FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

01月« 2021年02月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728»03月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2021年02月

アンズゥちゃん卒業

こんばんは。
昨日のミルキィちゃんに続いて、火曜日に来たばかりのトイプードル、アンズゥちゃんの里親様が決まり卒業しました



最初から人見知りは全く無かったアンズゥちゃん。
来月で8歳になります。

無邪気で元気。

違うワンちゃんを構っているとその前に割り込んでくるような構ってちゃんです。

人が好きでした。
ワンちゃんとは、遊びたいけれど激し過ぎて嫌われるタイプ(笑)
しつこく言い寄ってはガウガウされる→上に乗る→引き離される
の図。
最初は隔離しないとダメかも・・と懸念しましたが、大丈夫でした。
いつも明るくて楽しそう。
散歩も興味津々。

お膝も大丈夫。

いえ、抱っこ大好きでした。

アンズゥちゃんがカフェデビューした3日目の金曜日、お母様と息子さんがご来店になりました。
最初はふれあいで、とおっしゃられていたと思います。
少し混み合うカフェ。
お越しくださりどれくらい時間が経っていたでしょうか。
「アンズゥちゃんを連れて帰りたい」
そうおっしゃられているとボランティアさんからお聞きしてお席にお伺いしました。

お母様はご実家でMダックスとシーズーを飼われたご経験がありましたが、今のご家族では初めて。
でもまた、そろそろ飼いたいな・・。
と思われ、カフェを訪れてくださったとのことでした。
アンズゥちゃんは人が好き。

だから息子さんのお膝で抱っこしてもらっていました。
それがアンズゥちゃんの「運命の扉」だったと思います。

ですが、私は既往症をお伝えしなければなりません。
アンズゥちゃんの身体は、長年の苦労をたくさん身に纏っていました。
歯石歯肉炎重度。

耳にはマラセチア菌。
パテラ両GⅡ。
そしてお腹には乳腺腫瘍が6カ所。
少なくない既往症でした。
譲渡条件と共にお伝えしたこの既往症。
私は失礼ながら、きっと受け入れていただけないだろうと思っていました。

ですが・・。
「明日また主人と伺います」
そうおっしゃられたお母様。
アンズゥと真剣に向き合ってくださっていました。
後ほどお聞きすると、この時息子さんもお父様に
「犬を飼いたい」
とメールされていたそうです。

そして今日、ご主人とご一緒に3人で来てくださいました。
ご主人にも昨日と同様、既往症をお話をさせていただきました。
ワンちゃんを飼われるのは初めてのご主人は、少しぎこちなくアンズゥを抱っこされておられて・・・。

どれくらい時間が経っていたでしょうか。
「やはり、アンズゥちゃんをお迎えしたい」
とお申し出くださったのです。

年齢や既往症の有無で選ばれるのでは無く、その子自身を選んでくださったこと・・。
それが私には何よりの嬉しさでした。
その温かさに胸がいっぱいでした。
ほんとに嬉しかったです。

里親様へ
この度、アンズゥちゃんとのご縁を繋いでくださいまして、ありがとうございました。

全てをご理解くださり本当に感謝しています。
お帰り際、ご家族皆さんの笑顔を拝見していて実は泣きそうになりました。
何よりアンズゥが笑顔でいっぱい。
嬉しそうに、楽しそうに買っていただいたハーネスを付けてもらっていて・・。

心から・・・良かったと思いました。
これからは治療も必要になりますが、どうかよろしくお願い致します。
そしてまた、いつでもカフェに遊びに来てくださいね。
お待ちしています。

里親様は帰られてからメールをくださいました。
帰ってからは、お水を少し飲んで、ご飯もほぼ完食。

「不慣れであたふたしていますが、安心して過ごしてもらえるようにしていきたいと思います」
とお伝えくださいました。

アンズゥへ
お家が決まってほんとに良かったね~。
実はね、お母さんはカフェに来てアンズゥを抱っこした瞬間
嬉しくてたまらなかったんんだって・・。
幸せっ、て思ってくださったんだって。

すごい運命やね。
きっとこの瞬間のためにアンズゥは川西に来たんだと思うよ。
これからは楽しいこといっぱいだから
愛されて可愛がってもらって
幸せにね。

卒業おめでとう

アンズゥちゃんの新しい名前は・・・。
「あんずちゃん」
元々の名前を一字削ってもらっただけで、とっても可愛い名前に変身です。
里親様、ありがとうございました。

では。

スポンサーサイト