FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェⓇ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

11月« 2018年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … ゴローくん、お空に旅立ちました

ゴローくん、お空に旅立ちました

今朝起きると、私のスマホに懐かしい里親様からLINEメッセージが届いていました。
ワンちゃんの名前は「ゴローくん」。
確か1年ほど前にカフェから卒業したトイプードルの男の子。
すぐそう思い出し、急いでそのLINEを読ませていただくと・・。

そのお便りは悲しいお便り、ゴローくんの訃報でした。
信じられない気持ちでした。
涙が溢れて止まりませんでした。

ゴローくんは一昨日急に倒れ、昏睡状態になり、一度は持ち直したものの昨日夕方急変して・・。
そのまま昨夜21時半頃、息を引き取ったとのことでした。
その前日まで元気で走り回っていたそうです。
体重が増えず、治療の方針を考えてくださっている中での出来事。
低血糖でアンモニアの数値が上がり倒れたそうです。

川西にやって来たときはたった1.7㎏の極小ワンちゃんでした。

鼻先やシッポ、下顎、耳介のあちこちの毛が抜け落ちていました。
甲状腺異常を疑って血液検査をしたけれど、正常。
それまで過ごした環境がそうしていたのだと思われました。

お家の子になってたった1年と1か月余り。
その間、一緒にキャンプに連れて行ってもらったり、お子様達と走り回って遊んだり。
病気の片鱗もなくただ楽しく過ごす日々。
たくさん愛してもらって、たくさん可愛がってもらって、愛情で包んでもらっていました。
今日いただいたお写真には、愛らしい元気でやんちゃな、
そして毛が生えたゴローくんが映っていました。


そのあまりの可愛さがとても嬉しくて、そして悲しくて切なくて・・。

一度持ち直したとき、シッポを振って来てくれたゴローくんを忘れられないと書かれていた里親様。
そのお気持ちが痛いほど伝わって来ました。

過酷な過去。
小さすぎる命。

だけど、ご家族に巡り合ってもらって、お家の子に迎えてもらったゴローくん。
きっとこの1年はゴローくんの一生分の幸せをもらえたのだと、私は信じたいです。
本当にそう信じたいです。

きっと眠るようにお空に旅立ったゴローくん。
楽しかったよね。
幸せだったよね。
今生では生き急いでしまったけれど、
また生まれ変わって、お母さんたちの前に現れてね。
きっとね・・。


自宅のベランダからゴローくんを見送った今朝の空は晴れ。
雨続きだったのに、不思議に澄んだ綺麗な青空でした。
ゴローくん。
もう一度だけ会いたかったよ。

その時私には、胸張って虹の橋を渡るゴローくんが見えた気がしました。



ゴローくんの冥福を心からお祈りします
そしてたくさんの愛情を注いてくださった里親様。

心から感謝しています。
本当に本当にありがとうございました。

スポンサーサイト
 | HOME |  次の記事へ »

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう