fc2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

01月« 2024年02月 /  1234567891011121314151617181920212223242526272829»03月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2024年02月

ラレイちゃんの卒業

こんにちは。
昨年11月18日、ミニチュアダックスフンドのラレイちゃんに素敵なご縁が繋がり卒業しました



ラレイちゃんがカフェに来てくれたのは11月7日でした。

その日、SNS用に写真を撮るためにお洋服を着せようとしたところ…。
断固拒否
お袖を通そうとするとイヤイヤしてお口が出るほどに…。
お洋服を着せるのはもちろん可愛くなるからですが、それ以外にもワンちゃん同志がケンカになった場合に咄嗟につかめる、というメリットがあります。

なのでなんとかなだめすかして着てもらいました。
それからすぐにいつもカフェのワンちゃん達にお洋服を作ってくださる方にお願いして、背中で留める着せやすいお洋服を作っていただきました。


年齢7歳。
優しい顔立ち。

人懐っこくて、抱っこ好き。
朝ケージから出すときにはケージからダイブ。
飛び出して胸に飛び込んできます。
ご飯もオヤツも大好きで、朝のオヤツの時間は最前線。

ご飯はドライだけっでペロリ。
でもカフェが始まると、隅っこ。

「楽しい」けど賑やかさや知らない人がいるのは「怖い」。
そんなスタートでした。

特筆すべきはお散歩。
フロアでは慣れてくれていたのに、お外は全く震えてしまいます。

遊歩道へ行くまでもなく、お散歩のために玄関で抱っこされた瞬間からブルブル震えました。
知らない世界。
未知の体験。
今までもお外が怖くて失禁してしまうワンちゃんもいたほどで、ワンちゃんは無条件に「お散歩が好き」という概念はここにはありません。
だからラレイちゃんにとって、7歳までいた場所とは全く違う環境は試練。
カフェに滞在していたのは11日間だけでしたが、最初から最後までお外は怖いままでした。

ただほかのワンちゃんとのトラブルもなく、日中はお客様に抱っこされたり、気に入ったベッドで休んだり。

オヤツの時間はハッスルしてもらいに行って。
ちょっとづつちょっとづつ馴染んでくれるまでになってくれました。

里親様がカフェに来てくれたのは11月12日のことで、たしか夕刻のご来店でいらっしゃいました。
里親様は実は以前にもカフェに来てくださったことがありました。
その時、飼われていたダックスのベリーちゃんを5月に20歳で亡くされたとお話くださっていました。
私はその時、保護犬のことをお話をさせていだいたと記憶しています。
それから里親様は他店にもワンちゃんに会いに出向かれたこともあったとお伝えくださいました。

だけどこの日は、気になったラレイちゃんに、お電話をくださって会いに来てくださったもの。
閉店までそうお時間が無かったため、既往症などをお伝えするにだけに留まりましたが…。

その時に愛おしそうに、まるで何かを確かめられるかのようにラレイちゃんを優しく抱きしめておられていました。
お帰りになられてからも、その光景がずっと頭から離れなかったことを今も思い出します。

そして11月15日。
再度ご友人の方とお2人でお越しくださいました。
ご来店は午後2時くらいにお越しになるとおっしゃっておられたのに、開店前に既にカフェにご到着。
あれ?
と思ってお聞きしたところ、気になって、ご都合を変えられて。
ラレイちゃんをお家に迎えたいと来てくださったとのことでした。

ここでどうしてもお伝えしたいことは…里親様のお人柄です。
本当に優しくて愛情深い方。
もちろん亡くなられたベリーちゃんのことも一生懸命愛しておられました。

↑ベリーちゃん
でも、ラレイちゃんのことも一生懸命愛してあげたいというお気持ちが溢れておられたのです。
保護犬のことをお知りになった上で、巡り合っていただいたのがラレイちゃんだった。
運命の子だと思ってくださった。
そう私は思ったのです。
だからもちろん異論などなく、優しさに胸震えながらご契約をさせていただきました。

そして11月18日にお嬢様とお迎えに来てくださり、ラレイちゃんは晴れてお家の子になりました。


里親様へ
この度は素敵なご縁を繋いでくださいましてありがとうございました。

優しく寄り添ってくださり本当に嬉しく思います。
未だ人との生活は未知。
繁殖引退犬のワンちゃん達は年齢に比べて、気持ちはまだ子供のように幼いです。
でも、それが今まで頑張って来たからうゆえ。
お時間をかけていただきながら、ゆっくり成長してもらえたらと願っています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

それから…卒業してからこのブログ更新まで時間がたってしまいました。
その間、里親様はたくさんお便りを寄せてくださいました。

最初はお散歩動かず…。

お家の中でもベリーちゃんのお写真の前であまり動かず…。
でしたが。
まずは2週間目からトイレは100%トイレでできるようになったそうです。
そして、3週間目に鳥の鳴き声で急に走り出してからというもの、シッポは丸まったまま走るようになって。
5週間にはお散歩に出かけて歩いてくれるようになって。

でもあまり歩いたことがなかったので、肉球を擦りむいてしまってからは靴下を履いてお散歩。
結構ハイスピードなのでハラハラドキドキしながら…。
そして今ではお散歩大好きになって、1日3回行ってるとのことです(笑)
<
お家の中ではお腹見せもしてくれるようになって。

そしていい感じに体重も増えてくれたそうですよ。
「毎日全速疾走です。きっと7年分走っているのかなと思います。家の中ではダラリとなってリラックス。きっとパピーからやり直しているのだろうと、可愛く手しかたがないです」
と温かなお言葉を綴ってくださいました。

ラレイちゃんへ

良かったね。
ラレイちゃんにとっての一番のお家が出来たね。
最初は分からないことが多かったと思う。
でも、お母さんはラレイちゃんのことを想って
ラレイちゃんに幸せになって欲しくて
一生懸命色々してくれてたよね。
それにラレイちゃんも応えてくれてるのは
スゴイと思うよ。

きっと亡くなったベリーちゃんがラレイちゃんを
お家に引き寄せてくれたんだって思う。
お母さんが言うように、今からが本番の犬生。
急がなくてもいいからラレイちゃんのペースで
楽しい毎日をね。

卒業、心からおめでとう

ラレイちゃんの名前は…。
「ランちゃん」になりました
里親様、可愛いお名前をありがとうございました。

では。

スポンサーサイト