FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

08月« 2019年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … ラッキーちゃん卒業しました。

ラッキーちゃん卒業しました。

こんばんは。
今日、お迎え待ちだったマルチーズのラッキーちゃんが無事卒業しました



何度も川西に通ってくださった里親様は、お約束の今日、開店と同時にラッキーを迎えに来てくださいました。

フリマコーナーで赤いお洋服を買ってくださってその後着せてもらったラッキー。
とても良く似合っていました

一度悲しい思いをしたラッキー。
私はあの日の目を忘れることは無いと思います。
ラッキーは本当に悲しい目をしていました。

保護されてから、何日もご飯を食べず怯えていました。
お腹が空いていたはずでした・・・。
抱っこしても震える小さな身体。

ラッキーの小さな身体と心は、捨てられたという事を受け止められずに震えていました。

そんなラッキーを見つけてくださった里親様。
1週間たくさん考えられ、悩まれ出された結論でした。

ですが、ご契約を終えられた日にいただいたメールには・・。
「本当は最初から決めていたんだと思います。他にたくさん可愛い子がいる中、ラッキーちゃんしか見えなかったのですから」
と、書いてくださっていました。

たった一つだけ繋がるご縁。
初めから繋がっていたのですね。


人はいとも簡単に犬を飼います。
そしてまた簡単に捨てていく人がいる・・。
いえ、本当は簡単に捨てていったわけではないかもしれないけれど
捨てられたという事実には変わりはありません。
ワンちゃんはお世話をしてあげないと生きることはできないけれど
物ではないのです。
人より短い犬生を飼い主とともに生きて、
常に飼い主だけを見つめてくれる存在。
助けたつもりが、実は助けられていること。
それがワンちゃんがパートナーと言われる所以なのだと思います。

今日ラッキーが行く先は、もう絶対悲しい思いをしなくていい場所です。
お家に馴染むのがたとえ時間がかかったとしても
ラッキーに寄り添い、急かさず、ゆっくり、ペースを合わせてくれる場所。

家族として、パートナーとして
今度こそ本当に「生きれる」場所です。

里親様
この度はラッキーちゃんに素敵なご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。

何度もカフェに来てくださり、たくさん触れ合ってくださったこと。
ラッキーちゃんのことを第一に考えてくださっていたこと。
いつも温かな眼差しで見つめて続けてくださっていたこと。
その全てに心から感謝しています。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

そして・・帰られてからいただいたメールに、里親様の優しさが溢れていました。
最初お家を探索していたラッキーは、しばらくして落ち着き、ゆったりと震えることも無くのんびりしていたようです。

夕方お散歩に連れて行ったもらったようですが、20分のつもりが1時間。
家からどんどん離れて歩くラッキーに寄り添ってくださったそうです。

その後疲れたラッキーは、開け放したケージに自ら入っておネンネしていました。

ラッキーちゃん。
里親様のご報告を読んで、ほんとに安心したよ。
カフェでは一度もフロアで寝たことがなかったのにね。
新しいお母さんはいつもラッキーを一番に考えてくれる人だから
もう大丈夫

いっぱい甘えて幸せにね。
卒業、本当に本当におめでとう

そしてラッキーちゃんの新しい名前は・・・。
「うめちゃん」になりました
ご主人がつけてくださいました。
そして早速来週、トリミングに行くそうですよ

では。

スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう