fc2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

03月« 2024年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … ひめちゃん、アスパラちゃん、リルちゃん卒業しました

ひめちゃん、アスパラちゃん、リルちゃん卒業しました

こんばんは。
少し更新が空いてしまいました。
その久しぶりの更新はダックス女子、ひめアスパラリルの3頭揃っての嬉しい卒業のご報告になりました



3頭一緒の卒業はカフェ始まって以来です。
そして同じお家です。
少しご心配の方もいらっしゃるかもしれませんが、
このお家なら絶対に大丈夫、と心から思える素敵なお家に3頭揃って行くことが出来ました。

今日初めて来てくださったお母様とお嬢様。
開店から間もなくのご来店でした。
お席にお伺いしてゆっくりお話をさせていただきました。
お聞きすると、ダックスフンドを2頭飼っておられたのですが、相次いで亡くされていました。
1頭は18歳でお空へ。
もともと飼育放棄で保健所に連れていかれるところを引き取られていました。
もう1頭は推定14歳でお空へ。
ペットショップで繁殖犬として存在していたそうで、耳が腐っていても放置され、酷く人を怖がっていたワンちゃんだったそうです。
何としても引き取ってあげたいと思い引き取られたけれど、心臓が悪くて1年ももたないと獣医師に宣告されたワンちゃんでした。
その時の年齢はたぶん7歳くらい。
でも、それから7年も飼い犬として暮らしたそうです。

それらをお聞きしながら感じたこと。
里親様の保護犬に対する想いは、私と全く同じでした。
せっかく生まれてきた命。
生まれてきて良かったと思ってもらいたい・・・。
ペットショップの子犬に比べて、一緒に過ごせる時間は短いけれど、だからこそ・・・。
幸せになって欲しい。
幸せに暮らして欲しい。
幸せだったと思ってもらえたら。
どんなワンちゃんであっても大切な命。
そう語られる里親様とお嬢様は、本当に優しさに溢れていました。
そのお気持ちに、私自身の心が震えました。

またお嬢様は不思議なオーラがありました。
カフェのワンちゃんがみんなお嬢様に寄っていくのです。
とっても甘えたさんだけど、スタッフ以外はなかなか抱っこ出来ないリルでさえ、初対面のお嬢様のお膝で寛いでしまいました。

ひめちゃんは飼育放棄で保護されたワンちゃんです。

飼い主病気のため放棄。

もともと人が大好きだと書かれていたのですが、飼い主がいないカフェの環境に馴染めず、夜ケージで声が枯れるまで鳴き続けていました。
3晩で鳴くことは止まりましたが、そのあとは前足の肉球をカジカジカジ・・・。
かじり続け気が付けば血がいっぱい付いていました。
後ろ足もかじり出したひめちゃん。

そして、いつも寂しそうな眼をしていました。
また食いしん坊と猫好きでも有名でした。


スタッフやお客様に抱っこをしてもらって何週間かしたころ、気が付けばカジカジが無くなっていきました。

アスパラちゃんは甘えたさん。

抱っこも大好き。
そして完璧な美貌。

真直ぐに見つめてくれる大きな瞳がたまらない愛されキャラ。

人が大好きなオールマイティなワンちゃんです。

きっとすぐにお家が見つかるという予想でしたが何故か見つかっていませんでした。

そしてリルちゃん。

とにかく超甘えたさん。
マズルが短く幼顔。

特技は高速シッポフリフリとお膝よじ登り。

でもスタッフには出来てもお客様のお膝にはなかなかできず、
日中はポツンとしたり、柵の前でうろうろしたりが多い日々でした。

ケージに入ると、とにかく出して欲しくて一人鳴き続けていました。
ご飯も食が細く、手からだと食べるかまってちゃんです。


前日からカフェのワンちゃんをSNSで見ながら、既に引き取ることを考えてカフェに来てくださった里親様。
ひめちゃんは14歳で亡くなったワンちゃんにとても似ていたそうです。
レッドのスムースダックスというだけでなく、今日色々お話をさせていただいたところ、心臓に疾患があることもさることながら、行動パターンがまるで一緒。
寝る時にはフリースを頭から被って寝るところもそっくりでした。

また18歳で亡くなったワンちゃんはブラックタンのダックスなので、アスパラちゃんと一緒。
そして、一番気になっておられたのは、リルちゃん。
大勢の人が行き交うカフェの雰囲気に慣れずに、スタッフばかりに寄り添うその姿に、お2人は一生懸命に話しかけてくださっていました。

交互にひめちゃんとアスパラちゃんとリルちゃんをお膝に抱っこされて過ごしてくださった長い時間。

連休で賑わうカフェの中、お2人の空間だけが止まって見えました。

里親様とお嬢様とたくさんお話をさせていただきました。
たくさん触れ合ってくださり、たくさん考えてくださいました。
一日の大半をカフェで過ごしてくださった里親様。
その様子に私が里親様に感じさせていただいたことは、絶対に3頭を幸せにしてくださるという信頼と確信でした。
環境が変わっても、約2か月を一緒に過ごした仲間が一緒にいること。
人間だってそうであるように、ワンちゃん達にとってもきっと心強いことだと思います。


里親様のおうちはケージもなく、自由。
これからはもう寂しくて鳴き続けたり、ケージから出たくて鳴き続けたりはありません。

仲間がいて楽しく暮らせるお家。
ストレスもなく賑やかに楽しく、幸せに暮らして欲しい。

そう心から願っています。

里親様。
カフェに来てくださり、長い時間をかけて過ごしてくださり、3頭をお家の子にしてくださって本当にありがとうございました。

心から感謝しています。
里親様の愛情溢れるお人柄に触れさせていただけて、私自身とても嬉しかったです。

どうぞ賑やかな3頭をよろしくお願いいたします。
そしてまたぜひ、一緒にカフェに遊びに来ていただければ幸いです。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

お家に帰られてからいただいたお写真には・・・。
3頭それぞれのご飯を食べているお写真をいただきましたが、
食が細くてなかなかご飯を食べないリルちゃんが、一生懸命ご飯を食べている姿が映っていました。

(もちろんひめちゃんとアスパラちゃんも問題なく食べていました


新しく付けてくださった名前は・・・。
ひめちゃん⇒りろちゃん
アスパラちゃん⇒りもちゃん
リルちゃん⇒いろはちゃん
新しい環境と新しい名前で、今日から3頭揃ってスタートです
そして行先は尼崎市です。

では。
スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう