FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェⓇ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

09月« 2018年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … マヨちゃんの里親様が決まりました

マヨちゃんの里親様が決まりました

こんばんは。
今日、アメリカンコッカースパニエルのマヨちゃんの里親様が決まりました



6月14日に川西にやって来たマヨ。
カフェに来て約2か月です。
ですが、私はもっと長い時間をカフェで過ごしていたように思えます。

何故なら・・・。
その2か月弱の間マヨは、病院の往復を何度も繰り返していたからです。

保護はおそらく3月の終わりころ。
記録によると、最初は保護犬カフェ堺店にいました。
その後、5月後半に避妊手術と乳腺腫瘍の摘出手術を経て、川西へ。
ですが、川西に来てすぐ酷い下痢に悩まされました。
食べても食べても水のようにすぐに出てしまう。
体重5.7㎏。
背骨やあばらが浮いていました。

血液検査でアルブミンの数値がかなり低いことが判りました。
エコー検査をしたところ、腸にトラブルを発見。
「癌」の可能性大。
腸が腫れあがっていました。
それを聞いた時、私は頭が真っ白になっていました。

もし癌なら早く治療を開始してあげなければ・・・。
私が出した結論は、腸生検。
病気の原因を特定することでした。
祈る思いで6月25日、マヨを病院に預けたことを今も思い出します。


その10日後に結果が出ました。
覚悟は出来ていました。
ですが「良性」。
病院で大声で叫んでしまうくらい、嬉しかったです。
しかし、下痢は相変わらず。
そこからが本当の意味で治療開始でした。


10日ごとに血液検査をし、アルブミンの数値を確かめながら3種類の薬を組み合わせていきました。

もちろんフードも変え、サプリも併用しながら様子を見ました。
便が固まったり、また戻ったりを繰り返しでしたが・・・。
7月中旬頃には便が固まりだしました。
しかし、アルブミンの数値も徐々には上がってきたものの、正常値まではいきませんでした。
それでも獣医師を信じ投薬を続けました。

今年の危険な猛暑中で、何度も頑張って病院へ通ったマヨ。

泣き言ひとつ言わず、鳴きもせず、嫌がることも無く。
ただただ穏やかなマヨでした。
そして、そのお利口過ぎる性格に助けられていたのは私でした。

その後徐々に数値が上がり、便も固まり、気が付けば体重も増えてきたマヨ。

7㎏になりました。
でもまだ治療続行中です。

そんなマヨに、最強の里親様が現れたのです。
昨日ご夫婦で初めてカフェを訪れてくださいました。
マヨの事はSNSで見てご存知で、
可愛いマヨちゃんなのに、里親様が決まらないことを気にしてくださっていたようでした。

里親様のお家には、4歳のアメリカンコッカースパニエルのワンちゃんがいます。
名前は具志堅くん。
2年前、保護犬カフェ鶴橋店で具志堅くんを引き取られていました。
その当時はもう一頭、お家にワンちゃんがいたそうですが、最近亡くなられたとのこと。
その後、寂しそうにしている具志堅くんにお友達を探されていて、マヨにたどり着いてくださいました。

マヨはどちらかと言えば、甘えるタイプのワンちゃんではありません。
日中はフロアの床に寝そべって、気配を消しているようなワンちゃんです。

カフェに来てからは決まってバックヤードの入口ドアの前にずっと寝ていました。
ほとんどの時間を、床に顔を付けて寝ている毎日でした。

抱っこが好きでお膝をカリカリしたり、寄り添ったりするタイプではないし
お客様が来店してもワンワン鳴くことも無かったため、存在も忘れられがちでした。
そして不思議と、里親様の引き合いもありませんでした。

そんなマヨに初めて訪れたチャンス。
里親様はとても穏やかでご理解のある方でした。
大人しいマヨを見て、可愛いとたくさん抱っこしてくださいました。

8歳であること。
前述のお腹の治療内容。
他にも、左目がほとんど見えていないこと。
歯も治療が必要であること。
やはり私は他のワンちゃんと同様に、先に既往症をお伝えしました。

でも里親様は、気にしておられたのはそこではありませんでした。
具志堅くんとの相性が一番心配なご様子でした。
4歳の男の子。
元気で甘えたさんな具志堅くん。
相性が合うかどうか・・・。
そのことをお話されていました。
ぜひ連れて来て、相性を見られることをお勧めしたところ・・・。
早くも今朝お電話をくださり、開店間もなく具志堅くんを連れて相性を見に来てくださったのです。

具志堅くんにとってはアウエィのカフェ。
最初はちょっと怖がっていたようでしたが、しばらく後は慣れて絶好調。

楽しく遊んくれていました。
玄関先やバックヤードでマヨとマッチングもさせていただきましたが、特に問題はありませんでした。

「何かあっても、家族で対応できると思います」
そう言ってくださった後、引き取ることをお申し出くださった里親様。
同席くださったご主人とお嬢様も同じお気持ちでした。

その時、どれだけ嬉しかったことか・・・。

頑張り屋さんで、辛抱強いマヨ。
そして本当に可愛いあどけないマヨ。

特技は食いしん坊。
その食いしん坊が功を奏して、お薬は楽勝。

手のかからないワンちゃん代表のようなマヨ。

繁殖犬の役目を終え、残りの人生を犬らしく生きれる場所へ。
そう願い続けたことが現実になりました。
そして温かなお人柄の里親様と優しいご家族。
ご契約を終え、里親様は
「8歳のマヨちゃんとは、一緒にいられる時間はそう多くないかもしれませんが、精一杯幸せにしてあげたいと思います」
そう言ってくださったお言葉に、
あぁ、やっとマヨが幸せになれるんだ・・・と、ただただ感無量になりました。
本当に本当に嬉しい瞬間でした。

頑張ったマヨは14日(火)に卒業予定です

そして行先は伊丹市です。

では。

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

嬉しい😄

とっても、嬉しい! うちのこうちゃんと、なんか、おんなじ雰囲気が有って…とても気になる子でした。
幸せに、なって欲しい!
そして、私のように、飼い主様に、沢山の幸せ感を、ふるまってあげて下さいね

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう