fc2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

09月« 2023年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … ジョータくんの卒業

ジョータくんの卒業

おはようございます。。
4月22日にお家が決まったトイプードルのジョータくん
翌23日にお迎えに来てもらって無事卒業となりました



ジョータくんは4月18日に川西に来てくれたばかり…。
年齢1歳半のまだまだやんちゃでお子ちゃまな男の子でした。

若い年齢での保護でしたが、先月に右後肢のレッグペルテスの手術をしてもらっての保護になり、先週に卒業したトイプードルのトキノリくん(現ココアくん)と同じ状態で川西に来てくれたようでした。


レッグペルテス病という病気は前回トキノリくんの卒業ブログに詳しく書かせていただきましたが、はっきりとした原因は不明。
太ももの骨である大腿骨の骨頭部分が壊死してしまう病気で、数カ月~1歳前後の若い小型犬に多い病気です。
よって発症すると徐々に進行して、痛みのために足を地面に着けて歩くことができなくなります。
治療は外科手術により壊死・崩壊した部分を手術で取り除くことになりますが、それまで使っていなかった右足の筋肉はほぼ無いためとても細く、ジョータの場合はカフェに来てくれたときは、まだ歩く時も右後肢が挙上しケンケン歩きでした。

ただ、そんなこと全然気にすることもなくて、初日のフロアを走り回りとってもご機嫌&楽しそう。
見た目もまだまだあどけないルックスで、体重も2.2㎏。

本人にとって全くハンディキャップという意識なく、それどころか痛みがなくて走り回れることが嬉しくてしかたない様子でした。
更に、ちょっといたずらして追いかけたり、捕まえようとするとすぐにひっくり返ってお腹をみせる技を持っていて怒れなくて…。

結局お腹をこちょこちょして終わり。
オヤツも好きでおもちゃも遊べて、遊び疲れると電池切れで寝てしまうところとか…。


ジョータのやんちゃと可愛さとあどけなさのバランスは、人を虜にする天才でした。

でも…ひとつだけちょっと困ったちゃんでした。
おむつを着けるときや、抱き上げた時…。
キャキャキャキャ~と、ちょっと癇癪を起したようにひどく興奮状態になります。
最初はまだ足に痛みが残っているせいかと思いましたが、どうやらそうでもなさそう。
もしかしたら、自分の意に沿わないと怒っちゃうのかも…と様子を見ながら過ごしていました。


里親様は土曜日の開店間もなくカフェに来てくださったご夫婦です。
初めてのご来店でしたが、ジョータくんに会いに来てくださいましたので、お席にお伺いし体調や足のことなどをしっかりお話をさせていただきました。
お家は小さなお子様はいらっしゃらない7人家族。
そしてトイプードルの女の子(モコちゃん14歳)がおられるとのことでした。
ジョータは最初は抱っこさせてくれていたのですが、だんだん抱っこはその時の気分ですぐに降りるようになっていて…。

だけど不思議と奥様に抱っこしていただくと、ちょこんとそのまま落ち着きました。

優しいお二人でいらっしゃいました。
この日、何度か癇癪を起しているところもご覧いただきましたが、優しい笑顔でジョータくんを終始見つめて見つめてくださってくださっていました。
ただ、お家にはモコちゃんがいらっしゃいます。
本来相性は時間をかけてお家で見ていただくことが基本になりますが、もしカフェに連れてきていただけるのでしたら事前に見ていただいたほうが安心です。
そのことをお伝えさせていたいたところ…。
この日一度お帰りになられましたが、後ほどお電話をくださって16時ころモコちゃんとご一緒にカフェに来てくださいました。

モコちゃんは14歳に見えないほど元気で若々しいワンちゃんでしたが、とっても怖がりさん。

最初はずっとブルブル震えていました。
ご主人がモコちゃんを抱っこして、奥様がジョータを抱っこ。
しばらくそうしていると、ジョータくんが先に匂いを嗅いで…。

そして最後はご主人が2頭一緒に抱っこ。

お互いの様子は特に問題なく概ね大丈夫。
この日のうちにご契約をさせていただき…。

そして翌日にお迎えに来てくださって卒業となりました。


里親様へ
この度は素敵なご縁を繋いでくださいましてありがとうございました。

お言葉の一つ一つに優しさが詰まっておられて、きっと何があっても見守ってくださると感じさせていただきました。
優しいご縁に本当に感謝しています。
これからはモコちゃんと一緒に、優しい時間を重ねていって欲しいと願っています。
またぜひ様子をお知らせいただいたり、遊びに来ていただけましたら幸いです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

里親様は帰られてから早速お散歩に行かれた様子とお家でのお写真を送ってくださいました。
モコちゃんともお友達のワンちゃんとも仲良くできたそうで、まずまずのスタート(笑)

帰ってから一度も癇癪を起していない…とのことでしたε-(´∀`*)ホッ

ジョーくんへ

最初はきっとまだ右足は痛かったんだよね。
でもたった4日間のカフェ滞在の間
毎日フロアを走り回ったり
オモチャで遊んだり
ひっくり返ってお腹見せたり
オヤツ食べたり
お散歩も歩いたりしてるうちに
だんだん足を床に着けて歩けるようになった。
自然にリハビリできていてほっとしたよ。

これからはもっといっぱいお散歩してもらって
ご家族皆さんに遊んでもらって
楽しくて愉快を過ごしてね。

本当に無邪気なジョータくん
卒業おめでとう

ジョータくんの新しい名前は…。
「承太郎くん」になりました。
ご主人が名付けてくださったそうですよ。
里親様、名前の響きを残してくださり、カッコいいお名前に変身していただいてありがとうございました。

では。

スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう