FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

03月« 2021年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … ビブルちゃんの卒業。

ビブルちゃんの卒業。

こんばんは。
昨日、プティニーちゃんに続きトイプードルのビブルちゃんにご縁が繋がり卒業しました



ビブルちゃんは2月9日にカフェに来ました。
同期はアンズゥちゃん、ハリュちゃん、ミルキィちゃん。
その中で最初は大人しくて目立たなかったけれど、実は性格は意外とマイペースのお転婆さん。
可愛く自己アピールも出来る女の子でした。


年齢7歳。
初日に行った病院で診健診してもらったときに、見慣れている私でもひどいと思った歯。
歯石歯肉炎重度以上。
臭いもしていて、首の横のリンパが結構腫れていました。

血液検査は白血球の数値が高く、炎症数マーカー(CRP)が7以上。
傷んでいる歯以外に原因あるかもとエコー検査をしてもらったところ、腹部リンパ節が一カ所少しだけ腫れていました。
とりあえずウンチの様子や食欲を観察し、一週間後もう一度再検査。

結果・・やはり炎症マーカー13でした。
幸い食欲もあり下痢もありませんでしたので、
おそらくは酷い歯が原因の可能性が高い。
歯の治療(抜歯など)をしてから数値をもう一度みてはどうか。
という事になりました。

「何犬ですか?」
と聞かれることも多い、ザンギリカットのビブルちゃん。

でもオメメもまん丸なので、綺麗に毛が伸びて可愛いプードルカットをしてもらったら絶対可愛くなります。
お散歩もすぐに上手に出来るようになり、おやつタイムも積極的。

最初はベッドにじっとしていたけれど、だんだん楽しくなってきてボランティアさんと遊んだり、
お腹を見せて寝るようになって・・。
お客様に抱っこをしてもらうのも上手になりました。


里親様は最初1月下旬にカフェに来てくださったご家族です。
いつもチョコちゃんという可愛いトイプードルちゃんとご一緒でした。

何度目かのご来店の時に、ビブルちゃんのことをお聞きになられたので
既往症をお伝えさせていただきました。
すると翌日もう一度ご来店くださった里親様ご夫婦。
それは確か2月18日だったと思います。
この時、私はしっかりともう一度既往症をお伝えし、更に譲渡条件もお話させていただきました。
この時感じたことは・・。
真剣にお考えくださっているからこそ悩んでおられるように思いました。


それから6日後の昨日、出してくださったお答えは
「連れて帰りたい」との嬉しい嬉しいご結論でした。
保護犬をお知りになり、1頭でも引き取ってあげたいと訪れてくださったカフェ。
でも簡単に答えを出せることではないと思われ、たくさんお考えくださった結論。
ヒアリングシートに書かれた理由は
「幸せにしてあげたいと思った」
とお書きくださっていました。
そのお言葉が今もずっと胸の中から消えずにいます。



里親様へ

この度はビブルちゃんとのご縁を繋いでくださいまして、ありがとうございました。
簡単に決められるのではなく、保護犬の存在をご理解いただいたうえでお決めくださったお気持ちが本当に嬉しく、ご契約終了後には本当に胸がいっぱいでした。
そんな私に、ご主人様がかけてくださった「任せてください」というお言葉。
本当に頼もしかったです。
これからはご家族皆さん&先輩チョコちゃんと一緒に、楽しい毎日を過ごしてもらえたらと思うばかりです。
最初は色々治療などお手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
そして、毛が伸びて可愛い変身を遂げたビブルちゃんと一緒にまたカフェに遊びに来ていただければ幸いです。

チョコちゃん、ビブルちゃんのことどうぞよろしくね。

里親様は帰られてから昨夜お便りをくださっています。
お家に着いて最初はソワソワしていたそうですが、少ししたら落ち着いてくれたそうですよ。


ビブルちゃんへ

今までいっぱい頑張って来てお疲れ様でした。
素敵なお家が決まって、ほんとに良かったね。
ビブルちゃんのお家は、明るくてご家族がたくさんいて、
とっても楽しいお家。
これからは皆さんと一緒にいろんなことを覚えて
チョコちゃんとも仲良く、幸せに暮らしてね。

卒業本当におめでとう

ビブルちゃんの新しい名前は・・・。
「ミルクちゃん」です。
チョコちゃんと合わせて、チョコミルクになりましたヨ
里親様、可愛い名前をありがとうございました。

では。
スポンサーサイト



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう