FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェⓇ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

09月« 2018年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … シー子ちゃん、ルーシーちゃん卒業しました

シー子ちゃん、ルーシーちゃん卒業しました

こんばんは。
今日は、シーズーのシー子ちゃん、Mダックスフンドのルーシーちゃんにご縁が繋がり卒業しました

シー子ちゃん



2月15日にカフェにやって来たシー子ちゃんは5歳。
あどけない顔が可愛いシーズーの女の子でした。

でも、たった5歳でたくさん頑張った過去を纏っていました。
右目が失明して光を失っていました。
耳はひどく汚れていて外耳炎。
歯もひどく歯石と歯肉炎重度。
声帯もカットされていました。
そして「削痩」。
以前パタパタちゃんの卒業の時にも書かせていただきましたが、
「痩せて体幹が著しく細くなった状態で脂肪組織の著しい減少によることが多い」
という意味の言葉・・・です。

シー子ちゃんのウエストは、中指と親指を丸めて出来る輪にすっぽりと収まるくらいの信じられないくらいの細さだったのです。
痩せていて、背骨とあばら骨がゴツゴツ当たる。
シー子ちゃんとは、そんな状態で出会いました。

だけど、食欲はすごくて食べ物に対する執着がとてもありました。
食べることが好きなのに痩せているとういのはどういう意味?
ごはんあまりもらえてなかっただろうか?
そう思うと胸が痛みました。
ただただ胸が痛かったことを、今でもはっきり覚えています。

そして、カフェに来て1週間たったころ、シー子ちゃんにアクシデントが起きました。
抱っこは嫌いではないのですが、その日なぜだかお客様のお膝から飛び降りてしまったシー子ちゃん。
顎を強打してしまい、急ぎ診てもらった病院での診断は「左顎骨折」でした。
まだこれ以上の試練を与えられるの・・・?
そう思うと、愛おしくてたまりませんでした。
ただ、救いは顎が自力で上下できました。
ご飯も食べれて、水もしっかり飲めていました。
なので、固定せず自然治癒を目指しました。
ご飯は栄養価の高いウエットで様子を見ることにしましたが・・・。
今度は下痢が続きました。
酷い下痢でした。

またもや病院を受診し、精密検査。
結果、たんぱく質や脂肪など、何かの栄養素に対して腸が拒否反応をしていることが分かりました。
フードサンプルで色々試し、ようやく下痢も改善。
一息ついたのは、カフェに来てすでに1か月が経過していました。


抱っこは危ないので、カフェ仲間がお客様に抱っこされていてもシー子は一人ベッドの中。
ポツンと過ごすことが増えて来ました。

こんなに可愛いシー子ちゃんでしたが、引き合いもなくただただ時が過ぎていました。

里親様は、昨日カフェに来てくださったご家族です。
以前も何度かカフェにお見えになられたことがあったため、お顔は覚えていました。
とても穏やかで温かい雰囲気をお持ちで、その時カフェにいたピーコちゃん(シーズー)に会いに来られていたと記憶しています。
お久しぶりにお会いし、嬉しくてお席にお伺いしてお話させていただきました。
すると「シー子ちゃんに会いに来ました」
そう言ってくださいました。


この方に全てお話してみよう。
そう決意し、聞かれてもいないのにシー子ちゃんの事を話しました。
カフェに来た時のこと。
既往症のこと。
アクシデントもお腹の様子も治療経緯も全て。
そのことを粛々とお聞きくださいました。
私自身も胸がいっぱいになり、時折言葉に詰まりながら、ゆっくりとお伝えしました。
「なぜだかわからないですが、目が見えない子に魅かれる」
そう言ってくださいました。
シー子ちゃんの病状等はSNSには載せてないので、右目失明の事をご存じなく会いに来られ、そしてその事実をお知りになって、そう言ってくださった里親様でした。
たった5歳で白内障で失明したシー子ちゃんを愛おしいといってくださるなんて、思ってもみませんでした。

その後いったんカフェを後にされ、そして夕方、お電話で
「シー子ちゃんを引き取らせていただきたい」
と、ご連絡をいただきました。
そのお電話が本当に嬉しくて嬉しくて・・・。
お電話を切った後、泣きながらガッツポーズをしていました。


今日、ご契約とお迎えに来てくださった時、
「引き取らせてくださり、ありがとうございます」
と言ってくださった里親様。
シー子ちゃんに新しくつけてくださった名前は「糸ちゃん」
でした。
「ふっくらさせてあげたい」
「いろんなところに連れてあげたい」
「自由気ままにしてもらいたい」
全て糸ちゃんに寄り添い、糸ちゃんの気持ちを大切に思ってくださるが故のお言葉の数々でした。

また、帰られてからいただいたメールには・・・。
「保護されてから今まで大切に育てていただきまして本当にありがとうございました」
と綴ってくださっていました。
そして、いただいたお写真には、先住犬の10歳のシーズー正(ショウ)くんとのお写真を添えてくださっていました。



こんな素敵なお家に行ける糸ちゃんは、本当に幸せ・・・。
いままで頑張ってきてほんとに良かった・・・。
心からそう思います。


里親様。
満身創痍のシー子ちゃんに光を当てて下さり、おうちの子に選んでくださいましてありがとうございました。
生涯たった1本だけ繋がる糸。
その糸をしっかりと繋いでいくださりありがとうございました。
シー子ちゃんにやっと訪れた幸せを思うと、本当に感無量です。
心から感謝しています。
淋しそうな顔をしていたシー子ちゃんの顔が、幸せな糸ちゃんの顔になるのを楽しみにしています。

これからもどうぞよろしくお願い致します。

糸ちゃん。
おめでとう!
本当に本当におめでとう

糸ちゃんの行先は宝塚市です。

ルーシーちゃん



美人のルーシーちゃん。
カフェに来たのは3月22日の事でした。
人懐こさ・・・。
これについてはルーシーちゃんの右に出るものはいない。
そう断言できるくらい、ルーシーちゃんは人が大好きです。


そして、超甘えん坊さん。
抱っこしていないと、お膝を探してカリカリ。
シッポもブンブン。
後追いもしてくれます。

アイコンタクトもばっちりで、キラッキラの目でじっと見つめて来てくれます。

抱っこをすれば、身体を預けてまったり。
抱っこも大好きでした。

その美人ルーシーに遂にお家が決まりました。
里親様は門真市から来てくださったご家族です。
午後の早い時間にお電話をくださっていました。
Twitterでルーシーを見て、とにかく会いに伺います・・・。
そうおっしゃられ、お車で駆けつけてくださいました。
ご夫婦とお嬢様。
お家には同じブラックタンのダックス、マリンちゃんがいるとのことでしたので、一緒に来てくださいました。
るし001
↑ルーシーちゃんにそっくりなマリンちゃん

お見えになった時はシー子ちゃんのご契約中でしたので、少しお待ちいただきお話をさせていただきました。

ずっと2頭目を探しておられたこと。
保護犬からお迎えしたいこと。
何より、ルーシーに一目ぼれだったこと。
今日他のご用事が無くなったので、カフェに来れたこと。
すぐに決まるだろうと思っていたルーシーが、まだいてくれたこと。
いろんな要素が重なり、ルーシーが引き寄せたご縁ではないか・・・。
そう感じました。

そして、本当に素敵なご家族でした。
お母様も、お父様もお嬢様も、明るくて優しくて、そしてルーシーをすごく気に入ってくださいました。
でも、残念ながらお嬢様にご用事がありましたのでお時間がありませんでした。
時計は16時。
急ぎカフェを後にされてしまいました。

でも、再度18時事に戻って来てくださったのです。

ルーシーとのご縁を繋ぎたくて戻ってくださった・・・。
決して近い距離ではありません。
そのことがとても嬉しく思い、このご家族に行くことがルーシーにとって幸せ。
そう思いました。

いままで5年間いた場所はきっと寂しかったけれど、やっと巡り合えた場所。
今日から甘えん坊ルーシーさんはもうお膝を探すことはありません。
ご家族4人でめいっぱい可愛がってもらえるお家が出来ました。


里親様。
遠いところ、カフェまで2往復してくださいまして本当にありがとうございました。
後ほどゆっくりとお話させていただけて良かったです。
そして、私たちの想いをご理解くださり感謝しています。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
そして、少し遠いですけれどまた、カフェに遊びに来ていただければ幸いです。


ルーシー、素敵なお家が見つかって良かったね。
おめでとう

ルーシーちゃんの行先は大阪府門真市です。
そして、名前はそのまま・・・。
ルーシーちゃんです

では。

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

土曜日に御伺いしたタカタです。にとうもきまりおめでとうございますみなさまのあいじょうとどりょくのたまものですね、おげんきでまたね

ルーシーが我が家に来ました(#^.^#)

ルーシーが我が家にきて今日で3日目になりました。新しいお家にも少しは慣れたみたいで、外から帰ってくるとしっぽを振って「触って♡♡♡ビーム」を放ってきます。かわいい~!家族4人ともルーシーちゃんにはメロメロです。先住犬のマリンちゃんががやきもちを焼かないように気負付けなければなりませんね。(笑)

私の前に来られていたシー子ちゃんも無事卒業が出来てよかったですね!おめでとう!当日、シー子ちゃんがいているのを見ていましたが、とても幸せそうでした。ブログを見てゲガのことや過去のことを知ってびっくりしました。きっと里親様の優しさやお店でのワンチャンにそそぐオーナー様やスタッフの方の暖かい気持ちがそう見せていたのかもしれません。
もっと幸せになるワンチャンや猫ちゃんが増えることを願っています。お店は年中無休と言われていたので、皆様、無理せずお体を大切に頑張ってください。

ルーシーのパパと家族より

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう