FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

02月« 2021年03月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»04月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … てつこちゃん、パルスちゃん、一緒のお家に行きました

てつこちゃん、パルスちゃん、一緒のお家に行きました

こんばんは。
今日、雑種猫サビ柄のてつこちゃんと、スコティッシュフォールドのパルスちゃんにご縁が繋がりました
それも、同じお家です。
tetuparu4.jpg
(↑パル、サビがカメラの方を向いた奇跡の1枚です)

昨年11月30日に川西にやって来たてつこちゃん
tetuko2-2.jpg
同じく12月14日に川西にやって来たパルスちゃん
parusu3.jpg
それから2人は川西のネコ部屋でずーっと一緒に過ごしていました。
最初のころだけは、お互いを意識していたようですが、先に来た、まだ6か月齢のてつこちゃんがパルスちゃんを遊びに誘うようになり、年末が近づいたころには、すっかり行動をともにするようになっていました。

以前にもお伝えしていましたが、川西の保護ネコちゃん達は日中こそはネコ部屋にこもっていますが、朝はワンちゃんがフロアに出るまでの約1時間ほど、夜はワンちゃん達が犬舎に入ると、私が帰るまでフロアはネコちゃんパラダイスになります。
それぞれの個性で走り回ったり、探検したり、広々とした空間に出てとんでもないところに潜んだり、ボランティアさんと絡んだり・・・と、つかの間の自由を満喫しています。
parusu5.jpgtetuko10.jpg
tetuko12.jpgparusu6.jpg

日中は寝てばかりで体力を温存しているため、夜は特に活発。
その様子を、横目で見ながら事務作業をしています。
大みそかの日も、一緒にフロアで遊んでいた2人をたまたま写真に撮っていました。
tetuparu1.jpgtetuparu2.jpg

最近ではすっかり仲良し。
朝、ネコ部屋の扉を開けると、並んで出てきて常に一緒に過ごしていました。
じゃれあったり、走ったり・・・・。
とにかく仲良し。
tetuparu3.jpg
このままここに居続けることはないにしろ、先にどちらかの譲渡が決まってしまうと寂しいだろうなぁ、と感じていました。
ですが、川西ではネコちゃんが2頭一緒に、同じお家に卒業したことは今までありませんでした。

里親様は先週カフェに来てくださったご家族です。
お母様は昔、猫を飼ったことがある・・・。
先週の土曜日にそうおっしゃていました。
でも今のご家族でネコを飼いたいと思い、そしてblogを見てカフェに来てくださいました。
ペットショップではなく、保護猫を・・・。
今日お見えにならなかったご主人もそうおっしゃておられたそうです。

その時ネコ部屋にいたてつこちゃんとパルスちゃん。
ゆっくりふれあってくださった結果・・・・。
どちらを引き取るか、お嬢様とご意見が分かれていたそうです。

そして再度木曜日にご来店。
残念ながら、その日は新しいメンバーの診察に病院に行っていて、私は不在でした。
それでも、ボランティアさんから連絡をもらって、お電話でお話をさせていただきました。

そして再再度、今日ご来店くださったのです。
今日はお嬢様と息子さんがご一緒でした。
ゆっくりとふれあってくださっていた里親様ご一家。
そしてその後・・・・・・。
「2頭一緒に引き取らせていただくのはダメでしょうか?」
そう口にされたのです。
parusu7.jpg
tetuko4.jpg

どちらかを決めれないので、2頭一緒に・・・。
2頭だと寂しくないと思って・・・。
そう言ってくださいました。

ネコちゃんは環境が変わると一からのスタートに逆戻りします。
慣れた空間から、新しい空間へ移動するときに、仲良しの2頭が一緒だとどれほど心強いことか。
日頃仲良しの2頭を見ていた私は・・・。
その時実は、一瞬信じられないくらい動揺していました。
心臓がドキドキと鳴っていました。
まさかこんな嬉しいお申し出をいただけるとは思ってもいませんでした。
素敵なご家族に行けるだけでも幸せなことです。
でも、更に素敵なお申し出に、異論などあるはずはありません。

こうして、てつこちゃんとパルスちゃんは同じお家に行くことになりました。
tetuko6.jpgparusu4.jpg
てつこちゃんは保健所から生後1か月で保護され、その後寄生虫などの治療を経て川西に来た猫ちゃん。
パルスちゃんはブリーダーで子供を産んできた経験を持っている猫ちゃん。
背景は違えど、2頭が川西で出会い、そして未来を共にすること。
それは奇跡。
その奇跡を叶えてくださったのは、里親様です。
帰り際、キャリーに入るのを抵抗すると思われた2頭ですが、すんなりと一緒に収まっていました。

tetuparu5.jpg
里親様、この度2頭を一緒にお迎えくださって本当にありがとうございました。
これからはご家族で可愛がってもらえると思うと、とてもとても嬉しいです。
心から感謝で一杯です。
どうぞよろしくお願いいたします。

帰られてからいただいたメールには・・・・・・。
「わが家へ帰って1時間。パルスちゃんはリビングを探検するように一回りした後、彼女なりに落ち着く場所を見つけたようですが、てつこさんは案の定腰を落として、肉球をびちゃびちゃにしながらおどおどしています💦カフェにいた頃のお転婆ちゃんは見る影もありません。今は椅子の上下で落ち着いているのかな・・・。」
とご報告いただきました(笑)
tetuparu6.jpg
早く慣れてくれることを祈るばかりです。
そう締めくくってくださいましたが、きっと大丈夫。
2頭で相談しながら更に絆を深めていってくれる予感です

2頭の名前は・・・。
そのまま「てつこちゃん」「パルスちゃん」のままです
そして、行先はお隣の宝塚市です。

てつ、パル
お家が決まって良かったね。
一緒で良かったね。
仲良く幸せにね。
ほんとにおめでとうね~

では。
スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう