FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

08月« 2021年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … コロロンちゃん卒業

コロロンちゃん卒業

こんばんは。
今日、マルチーズのコロロンちゃんにご縁が繋がり卒業しました



コロロンが川西に来た日は12月1日。

それから私はお客様に何度コロロンの説明をしてきたことでしょうか。
愛らしいマルチーズ女子。
抱っこするとそのお膝でとろけてしまいます。

だからご希望も多く、その度にコロロンの性格と既往症をお伝えしてきましたが、なかなか里親様が決まることがありませんでした。

普段はフロアのケージの中。
他のワンちゃん達が走り回る中で、コロロンは今日の卒業までをケージの中か人のお膝の上かどちらかで過ごし、決して皆に交じって過ごすことはありませんでした。


その理由は・・・。
寄ってくるワンちゃんに威嚇攻撃するからです。
自分から近寄るのは大丈夫なのですが、臭いを嗅がれたりするのが嫌い。
悪気が無くてもあっても寄ってこられるとダメなのでした。
おやつの時間も、近づくだけで勃発する抗争(笑)
だからおやつもケージの中でした。
普段は玄関先のトイレの上がお気に入りでしたが、それもお客様が来るとワンワンと一斉に玄関に行くワンちゃんに対して、自分に寄ってこられたと勘違いして怒っていました。

しかたなくケージインの毎日でしたが、お客様が来られるとお膝に抱っこしてもらい他のワンちゃんが近づかないようにお願いしていました。

「一頭飼いしかだめかもね・・」
そう感じていました。

そんな訳でお膝で過ごす時間は他の子に比べて多く、またそのお膝で身体を預けて寝てしまうので、実は大人気。

お客様も足がしびれるまで抱っこしてくださっていました。

そしてコロロンには心臓疾患があります。
僧帽弁閉鎖不全症GⅡ。
大動脈弁閉鎖不全症。
まだ治療するほどの症状ではありませんが、エコー所見でした。

更に左目初発白内障。
歯石重度。
お耳は劣悪。

左後肢パテラGⅢ。
など多数・・。

お客様へのご説明では、特に心疾患に対しては不安になられる場合が多いでした。
私はそのことを理解できないという事ではありません。
それは飼われるご家族がご判断されることで、
そのために事前にしっかり診察をしていて、それをご説明をすることは私の役目。
そしてそのことをしっかり受け止めてくださる方に託したいと思うからです。

1月7日木曜日夕刻。
里親様はご夫婦でカフェに来てくださっていました。
平日ではありましたが賑わうカフェでした。
たまたまご主人がコロロンを抱っこしてくださっていた姿をカメラに撮っていました。

大切そうに包み込むような抱っこ。
この日、やはり私は性格と既往症をお伝えしました。

そして1月16日土曜日。
奥様からお電話をいただきました。
「先日お聞きした既往症をもう少し詳しく教えていただきたいです」と。
あの日からコロロンが気になられていたとのことでした。
詳しく再度お伝えしました。
この時は受験を控えているお子様がいて、もし引き取るとしても2月以降になると思うとのことでした。
ですが18日の月曜にもう一度お電話をくださり、やはりすぐに引き取りたいというお申出をいただいたのです。

この日コロロンご希望のご家族が来られて悩まれていたこと、ご契約に来ていただくお時間が無かったことで、ご契約は今日に持ち越しとなりました。
でも、コロロンの全てをご理解くださった里親様ご家族。
何より、コロロンに対して愛情がいっぱいで、うちに来て幸せにしてあげたいと言ってくださいました。

おやつが好きで、ご飯も大好き。
療養食もなんのそのでいつも即完食。
一度もお腹を壊したことがありません。
犬との生活は難しいけれど、人は本当に大好き。

お散歩も得意になって、抱っこも大好きで、
ケージに入れられていたのに、お利口にしてくれていたコロロン。
ただ、少しだけ既往症が多かっただけ。
そんなことを想いながら・・・。
嬉しくて胸がいっぱいでした。

里親様へ
コロロンに出会ってくださり、ご縁を繋いでくださいまして本当にありがとうございました。

「とりあえずは歯を治して、ご機嫌に過ごさせてあげたい」
「頑張って来たんだから、持病があって当たり前だと思います」
そうおしゃってくださった言葉に込められた温かなお気持ちが本当に嬉しかったです。
お家に馴染んでもらってからの治療スタートになると思いますが、きっとすぐにお家に慣れてくれる予感です。
コロロンを囲んだご家族皆さんが幸せでありますように・・・。
いつもカフェから祈っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

帰られてからすぐに動画を送ってくださった里親様ですが・・。

ご家族にチヤホヤされて、ご機嫌なコロロンが映っておりました(笑)

コロロンへ。

気が強いコロロンも嫌いではなかったけれど
ケガが無いようにとずっとフロアではケージに入ってもらっててごめんね。
お利口にしてもらってて本当に助かりました。
ありがとう。
これからはお家の中で自由に過ごして
楽しいこといっぱい教えてもらって
のびのび幸せにね。
素敵なお家ができてほんとに良かったです。

卒業おめでとう~

コロロンちゃんの名前はそのまま・・・。
「コロロンちゃん」です
里親様、ありがとうございました。

では。

スポンサーサイト



*** COMMENT ***

新しい家族

この度はコロロンと出会うことができ、そして保護されてから体調管理 皆様からの沢山の抱っこと愛情を注いでもらったコロロンと家族になれたことは運命だと思っています。
初めて詳しく保護犬のことを知り、岩澤さんに詳しくコロロンの今までの事 体調のことを聞いて
胸が痛みました。理想だけでは保護犬を大事にできないので主人 子供達 両親皆んなと相談して現実に家族として受け入れる体制をとりました。

昨日の今日でまだまだ緊張しているコロロンですが、やっとご飯を食べてお水を飲んで、お散歩でうんちもしてくれました。
少しづつコロロンの気持ちが暖かくなってくれるように愛情たっぷり注ぎます。

岩澤さんの動物達への熱い思いと、決して誰もができないことを現実にされているパワーにただただ感動です。
コロロンの実家に又おじゃま致しますので、その際は宜しくお願い致します。

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう