fc2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

03月« 2024年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … ナビィちゃん卒業

ナビィちゃん卒業

おはようございます。
更新が遅くなりました。
4月9日土曜日、お迎え待ちだったスコティッシュフォールドのナビィちゃんが卒業しました



ナビィちゃんがカフェに来てくれたのは、3月1日。
保護は昨年12月の上旬で3か月を鶴橋店で過ごしてからの移動。
8歳でした。

ナビィちゃんは本当に大物さん。
場所が変われば隅っこからのスタートがネコちゃんの常識。
でもその常識を覆して、ほんとに最初から真ん中スタート。
自然と馴染む様子に…。
え?前からいましたっけ。
って錯覚するほどの場所見知りなし。

初日からウンチもして、ご飯も即完食。


私が休憩のために広げたフリースに陣取り、側に行っても全く動じず…どころか、私の場所なのでご遠慮ください、って目で訴えていたと思います(笑)

更に宝石のような綺麗な瞳。

卒業までの間、じ~っと視線を捉えて見つめてくれるこの瞳に私はずっと魅せられていました。
決して抱っこさせてくれるわけではありませんし、ナデナデはお好きでは無くてお口が出ます
被毛が長毛でふわふわだからか、被毛の色が頭とシッポの三毛以外は白い膨張色からか、4㎏オーバーの体重だからか。
見た目が大きく見えて、実際1m以上の高いところには登れないネコちゃん(笑)

ジャラシで遊べるけれど、のんびりゆっくり。
色んな所に潜んだり、仕事中の私の側で寄り添ってくれたり。

少しの緊張感も感じられないそのたたずまいで、ただそこにいてくれているだけで癒される…。
本当に愛らしい存在でした。

同室のネコちゃんとのこともお伝えすると…。
まず猫部屋先輩はごましおちゃん。
ごましおちゃんはお転婆さんなのでなのでナビィちゃんの周りをちょろちょろしていたところ、一度だけシャっと一喝。
それだけで優劣が決まりました。

そのごましおちゃんはすぐに卒業し、その後猫部屋後輩のアトレちゃん、てりたまちゃん、フリューちゃんと続きましたが、全く揉め事なし。

シャーも言わせないほどの威圧感で、変わらず平和な猫部屋が続きました。

ただカフェに来たナビィちゃんの体調は、万全という訳ではありませんでした。
まず下痢。
検便では寄生虫はいなかったけれど、とにかく日に何回もしていて、
鶴橋から療法食の消化器サポートを引き継ぎましたが、便は固まりませんでした。
なので、一週間後の8日にエコー検査をしてもらったところ、腸にコルゲートサインが見られ大腸炎の診断。
目の周りもアレルギーのような症状がみられたために、ステロイド治療で様子を見ることにしました。

でもステロイドは目の周りは綺麗になったけれど、便が悪化。

水便になったため、再び病院で抗生剤を処方してもらいました。

「これが効かなければ、便を外部機関でしっかり調べてもらうしかない」
そう先生に告げられて、祈るような気持ちでお薬を投与。
結果は良好。
堅い便をトイレで見つけた時、どれほど嬉しかったかしれません。

それからはほぼ良便で推移してくれました。

そしてもう一つの疾患は「肥大型心筋症」です。
今までもカフェの子達の中で、ペルチカちゃん、ローラちゃんがそうでした。
ペルチカちゃんとローラちゃんは部分的肥大型心筋症。
ナビィちゃんは全体的に心筋が肥厚するタイプ。
カフェに来た日にしてもらったエコー検査で判明しました。

でも肥厚には甲状腺由来のもの、腎臓由来のもの、あるいはネコちゃんちゃんにありがちな病院でドキドキしていまっての肥厚もあります。
血液検査は3日後に判明し、甲状腺、腎臓とも問題なし。
エコー検査を新しい環境に十分慣れて、ドキドキがとれた一ケ月後に再度することにしました。

結果、3月29日にしてもらった再検査。
やはり少し肥厚は認められましたが、まだ投薬するまでには至っておらず、今後3~6ヵ月ごとにエコー検査で様子を見ることになりました。


里親様は最初3月中旬の土曜日に来てくださったご夫婦です。
その頃カフェに来てくれたネコちゃん達は里親様が決まること多く、入れ替わりが多いでした。
猫部屋にお入りいただき、アトレちゃん(後日卒業)、ナビィちゃんと触れ合っていただき、譲渡に関する事項や既往症をお伝えさせていただきました。

その時にはナビィちゃんに関しては、もう一度エコー検査をして心臓の具合を見る予定…と、お伝えしていました。
里親様お家にはアメリカンカールとスコティッシュのMIX猫、ほっぷくん(8か月齢)がいて、もう一頭をお家にお迎えしたい。
そうお話しくださっていましたが、この日はそのままカフェを後にされました。

でも4月6日にお電話をくださった里親様。
ナビィちゃんのエコー再検査の結果をお聞きくださいました。
そしてご来店くださいました。
お聞きすると、ナビィちゃんの事がずっと気になっておられたとのことで、先日来られた日に一目惚れしてくださったとのこと。
詳しく再検査の結果をお伝えさせていただきました。

ですが、やはりナビィちゃんをお家にお迎えするお気持ちは変わられることはなく、お家にお迎えしたいと言ってくださったのです。

その時、里親様ご自身はプロのキャットグルーマーであることを教えてくださいました。
優しいお話しぶりと、ネコちゃん好きな様子がそれで納得。
先日ちょっと手を噛まれてしまったそうですが、それもお気にされることもなく、笑顔でお伝えくださいました。

お迎えは土曜日の4月9日になりました。
愛されキャラなナビィちゃん。

私自身も本当に大好きでしたので、素敵なご縁の嬉しい卒業になりました。

里親様へ
この度は素敵なご縁を繋いでくださまして、本当にありがとうございました。

既往症もご理解くださった里親様の優しいお気持ちが嬉しくて、心から感謝しています。
ほっぷくんはまだ8か月齢で、やんちゃ盛り。
全く性格が真逆のナビィちゃんと、これからどんな暮らしになるのかが本当に楽しみです。
ただ、おそらくナビィちゃんはナビィちゃんで今までとブレない威圧感で過ごすのではないかと思います(笑)
そして体調も今後ずっと定期的な検査が必要になりますが、どうぞ見守っていただけましたら幸いです。
またぜひ、様子をお知らせいただけましたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

帰られてから里親様が送ってくださった動画とお写真には…。
ほっぷくんがナビィちゃんを、ずっと後ろをついて回る見事なストーカーぶりが写っていました(笑)

今のところ、ナビィちゃんはほっぷくんを完全無視しているようです。
今後が気になるところ、ですね。

ナビィちゃんへ

キラキラ宝石のような瞳。
優雅な立ち居振る舞い。
いつだって威風堂々だけど、ほんとは人の側が好き。

猫部屋から出たいときや
「ご飯、まだですか?」
な時は、じーっと見つめて圧をかけて…(笑)

触るとかぷっ
そんな女王気質な性格も。
そう、全部大好きだった。
たった1か月余りの時間だったけれど
ナビィの居た時間はもっと長かったようにも感じるよ。


楽しい時間をほんとにありがとう。
今まで頑張ってきたんだから、それ以上の時間が幸せであって欲しい。
そう心から願ってるからね。
ナビィ卒業おめでとう

ナビィちゃんの名前は…。
そのまま「ナビィちゃん」です。
里親様ありがとうございました。

では。

スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう