FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

05月« 2021年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … 天馬くんの里親様が決まりました

天馬くんの里親様が決まりました

おはようございます。
昨日、天馬くんにご縁があり里親様が決まりました

天馬0702

里親様は尼崎にお住いのご夫婦です。
カフェを始めて訪れてくださったのは5月の下旬。
去年4月に亡くされたワンちゃん(チワワ)の月命日で、霊園からのお帰りでした。
最初来られた時は、今寄生虫で隔離中のトイプードルのももちゃんと奥様のお誕生日が一緒なので、会いに来られた・・・。
そうおっしゃっていたと記憶しています。

亡くされたチワワちゃんのことや、保護犬、繁殖犬のことなど、色々お話をさせていただきました。
本当に穏やかなお人柄の優しいご夫婦でした。
今すぐではないけれど、きっと運命の子に出会っていつか保護犬をお家に迎えてくださる。
そうあって欲しい・・・。
そう思っていました。

その翌月も月命日の霊園の帰りに、カフェに来てくださいました。
そして、7月最初、またカフェに来てくださいました。
この日は月命日ではなかったと思います。
天馬くんに出会いました。

天馬くんは6月22日にカフェに来ました。
慣れない場所での天馬くんは目に力がありませんでした。
天馬0622-2

そして、実は7月6日。
天馬くんは顎の骨を負傷していました。
抱っこがあまり好きではない天馬くん。テーブル席のお客様のお膝から自ら飛び降りてしまいました。
すぐに病院へ連れていってレントゲンを撮ってもらうと、なんと下顎を骨折してしまっていました。
ボロボロの歯に加え、顎の骨がもろくなっていた天馬くん。
レントゲンに映った骨は、健康な骨が真っ白に映るのに比べてグレーで透けて見えていました。
歯を支えている根元も溶け始めていたのです。
天馬0708

年齢は9歳。
健康で若いワンちゃんだと1ヵ月で完治するそうですが、獣医師さんには
「骨が着くかはわからない」
と言われました。

それでも翌日から、天馬くんは口輪で固定した口で流動食を食べてくれたのです。
食欲はありました。
それが救いでした。
天馬0716
天馬0806
痛々しい姿とは裏腹に、天馬くんは日に日にたくましくなっていってくれました。
お水も飲めるし、ご飯も完食。
小さくしたおやつも大好き。
ウンチも快便。
そしてとても元気でした。

そんな天馬くんを、その時ご夫婦の間に置いてみました。
でも、年齢9歳で心雑GⅢ。
顎の骨が折れていて、片側陰睾。
どちらかと言えば難易度が高いワンちゃん。
とりあえず経緯等をお話しするのにとどめていました。
お帰りの際、「やっぱりチワワちゃんは可愛いですね」
とおっしゃっておられたのですが。。。

でも、7月29日にカフェにお見えになった時、
「もし、来週カフェに来るまでに里親様が決まらなければお家に迎えたい」
そうお申し出くださったのです。

カフェのルールは、契約してからのお預かりは1週間。
今日契約をして来週お家に連れて帰っても、来週はお仕事があり家を留守にする。
だから来週契約をして、お盆休みに入る8月11日にお家に連れて帰りたい。
だから、もう一週間にかけてみます。
そう言ってくださったのです。
そして、写メにとられたお家の様子を見せてくださいました。
そこには、天馬くんが過ごすであろう素敵な空間が映っていました。

私はその時の様子をたまたまカメラに撮っていました。
天馬0729
↑おやつを小さくして天馬くんにあげてくださっている様子です

私はびっくりしたと同時に、嬉し過ぎて・・・。
このご夫婦に来週までご縁が繋がることを祈りました。

そして、お約束通りの昨日、カフェに来てくださいました。
ご意志に変わりは無く、ご契約させていただきました。
まだ口輪をしたままの天馬くんを愛おしそうにみてくださった里親様。
抱っこ嫌いの天馬くんを無理やり抱っこせずに見守ってくださっていましたが・・・。
「抱っこしてみませんか?」
とお声をかけて抱っこをしてもらうと・・・。
不思議。
天馬0806-4
ご主人のお膝でゴキゲンで過ごしていました。

「きっと私達に笑ってくれる日がくる」
そう言ってくださった里親様。
私は、その言葉をお聞きし、胸が詰まってしまいました。

天馬、本当に良かったね。
お家が出来たよ。
おめでとう。
本当に本当におめでとう。
天馬0806-2
卒業は8月11日の予定です。

では。
スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう