fc2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

12月« 2022年01月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»02月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2022年01月

新メンバー(ワン269期生)

昨日ワンちゃん1頭が新しくカフェに仲間入りし、今日水曜日からフロアデビューしています。
早速ご紹介しますね

ワンちゃんの部

さゆきちゃん ロングコートチワワ ♀
2018年4月4日生まれ(3歳) 2.4㎏
色:ホワイト&クリーム


ふわもこ、ぽっちゃりなさゆきちゃん。
お目目は溢れそうに大きくてくりくりで、幼顔。

フロアでの動きは、ゆっくりだけど怖がらずテチテチ歩いて、シッポも上がりました。
抱っこは大好き。
撫で撫でもめっちゃ好き。

鳴かないし大人しめですが、人懐こくて地味に活発なところが可愛いです。

まだまだ伸びしろありそうな予感です。

新しいワンちゃんが1頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」
カフェの定員は約16~7名ですが、3密を避けるため、カフェに入っていただく人数を最大10名程度にさせていてだいています。
感染予防のため、窓を開けながらの営業しております。
寒い日は暖かくしてお越しください。
ご来店の際は必ずマスク着用の上、手消毒と検温にご協力をお願い致します。
また、声量は控えめでお願いします。
従来は時間で切らせていただくことはありませんでしたが、ご入店人数を制限させていただくため、混み合った場合には2時間程度でお時間を切らせていただく場合がございます。
入店規制中は里親様ご希望の方のご入店を優先させていただきます。
里親様ご希望の方はあらかじめ お電話にてご予約をお勧めします。その際、ご来店くださる日時、人数をお知らせください。
保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)
譲渡には必要書類や審査等がございます。
また、面会いただくまでに家族が決まる場合がございます。

引き続き引き続きご理解とご協力をどうぞよろしくお願い致します。

スポンサーサイト



さぁやちゃん卒業

こんにちは。
更新が少し遅くなりました。
一昨日、ロングコートチワワのさぁやちゃんに素敵なご縁が繋がり、卒業しました



さぁやちゃんは1月11日にカフェに来てくれました。
1.7㎏の身体は、ほんとに壊れそうなほど小さくて。


だけどこぼれそうなくらい目が大きくて、目力がとても強くて。

知らない場所で、一生懸命な感じが本当にいじらしく思えました。

きっと怖くて仕方ないんだろうな。
そう思いました。
でもご飯はドライフードだけで即完食。
オヤツも大好き。

チワワちゃんは怖がりさんが多い中、意外にも逞しくてびっくり。
いえ、ホッとしたのも事実でした。

抱っこは大好き。
他のワンちゃんとも概ね友好的。
だけど、どうしても譲れない苦手がありました。
それは、お洋服。
着せてあげようとすると、断固拒否。
首を通すのが本当に本当にダメで、小さな身体で全力で拒否をしました。
両眼初発白内障のため、目薬を点眼を開始したのですが、それもだんだん全力で拒否。

暴れて噛んで、大騒ぎ。
お顔周りはトラウマのようでした。

お散歩はまだ歩けないさぁやでした。
でもそれ以外は結構ご機嫌。
どんなお膝にもちょこんと乗ってくれました。


カフェメンバーのとみおくんにめちゃくちゃ好かれていて、ずっとストーカーされていて・・。
「近っ」
て思う距離でいたとみおくん。

それも実は微笑ましい風景でした。

とにかく、ずっと見ていられるほど可愛いさぁやちゃん。
お電話でのお問合せや、面会も何件かいただきました。
その中で、金曜日にお電話をくださって会いに来てくださった里親様。
この日は奥様だけのご来店でしたが、実はご主人がSNSでさぁやを見つけてくださって、とにかく会いに行ってきて欲しいとのこと。
先住犬のチワワのくろみちゃんも一緒に来てくれました。

推定4~5歳で保護犬のくろみちゃんも行き場を無くしたワンちゃんだったそうです。

ワンちゃんを飼われたご経験はとても豊富。
お写真に写るコユキちゃん(チワワちゃん:2019年逝去)とリボンちゃん(Mダックス:2017年逝去)。


コユキちゃんも保護犬だったそうです。
長い時間、色々なお話をさせていただきました。
そして当事者のワンちゃん同士も相性を見させていただきましたが、全く問題ない様子でした。


お気持ちは決まっておられたとは思いますが、ご主人にお話してからまた来させていただきたいとおっしゃられて、この日はカフェを後にされた里親様。
土曜日にお電話をくださって、日曜日にご主人とご一緒にお越しくださいました。


「新しく迎えるワンちゃんは保護犬しか考えていません」
お話をさせていただいていて、本当に温かなお家であることを感じさせていただきました。
奥様はもう一頭気になる子がいらっしゃったようですが、とりあえずは一頭から様子をみていただくことをお願いし、ご了承いただき・・。

お2人はやはり、さぁやちゃんをお引取りになられることをご主人とお決めくださいました。

里親様へ。

この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして本当にありがとうございました。
優しくて温かな場所で安心の場所。。
始終優しい眼差しで受け入れてくださったご主人。
そしてワンちゃんとの生活を長い時間過ごしてこられた信頼。
更に安心して任させせていただける、ワンちゃんへの愛情をたくさんお持ちの奥様。
素敵なお家に決めていただけて、心から感謝しています。
これからは可愛いくろみちゃんと一緒に、素敵な時間を過ごしていただけましたら幸いです。
避妊手術や歯科処置など、最初は少しご苦労をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願い致します。
そしてまた、よろしかったらぜひ遊びにきてくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。

里親様は帰られてからの夜、翌朝とお便りをくださいました。
まずはご飯完食。

夜は奥様とくろみちゃんと一緒に寝たさぁやちゃん。
朝はくろみちゃんの真似をしてお庭でおしっこもしてくれたようです。

更に・・お洋服も2回目で成功だったそうですよ。

プリチーさぁやちゃんへ

お耳掃除や目薬、お洋服・・。
嫌なこともしたかもだけど
頑張ってくれてありがとうね。
食いしん坊で、オヤツも大好き。
さすがはチワワ女子・・的な強いところも
可憐なところも
みんな可愛かった。
癒してくれてほんとありがとう。

これからは楽しく、ご機嫌で、ゆったりな毎日を祈ります。
卒業、おめでとう

さぁやちゃんの新しい名前は・・・。
「ひまわりちゃん
愛称ひまちゃん、になりました。
里親様、素敵なお名前をありがとうございました。

では。

新メンバー(ワン268期生・ニャン50期生)

こんばんは。
火曜日、ワンちゃん2頭、ネコちゃん1頭が新しくカフェに仲間入りして水曜日からデビューしています。
早速ご紹介しますね

ワンちゃんの部

ヴィーチェちゃん ボストンテリア ♀
2014年9月10日生まれ(7歳) 5.6㎏
色:ボストンカラー

小さめボストンテリアのヴィーチェちゃん。
性格は穏やかで、ぺろぺろしたり後ろを追いかけてきてくれたりと、とても人懐こいです。

抱っこも大好きで、胸に顔をうずめてみたりと甘えたさん。

ワンちゃんに対しては興味深々なので、自分からちょっとグイグイいっちゃいます。
ご飯もおやつも大好きですが、まだまだちょっとおとなし目。

おメメが大きくてチャーミング。少し痩せ気味なスレンダー美人さんです。

さぁやちゃん ロングコートチワワ ♀
2016年5月24日生まれ(5歳) 1.7㎏
色:ブラックタンホワイト


1.7㎏の小ちゃなさぁやちゃん。
それはもう愛くるし過ぎる顔立ち。
おメメもくりくりの申し分ないスィートレディ。
見ているだけで癒されます。

>楽しそうにフロアを歩いてみたり、抱っこも大好きでずっとお膝で過ごせます。

ただ音にはとても敏感な怖がりさん。
お洋服も慣れていないのか着るのは断固拒否。
急にお膝から飛び降りてしまうので注意が必要です。

ネコちゃんの部

ロデオくん ロシアンブルー ♂
2012年5月28日生まれ(9歳) 3.5㎏
色:ブルー



小顔で男前なロデオくん。
初対面でも抱っこさせてくれて、なんと、場所みしりが無く物怖じしない大物ニャンコさん。
性格はほぼワンちゃん的です。

とにかく食べるの大好き。
ちゅーるをくれるのなら、誰にだってグイグイ行っちゃうくらいです。

立ち姿は堂々として、ほんとにカッコイイのです。

新しいワンちゃんが2頭ネコちゃんが1頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」
カフェの定員は約16~7名ですが、3密を避けるため、カフェに入っていただく人数を最大10名程度にさせていてだいています。
感染予防のため、窓を開けながらの営業しております。
寒い日は暖かくしてお越しください。
ご来店の際は必ずマスク着用の上、手消毒と検温にご協力をお願い致します。
また、声量は控えめでお願いします。
従来は時間で切らせていただくことはありませんでしたが、ご入店人数を制限させていただくため、混み合った場合には2時間程度でお時間を切らせていただく場合がございます。
入店規制中は里親様ご希望の方のご入店を優先させていただきます。
里親様ご希望の方はあらかじめ お電話にてご予約をお勧めします。その際、ご来店くださる日時、人数をお知らせください。
保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)
譲渡には必要書類や審査等がございます。
また、面会いただくまでに家族が決まる場合がございます。

引き続き引き続きご理解とご協力をどうぞよろしくお願い致します。

リジーちゃん卒業しました

こんばんは。
今日、アメリカンショートヘアのリジィちゃんに素敵なご縁が繋がり卒業しました



リジィちゃんは10月26日にカフェに来てくれたアメショ女子です。
その時は7歳でした。

川西店はネコちゃん部屋があり、定員2名。
だから・・ネコ部屋には穏やかペルチカ先輩がいました。
たださすがに初日は先輩もリジィも相手が気になる様子で、若干けん制し合っていましたが、

気がつけば全く気にならなくなったのか・・。

1週間もすればリジィとペルチカは一緒に追いかけっこしたりするような、仲良しコンビになっていました。



そして・・。
ワンちゃん達が犬舎に入った後、お掃除が終われば夜7時頃からはネコちゃんにフロアが開放されるますが、ちょっともたもた開けるのを忘れていると、早くネコ部屋の扉を開けてと言わんばかりに、二人並んで「圧」を掛けてくることも多々(笑)。
開けると、一目散に走って出て来ます。
お互いのご飯を交換して食べていることもありました。
ネコちゃんあるあるのフリースモミモミだって、仲良くシンクロしながら同時にもみもみ。

ペルチカ先輩も穏やかでしたが、リジィちゃんも性格良好で助かりました。

更にリジィちゃんは
「リーちゃん!」って名前を呼ぶと、「ニャー」と応えてくれるお返事機能付き

初日からずっとケージでくつろぎまくり。

病院での診察台では、カミカミすることもあるけれど甘噛みくらい。

Instagram用にと、クリスマスやお正月は帽子を乗せられたり、被り物をされたり。

それもネコちゃんとしては非常に協力的。
一人でも楽しそうに猫じゃらしで遊べるけれど、

遊んで欲しい時、オヤツを欲しい時にはわざわざ呼びにきて要求。

お話好きおしゃべり好きで、人相手に良くしゃべっていました。

結構楽しそうに過ごしてくれていたし、フレンドリーで人も好き。
なでなでOK。

たま~に抱っこもさせてくれる、いわばとっても飼いやすいワンちゃんのようなネコちゃん。


12月16日の誕生日で8歳になり、お客様と一緒にHappyBirthdayでお祝い。

ボランティアさんにもいっぱいおやつやフードをプレゼントしてもらって祝ってもらったリジィちゃんなのでした。

体調は、もともと卵巣と子宮にトラブルがあったためブリーダーで避妊をしてもらっていました。
結構お腹が出ていたので、もしやなにか腫瘍があるのでは・・と、原因を特定するためエコーで調べてもらったけれど・・。

「脂肪」と言われて安心。
11月半ばにウンチに鮮血が付いていたので、エコーや触診で調べてもらったけれど、特に腫瘍状のものは無し。
食物アレルギーの可能性もあるため、アレルギー食に変更すると改善していました。
オメメは最初目ヤニがでていたので、調べて感染を起こしていたので約1か月目薬点眼で、こちらも改善しました。


時折面会してくださる方もいましたが、そんなこんなで気がつくとカフェ滞在が2か月と少し。
あっという間に過ぎていました。
それだけ手のかからないネコちゃんだったということなのです。
そんなお利口リジィちゃんのご縁は、突然やって来ました。

里親様は1月9日の土曜日に初めてカフェに来てくださったご夫婦です。
少し前に13年飼われていたネコちゃんを病気で亡くされていらっしゃいました。
後ほどお伺いしたところ、病気に罹患して少しだけ闘病したあと虹の橋を渡ってしまったとのこと。
名前はおくらちゃん。

雑種猫で保護猫でした。
ご縁あって子猫の時にお家にやって来たおくらちゃんとの日々は、ご夫婦にとってかけがえのない時間だったと思います。
でもこの日、たまたま近くでネコちゃんの譲渡会があって、そちらに行かれた後、カフェに立ち寄ってくださったそうです。
新しくネコちゃんを迎えることを決めておられた、ということでは無かったと思います。
でも神様はご夫婦にリジィを会わせてくれました。

とりあえずは既往症と譲渡に関する必要事項をお伝えさせていただきました。
奥様はリジィのことを気に入ってくださっていましたが、成猫を引き取られるという事も初めての事だそうでまだ少し悩まれてるご様子。

おくらちゃんが亡くなってあまり時間が経っていないこともあり、この日は決めかねておられましたので、私はそっと見守らせていただくとにしました。

でも翌10日の午前中にご主人から、リジィを引き取りたいので今日お伺いしたいとお電話をいただきました。
前日帰られてから、ご夫婦でたくさん考えて下さり、たくさん話し合ってくださったそうです。
そして、リジィちゃんを迎えるという決断をしてくださったのだそうです。
私はお越しになられてから、もう一度詳しく体調の事をお伝えしました。
でも、お気持ちが変わられることはありませんでした。

年齢でも、既往症の多さでもなく、リジィが運命の子。
そうお話しくださった陰には、おくらちゃんと同じ仕草をリジィがしていたから。
不思議な一致があったのだそうです。
ネコちゃんをずっとご実家でも飼われていたご主人。
多くを語られるわけではありませんが、優しい瞳で見守ってくださっていて・・。
ネコ好きだけにわかる、ネコちゃんを想う共感だったのかもしれませんが、絶対にリジィを幸せにしてくれる・・。

私はそう確信していました。

里親様へ

たまたま立ち寄ってくださったカフェでリジィと出会ってくださり、お家の子にしてくださいましてありがとうございました。
子猫ではなく、成猫だからこその可愛さに気づいてくださって本当に嬉しく思います。
体調の面で少し不安なところもありますが、受け入れてくださって心から感謝しています。
ただ、本当に性格は良好です。
きっとそんな時間を要することなくお家に馴染んでくれると思います。
でももし気がかりなところや分からないことがありましたら、いつでもお申し出くださいね。

これからのリジィの事、どうぞよろしくお願い致します。

そして愛すべきリーちゃんへ

ネコちゃんは場所か変わることが苦手。
最初はケージに引き込もっていることも珍しくは無いのに
リーちゃんはまるでずっと前からカフェにいたようだったね。
初日からお返事してくれたり、
ネコ部屋からもすぐ出て遊んでくれた。
夜は・・。
チュール欲しさに、
またボランティアさんに遊んでもらいたくて
何度も呼びに来たね(笑)
病院にも何度も行ってエコーとかされたのに
それもお利口にしてくれた。
そんなリーちゃんにたくさん助けてもらったし
たくさん癒してもらった。


だから、素敵なご夫婦に巡り合ってもらったこと
本当に嬉しいよ。
これからはずっとのお家なんだから
健やかでご機嫌な毎日を願っています。
リーちゃん、卒業本当におめでとう

リジィちゃんの新しい名前は・・・。
「テンちゃん」
になりました。
お空をイメージして付けてくださったそうですよ。
里親様、ありがとうございました。

では。

フィーネちゃん卒業

おはようございます。
更新が遅れて申し訳ありません。
1月3日にお家が決まってお迎え待ちだったロングコートチワワのフィーネちゃん
1月5日水曜日の夕方にお迎えに来てもらって無事卒業しました



フィーネちゃんが川西に来てくれたのは10月19日のことです。

もうあの日から2か月半も経っていたんだ・・。
それが正直な気持ちです。
それだけフィーネはカフェに馴染んていて、可愛くて、みんなに愛されて過ごしてくれていたから。

手もかからず、人懐こくて、お膝が好きで抱っこ好き。
色んな人のお膝を温めてくれました。

でも最初は怖くて不安だったことを思い出しました。
おしっこも1日1回。
夜から朝まで入ってもらったケージの中でしかできませんでした。
ウンチも同じです。
朝のオヤツもフロア内のケージの中でしか食べれなかったこと。

決まった人のお膝にとりあず乗って、降ろしても戻ってちょこん。
時には隅っこに置いてあるティッシュとぞうきんを置いてある籠の中に入っていたり、隅っこで過ごしていたり。

鳴くでなく、威嚇するでなく、とにかく頑張っていたのだと思います。
でも一週間を過ぎた頃からは大丈夫になって、どんな人のお膝にも抱っこしてもらえるようになって。
フロアのベッドで楽しく過ごせるようになって。

めちゃ食いしん坊になって。
他のワンちゃんと一緒にベッドもシェア出来るようになりました。


お散歩は、ボランティアさん達の情報ノートによると、カフェに来てから約3週間後の11月7日に初めて歩いてくれるようになったようで、それからは音には敏感で震えるけれどシッポもフリフリしながら歩けるようになりました。

(12月の最後は寒いため来てもらったコートが嫌なのか、寒いのがダメなのか歩かなくなってましたけれど・・)
最近ではご来店くださったお客様が連れてこられたワンちゃんに、威嚇までするようになって(笑)
フィーネちゃんにとってカフェは日常で、縄張りへと変化していきました。

そして本当に愛らしい可愛さをもっていました。
ハローウインのお洋服もクリスマスのお洋服も。
写真撮影のために着せてもらった晴れ着も、虎の被り物も。

本当に可愛さ満載。
愛されキャラ。
みんなに可愛がってもらっていました。

時間の経過とともに成長していくフィーネちゃん。
嫌いなワンちゃんは嫌い。

好きなワンちゃんは積極的。


自分の主張も現すことができるようになって来て、チワワ女子の性格も現わしてくれるようになりました。
だからワンちゃんがいるお家に行くのなら、相性を見ていただいた方が安心
誰もがそう思っていました。

でもずっと面会希望はあまりありませんでした。
会っていただけたら、この抜群の可愛さに気づいてもらえるとは思いましたが、写真に写るフィーネちゃんは少しオメメが赤かったり、少し斜視。
そこかビハインドとなっていたように思えました。

もちろん私も気になりましたので、2度ほど診察をしてもらって、眼圧、血圧も計ってもらいましたが正常。
緑内障でも網膜剥離でもありませんでした。

いつ頃から赤くなり始めたのかも分からないし、その記録もありません。
痛みもないとのことでしたので、ヒアルロン酸の目薬を毎日数回点眼。
充血がひどい時の目薬も処方してもらいました。
そしてすこしづつ改善してきましたが、やはり目の赤みは消えるまでには至りませんでした。

12月初旬からはヒートになって、それが長引いて約1か月ほど。
ヒートが長い時に疑われる子宮蓄膿症。
ヒートが終わった年末に食欲が少し落ちて、心配になったため病院で血液検査とエコーをしてもらいました。

だけども血液検査もエコーもほぼ問題なし。
気になる子宮は少しだけ腫れていたけれど、ヒート終わりにもある症状だったので様子を見ていました。
年初の1月2日も念のため病院へ。
でも年末よりも数値は改善されていました。

里親様が初めてカフェに来てくださったのは12月15日のことです。
この日は奥様だけのご来店でした。
お家には先住犬のびわちゃんがいるとお話しくださいました。
びわちゃんは13歳。
11歳の時に、川西にある大きな保護団体から引き取られていました。
びわちゃんも繁殖引退犬だったそうです。
そしてもう一頭、トイプードルのワンちゃんがいたそうですが少し前にお空に旅立ってしまわれたとのこと。
それで残されたびわちゃんと一緒に暮らすワンちゃんを探されていました。
この日はいろんなワンちゃんと過ごしていただき、譲渡に関するご説明もさせていただきました。
お家にはびわちゃんがいるので、どのワンちゃんを選ばれたとしても一度相性を確かめられた方がいいのでは・・。
そうお伝えしました。

それをご理解くださった里親様。
次のご来店は12月27日。
この日は年内営業終了日でした。
ご主人とびわちゃんを伴われて再度カフェを訪れてくださったのです。
お時間をかけて、色んなワンちゃんと過ごしてくださいました。
そしてお話をお伺いしたところ、フィーネちゃんをお迎えしたいと言ってくださったのです。
オメメの事もご理解くださって、ちょっと懸念された肝心のびわちゃんとの相性も良好。
最近のフィーネは、外から来てくれたワンちゃんに威嚇しながら噛みにいったりすることもあったので、ヒヤヒヤしがら見守っていましたが、全然大丈夫。

肩透かしのように馴染んでいて・・、ご主人にびわちゃんと一緒に抱っこしてもらっていました。
フィーネちゃんとびわちゃんとが一緒のお膝。
遠くから眺めていて、どれだけ嬉しかったことか・・。

2か月以上ここで待ち続けていたのは、こんな温かな優しいお家に出会ってもらうためだったんだと思いました。

この日はお時間も無かったこともあり、ご契約は年始営業開始の1月3日。
もちろんフィーネちゃんはご主人のお膝でまったりの様子で過ごしていました。

卒業は翌々日の一昨日。
ちょっとだけ体調が心配だったため、里親様のかかりつけ医の年始初めに合わせてお迎えに来ていただきました。
この日奥様が保険のご契約をしてくださる間もご主人のお膝でまったり。

穏やかで温かで、嬉しい卒業になりました。

里親様へ
たくさんいるワンちゃんの中で、フィーネちゃんに出会っていただけて本当に嬉しく思います。
フィーネちゃんの可愛さを見つけてくださりありがとうございました。

選んでくださったのは奥様で、ご主人はどんなワンちゃんでも受け入れてくださる方。
「いつも私が決めても、主人の方に懐くんですよ(笑)」
とおっしゃられていた様子も、なんだかとても温かかったです。
里親様のお家でのびのびと暮らすフィーネちゃんを想い、頑張って来たフィーネちゃんを想い、巡り合ってくださったことに心から感謝ていっぱいです。
年末、少し体調思わしくないこともありましたので、何か分からないことがありましたらいつでもお聞きくださいね。
そしてまた、よろしかったら一緒に遊びに来ていただけましたら嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

そして可愛いフィーネちゃんへ

最初、私を見つけてはすぐにお膝に乗って来てくれたけれど
だんだん誰のお膝も大丈夫になって
逞しくなったよね。


朝、ケージから出そうとするとお腹を見せながら
ずっとシッポを振ってくれたのがただただ可愛くて可愛くて

大好きだったよ。
ちょっと食欲が落ちて心配だったけど
とにかくお家でゆっくり過ごして
しっかりご飯も食べて
ゆっくりまったりのんびりな毎日を過ごして欲しいです。


フィーネ、卒業おめでとう
幸せにね。

フィーネちゃんの新しい名前は・・・。
「ゆずちゃん」
になりました。
先輩のびわちゃんとフルーツコンビです。
里親様可愛いお名前をありがとうございました。

では。

わとみちゃん卒業

おはようございます。。
2022年最初の卒業生はマルチーズのわとみちゃんです


わとみちゃんは年末年始のお休みの間、新メンバーとして来てくれました。

頬にあった傷痕。
それは歯根に溜まった膿が破裂。
顔の皮膚に穴を開けてしまった痕でした。
5歳で歯石歯肉炎重度。


引っ張たら抜けそうな歯もいくつかあって、
私の感覚では、ふやかしたフードなど軟らかいご飯を食べてきたように感じました。

きっとウェットフードとかの柔らかご飯しか食べてくれないかも・・。
その予想は外れ、食いしん坊さん。
わとみはドライだけでも、即完食。
オヤツも大好きで、何でもしっかり食べてくれました。


最初は抱っこしても降りようとしてましたが、お休みの間みんなに抱っこされるうちに抱っこが好きになりました。
さらには他のワンちゃんを抱っこしていても割り込んだりと、いつも人の側にいて構って欲しいようで人が大好き。

お散歩も最初はガクブルで全く動かず歩かずのスタート。

でも根気よく呼んであげたら歩き出し、途中でミージュくんやラルジュくんと会うとその後をついて歩けるようになりました。


何もかもが初めてからのスタート。
知らないことがいっぱいあります。

それをひとつづつ知って行く。
私達もそれらを感じるたび、嬉しくなります。
そしてその瞬間が大好きです。

里親様は最近カフェボランティアを初めてくださった方です。
ワンちゃんを亡くされて、辛くて、もうワンちゃんを飼うことはしない。
飼えない。
そう思われて、でも癒しを求めてお客様として来てくださっていました。
でもお帰り際・・ボランティアをしてみたいとお申出くださって、12月からワンちゃん達のお世話に来てくださっていました。
そんな中で新しく来たわとみちゃんを見られて、お心が動かれたのだと思います。
年初カフェ営業の初日に、面会ご予約を取られてお母様を伴われて来てくださった里親様。
フィーネちゃんが先に里親様が決まりご契約させていただいていてましたので、長くお待ちいただいている間、お母様と代わる代わるお膝にわとみを抱っこして、もう離せなくなられているご様子でした。


その後、お席にお伺いして色々とお話をさせていただきました。
里親様はボランティアをしてくださっていますので、私の想いは十分ご理解いただいていていました。
そしてお母様も同じお気持ち・・。
何故なら亡くなられたワンちゃんも保護犬。
8歳で引き取られたご経験をお持ちでした。

お留守もないご環境と広いお庭があるお家。
大切に育てていただける優しいお家です。
お気持ちも新しく、家族としてわとみちゃんが加えてくださった新しい年の初め。
素敵な卒業になりました。

里親様へ

少し厳しいお話をさせていただきましたが、全て受け入れてくださいましたこと、心から感謝しています。
お帰り際にお母様が深く頭を下げてくださり
「大切にしますから」
と言ってくださいました。
多くを語らずとも伝わるご覚悟。
大切なことを全てご存知なお気持ちに、託させていただけて本当に嬉しかったです。
これからはのんびりまったり。
またワンちゃんと暮らされる幸せを満喫していただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

里親様から今朝いただいたメールには
夜ご飯完食。
朝ご飯も完食
ウンチOK。

「可愛さ、お利口さ、100点です」
とのことでしたよ✌

わとたんへ


ちょこまかとしたところも
寄って来て甘えてくれるところも
ほんとに可愛かったよ。
最初は足に力が入ってしまって、すぐ降りそうになった抱っこ。
でもだんだん抱っこにも慣れてくれて
気がついたら抱っこ大好きになってたね。

まだまだこれからはこんなもんじゃないからね。
色んな事知って、覚えて
楽しく愉快でご機嫌な毎日を過ごしてください。
卒業おめでとう。

わとみちゃんの新しい名前は・・・。
「アリエルちゃん」
里親様こだわりのお名前を付けてくださいました。
里親様ありがとうございました。

では。

新メンバー(ワン267期生)

こんばんは。
昨年末、ワンちゃん3頭が新しくカフェに仲間入りし、明日1月3日からフロアデビューします。
早速ご紹介しますね

ワンちゃんの部
とみおくん 推定シーズーmix

推定2016年生まれ(推定5歳)  4.7㎏
色:ゴールドホワイト
※飼育放棄での保護

新しい環境に戸惑ってる感じで、あまり動かずじっと佇んでいるちょっと淋しげな表情に胸が痛みます。
チャームポイントは受け口なところ。
可愛くて見ているだけで癒されます。

抱っこは最初苦手でしたが、少しづつ慣れて来てくれました。

大きなお目目でじっと見つめてくれるいじらくて可愛いとみおくん。

慣れてくれる日が待ち遠しいです。


キャティちゃん トイプードル ♀
2015年6月29日生まれ(6歳) 3.9㎏
色:レッド

綺麗な瞳の美人なキャティちゃん。
とにかく元気で、フロアでずっと動いています。
人が大好き。
寄ってきてお膝に手をかけたり、ペロペロしてくれたり。

更にワンちゃんも大好き。
遊ぼ!をしかけてちょっとしつこくて怒られちゃうことも…。


でも抱っこすると大人しくなって、アルマジロみたく手足を丸めてまん丸になる、甘ん坊さんです。


わとみちゃん マルチーズ ♀
2016年5月5日生まれ(5歳) 3.0㎏
色:ホワイト

可愛い。幼い。あどけない。
そんな言葉がぴったりなわとみちゃんは人が大好きです。
他の子の名前を呼んでも、いち早く駆けつけて構ってとアピール。
ぴたりと寄り添います。

座っていても構って欲しいようで、その時ぴょんぴょんと跳ねるお耳がとってもキュート。

手足をピーンと伸ばして床に寝そべる姿もとっても可愛くて、目が離せません。



新しいワンちゃんが3頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」
カフェの定員は約16~7名ですが、3密を避けるため、カフェに入っていただく人数を最大10名程度にさせていてだいています。
感染予防のため、窓を開けながらの営業しております。
寒い日は暖かくしてお越しください。
ご来店の際は必ずマスク着用の上、手消毒と検温にご協力をお願い致します。
また、声量は控えめでお願いします。
従来は時間で切らせていただくことはありませんでしたが、ご入店人数を制限させていただくため、混み合った場合には2時間程度でお時間を切らせていただく場合がございます。
入店規制中は里親様ご希望の方のご入店を優先させていただきます。
里親様ご希望の方はあらかじめ お電話にてご予約をお勧めします。その際、ご来店くださる日時、人数をお知らせください。
保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)
譲渡には必要書類や審査等がございます。
また、面会いただくまでに家族が決まる場合がございます。

引き続き引き続きご理解とご協力をどうぞよろしくお願い致します。

2022年を迎えて

こんにちは。
新しい年が明けましたね。

去年はいつにも増して、早く過ぎて行ったように思います。

未だ世界中に蔓延し続けるウイルスの脅威。
いつ終わるとも知れない、その果てしない戦いは続いています。
私事ですが、昨年90歳の母が骨折して入院しました。
その時に病院から言い渡された面会禁止。
会えることをあんなに楽しみにしていたのに、と、90歳の母の孤独を思うと胸がとてもとても痛みました。

人はその立場に立って、そうなって初めて分かることがあります。
情報は得ていても、気持ちを慮っても、理解できると思っていても、
100%とは言い切れないこと。
私はコロナのこの時期に入院された方の孤独を、母を通じて痛感しました。

でも・・。
共感すること。
思いやること。
包むこと。
寄り添うこと。
より一層、深く考えるようになりました。


今年のカフェは、120頭のワンちゃんネコちゃんを新しいお家に迎えていただきました。
(開店から通算689頭になります)
それは本当本当に嬉しいことでした。

多くは繁殖犬として頑張ってきた子達。
ブリーダーが崩壊してしまって、耳ダニや身体のダニ、骨と皮だけ。

体中が酷い状態で保護された子達もいました。
また多頭飼育崩壊で十分に栄養が行き届かずにやせ細って保護された子達。
過去が分からず、年齢も定かではありません。
足が欠損していたり、片方の目が機能していなかったり。



心疾患、腫瘍、寄生虫を持っている子もいました。
飼われていたお家から、理由はあるにせよ放棄されたワンちゃんも少なくありません。

保護犬を引き取り、家族の一員として迎えたいと言ってくださる方が増え、前よりも認知度が上がっていることも事実です。
それは間違いなく嬉しいことです。
ですが、譲渡に関して里親様とお話させていただくときに
「なぜ保護犬を迎えようと思われましたか?」
いつのころからか、そうお聞きすることが増えました。

その理由は・・この子達に寄り添ってあげて欲しい。
そう願うからです。
共感することや思いやってあげて包んであげることの前に、その根底に寄り添うお気持ちが無ければ、保護犬を迎える事は難しいと思うからです。

今あるこの子達の姿は、その過去があるがゆえ。
医療も愛情も環境も万全では無い場所から、本来の飼い方とは違うことを余儀なくされていたり。
飼犬にであったにもかかわらず、一緒にいれなくて放棄されていたり。
カフェに来たばかりのワンちゃんネコちゃんは、本当の性格を見せてくれないことも多いです。

ですが寄り添うことで、共感することで、思いやることで、治療を施すことで、変わります。
そしてその瞬間は喜びでいっぱいになります。
保護犬を迎えるということは、そう言う事なのです。

そのために私達は、心を込めて、そのことを一生懸命お伝えしています。
私がブログを更新する理由も、それらを伝えさせていただけるのならと書き続けています。


そして残念なことに、今年は悲しいお知らせもたくさんありました。
ご連絡いただいただけでも今年は21頭の命がお空に引っ越しをしています。
2015年にカフェを始めた頃は、年齢が高いワンちゃんネコちゃんがたくさん保護されていました。
愛情をたくさんもらって、寿命以上に生きさせていただいたワンちゃんもいます。
引き取っていただいてから、ずっと疾患と闘ってくださった里親様もいらっしゃいます。
その反面、突然何の前触れもなく逝ってしまったワンちゃんもいました。

命には限りがあること。
それは分かっていても、辛くて苦しい思いが消えるわけではありません。
でも・・ワンちゃんやネコちゃんは過去を振り返ったり、未来を思い描いて憂うこともないと言われています。
「今」だけを生きていて、その時間がご機嫌かどうか…という事が全て。
里親様の笑顔が、ワンちゃんネコちゃん達に命を吹き込んでくださったから、幸せな日々が過ごせました。
だから、きっと、幸せに旅立てたと思いますし、そう信じています。
ワンちゃん達の全てを受け入れ、かけがえのない時間を共有していただいた事に、心から感謝しています。


そしてもう一つ、お伝えしたいことがあります。
川西店は私以外は全てボランティアさん達のご協力で成り立っています。
ボランティアさん達の存在が無ければ、カフェを運営することができません。
毎日のお散歩やカフェスタッフをしてくださる方はもちろんのことながら、
カフェ開店当初から続けてくださっている方。
SNSを担当してくださっている方々。
新メンバーの運搬を始めシャンプーや写真撮影をしてくださる方。
トリミング担当をしてくださる方。
カフェの修理、メンテナンス、パソコン機器、卒業写真を担当してくださったり、
名古屋や岐阜からも来てくださる方もいらっしゃいます。
平日も、休日も、年末年始も・・。
ご自身の大切な時間を、カフェの子達のために使っていただいています。

優しさが溢れる方々と一緒にさせていただけることは、おこがましくも何物にも替えがたく思います。

みんなと笑ったり温かな涙を流したり一喜一憂したり。
そんなカフェが私は大好きです。

ラブファイブの皆さん、ミネルバ動物病院の皆さん、里親になってくださった皆さん。
ボランティアの皆さん。
そしてお客様を含むカフェに関わってくださっているすべての方々に心から感謝しながら・・。
より多くの温かい愛情で包まれたお家を見つけるため、ボランティアさん達と一丸で頑張らせていただければと思います。
今年も温かいご支援をいただけましたら幸いです。

2022年1月1日
岩澤晃子



🧡2021年卒業のワンちゃんネコちゃん




🌙⭐️2021年お空にお引越し組

パグのマルちゃん

ミニチュアダックスの幸(フク)ちゃん

パグのシューくん

スコティッシュフォールドのメアリーちゃん

チワワのマーガリンちゃん

シーズーのミョンちゃん

チワワのさくらちゃん

ミニチュアダックスフンドのシフォンくん

ペキニーズの桃子ちゃん

ミニチュアダックスフンドのシャルちゃん

チワワトイプードルmixの陽向くん

チワワのハルくん

トイプードルのたりんちゃん

スムースコートダックスのりろちゃん

ミニチュアダックスフンドのしらすちゃん

トイプードルのらんちゃん

マルチーズのうめちゃん

ミニチュアダックスフンドのサエちゃん

ポメラニアンの菊ちゃん

ラグドールの千歳ちゃん

トイプードルのみつきちゃん


お疲れさまでした。
安らかに・・。
心からご冥福をお祈りいたします。