FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

01月« 2021年02月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728»03月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2021年02月

ハリュちゃん卒業

ガガちゃんに続いて、お迎え待ちだったロングコートチワワのハリュちゃんも月曜日に無事卒業しました



ハリュちゃんがカフェに来たのは2月9日でした。
切なくなるほどの緊張Max。

抱っこもハリュちゃんにとっては怖いものでしかなく、飛び降ります。
目は緊張でいっぱいで見開き、手を出しても最初は逃げる逃げる・・
もともと怖がりさんなのか、知らない場所だからなのか。
様子を見ていましたが、しばらくすると手の臭いを嗅ぎにきましたがその後はぴゅーっと逃げていきます。

お膝からは飛び上がって降り顎を強打
立っての抱っこも飛び降りるため、落下を防ぐためとりあえずは抱っこ禁止。
だから遊歩道に行く道で飛び降りると危ないので、お散歩も慣れるまでは行けませんでした。

実はハリュちゃんの右前足は奇形しています。
真ん中から折れ曲がり、長さも短め。

レントゲンの結果は・・おそらく先天性のもの。
成長する途中で成長板が残り、骨の成長が止まっているようでした。
でも生まれつきだからでしょうか、その足で上手に歩きます。
いえ、走ります。
たまに滑って、上手に起き上がれない時もありましたが、生きていくうえでなんの問題もありませんでした。

でも食欲はあるようでしたが夜のご飯はすぐに食べてくれません。
色んなウエットを混ぜたりしましたが。朝になると残っていることも多い日々でした。
朝はお散歩の後、おやつタイムがあります。
それも食べてくれる日と、食べない日があります。
それは先日卒業したきりのちゃんによく似ていて、私の中では「miniきりの」でした。
でもきりのちゃんんも日を追うごとに食べてくれるようになりましたので、きっと時間が解決してくれるはず・・。

緊張が解けるまでの時間はワンちゃんによって違って当たり前。
本当は仲良くなりたくないワンちゃんなんていないと思います。
何故なら、神様は人と仲良く暮らすためにワンちゃんを創ったと思うからです。

だけど・・今までもしかしたら人に対して怖い思いをして来たのかも知れないし、人と触れあったっことが無かったかもしれない。
人間だってそんなことあるある・・・。

そう思い、無理に追いかけず温かく見守ることにしました。
そして、数日前からお散歩も開始して、少しずつ…。
歩くようになっていました✌️


里親様はハリュちゃんがカフェにデビューした週末の13日に来てくださったご夫婦です。
少し遠方からのご来店でした。
それまで一度、きりのちゃんに会いにきてくださったことがあったと記憶しています。
お話させていただくと、今回ハリュちゃんが気になっているとお伝えくださいました。
でもワンちゃんを飼ったご経験は遠い遠い昔。
現在はネコちゃんと暮らしていらっしゃるとのこと。
それならば飼いやすいワンちゃんの方が適しているのでは・・とお伝えさせていたいたのですが・・。
里親様はそれでも「ハリュちゃんが気になって仕方ない」とおしゃられました。
そのお気持ちの中には、不器用なハリュちゃんであるが故に愛おしさを感じられているご様子でもありました。

そしてこの日は一旦お帰りになられたのですが、その後お電話をくださいました。
そして長い時間お話をさせていただきました。
やはりハリュちゃんと一緒に暮らしたい。
人に慣れなくて不器用なハリュちゃんかもしれないけれど、私もワンちゃんに慣れなていない不器用さは同じ。
一緒に成長していきたいです・・。
そう言ってくださいました。


決してワンちゃんを飼うことは簡単ではありませんが、私はハリュちゃんが好きでハリュちゃんと一緒に暮らしたいといってくださったそのお気持ちがとても嬉しかったです。

ご契約の書類が整って木曜日にご契約させていただき、お仕事のご都合で卒業は昨日になりましたが、その間しっかりハリュちゃんをお迎えするご準備も万端に整えて来てくださいました。


里親様へ
この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして、ありがとうございました。

「今日、1回挨拶に来てくれたから嬉しい」
「今回、3回も挨拶に来てくれたので、前に比べて嬉しい」
「今日は側でいてくれたから嬉しい」
抱っこを無理にされることもなく、回数を重ねるごとに少しだけ変わってくれたハリュのその変化をとても喜んでくださったこと。
ハリュに寄り添ってくださる温かなお気持ちが、私の方こそとても嬉しかったです。
もしかしたら懐くまでには長い道のりが待っているかもしれないハリュちゃんなのでご苦労をお掛けすることになるかもしれませんが、どうか気長に信頼関係を育んでいただければ幸いです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

里親様は帰られてからすぐにメールをくださいました。
家に着いたらっ部屋の中をぐるぐる歩き回って、気がついたら服も脱げてしまいまいした・・。
とこんな感じ(笑)

カフェでは塩対応だったハリュちゃんも、少し不安からなのか側を離れず撫でされてくれているようです。
「まだまだ未熟ですけど、ココアが少しでも楽しく暮らせるように頑張ります」
とお伝えくださいました。
その後・・。
初日里親様の見ている前では食べれなかったご飯も、翌日食べてくれるようになったそうですよ


新しい名前は・・・。
そう「ココアちゃん」です。
可愛い名前を付けてくださいました。

ココアちゃんへ

とってもとっても優しいお家が決まったね。
お母さんはココアちゃんのこと、一生懸命考えてお家に迎えてくれた人だから
安心して大丈夫だよ。
だから・・・。
ゆっくりで構わないと思う。
とりあえずはフカフカベッドに寝れるようになって(笑)
幸せになってね。
そしてネコ先輩とも仲良くお願いします。

卒業、本当におめでとう

では。

スポンサーサイト



ガガちゃん卒業

こんばんは。
昨日お家が決まったアビシニアンのガガちゃんが無事卒業しました
そして先週木曜日にお家が決まったロングコートチワワのハリュちゃんも無事卒業しました(後ほど更新)

ガガちゃん



今日は猫の日(2/22)。
Wikipediaを紐解くと、
「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫と共にこの喜びをかみしめる記念日」
となっています。
そんな喜ばしい日に卒業したガガちゃん。
まさにこの日の卒業のために川西にやって来たように思える出会いをしていただきました。

2月初めもカフェにネコちゃんに会いに来てくださっていた里親様夫婦。
猫ちゃんを探されていました。
ご夫婦は以前ワンちゃんを飼われていたそうですが、
ご主人は数十年前に飼われたご経験がありましたが、その頃はお家の中と外を行ったり来たりの時代。
奥様は全く初めてでいらっしゃいました。
最初に来られた時のネコメンバーはあきつきちゃんとビスコちゃん。
お部屋に入って過ごしていただきましたが、そのままお帰りになりました。
その時たしか、色々なところに行ってみられる予定だとおっしゃられていました。

ガガちゃんのカフェデビューは先週の水曜日。
里親様が2度目にカフェに来てくださったのがデビューの翌日の木曜日。

この日のカフェは、ハリュちゃん、カナコちゃん、ツボミちゃんのご契約の日でした。
せっかく来てくださったけれど、手が空かずに直接お話をさせていただけませんでした。
ですが対応してくれたボランティアさんによりますと・・・ガガちゃんを気に入ってくださったご様子。
日曜にもう一度お越しくださるとのことでした。

その後奥様からお電話をいただき譲渡条件などをお伝えし、迎えた日曜日。
猫ちゃんを飼うことについて、たくさんお話をさせていただきました。
ワンちゃんとネコちゃんを飼うに当たっての違いや準備。
そして繁殖猫だった過去や既往症とこれからのこと。
室内飼いの必要性。
ご主人も奥様も、時折ご質問を交えながら真剣に耳を傾けてくださいました。
1日数時間はお留守があるけれど奥様はほぼお家にいらっしゃるそうで、その点も安心でした。
何より、奥様はガガをとても気にいってくださいました。

ガガは猫部屋先輩のビスコちゃんネコ嫌いのため、カフェに来てからはずっとケージの中で過ごしていました。
夜、時折ネコ部屋スペースに出てもらったり、少しの間だけフロアにも出てもらったりしていましたが、何せお転婆猫のビスコちゃんがずっと付け回したり鳴き続けるので、そんなに長くは出ることができません。

申し訳ないな~と思いましたが、我慢してもらっていました。
でもガガちゃんは本当にお利口にしてくれました。
騒がず、鳴かず。

抱っこもさせてくれて、いつも大音量でゴロゴロ。
「猫は嫌いかもしれないです」
と書かれていた申し送りメモとは違い、ビスコの付け回しにも全く動じず慌てず堂々としていました。
いわば大人の風格を感じる気高い猫ちゃんでした。
アビシニアンのカラーでは珍しいブルーカラー。
筋肉質の美しい身体。

綺麗なアーモンドアイ。
そして美人さんでした。

7歳までを繁殖猫として生きて来た過去があり、歯石と耳が汚れていました概ね健康。
食欲もあり、よく食べてくれました。

初めてネコを飼うご夫婦にとっては、本当に飼いやすいネコちゃんです。
この日ご決めてくださって、ご準備をしてくださって翌日の今日卒業となりました。
そして偶然にも今日は猫の日・・だったというわけです。
ガガちゃんにとっては幸先のいいスタートとなりました。

里親様へ
この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。

ネコちゃんとの暮らしはワンちゃんとは違い、新しい発見もたくさんあると思います。
どうかこれからネコちゃんとの生活をエンジョイしていただければ嬉しいです。
これからのガガちゃんの未来をどうぞよろしくお願いいたします。

奥様は夜、ご丁寧にメールをくださいました。
ご主人がお仕事に行って二人きりになった奥様。
ドキドキスタートだったそうですが、そんな奥様にガガちゃんの方からゴロゴロすりすり。
「あっという間に落ち着いて和ませてくれ、完全に彼女の方が一枚上手です」
とのこと(笑)。

2年前にワンちゃんが亡くなった時に辛過ぎてもう二度と動物は飼わないと思われていたそうですが・・。
「やっぱり家にペットのいる生活は何事にも代えられない幸せです」
とおっしゃられ、
「今まで辛かった分、暖かい生活をさせてあげたいと思います」
と綴ってくださいました。

ガガちゃんへ

ガガちゃんが辿って来た過去はおそらく閉ざされた世界だったと思う。
カフェでもケージの中でガマンしてくれてほんとありがとうね。
でもやっとネコちゃん本来の自由気ままな生活の始まりだね。
のんびりまったりして、たくさん愛してもらって
幸せに暮らして欲しいです。

卒業、本当におめでとう

ガガちゃんの新しい名前は・・・。
「あんずちゃん」
になりました。
ご主人が付けてくださったそうですよ。
可愛い名前をありがとうございました。

では。