保護犬・保護猫カフェⓇ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … MACANAちゃんのご報告

MACANAちゃんのご報告

おはようございます。
皆さんに元気玉をお願いしたMACANAちゃんですが、残念ながら一昨日の手術がうまく行かず手術中止となりました。
万全の体制を整えてくださった手術でした。
身体への負担を考えてカテーテル手術を行ったそうですが、奇形ともろくなってた血管で想定外の事が起こってしまい心肺停止になったそうです。
maca001.jpg

「手術中に心臓から出血し心肺停止状態になった。これ以上は危険なため手術を中断し覚醒させます」
この連絡が入った時、里親様はただただどうしたらいいか分らず涙が止まらなかったそうです。

でも、普通は心肺停止になったら、鼓動は復活しないと思います。
でもMACANAちゃんの心臓は動き出したそうです。

「まだ生きたい・・・」
私にはMACANAちゃんがそう思っているのだと感じました。
maca002.jpg

手術をしなければ、元気に生きたとしても4歳を迎えることは厳しい。
生きるためには手術しかないので、里親になったこともカテーテル手術を受けさせたことも後悔はしていない。
私がMACANAの里親になったのには必ず理由がある。
それは、私達家族とこれから10年以上幸せな時間を過ごすため。
そう信じています。
こんなに沢山の皆様にパワーをもらって、みんなに愛されているMACANAの母親になれて、私は幸せです。

昨日くださったメールに書いてくださった里親様。
私は涙が止まりませんでした。

沢山の元気玉はMACANAちゃんに届いていると思います。
昨日の午後、眠りから目覚めたMACANAちゃん。
1か月後、今度は開胸手術に臨まれるそうです。
maca003.jpg

私は奇跡を信じています。
奇跡は起こると信じています。

1カ月後、また皆さんのパワーをお貸し下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。
makana002.jpg

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

きっと

目覚めて 本当に良かったです

飼い主さまの 飼い主になったのには意味がある私も そう思います。

私は最近15年連れ添った愛犬を亡くしました思い出しては泣いてしましますが、家の子は先天的心臓病と言われたり尿道結石の疑いがあると言われても 発作は1度だけ、結石もフードで消え 15年 あと少しで16年でしたが 頑張って犬生を終えました
だからきっと 手術して 10年 15年と幸せを歩んで行って下さい

信じています

経緯を読ませていただきました。
私はシーズーが好きで、読んでいて涙が出て来ました。
MACANAちゃん手術が中止になってしまいましたが、鼓動が戻り里親様の元に戻ってきたとのこと。神様が『まだまだ‼️もっと幸せになりなさい』と言って下さっているんだと思います。
里親様の優しさに包まれて、幸せにならないはずがありません。次の開胸術はきっとうまくいきます。
カフェのオーナー様もご心配だと思いますが、里親様とMANACAちゃんの絆を信じましょう。
少し遠いのですが、私も応援しています。元気玉も送ります。
どうぞ、一日も早く元気なMANACAちゃんになりますように…。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう