FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

03月« 2021年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2021年04月

シスラちゃん卒業 (みるるんちゃん卒業:後日更新)

こんばんは。
月曜日にお家が決まったトイプードルのシスラちゃんですが、今日お迎えに来ていただき無事卒業しました

(みるるんちゃんの更新は後日になります。少しお待ちくださいです)



シスラちゃんは3月30日にカフェに来ました。
全身バリカンの丸刈り。
カラーのところには「シルバー」って書かれていたけれど、私にはシルバーというより汚れたホワイトに見えました。

2日後、珍しく犬舎で鳴いていたシスラには声がありませんでした。
ほとんど鳴かないから気づかなかったその声色。
声帯カットの必要性は無かったであろうに・・。

右目は傷つき、ショボショボしていてドライアイ。
歯は歯石で真っ黒でした。

でも命に別条なく、切なくはありましたがきっと毛が伸びればベッピンさんになるから。
その日がとても楽しみでもありました。
性格は申し分なく、人懐こくてお膝も大好き。
お散歩は優等生。
最初からシッポを上げて、色んな事に興味津々でした。

ボランティアさんが書いてくれた情報ノートには
「楽しそうにお散歩できました」
の文字が並んでいて、本当に嬉しかったです。

また、食欲旺盛も助かりました。
ドライフードだけで完食。
オヤツも大好きで争奪戦にも最前線で参加。

4月5日からヒートになったため、カフェではケージの中で過ごすことが多くなりましたが
どんな時も鳴くことはなく、お利口さん。


アレンくんと入れ替わりにお客様には抱っこ犬として活躍してくれました。

そんなシスラちゃんに白羽の矢が当たったのが4月14日のことでした。
お電話をくださり、カフェに来てくださったお母様とお嬢様。
先住犬のチワワ、ミクちゃんもご一緒でした。
ミクちゃんは深層のご令嬢で無菌培養(笑)
11歳になるまで大切に育てておられました。
この日、相性を見ようとお連れくださったのですが・・。

当のミクちゃんは近寄ってきたワンちゃんにはウゥっとなってしまいました。

「時間をかけてゆっくり慣らしてあげれば、大丈夫かもです」
そうお伝えさせていただきました。
でも長いお時間を過ごしていただいた後、お帰り際にミクちゃんとシスラちゃんを一緒に抱っこされたのですが・・。


この時ミクちゃんは唸らずで大丈夫。
フロアのケージに一緒に入ってもらったけれど、この時も唸らずで大丈夫。

少し希望の兆しあり、でした。

そして日曜日、再度お嬢様とミクちゃんとご来店。
賑わうカフェの中でミクちゃんは頑張ってくれていました。
お母様は大丈夫かと少しご心配ではあったのですが、今回お嬢様がシスラちゃんをお家にお迎えすることに前向きでいらっしゃいました。
普段はそんなことあまり言い出さないお嬢様。
見た目はまだまだではあったシスラちゃんのことを、何度も何度も「可愛い」と言ってくださいました。

きっと私はそれがシスラちゃんの運命のように感じていました。
念のためバックヤードでもう一度マッチングさせていただきましたが、特にトラブルはありません。

この日、もう一度ご家族でご相談をされるためにカフェを後にされたのですが・・。

翌日ご契約にお越しくださいました。


慎重なところ。
温かなお人柄。
何より保護犬のことをご理解くださる優しいお気持ちをお持ちでいらっしゃる里親様に、私自身が惹かれていたのかもしれません。

心が通う、素敵な素敵なご縁をいただきました。

里親様へ
この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして、ありがとうございました。

お仕事を辞められるこのタイミングでシスラちゃんに出会ってくださったこと・・。
ご縁は繋がるべくして繋がるのだと改めて感じさせていただきました。
出会っていただいたご縁に、心から感謝しています。
これからはミクちゃんとの相性も気になられるとは思いますが、
ゆっくり気長に時間をかけて馴染んでいってもらえればと願っています。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
また毛が伸びた可愛いお写真、絶賛お待ちしています。

里親様は帰れてから夜、お便りをくださいました。
シスラちゃん、ご飯完食。
おしっこもシートの上でしてくれたようで、さすがシーちゃん。
天才かもです。

「責任をもって幸せにします」
と頼もしいお言葉を綴ってくださいました。

シスラちゃんへ

シーちゃんを大好きと言ってもらえるお家が決まって
ほんとに良かったね。
お利口シーちゃんだし、メンタルも強いから
すぐにお家に馴染めると思うよ。
これからh皆さんに愛されて、
楽しいこといっぱい経験して
幸せになってください。

卒業、おめでとう

シスラちゃんの新しい名前は・・・。
「シズクちゃん」
になりました
今まで呼ばれていた「シ」を残してくださった可愛い名前に変身です。
名付けてくださったお嬢様、ありがとうございました。

では。

スポンサーサイト



新メンバー(ワン235期生・ニャン45期生) 。

こんばんは。
今日、ワンちゃん2頭、ネコちゃん1頭が、新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね

ワンちゃんの部

 コリリンちゃん ロングコートチワワ   ♀
2015年9月5日生まれ(5歳) 3.1㎏
色:クリーム&ホワイト


小柄で可愛いココリンちゃん。
大人しくてしとやか美人さんです。
鳴きもせず、じっと撮影にお付き合いしてくれました。

表情はまだどこか寂しげ。
でももしかしたら緊張でそれどころではなかったかも知れなくて、オヤツはまだ食べれませんでした。
だけど夕ご飯は完食。
そして快便。

まだまだこれから色々楽しくなってくれる予感。

抱っこは大丈夫です。

 みるるんちゃん  ヨークシャテリア  ♀
2016年9月16日生まれ(4歳) 2.8㎏
色:スティールブルータン


足長でスタイル美人のみるるんちゃんは、お目目がくりくり、被毛さサラツヤな女の子。
時折見せる幼い顔立ちがとってもチャーミングです。

抱っこは好き。
ワンちゃんも好きなようで、他のワンちゃんが入っているベッドにわざわざ入ってシェアしていました。

みるるんちゃんもこれから楽しいことたくさん知って欲しいです。



ネコちゃんの部

  ペルチカちゃん スコティッシュフォールド  ♀
2014年9月16日生まれ(6歳)  3.4㎏
色:シルバーパッチドタビー/ホワイト



新しい場所での初日の今日は、とっても怖くてケージの中ではトイレ横からのスタートになりました。
ペルチカちゃんは、珍しい長毛のスコティッシュ。
中でも「折れ耳で長毛種」はさらに希少で出会えたら奇跡と言われています。

性格はまだわかりませんが、抱っこしてもニャーとも言わず、大人しくてされるがまま。

撫で撫でもさせてくれるし、ブラッシングもさせてくれました。
本来穏やかな性格と言われていますが緊張は否めませんので、慣れるまで待ってあげたいと思います。

なので、優しく接してあげてくださいね。



新しいワンちゃんが2頭、猫ちゃんが1頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」
カフェの定員は約16~7名ですが、3密を避けるため、カフェに入っていただく人数を最大10名程度にさせていてだいています。
感染予防のため、窓を開けながらの営業しております。
ご来店の際は必ずマスク着用の上、手消毒と検温にご協力をお願い致します。
また、声量は控えめでお願いします。
従来は時間で切らせていただくことはありませんでしたが、ご入店人数を制限させていただくため、混み合った場合には2時間程度でお時間を切らせていただく場合がございます。
入店規制中は里親様ご希望の方のご入店を優先させていただきます。
里親様ご希望の方はあらかじめ お電話にてご予約をお勧めします。その際、ご来店くださる日時、人数をお知らせください。
保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)
譲渡には必要書類や審査等がございます。
また、面会いただくまでに家族が決まる可能性がございますので、カフェにお越しくださる前にお電話をいただけますと在籍状況をお伝えさせていただきます。

引き続きご理解とご協力をどうぞよろしくお願い致します。

ビスコちゃん卒業

こんばんは。
先日お家が決まったベンガルのビスコちゃんが、今日無事卒業しました



お転婆さんとの闘いの日々・・。
ビスコはそんなニャンコでした(笑)
ビスコと過ごした2か月半は話題に事欠かない毎日。
カフェの営業を終了した後の、言わば放課後はビスコと過ごした楽しい毎日でした。

楽しいとは言え、ほんとにほんとにお転婆さん。
3歳だったけれど、まるで子猫のような感じの動きでした。

ベンガルはネコの中でも群を抜いてエネルギッシュと言われていますが、まさにそう。
高いところに登ったり、ハンティングのように色んなものと遊び、とにかく動き回るのが大好き。
「あり余るエネルギー」を遺憾なく発揮。
お陰でカフェでは被害続出でした(笑)

ではどんなことをしでかしてくれたかと言うと・・。
ネコ部屋がまるで泥棒に入られたように散乱。

カフェのスティックシュガーで遊び、砂糖が散乱。
ボールペンで遊ぶため、置いておくと無くなってしまう。

ノートやメモ用紙を遊んで破ってしまう。
厨房の高いところに登ってしまい、降りられなくなって鳴く。
ネコ部屋の棚に登って、降りられなくなって鳴く。

ネコ部屋の棚に登って、棚の荷物を全て落とす。
ネコ部屋の神棚の上の位牌やお骨を落とす。
テッシュケースの中を出してボロボロにしてしまう。
壁紙をあちこち剥がしてしまう。
カフェのフロアの棚のものを次々に落としていく。
カフェのフロアの販売コーナーのものを落としていく。
パソコンのキーボードの乗って、おかしな画面がフリーズ。

ワンちゃん達の洋服で遊び散乱するので、隠さないといけない。

仮眠して起きた時にはフロアの床に色んなものが散乱していた。
手消毒のために設置していた台を倒してしまい、消毒液を入れたボトルを2本壊した。

などなど・・・・・・・・です(笑)

でも、それでも、可愛いところがいっぱいあったビスコ。
まずお返事機能付き。
「ビス!」
って呼ぶと
「ニャ」
と応えてくれます。

気が強いところがあって、カフェに来た時にいたあきつきちゃんとはバトルになったけれど
あきつきちゃんが卒業して、新しくメンバーに加わったガガちゃんとは・・・。
なんだか様子が違っていて、ガガちゃん優勢。

そっと後を付けていても、面と向かえないへっぴりビスコ(笑)
そのあと来たしいたけちゃんとは、毎日楽しくニャンプロで遊んでいました。
走り回って一緒に遊び、互角のように見えていても、結果しいたけちゃんやや優勢。

いつだって天真爛漫で、叱られてもめげないところ。
カフェのお掃除が終わってみんなでスイーツを食べるのですが、その時間になると机の上に乗っておすそ分けを待っていたビスコ。
アイスクリームのカップに直に顔を突っ込んで食べる。
おもちゃが大好きで、色んなおもちゃでほんとうに楽しそうに遊ぶ。

色んなところに潜む。

潜む。


綺麗なレオパード柄。

端正な顔立ち。
可愛い表情を見せてくれる顔。

「こら~っ」
って怒られても、絶対にめげないメンタル。
色んな所に潜み、
色んな所で遊び、
賑やかに遊び、
色んなことに興味津々。


何より・・人が大好きで、人が行くところ行くところについて回るビスコ。


ビスコはそんな唯一無二の可愛さを持っていました。

ただ・・里親様になっていただくには、ネコちゃん初心者の方には荷が重いかも・・。
そう思いました。

里親様がビスコに会いに、初めてカフェに来てくださったのは3月25日のことでした。
最初は奥様お一人でのご来店でした。
ご実家ではネコちゃんをたくさん飼っておられたご経験がおありとのことで、ネコちゃん部屋にお入りいただきました。
この日はこりんごちゃんのお家が決まったり、きりんちゃんのマッチングがあったりと慌ただしかった日でしたが・・。
里親様はビスコちゃんをお家に迎えたいと思ってくださっていたようでした。
でも、ネコ部屋にいる時のビスコは、本来のビスコではありません(笑)
「本当のお転婆ぶりを見ていただかなくては・・・」
営業が終わり、ワンちゃん達が犬舎に入った後のフロアでのビスコを見ていただいた方がいいと思いました。
19時半以降ならお掃除も終わってますので、来ていただければとお申し出したところ・・。
この日の夜、ご主人とお子様を伴われてビスコに会いに来てくださいました。
この時、ご主人ともお話させていただきましたが、ご主人もご実家ではたくさんネコがいらっしゃるとのこと。
まさに、猫ベテランさんのご夫婦でした。
お子様も楽しく遊ぶビスコを気に入ってくださったようでした。

そして4月9日にお電話をいただき、ビスコをお家にお迎えしたいとお伝えくださったのです。
でも、ご契約して初めてお家が決まります。
お子様の入学式などを経て4月15日、里親様はご契約に来てくださって、めでたくビスコのお家が決まりました。\(^o^)/


お転婆ビスコ。
でも、そんなビスコを気に入っていただけたこと。
ご経験も豊富なこと。
私の懸念や杞憂は見事に感謝に変わっていました。

里親様へ
この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。

「お転婆ビスコですが、大丈夫ですか?」
何度お聞きしてもお答えは同じ
「大丈夫です」
と言ってくださったことが本当に嬉しかったですし、頼もしくもありました。
そんな素敵なお家に行かせていただけて、ビスコはとても幸せだと思います。

まだまだ始まったばかりのビスコの猫生を、どうかよろしくお願い致します。
そして、お家での様子をまたお聞かせいただければ幸いです。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

里親様は帰られてから、お便りくださいました。
お家に帰ってからちゅーるをいただき、新しいベッドで寝てくれているそうですよ・・。

可愛いお写真も添付してくださいました。

そしてビスコさんへ

いろいろやらかしてくれて、
その度に
「あかんやんっ!」
って怒ったけど・・。
ビスコは楽しかったんだよね。
実はそんなことも全部許してたんだけどね。
自由が一番。
のびのびが一番。
だってネコなんだから当たり前だよね。

今日からはもう、あの賑やかさが無いことがちょっと寂しく思うけれど
新しいお家は素敵なところだから
いっぱい可愛がってもらって幸せに暮らして欲しいです。

ビスコ、楽しくも賑やかな毎日をありがとう。
出会えて嬉しかったです。
そして卒業おめでとう\(^o^)/

ビスコちゃんの新しい名前は・・・。
「ビスちゃん」
になりました。
里親様、ありがとうございました。

では。

ムムネちゃん卒業

おはようございます。
水曜日にお家が決まり卒業待ちだったロングコートチワワのムムネちゃんがお迎えに来てもらって、昨日無事卒業しました



ムムネちゃんのカフェデビューは水曜日。
お家が決まったのも水曜日です。

フォルムはぽっちゃりさん。
性格も穏やかで大物さん。
カフェに来た火曜日に行った病院でもご機嫌。
お顔を触られるのは好きではありませんでしたが、それ以外は優等生。

シャンプーやドライヤーの時でさえ、シッポは上がってフリフリ
もちろん写真撮影の時もシッポっは上がっていて、楽しそうにフロアを駆け回っていました。

ひと呼んで「ご機嫌ガール」でした。

ただお耳は耳ダニがいました💦

抱っこはあまり慣れておらず、抱っこしても降りたがり、
検便では問題なかったけれど、新しい環境だからかこの日の夜、ずっと下痢を繰り返していました。

「早く慣れてくれればいいけれど・・」
そう思いましたが・・・。
翌日から下痢は治り普通便。
ホッと胸を撫で下ろしました。

日中はフロアでまったり。
とにかく人が大好きで、寄って行ってはご挨拶。

ベッドにも入ってウトウトしたり・・。
チワワちゃんは基本ナーバスタイプが多いけれど、ムムネはほんとにマイペース。

楽しそうに過ごしてくれていました。
お電話のお問合せもこの日3件いただきました。

その中に里親様がいらっしゃいました。
里親様は昨年も一度、カフェのワンちゃんに会いにお越しくださっていました。
その時お家には一頭のワンちゃんがいて、名前はあずきちゃん。
元保護犬でした。
里親様はあずきちゃんを連れて相性を見に来てくださったのですが・・・。

あずきちゃんはアウエイな場所だったかのもあってか、怖くて威嚇していまいました。
これではあずきちゃんも、相性を見たカフェのワンちゃんもストレススタートになると思い、断念。
とても残念でした。
でも、この時とたくさんお話をさせていただいたこと。
それが今回の素敵なご縁に繋がらせていただきました。

里親様は保護施設で働いていらっしゃったご経験をお持ちで、保護犬へのご理解もとても深い方です。
何より、保護されたワンちゃんへの愛情をお持ちでした。
今回、お電話をくださり訪ねてくださった時にお顔を覚えていた私は、お話もスムーズにさせていただけました。
お聞きすると、あずきちゃんは先月虹の橋を渡ってしまわれたとのこと・・。
ワンちゃんとずっと一緒に暮らしていた里親様は、また保護犬を引き取り育てたいという強い思いになり、
SNSで見つけてくださったムムネちゃんに会いに来てくださったそうです。

2人のお子様とご一緒に来られた里親様。
2人のお子様はムムネちゃんをとても気に入ってくださっていて・・。
どれくらいの時間が経ったでしょうか。

お子様達の「飼いたいコール」も手伝って、お母様はご決断。
お家の子にしたいとお申し出くださいました。
実は、ぜひ決めていただければ嬉しいなと思っていましたので本当に嬉しかったです。

ご準備を整えてくださってお迎えに来てくださった昨日。
気がつくと、抱っこをあまりさせてくれないはずのムムネちゃんが小さなお嬢様のお膝に上手に抱っこされていました。


里親様へ
前回残念ながら繋がらなかったご縁でしたが、今回しっかりと繋いでくださいまして本当にありがとうございました。

ワンちゃんが大好きな優しいお家にムムネちゃんを送り出すことが出来て、とても嬉しく思います。
お子様達に囲まれて、楽しく過ごすムムネちゃんを想像して心が温かくなります。
ムムネちゃんの未来をどうぞよろしくお願い致します。

里親様は帰られてから昨夜、メールをくださいました。
カフェではドライフードだけでは食べてくれなかったご飯でしたが、何と、違うドライフードと混ぜてくださったところ、ドライフードだけでペロっと完食!
おしっこもしてウンチもして、夜はリビングでお子様達の間で寝落ち・・だそうです。
やっぱり大物でした(笑)

そして今朝のお便りには「一生に責任をもって必ず幸せにします」
と綴ってくださいました。
里親様お便りありがとうございました。
とても安心しました。

ムムネちゃんへ

気がつけば、満面の笑顔で寄って来てくれたこと。
寝たいとき寝る。
遊びたいときは遊ぶ。
自由で天真爛漫で、お利口で。
そんなムムネちゃんに、とっても優しいお家が出来て本当に良かったです。
短いお付き合いだったけれど
いつも可愛い笑顔で見つめてくれてありがとうね。

これからは皆さんに可愛がってもらって
どうか幸せになってください。
卒業おめでとう

ムムネちゃんの新しい名前は・・・。
「めいちゃん」
お子様達の名前にある同じ文字の「い」を付けていただきましたよ。
里親様、ありがとうございました。

では。

新メンバー(ワン234期生)

こんばんは。
今日、ワンちゃん2頭が新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね

ワンちゃんの部

 キュントちゃん トイプードル  ♀
2015年7月5日生まれ(5歳) 3.0㎏
色:レッド

ちょっと受け口キュイトちゃん。
表情は可愛くて、なんだかほのぼの。
見ているだけで癒されます

ずっとちっちゃな声でクーンクーン、キュンキュンと鳴いていて、とっても甘えん坊。
人の側にピッタリ寄り添って座ってくれて…少しづつ抱っこも出来るようになりました。

スレンダーでお目目まん丸なキュートさん。
毛が伸びるのがとっても楽しみです。



 ムムネちゃん ロングコートチワワ  ♀
2015年8月26日生まれ(5歳) 5.1㎏
色:チョコクリーム

大き目ぽちゃかわムムネちゃん。
シッポはいつもアゲアゲです。

シャンプーやドライヤーもシッポフリフリ。
いつでもどこでも大輪の花のような満面の笑顔のご機嫌ガール。

人見知り無く、物おじしない大物タイプ。
ワンちゃんにも自分から寄っていけました。
ただ・・。

抱っこはガサガサして飛び降りるので、要注意です



新しいワンちゃんが2頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」
カフェの定員は約16~7名ですが、3密を避けるため、カフェに入っていただく人数を最大10名程度にさせていてだいています。
感染予防のため、窓を開けながらの営業しております。
ご来店の際は必ずマスク着用の上、手消毒と検温にご協力をお願い致します。
また、声量は控えめでお願いします。
従来は時間で切らせていただくことはありませんでしたが、ご入店人数を制限させていただくため、混み合った場合には2時間程度でお時間を切らせていただく場合がございます。
入店規制中は里親様ご希望の方のご入店を優先させていただきます。
里親様ご希望の方はあらかじめ お電話にてご予約をお勧めします。その際、ご来店くださる日時、人数をお知らせください。
保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)
譲渡には必要書類や審査等がございます。
また、面会いただくまでに家族が決まる可能性がございますので、カフェにお越しくださる前にお電話をいただけますと在籍状況をお伝えさせていただきます。

引き続きご理解とご協力をどうぞよろしくお願い致します。

ベアリンちゃん卒業

こんばんは。
今日、ロングコートチワワのベアリンちゃんに素敵なお家が見つかり、卒業しました



4月6日に川西に来たばかりのベアリンちゃん。

フォルムはぽっちゃり。
眼差しは愛らしくて、穏やかで抱っこが大好き。
テチテチとお膝目指して歩き、お膝に「ウンショ、ヨイショ」とよじ登ります。

お鼻の上が脱毛しているので、写真を撮るとコアラちゃんにも見えますが、それもまた可愛いベアリン。
写真よりも実物の方がとっても可愛いチワワ女子です。

水曜日からフロアデビューしていましたが、とにかく安定の抱っこ犬。


どんなお膝にでもフィット。
細かいことも気にしないタイプ。

更に食いしん坊さんで、ご飯も即完食、オヤツも大好き。
初めてのお散歩も、臭いを嗅ぎながらしっかり歩いてくれました。

里親様からお電話いただいたのは土曜日。
ベアちゃんのことを色々とお尋ねくださいました。
それまでもずっとチワワちゃんを飼っておられたそうでしたが、
約一年前、最後のチワワちゃんを亡くされてそれからはワンちゃんを飼っておられなかったとのこと。
他店のワンちゃんも気になっておられるとのことでした。
でもそのあと再度お電話をくださり、明日お嬢様達と会いに行きたいと言ってくださいました。

そして翌日の今日、開店一番に会いにきてくださいました。
場所はお車で1時間半くらいの少し遠方から、里親様と2人のお嬢様とご一緒でした。

お電話の時からとても素敵な印象でしたが、お会いしてもやはり素敵なご家族・・。
亡くなったチワワちゃんは心臓疾患を持っていたそうでしたが、16歳まで生きてくれたそうでした。
誠実で優しくて、愛情溢れるオーラ。
ベアリンは歯石歯肉炎重度。
お耳には真っ黒な耳垢。
右目初発白内障。
パテラ両足GⅢでした。

保護犬を育てられるのは初めてのご経験でしたが・・。
それをご理解くださる優しいお気持ちをお持ちで、
「幸せになって欲しいから」
そうお伝えくださいました。
私には異論など無く、お申し出を快くお受けさせていただきました。


ご契約の間、お嬢様達はベアちゃんのお洋服選び・・。
何着も新しいお洋服を買っていただきましたよ(笑)


里親様へ
遠方から川西まで足をお運びくださり、ベアリンをお家のこにしてくださいまして本当にありがとうございました。

豊富なご経験をお持ちのお家の子にしていただき、とても安心してお渡しすることが出来ました。
素敵なご縁に心から感謝しています。
飼い犬生活は未経験のベアちゃんですので、お家に慣れるまでゆっくり見守っていただければ幸いです。
また可愛いお写真などが撮れましたら、ぜひお送りくださいね。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

里親様は夜、メールとお写真を送ってくださいました。
それは夜はまだ冷え込むからでしょうか・・。
お部屋で温かな場所を自ら選んで落ち着いた場所・・。
それは・・ストーブの前でした。

ご本人(犬)は、お家に着いてウンチして、お部屋を探索して、ご飯もペロリ。
とっても頼もしいスタートの様でした。
お子様達も新しいワンちゃんを見に、次々とお家にお寄りくださったそうで・・・。
「最後まで責任をもって、一緒に人生を楽しみます」
「家族みんなで幸せにします」
そう綴ってくださいました。

ベアちゃんへ


「小熊ちゃん」って呼んでたけど
お腹もポンポンで、動きもスローだったから
ほんとにちっちゃな小熊ちゃんに見えた可愛い可愛いベアちゃん。

今日からは素敵なお家の一員になって本当に良かったね。
たくさん甘えて、
ちょっとだけダイエット頑張って
そして幸せになってね。
卒業、おめでとう

ベアリンちゃんの名前はそのまま・・。
「ベアリンちゃん」です。
愛称ベアちゃん
里親様、ありがとうございました。

では。

フィングちゃん卒業

こんばんは。
今日、シーズーのフィングちゃんが卒業しました



フィングちゃんがカフェに来たのは3月2日。
約1か月をカフェで過ごしたことになります。
第一印象は「おでぶちゃん」。
フィングちゃんの体重は8キロを超していました(笑)。

でも・・おあどけない可愛い顔。

性格は人見知り無し。
初日の診察に行った病院で順番待ちの間、キャリーの中で大きないびきをかいて爆睡する大物ぶり。

お客様やボランティアさんに抱っこされていると、いつの間にか大いびきで爆睡。
フロアで寝ていても大いびき。
犬舎で寝ていても大いびき・・・。

そして一人おもちゃで楽しそうに遊び、

とってもとっても食いしん坊さん。
オヤツは大好き、夜ご飯も大好き。
夜ご飯は閉店後だけれど、17時頃になるとソワソワ。
犬舎の入り口で早くから待っていたり、
おやつが出てくる厨房の前の柵で早くからオヤツ待ち(笑)

ダイエットのためにご飯は消化器サポートの低脂肪食だけど、それだって一瞬で完食。
お散歩は最初から楽しそうに歩いていて、走れるようにもなりました。

大きな瞳にアンパンのような大きなお手手。
・・・。
フィングちゃんの魅力は枚挙にいとまがないほど。
本当に手のかからない、可愛いお利口ワンちゃんです。

ダイエット効果も少しづつですが出始めておりました。

でも、頑張って来た身体には疾患がたくさんたくさんありました。

歯は歯石歯肉炎重度。
お耳にはマラセチア菌がいて、真っ黒な耳垢。

右目にはもう視力はありません。
左目はなんとか見えていましたが慢性的に傷ついていて両目はドライアイ。

お腹の真ん中には大きくでている斎ヘルニア。
乳腺腫瘍は3カ所。うち一つは2センチを超えています。

首から腰にかけての被毛はほとんどなくて、湿疹跡が複数。
心臓はかろうじてセーフ。
7歳とは思えないその身体。
ご希望の方がいらっしゃってもまず大きな身体に驚かれ、体調をご説明すると・・決まらない。
その繰り返しでした。
正直、里親様が決まるのには少し時間が掛かると思いました。

でも・・。
4月1日の木曜日に来てくださったお客様のご様子は、今までとは全く違いました。
お母様を伴われてお越しくださった里親様とお子様達。
それはもう、大切に包み込むような優しいオーラをお持ちで、フィングちゃんご希望で会いに来てくださっていました。

お席にお伺いし、フィングちゃんの事をご説明させていただきました。
里親様のお母様(里親様のご実家)は、お家に現在8頭ものシーズーがいらっしゃって、過去にはダックスなどのワンちゃんも育てられているご経験豊富なお家でいらっしゃいました。
里親様もその中で育っておられたため、大のシーズーファン。
さらに病気などのこともよくご存知でした。
ゆえに・・里親様のお母様はとても冷静でいらっしゃいました。
たくさんあるフィングの既往症。
一時的な気持ちでは無く、その子のことを責任もって引き受けることが出来るか。
そのことを、お嬢様にしっかり伝えていらっしゃいました。
この日は決められることが無く、カフェを後にされた里親様でした。

でも今日、お電話をくださってご主人を伴われて再度お越しくださった里親様ご一家。
ご主人ともご相談くださり、更に・・。
お伝えしたフィングの既往症を信頼されている動物病院にも事前に色々ご相談くださって、覚悟を持ってきてくださいました。
それは、保護犬というワンちゃんの「命」を理解してくださるお家に違いありませんでした。
またご主人もご理解ある素敵な方・・。

しばらくお過ごしくださった後、連れて帰りますとお申出いただきました。

後ほどお伺いしたところ、Instagramでフィングちゃんを見られていて、
その時直感で「この子!」って思われたそうです。
そのことをお聞きし、その運命の出会いに奇跡を感じて胸がいっぱいになりました。
お母様のところにいるワンちゃんの大き目な(笑)お洋服を何着か選んで持ってきてくださったので、卒業写真はお着替えしてもらったフィングちゃん。

なんだかいつもとは違って楽しそうに、元気にみんなにお披露目していましたよ(笑)

また、お帰りの時に入れてもらったスリングの中で、顔を埋めて甘えていました。

里親様。
フィングちゃんに寄り添っていただくお気持ちに触れさせていただき、とてもとても嬉しかったです。
フィングちゃんをお家の子にしてくださいまして、本当にありがとうございました。

優しいご家族に心からの感謝を伝えさせてくださいです。
性格は申し分ありませんが、やはり体調は気になります。
ご心配やお手数をお掛けすると思いますが、どうかよろしくお願い致します。

そして・・フィングちゃんへ。


こんな素敵なお家が決まって、本当に良かったね。
心からおめでとうだよ。
これから少し治療で大変かもだけれど
頑張って
あ、ダイエットも頑張ってね(笑)
そんで、ご家族にいっぱいいっぱい愛されて幸せいなってね。
卒業ほんとにおめでとう\(^o^)/

フィングちゃんの新しい名前は・・・。
「おもちちゃん」になりました
ピッタリ過ぎる可愛いお名前をありがとうございました。

では。

新メンバー(ワン233期生)

こんばんは。
今日、ワンちゃん2頭が新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね

ワンちゃんの部

 ベアリンちゃん ロングコートチワワ  ♀
2013年月日生まれ(7歳) 3.7㎏
色:クリーム


ぽちゃかわチワワ女子が来てくれました。
まん丸お目目でちょっと困り顔。

足は短めだけど、テチテチ歩く感じがたまりません。
シッポもフリフリ。
抱っこも大丈夫。

身体はバリカンされていますが、ぽちゃ感で手触りはとっても気持ちいいです(笑)

白くまのようなフォルムがまるでぬいぐるみ🧸ですよ。


 イヨリちゃん トイプードル  ♀
2016年6月日生まれ(4歳) 3.3㎏
色:レッド
(声帯無し)


手足が長いスレンダーガールのイヨリちゃんは、とってもとっても人懐こい構ってちゃん。
人が大好きで、ぴょんぴょん飛びながら後をついてきてくれる元気いっぱいの女の子です。

でも抱っこすると不思議…。
大人しくなって甘えたさんになります。

幼さが残るあどけなく、無邪気なイヨリちゃん。

本当に可愛い女の子です。


新しいワンちゃんが2頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」
カフェの定員は約16~7名ですが、3密を避けるため、カフェに入っていただく人数を最大10名程度にさせていてだいています。
感染予防のため、窓を開けながらの営業しておりますので寒い日にご来店いただく場合は温かくしてお越しください。
また、ご来店の際は必ずマスク着用の上、手消毒と検温にご協力をお願い致します。
また、従来は時間で切らせていただくことはありませんでしたが、ご入店人数を制限させていただくため、混み合った場合には2時間程度でお時間を切らせていただく場合がございます。
入店規制中は里親様ご希望の方のご入店を優先させていただきます。
なお、里親様ご希望の方はあらかじめ お電話にてご予約をお願い致します。その際、ご来店くださる日時、人数をお知らせください。
保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)
譲渡には必要書類や審査等がございます。
また、面会いただくまでに家族が決まる可能性がございますので、カフェにお越しくださる前にお電話をいただけますと在籍状況をお伝えさせていただきます。

引き続きご理解とご協力をどうぞよろしくお願い致します。


なゆかちゃん卒業。

こんばんは。
昨日お家が決まったロングコートチワワのなゆかちゃん
今日お迎えに来てもらって無事卒業しました



なゆかちゃんはブリーダー崩壊の現場から保護されたワンちゃんです。
おそらく劣悪な環境に身を置いていたと思います。
でも生きていてくれたこと。
生きていればやり直すことができます。
それが救いでした。

保護は2月末頃。
それから1か月の間、鶴橋店にいました。
ダニが身体にたくさんついていたため、駆虫をしてもらっていました。
そして川西に来たのが今週の火曜日でした。

妊娠しているのか、避妊しているのかの有無もわかりません。
そして誕生日が分からないため年齢がわからない。
なゆかが生きて来た証はなにひとつ残っていませんでした。
ただ閉ざされた空間に何年もの間いて、お腹には傷跡。
おそらく子供を産んだ帝王切開の跡だと想像できます。

表情も無くて、動かなくて・・。
初めてなゆかを見た時に、やるせない切なさが胸を締め付けました。

「頑張ったね、偉かったね」
「もう大丈夫だから、ゆっくり過ごそうね」
いいお家を見つけてあげることが、今のなゆかにしてあげれること。
川西に来た夜、なゆかのケージの前でそっと誓いました。

歯の状態は酷く、ほとんどが欠歯。
残る歯も真っ黒でした。

真っ黒な耳垢とマダニに噛まれた咬傷痕が身体に多数。
両後肢は外れて奇形。
腹部は膨満。
脱毛もあちこちにありました。
ただ、なゆかは痩せていませんでした。
どんなものを食べて来たのかは不明。
でも少しほっとしたのも事実でした。

なゆかのカフェデビューの日(水曜日)。
里親様は初めてカフェに来てくださったご家族です。

後ほどお聞きすると、そもそもお母様以外はネコ派・・だったそうで、保護猫の施設などに行かれたこともあったそう。
でもこの日カフェに来てくださったお父様、息子さんはなゆかと出会って、心が変わられていました。
サキツちゃんのご契約の後、お席にお伺いさせていただきました。
その時はお父様と息子さんはご都合があり、先にカフェを出られた後でしたが、お母様曰く、なゆかのことをとても気に入って引き取りたいと言っていた・・そうお話しくださいました。

穏やかで大人しくて抱っこも出来るなゆかちゃん。
可愛い顔をしていて、もちろん譲渡させていただくのはやぶさかではありません。

でもお家に迎えるにはたくさんの事をご理解いただく必要がありました。
分からない年齢、体調。
マダニも完全にいなくなっているとは言い切れず、更に避妊や歯の治療も必要になります。
これから先の体調やリスクもお伝えせねばなりません。
一時の感情とは別に、冷静になっていただく事。
厳しいようですが、それをお話するのが私の役目になります。
お母さまはこの日、そのことに真剣に向き合ってくださいました。

翌木曜日、今度はお母さまとお嬢様とでご来店。
一晩ご家族で話し合われて、再度来てくださいました。
そしてこの日も長い時間を過ごしてくださった里親様。
再度たくさんお話させていただきました。

その後、やはりなゆかちゃんをお迎えしたい・・。
そうお申出くださったのです。
お気持ちに変わりはありませんでした。

私はきっとこのご家族なら、一緒に頑張ってくださると思いました。
明るくて優しい思いやりのご家族。
まるでなゆかと出会うため、神様が導いてくれたようでした。

ご準備を整えられて、翌日の今日お迎えに来てくださった里親様とお嬢様。
目薬を差し方も覚えていただいたりして・・。

お帰りの際にお撮りした写真のなゆかは、前日のなゆかとは違いカフェに来て微笑んでいました。
前日↓

今日↓


里親様へ
この度はなゆかとのご縁を繋いでくださいましてありがとうございました。

なゆかにとって、川西デビューの日に里親様のご家族に出会っていただいたことは本当に奇跡のように思えます。
色々不安もおありかと思いますが、なにもかもが初めてのことばかりのなゆかです。
気長に見守っていただき、ゆっくり家族にしていただければ幸いです。
どうぞなゆかのこと、よろしくお願い致します。
また分からないことがありましたら、ご遠慮なくご相談くださいです。

なゆかへ。

たくさんのお疲れさんを伝えたいです。
今までの事はわからないことだらけで、
過去のことを聞いてあげることは出来ないけれど、
未来の事は伝えてあげることができる。
それはみんなに愛されて過ごせるという事。
素敵なご家族に出会って良かったね・・。
卒業おめでとう
どうか、幸せになってね。

なゆかちゃんの新しい名前は・・・。
「まろちゃん」になりました
里親様、可愛い名前をありがとうございました。



なぜブリーダー崩壊という事が起こるのか・・・。
それは様々な理由があると思います。
でも想像するには、利益のことしか考えず多数の繁殖犬を持つことでその管理がキャパシティを超えてしまって、破綻する事が多くの理由だと私は思います。
ブリーダー崩壊が起こるということは、犬が不衛生で手入れされていない状態になっていて、
最悪のケースは完全に飼育を放棄し、その崩壊現場に到着したとき間に合わずに既に息を引き取っている子、
保護された翌日に力尽きてしまう子達がいるということです。

もちろんこの現状がブリーダーの全てではありません。
適正に飼育して繁殖をしているブリーダーもたくさんあります。
ですが、崩壊は起きてからでは遅いということ。
飢え、渇き、不自由、恐怖、痛みや病気。
暑さと寒さ。
本来の快適さからは程遠いことを強いられていた可能性。
ノミダニ寄生虫が身体を蝕み、食べ物も与えられない現実。
そうならないために、私達の団体はブリーダーから保護する際に行っている頭数や繁殖制限、予防医療の助言を行わせていただいています。
ですが現状として多くの繁殖場がある以上、崩壊が実際に起こりその場面に立ち会うこともあります。

みんな同じ「命」であることに何ら変わりはありません。
命を扱うからこその責任をしっかりと胸に留め、現状を放置することで崩壊や引取り屋などにより悪循環に置かれてしまう危機をなくすために、私達は継続して活動を続けていきたいと思います。
今回保護された多数のワンちゃん達が安心して暮らせますように・・。
ご理解頂ければ幸いです。

では。

サキツちゃん卒業しました

こんばんは。
昨日(3/31)マルチーズのサキツちゃんに里親様が見つかり、卒業しました



サキツちゃんは卒業前日の午後に川西に来ました。
保護はさらにその前日。
3日間で目まぐるしく環境が変わったサキツちゃんです。
きっと気が張って、緊張したはず・・。

でも本人はとても元気でした。
性格は本当に懐こく、人が大好き。
抱っこも出来て、食欲も旺盛。
オメメがとっても大きくて愛くるしい顔。

川西に滞在した、たった1日未満で誰もが「可愛い」と思うワンちゃんでした。

里親様はとても遠方から来てくださったご夫婦です。
保護されてすぐに鶴橋店のSNSを見て、会いに行こうと思われたそうですが・・。
その翌日川西に移動になったことをお知りになり、川西まで来てくださいました。
それが水曜日のカフェデビュー日のこと。
開店1番でお越しくださいました。


お席にお伺いしてお話をさせていただくと、お家には2頭のワンちゃんがいて3頭目を探していらっしゃるとのこと。
実は昨年飼っておられたマルチーズを亡くされていました。
そのワンちゃんは保護犬。
捨てられていたのをお家に迎えられたそうです。
長く闘病生活の末に見送られた里親様。
約1年が経って新しいワンちゃんを迎えたいと思われ、保護犬を探されていたとのことでした。
私は里親様に譲渡させていただく条件とサキツちゃんの身体の状態をお伝えしました。

当たり前のように酷い歯。

そして血液検査で白血球が高かったため、院内で炎症値を見てもらうと・・。
数値は8.4。(正常値は1.0以下)
炎症がどこで起きているか分からないためエコー検査実施。
結果、子宮に液体が貯留していました。

子宮蓄膿症か子宮水腫か、また他の原因か。
もし元気が無くて、食欲がなければ蓄膿症のため緊急手術が必要になるとのことでした。
病院から帰り、ご飯をあげてみると・・・即完食!
後ほどあげてみたおやつは大好きでパクパク。

更にとても元気。
とりあえずは緊急性がなさそうでした。
でも高い炎症値はどこから来ているのか特定できていません。
歯の治療と避妊をしてからもう一度炎症値を調べていただく事が必要になると、里親様にお伝えしました。

保護犬を迎えるという事は、寄り添っていただくこと。
過去を想いやっていただき、現実を受け止めていただかなければなりません。
特に今、ブリーダー崩壊でたくさんの子達が保護されています。
放置され続けた体調は、酷い場合も多い。
里親様ご希望の方にいつもお伝えしていることは・・。
この子達に寄り添っていただくお気持ちが無ければ、決して可愛いだけでは引き受けることは難しいといいうことです。
高騰するペットショップで買うより安価だから・・という安易な理由では出来ないと・・。

サキツの里親様は保護犬を迎えられたご経験がありましたので、冷静にそのことを受け止めてくださいました。
そしてたくさんお考え下さり、それでもお家にお迎えしたいとお申出くださいました。

そんな温かなお気持ちをお持ちの里親様だからこそ、神様はサキツちゃんと出会わせてくれたのでは・・。
私はそう思いました。
そして遠方からお越しくださったため、サキツちゃんはこの日卒業となりました。

里親様。
この度は遠いところお越し下さり、ご縁を繋いでくださいましてありがとうございました。

色々なことをお伝えさせていただきましたが、ご理解くださり本当に感謝しています。
最初は治療などご苦労をお掛けすると思いますが、どうぞよろしくお願い致します。
遠いのでお越しくださるのは難しいと思いますが、先住犬ちゃん達との様子などお知らせいただければ幸いです。
これからのこと、どうぞよろしくお願い致します。

里親様は帰られてから様子をお知らせくださいました。
お家に帰られてから、サキツちゃんずっとお母さんの後をついて回っているそうです。

また先輩達とも何事もなく、ご家族みんなに歓迎していただいたとのことです。

サキツちゃんへ

たった一泊二日のお付き合いだったよね(笑)
でも元気に過ごしてくれたことが嬉しかったです。
ただ、同期のワンちゃん達がベッドに入って寝ている中で
サキツちゃんだけが座ったままフロアで寝ている姿を見て
胸がいっぱいでした。

でも、まだサキツちゃんの犬生は始まったばかりだから・・。
これからはお家の先輩ワンちゃんに色々教えてもらって
楽しいことたくさん経験して
幸せになってください。

卒業おめでとう

サキツちゃんの新しい名前は・・・。
「さくらちゃん」になりました
桜満開の季節にお家に来てくれたから、とつけてくださいました。
里親様、素敵で可愛お名前をありがとうございました。

では。