保護犬・保護猫カフェⓇ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … コマチャン、リュウくんの里親様決定 そしてナナちゃんのこと・・・

コマチャン、リュウくんの里親様決定 そしてナナちゃんのこと・・・

こんばんは。
今朝のラジオで聞いたのですが、5月13日は「愛犬の日」だそうです
その愛犬の日に、チワワちゃん2頭の里親様が決まりました。

コマチャン
koma002.jpg
可愛さバツグンのコマチャン。
予想通りカフェに来て2日で、里親様が決まりました。
里親様以前からもカフェに来てくださっていたご家族です。
昨日はお母様と上の息子さんでカフェにきてくださり、、コマチャンとご対面。
とてもコマチャンの事を気に入ってくださっていました。
でもお家に11歳のチワワちゃんの女の子、クレアちゃんがいらっしゃるとのこと。
クレアちゃん、人は大好きだそうですが、ワンちゃんとはどうだろう・・・?
11歳と2歳。
とても気になるところでした。
ですので、マッチングをお願いしました。
コマチャンは可愛いのですぐ里親様が決まると思うので、明日来てただいた方がいいですよ・・。
そうお伝えしました。

そして今日、開店と同時にご来店。
お父様と下の息子さんと、先住犬のクレアちゃんと一緒にカフェに来てくださいました。
早速相性を確かめる為に風除室でマッチングをさせていただいたのですが・・・。
koma0002.jpg
大丈夫
特に問題なくクリアでした。
koma0003.jpg

実は、昨日コマチャンに会って帰られてから、ご家族で色々話し合われたそうです。
今いるクレアちゃん、そして亡くなったワンちゃんも、お子様たちが生まれる前から家にいたワンちゃん。
でも、今回はお子様たちが生まれてからお家に迎える、初めてのワンちゃんです。
ペットショップやブリーダーさんから子犬を迎える選択肢もあるよ、と、ネットで子犬の画像を見せて聞いて見られたそうです。
でも、お子様たちの答えは「コマチャン」。
保護犬を選ばれたそうです。
なら、次は、クレアちゃんとの相性を見てあげたい。
それが一番気になって、今朝のご来店に繋がったとのことです。

こうして、コマチャンの里親様が決まりました。
koma0001.jpg

コマチャン、おめでとう
卒業は明日の夕方の予定です。
ご家族全員でお迎えにきてくださるそうですよ

そしてリュウくん
ryu019.jpg
以前もお伝えしたとおり、リュウくんは重度の水頭症です。
カフェに来た3日目から連続して4日間、てんかん発作を起こしました。
その時の発作はチアノーゼが出る危険な発作でした。
でも、この時にミネルバ動物病院で処方してもらった薬(脳圧降下剤)が効いて、今は症状が治まっています。
しかしこの先どうなるかはわかりません。
水頭症の子は短命かもしれない。
ネットでは色んな情報が飛び交っています。
里親様が見つかるまで時間がかかるかもしれない・・・。
そう誰もが思っていたと思います。

里親様はその発作が起きた2日目にカフェに来てくださったご家族です。
その日はお母様とお嬢様で来てくださいました。
三田市からのご来店でした。
お嬢様はリュウくんを一目見て気に入ってくださったものの
その症状をお話ししました。
その時お嬢様はそれでもリュウくんを引取りたい・・・。
そう言ってくださったのですが、その日はカフェを後にされました。

それから、水頭症が発覚し、ネットでもお伝えしたとおりです。
でも昨日、再度お母様とお嬢様がご来店。
お母様は「コマチャンも見てみたら・・・」
とお嬢様におっしゃってのご来店でした。

でも・・・。
やはりお嬢様は「リュウくん」。
でした。
どうしてもリュウくんを引取りたい。
水頭症でも、だからこそ引取っておうちの子にして大切にしてあげたい。
揺るぎない決意でした。 

ryuu00001.jpg
そして今日はお父様とご来店。
お母様は都合で不在でした。
リュウくんの水頭症の症状がどういうものかをエコーの画像とともにお見せし、ご説明しました。
でもお父様はOK。
保護犬を引取るということがどういうことか・・。
ご存知でした。
優しい目でリュウくんを見続けてくださっていました。
後はお母様次第。
お父様はメールでお母様にそのことを発信。
やっとメールに返信が来て、お母様のOKが出ました。

その上で再度、お嬢様にお伝えしたことは・・・。
今は薬で症状が治まっているけれど、この先どういう症状が出るかはわからない。
もしかして短命かもしれない。
それでも大丈夫ですか?
何があってもリュウくんを守ってくれますか?
リュウくんのお世話をしてくれますか?
その覚悟はありますか?

その問いかけに首を縦に振り続けたお嬢様。
その覚悟は確かでした。
ryuu00002.jpg

その時、カフェのスタッフをはじめ、満席のお客様と共にカフェ中が拍手で包まれました

リュウくんのお家が決まりました
一頭飼い。
そしてお留守の無いお家です。
卒業は明日。
お母様と一緒にお迎えにきてくださいます。


そしてとてもとても悲しいお知らせです。
猫のナナちゃんの事です。
nana0018.jpg
今週初めからご飯をほとんど食べなくなっていたナナちゃん。
3月ごろ、体調が悪くなった時も同じ症状でした。
その時は腎臓に不具合があり治療していたのですが、その後回復していたのに、また今回も体調を崩していました。
ご飯を食べないと・・・。
そう思い、強制給餌をして食べさせていたのですが、それも今朝大量に吐いていました。
おかしい・・・。
そう感じ、すぐに病院に連れていきました。
気づかなかったのですがお腹にしこりがありました。
また血液検査の結果、腎臓の数値が跳ね上がっていました。
通常の10倍以上に登っていました。

カフェに来た2015年の秋、乳腺腫瘍を見つけ摘出手術を受けていたナナちゃん。
そのときリンパに転移も見られていたので、転移かもしれない。

緊急事態でした。
即入院。
詳しく検査していただくことになりました。

そして今日夕方かかって来た石川先生からの電話。
とてもとても悲しいお知らせでした。
癌がお腹に出来ていました。
そのせいで腹膜炎を起こし、急性腎不全にもなっていました。

「手術をしてもきっと体力が持たない。
なので、今はむかつきを抑える点滴をしています。
今後は点滴に通っていただいて、皮下点滴でのサポートをさせていただきます。
でも状況は厳しいです」

そう告げられました。
絶句でした。

なら余命はどれくらいでしょうか?
絞り出すようにお聞きしました。
「1ヶ月」
でした。

ナナちゃんは飼育放棄で預かったネコちゃんです。
nana0016.jpg
推定年齢しかわかりませんでしたが、おそらく15歳くらいになっていると思います。
カフェに来たとき(2015.7)、全く食べなくて3週間強制給餌でご飯を食べていました。
やっと自分で食べれるようになって、ネコ部屋にデビュー。
nana0012.jpg
しかしすぐに乳腺腫瘍が分かり、また療養。
1か月後にネコ部屋復帰でした。
それからは元気で過ごしていたナナちゃん。
でも病魔が再度ナナちゃんを襲いました。

命と向き合うこと。
それは幸せな事ばかりではありません。
辛く悲しい事とも向き合わなければならないです。
わかってはいますが、とてもとてもとても辛いです。

穏やかに最後を迎えさせてあげたいです。
苦痛を出来るだけ取り除いてあげたいです。
どうか苦しみませんように・・・。
それだけを願っています。
nana0011.jpg

そして・・・・・・・・・
最後まで愛されて命を全うさせてあげたい。
保護猫ナナちゃんではなくて、飼い猫ナナちゃんとして見送ってあげたい。
だから、岩澤ナナとして見送るつもりです。

ナナが入院から帰ってくる月曜日から、しばらくネコ部屋を閉鎖させていただきます。
nana0015.jpg
約2年間ナナがいた慣れた環境で、静かに最後まで過ごさせてあげたいと思います。
どうか、ご理解いただければ幸いです。

では。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

おはようございます。はじめまして。
FBからいつもblog読ませて頂いてます。
我が家には、3年前にブリーダーさんから里子として譲り受けたイタグレと、今年ボランティアさんから譲り受けた猫2匹(姉妹)がいます。

ナナちゃん。。辛いですね。。
お顔が整ってて、ワイルドな感じのマダムだと思ってましたが、
もぅそんなにシニアやったとは!

シニアになってからの飼育放棄、きつすぎますね。。
いくらさんblogも読ませて頂いてるので、ほんとに飼育放棄って増えてるなと感じています。。

ナナちゃん。なるべく苦しまず、少しでも心穏やかに日々を送れますように。

NO TITLE

リュウくん、コマちゃん、卒業おめでとう!
特にリュウくんは、ブログで岩澤さんの想いを知っていただけに、1日も早く里親様が見つかるようにと祈っていたのでとてもとても嬉しかったです。

そしてナナちゃん・・・
頑張ってきたナナちゃん、岩澤さんの子として残りの猫生を送れるのはとても幸せなことだと思います。
きっとナナちゃんにも伝わっていますよ。

残りの日々がどうか苦しまず、
穏やかな時間でありますように。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう