余していたのか。
まだ6歳でしたが、ずっと回り続ける異様な光景に、思わず・・・。
「もう回らなくてもいいよ」
と途中で止めてしまうことも度々でした。

甘え方も分からず、抱っこは出来ても一瞬だけ。

一日の大半を動き、他のワンちゃんのようにベッドで休むことほとんど無く、夕方近くにやっとフロアで横になる・・。
そんな毎日でした。

でも人は大好きでした。
構ってもらえると嬉しそうに賑やかに遊んでいました。
最近ではチャロと朝決まってワンプロ。
1時間でもそうして遊んでいました。
そう・・シルクちゃんはただ楽しく遊びたいワンちゃん。
そして食いしん坊です。

人に迷惑をかけるでもなく、他のワンちゃんと争うわけでなく、
ましてや吠えたり噛んだりすることも全く無い、お利口ワンちゃんでした。


10月に入り毛も半端なく伸びてきたので、ボランティアさんにトリミングをしてもらったシルク。

毛量が多くてふわふわでしたが、もつれすぎている毛を全身バリカンでカット。

その時初めて、シルクのオメメが大きかったことに気づきました。


こんなに可愛いなんて・・・。
その時改めてそう思いました。
それから、みんなに「可愛い可愛い」と言われ始め・・。
不思議なことにそのころから抱っこが出来るようになっていきました。

抱っこしてもらったままお膝で寝れるようにもなったシルク。
更に可愛さが増していました。

里親様は半年くらい前、カフェに来てくださったお客様でした。
以前3頭アメリカンコッカースパニエルを飼っておられたそうですが、一昨年最後の1頭が亡くなられたそうです。
それから1か月に一度ほどカフェを訪ねてくださっていました。
最近では一週間に一度ほど。
そして年末には2度ほど息子さんとご一緒にカフェに来られていた里親様。
何度もお顔を合わせるうちに、たくさん色々お話をさせていただく機会がありました。
里親様は豊富な知識をお持ちでした。
その中で保護犬へのご理解も深く、カフェの子達にも分け隔てなく接してくださり可愛がってくださっていました。
当初はワンちゃんを飼われるおつもりがあまり無いように感じていたのですが・・。

昨年年末にお越しくださった時に、シルクちゃんをお家にお迎えしたいようにおっしゃってくださいました。

でも、息子さんは違うワンちゃんを可愛いといってくださっていたため、ご家族でご相談されることお伝えしていました。

そして年末営業最終日、お電話をいただきました。
シルクちゃんをお迎えしたいと考えているので、明日詳しくお伺いしたいとのことでした。
残念ながら翌日は休業。
お話は年を越した2019年へ持ち越しとなり、今日息子さんを伴ってご来店となり・・・。
お家の子にと決めてくださたのです。


里親様がカフェに来られた時からぐるぐる回り続けていたシルク。
その姿を気にしてくださっていたそうです。

回る姿も、遊ぶ姿も、抱っこ出来る様子も、一人ポツンとしていることも、食いしん坊ぶりも
ずっと見続けてくださったから分かることでした。
そのうえでシルクを選んでくださった結果でした。
そのお気持ちがただ嬉しくて、胸がいっぱいでした。

里親様のお家はお留守がほとんどありません。
お庭もあり、お庭で遊ぶこともできるご環境。
人が好きで、遊びも大すきで、走り回りたいシルクにはピッタリ。
カフェにいた4ヵ月半。
保護されて約7か月。

それはこのご家族へと繋がるための時間でした。

里親様。
この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。
シルクを見続けてくださっていて決めてくださったことが、何より嬉しく思いました。

これからのシルクちゃんの未来をどうぞよろしくお願い致します。
そしてまた、遊びに来ていただけると幸いです。

帰られてから送ってくださったお便りには・・。
私の心配をよそに、ご飯完食とのご報告。
で・・ご主人のお膝で寝ているシルクちゃんが映っていました(笑)


シルク良かったね。
シルクにピッタリのお家が出来たね。
これからはいっぱい甘えて幸せにくらしてね。

卒業おめでとう

シルクちゃんの名前はそのまま・・
「シルクちゃん」です。

では。


スポンサーサイト

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう