FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

02月« 2021年03月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»04月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … ぱ子ちゃんの里親様が決まりました

ぱ子ちゃんの里親様が決まりました

こんばんは。
今日は、ロングコートチワワのぱ子ちゃんにご縁が繋がり、里親様が決まりました

pako013.jpg

里親様は先週の日曜日にご家族全員でお見えになられました。
その時はお隣に住むご親戚と飼い犬キャバリアのモカちゃんがご一緒でした。
以前もカフェにお見えになったことがあり、1年前にパピヨンを亡くされたとお話しくださっていました。

pako012.jpg
ぱ子ちゃんはカフェに来て今日で10日目です。
だから先週はカフェに来たばかりでした・・・・。
慣れない場所に戸惑っていた思われ、気が付けばパソコンプリンターの下に潜りこみ息をひそめてじっとしていました。
チワワちゃんは慣れるまでに時間がかかる場合があります。
ワンちゃんのなかではデリケート。
1日でも早くお家が決まればいいなぁ・・・。
そう思いました。

そして、ぱ子ちゃんには片腕がありません。
pako003.jpg
ブリーダーからの情報には
「事故で右腕切断」
とだけ書かれていました。

いつそうなったのか?
どんな事故なのか?
それすらわかりません。
でも、ぱ子ちゃんは残った3本の足で上手に歩きます。
pako018.jpg
いえ、走ることも出来ます。
お散歩だって上手に出来ちゃいます。
3本足に不自由をまるで感じていないように思えます。
私個人の想像ですが、きっと小さな子犬のころに腕を噛まれてしまったように思います。
だから、最初から3本しかないと思っているため、器用に過ごせるのではないかと思っています。

なにより、本当に可愛いです。
pako026.jpg
まるでハンディキャップなどないかのような、大輪の花のような満面の笑みを見せてくれます。
pako014.jpg
抱っこをすると更にゴキゲンになります。
カフェで過ごす中でしたが、徐々に緊張が解けてきました。
2~3日前からはもう、パソコンプリンターの下に潜ることはなくなりました。
この間に分かったことは・・・。
懐く人を自ら選んでいるようでした。
この人!と思う人のところへ駆け寄り、抱っこをしてもらっていました。
その時のぱ子ちゃんは満面の笑顔になります。

犬といえど、環境が変われば緊張もします。
緊張を感じない犬などいない・・・。
それは私の経験故の持論です。
でも、それでもいつかは慣れてくれます。
その緊張を解きほぐすのが、愛情だと信じています。
ぱ子ちゃんを見ていると、今まで感じなかったお客様やスタッフの愛情に反応しながらカフェで過ごしているように思います。
(あくまで私個人の感想ですが・・・)

そんなぱ子ちゃんに、里親様が現れました。
先週の日曜日に、パ子ちゃんに出会ってくださいました。
いえ、それ以前にSNSでぱ子ちゃんを見つけてくださってのご来店でした。
最初は、カフェにいたアップルちゃんやマリコちゃん達と触れ合ってくださり、過ごしていらっしゃいました。
でも・・・・。
でも、パソコンプリンターの下に隠れたり、スタッフの後ろに隠れたりして、なかなか姿を現さなかったぱ子ちゃんが・・。
なんと、その時一緒に来てくれたキャバリアのモカ君に、何度も何度も挨拶するかのように寄って言っては離れ、寄って行っては離れ・・を繰り返していました。
モカ君は大きなワンちゃんだけれども、ものすごくおだやかさんでした。

そんなぱ子ちゃんを見ていた里親様。
pako015.jpg
そして、ようやくぱ子ちゃんを抱っこされた後・・・。
ぱ子ちゃんを引き取るご意思をお申し出くださいました。

でも、ご事情で引き取りが2月の初旬になってしまうとのことでした。
カフェのルールは、ご契約してからのお引取りまでの期間は1週間(特別な事情を除く)です。
だから、その時ご契約はできない旨をご説明させていただきました。
それならば、来週までに他に里親様が決まらなければ、契約に来ます。
そうお申し出くださり、その時はカフェを後にされました。

そして待つこと1週間経った今日。
再度ご家族でカフェにお越しくださいました。
もう一度、ご意思をご確認させていただき、引き取る旨をお申し出くださいました。
pako021.jpg
この1週間SNSを見て、里親様が決まらないか、ドキドキされておられたそうです。
「ぱ子ちゃんのハンディキャップは気になりません。今度飼うなら保護犬と思っていて、ぱ子ちゃんを見た瞬間、この子!と直感的に感じました」
そう語ってくださいました。
そして、見せていただいた亡くなったパピヨンちゃんのお写真。
その目はぱ子ちゃんの目に、とてもよく似ていました。

ご家族全員で決めてくださったワンちゃんはぱ子ちゃん。
愛おしそうに、かわるがわる抱っこしてくださいました。
そして、その時のぱ子ちゃんは・・・。
やはり・・・満面の笑顔でした。
pako022.jpg
pako023-1.jpg
その光景が目に焼き付いて、今も離れません。

ぱ子ちゃん。
おめでとう

卒業は来週の日曜日の予定です。

では。
スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう