FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

03月« 2021年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2021年04月

きりんちゃんの卒業(3/29)。

こんばんは。
更新が遅くなりましたが、ロングコートチワワのきりんちゃんが3月29日に卒業しました




可愛い可愛いそして小ちゃなきりんちゃん。
3月2日にカフェにやって来ました。
この日の診察で貧血が判明。
直前に帝王切開と記入があり、お腹には手術痕。

陰部からはおりものや血が出ていました。

エコーを撮ると、子宮に内容物がたくさんまだ溜まっていて、少し炎症値も高い状態。
幸い白血球の数値が上がっておらず、また子宮に液体が溜まっていなかったので、子宮蓄膿症ではありませんでした。
子宮の粘膜炎症・・?
持続的に出血が続くことはあまり良くないため、様子を見ることにしました。

「ご飯は食べます」と申し送りのメモをいただいていました。
でも・・・。
この日の夜はご飯を全く食べてくれなかったきりんちゃん。
翌水曜日の朝も、その夜も全くダメ。
カリカリ以外も色々と取り揃えて置いてても、ダメ。
お水も飲んでいませんでした。
更に翌日の木曜日の朝も全く食べません。
さすがに心配になり、早朝ヤギミルクをスポイドで飲ませました。
午後もヤギミルクをスポイドで・・。
食べないと子宮の様子も気になるし、とりあえずは点滴をしてもらおうと病院を予約しました。

営業終了後、病院に行く前にとりあえずご飯をダメもとであげてみました。
すると・・。
一生懸命食べ始めました。

ほとんどない歯で、カリカリをゆっくり一生懸命。
なんだかそれが嬉しくて、ガッツポーズ。
病院をキャンセルしました。

お水も給水機からしっかり飲んでいました。

きりんちゃんとはこんなヒヤヒヤで心配が始まりでした。
よく考えると、チワワあるあるなんですが。
性格はだから、要するに、怖がりさん。
抱っこはダメで、暴れて降りてしまいます。
カフェオープン前は結構走り回り自由に過ごしていたり、

お散歩もしばらくしたら上手に出来るようになっていましたが

開店でお客様が来られるとすぐ「隅っこ」へ。
契約席の下と、客席の端っこに置いてあるドームベッドの中が常駐場所になりました。

なので・・撮った写真はほとんどがその位置です

その後出血は続きましたが、少しづつ少なくなっていきました。
でもやはり、隅っこばかり。
抱っこ好きなワンちゃんでもお愛想たっぷりでもないきりんちゃん。
いつも神経を張っていました。
私はその不器用さがたまらなく愛おしく、手が空くと話しかけたり、ナデナデしたりしていました。

お客様にもご理解いただき、そっと見守っていただいていました。

そんなきりんちゃんに初めて面会予約が入りました。
臨時休業明けの3月24日にお電話をいただき、翌25日に先住犬のチワワ「かえるくん」を連れてお嬢様と来てくださいました。

そのかえるくんも保護犬とのことで、以前いたワンちゃん達も保護犬。
チワワの女の子が亡くなって少し元気がないかえるくんの新しい相棒にと、きりんちゃんに会いに来てくださいました。
しかしながら、きりんはツンツンタイプ。
気に入っていただけるかなぁ、と少し気をもんでいたのですが・・・。
里親様はそんな私の思いを見事に払拭してくださいました。

「前の子にそっくり・・、とても似ている」
そう目を細めながらおっしゃられました。
それは外見だけでなく、性格も。
念のため相性を見るためにお母さんから離れてバックヤードでマッチング。
でも、かえるくんはソワソワでお母さんのところに行きたくてそれどころではありませんでした。
逆にきりんんちゃんはかえるくんの臭いを嗅ぎに行ったりと少し興味がある様子。

里親様は今までも同じようなご経験をお持ちでいらっしゃいました。
また亡くなったチワワちゃんとも性格がよく似ているそうで、
「大丈夫」
と言ってくださいました。
そして更に27日にご主人や息子さんご夫婦とご一緒にきりんに会いに来てくださり・・。


翌28日、嬉しいご契約となりました。


目は初発白内障。
お耳もとても汚れていて、歯も劣悪。

足もパテラGⅡとGⅣ
胆のうや副腎も少し気になる所見。
でもすべてご理解くださった里親様。
何より、きりんをとても可愛いと言ってくださいました。

里親様へ。
この度はきりんちゃんとのご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。

きりんの不器用な性格と少なくない既往症をご理解くださったこと。
さらに保護犬と暮らされているご経験。
そして優しくて温かなお心。
願ってもない素敵なお家の子にしていただけて胸がいっぱいです。
きりんが頑張って来た過去が報われた気がしました。
これからはかえるくんと一緒に、穏やかな未来をただ祈っています。
最初は治療などでご苦労をお掛けすると思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

連れて帰ってくださった後、里親様はお便りをくださいました。
カフェでは落ち着かなかったかえるくんでしたが・・。
自分のお家があるのにもかかわらず・・何故かきりんちゃんのお家に入り浸り(笑)

結局その日はきりんちゃんのお家で寝てしまったそうです。
あまりのその微笑ましさに、何度も何度もお写真をみてしまいました。
「私のお家に来たのは本当にラッキーだったと言えるように、毎日可愛がりたいです」
「必ず幸せにします」
最後にそんな痺れるお言葉を綴ってくださいました

きりんちゃんへ

カフェに来た時に全くご飯を食べなくて、ほんと、心配したんだからね。
でも3日目の夜、一生懸命カリカリを食べてくれた時
めちゃくちゃ嬉しかったよ。
さらに・・お愛想なんて全く無いし(笑)
手を出してもビクビク。
最後まで慣れることは無かったもんね。
今までの環境から移動したカフェは、それほど怖かったんだと思う。
でもね、最高のお家が決まって良かった。
きりんちゃんが持つその強運がとても嬉しくてしかたがないよ。

これからは、きりんちゃんのペースで
かえるくんと一緒に幸せな未来を過ごしてください。

卒業、おめでとう

きりんちゃんの名前は・・・。
そのまま「きりんちゃん」です。
かえるくんときりんちゃん。
可愛いコンビの誕生です
里親様、ありがとうございました。

では。

スポンサーサイト