FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

07月« 2020年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … チャコちゃんの卒業・・・そしてダルくんの卒業

チャコちゃんの卒業・・・そしてダルくんの卒業

こんばんは。

今日はミニチュアダックスフンドのチャコちゃんが卒業しました
そして、話せば長くなりますが・・・マルチーズのダルくんが卒業しました

チャコちゃん
先日のブログでお伝えしていましたが、23期生のチャコちゃん、今日卒業しました
IMG_9640.jpg

川西に来た翌日、半日だけフロアに出ただけで、その後憎っくき寄生虫が見つかったためにケージの中だけで過ごしていたチャコちゃん。
里親様が少しでも早く我が家へ・・・と言ってくださったためカフェに来て12日で卒業となりました。
里親様が決まっててからも、フロアの隅っこのサークルで淋しくて鳴いていたチャコちゃんですが・・・
やっと自由になれました。
IMG_9634.jpg

今日里親様とお話しをしていて、実は最初お嬢様がカフェに来てくださっていたようです。
(お話を聞いてお嬢様のことは覚えていました)
お嬢様は川西からお引越しされたのですが、こんなカフェがあることをご両親に教えてくださり、今回のチャコちゃんのご縁に繋がりました。

新しい名前は・・・「小夏ちゃん」
ご主人が以前高知県に10年ほどいらっしゃったそうです。
その南国土佐の初夏は、あっという間。
そのごくわずかな期間に旬を迎えるのが小夏なんだそうです。
高知 では店頭に小夏が 出回ると夏の訪れを感じるのだそうで、この季節に我が家に来てくれたから「小夏」と名付けてくださいました。

今日は奥様の誕生日。
そして小夏ちゃんが里親様のお家に来た日。
今日は小夏ちゃんのお披露目を兼ねてお家でパーティをされるそうです。
また小夏ちゃんの誕生日はご主人と一日違いとのことで、何か運命を感じてしまいますね。

IMG_9669.jpg
↑お家にはご主人お手製のベッドを作ってくださっていました。
IMG_9670.jpg
↑小夏ちゃん、早速帰ってこのベッドに落ち着かれたみたいです

そしてそして・・・
ご主人のお膝で↓こんな感じで落ち着いているそうです
IMG_9671.jpg
帰られてから、LINEでメールをくださいました。

IMG_9649.jpg
「素敵な出会いをありがとうございます」
とメールを締めくくってくださっていました。
こちらこそ長い間頑張ってきた小夏ちゃんを家族に迎えてくださり、本当にありがとうございました。
小夏ちゃん、本当におめでとう

またぜひ遊び来てくださいね


そして
ダルくん
ダルくんは3月18日に川西にやって来た15期生です。
3月23日に里親様が決まり、3月27日に卒業の予定でした。
でも、卒業を控えた3月25日にカフェで事故に合ってしまいました。
私が少し目を離した隙に、前日にカフェに来たばかりのワンちゃんに噛まれてしまったのです。
右目と顎を負傷し、診断は・・・
右目網膜剥離、顎骨折でした。
カフェの管理責任者である私の最大のミスでした。
里親様にはこのことをお伝えし、治療はカフェで行い、完治した後再度里親様になってくださるかのご意志を確認させていただくことでお話をさせていただきました。

ダルくんは体重2㎏。顎の骨ははあまりに小さいため、ビスで固めると割れてしまうので、顎をガードで固めたまま2か月過ごしました。目は眼球摘出の不安をはらみながら目薬を差し続けました。
ミネルバ動物病院の医師からは、自分からご飯を食べなければ、小さな身体に穴をあけてチューブでご飯を送ると言われていました。
IMG_8004.jpg

でも、ダルくん、自分からちょっとしか開かない口を一生懸命開けて、自分からご飯を食べてくれたのです!
IMG_8887.jpg

それから2か月。
ダルちゃんは頑張ってくれました。
IMG_9211.jpg

5月23日、無事口のガードが取れ、そして大きな口を開けてご飯を食べてくれたのです。
IMG_9632.jpg
でも残念ながら右目の視力が戻ることはありませんでした。

里親様はその2か月の間、何度もダルくんに会いに来てくださいました。
IMG_8920.jpg
その間一度も私を責めることもなさいませんでした。
そして、完全に治療が終わる前に・・・
以前も先住犬とマッチングをしてくださってましたが、再度先住犬のチワワのパピーちゃんを連れて来て相性を確かめてくださり
ダルくんの里親様になってくださることを再び申し出てくださいました。
ダルくんの症状をご家族で受け止めてくださり、これからご家族全員の愛情でダルちゃんを包んで行きますと、おっしゃってくださいました。

私は里親様の暖かく、優しい心に本当に救われ、こんなにも優しい里親様のもとへダルくんをお渡しすることが出来ることを、ただただ神様に感謝していました。

今日、無事卒業の日を迎えられたダルくんです
IMG_9656.jpg
IMG_9657.jpg


帰られてからメールをくださり
IMG_9666.jpg
そこには、先住犬のパピーちゃんと仲良く並ぶ姿が映っていました。
ご飯も完食
IMG_9668.jpg
すごくホッとしました

この事故の事も「かえってダルちゃんとの縁が深まった」とおっしゃってくださった里親様。
言葉では言い尽くせないほど、心から感謝しています。
ほんとうにほんとにありがとうございました。
ダルちゃんの人生を、どうかよろしくお願いいたします。
IMG_9665.jpg
ダルちゃんの新しい名前は・・・「ダルダル」です

生体管理は私の義務です。
どんなワンちゃん達も、今までの環境が変わり不安や緊張一杯でカフェにやって来ます。
今後事故が起きるjことが無いよう、ワンちゃん達の気持ちに寄り添い、細心の注意をはらって管理していかねばと肝に命じ、明日からも頑張って行く所存です。

ダルちゃん。
長い治療を頑張ってくれてありがとう
そして
ダルちゃんのお世話をしてくれたスタッフの皆さん、ご心配をおかけしてしまったお客様、治療にあたってくださったミネルバ動物病院の皆様、本当にありがとうございました。

ではまた。

スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう