fc2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

04月« 2024年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … マルくん卒業!

マルくん卒業!

こんばんは。
今日、シーズーのマルくんが卒業しました

ゴマ卒覆面1


マルくんは昨年12月21日にカフェにやって来た、シーズー男子。
川西ではシーズーの男の子は初めてでした。
とにかく元気。
ま003
一日中休むことなく動き続けていました。

シーズーはおとなしい。
シーズーは動かない。
そんなイメージとは真逆のマルに、面食らうばかりでした。
男子女子問わず、遊びたくて構いたくて・・・。
ま006
一方的な愛に、迷惑だったワンちゃん達。
しょっちゅう「マル!」 「ダメ!」 「あかんよ、マル」
そう言われても、全く耳を貸さないマルくんでした。

閉ざされた世界にいただろう過去を思うと、無理もないのかもしれません。
でも、ワンちゃんが好き過ぎて・・・。
男子のワンちゃん達に唸られようが、怒られようが、
女子に疎まれようが、自身はゴキゲン。
ま022
ちょっと空気読めない感じの怒られ常習犯でしたが、そこがマルのいいところでもありました。
全てを帳消しにする無邪気さがマルにはあったのです。
人も大好きです。

最初は抱っこなどできないくらいやんちゃ。
意外にも足の力が強くて、しっかり抱っこしているつもりでもケリケリされると落っこちそうになります。
また、片足をぴょんぴょんさせる仕草もひょうきんで可愛いものでした。
例えて言えば、クラスに必ず1人はいる男子。
そんな感じです。

それでも、2月を過ぎたあたりから少しおとなしくなりました。
まず、フロアで寝るようになりました。
ま010ま011
最初は床の上でした。
どこか身体の具合が悪いのかと疑うほど、静かになりました。
気が付けば、じーっと下から見つめられていることもありました。
ま021
そのうち、ベッドでも寝るようになり・・・。
ま004
少しづつ、少しづつ落ち着いてきました。

何かが変わる時、里親様が見つかる・・・。
こう思ったことが現実になったケースが何度かあります。
「もしかして・・・」
密かにそう感じていたことが現実になりました。


里親様は今日初めてカフェに来てくださったご夫婦です。
来られて間もなく、色々お尋ねになられていました。
ワンちゃんを飼いたいと思っている。
そうお話されていました。
保護犬の事や、既往症について・・・。
出来る限り、私にわかることをお伝えしました。
マルには心疾患があります。
心雑音GⅤ。
僧帽弁閉鎖不全症ステージB2です。
そのことをご説明する前に、
「医療に従事していますので、理解できます」
そうお答えくださいました。

そしてたくさん触れ合ってくださり、マルを選んでくださいました。
しっかりしたお考えをお持ちでした。
後ほどお聞きしたことですが、飼うなら保護犬を、と思っていらっしゃったそうです。
初めて訪れたカフェ。
そこで運命の出会いをしてくださったのです。
ま028
抱っこできなかったマルが、里親様のおひざに納まっていました。

お名前変更予定でしたが、帰られてからすぐにメールをいただきました。
新しい名前は・・・。
「ごましおくん」。
黒と白のミックス。
と・・・お米が好きな奥様ですので、お帰りの車の中で決まったそうです。
愛称は「ごまくん」
マルにピッタリの名前ですね。

ゴマ卒覆面2

里親様、すてきなご縁を繋いてくださって本当にありがとうございました。
マルをお決めになった際に・・・。
まるで結婚を申し込むみたいですね。
と言ってくださって、なんだかとても嬉しくなりました(笑)
また、お写真も送ってくださり、ありがとうございました。
ぜひこれからも、どうぞよろしくお願い致します。

ま026ま027
送ってくださったお写真は、ベッドで眠るごまくんの姿でした。


ま023
あどけない表情や、真ん丸のオメメ。
ペロペロ大好きで、空気さえペロペロしてたマル。
ご飯大好きで、一気食い選手権があったとしたら、絶対に優勝間違いなし。
朝ケージを開けたら、飛び出てきたマル。
飛び出し選手権でもきっと優勝。
自分の尻尾を追いかけて回っていたマル。
ま015ま014
やんちゃだけれど、最高に可愛いマル。
ま019
マルの良さを分かってくれて良かったね。
飛び切り可愛がってもらって、幸せに・・・。
おめでとう
ま008

そして、行先は。。。
尼崎市です。

ではまた。
スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう