FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

01月« 2021年02月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728»03月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2021年02月

ブルコちゃん卒業

おはようございます。。
一昨日お家が決まったスコティッシュフォールドのブルコちゃんが昨日無事卒業しました



8月25日に川西に来たブルコちゃん。
私はそれからはブーちゃんと呼んでいました。

少し強面。
スコティッシュには珍しいブルーのサビ柄。
瞳はゴールドでした。
身体は痩せこけ、体重たった2.6㎏。
そんな初めましてでした。

でも日を追うごとにわかってきた性格は・・その穏やかさでした。
鳴かない。
爪を立てない。
噛まない。
病院に行くときも難なくキャリーケースに入ってくれたし、キャリーケースの中でも一切鳴きませんでした。
抱っこだけは嫌なようでしたが、
営業終了後に出れたフロアでは楽しそうに遊び、じゃれていて

そのうち名前を呼べば見つめてくれたり、後を追ってくれたり・・。
気がつけばいつも、夜仕事をしている私の隣に寄り添ってもくれました。


決して自らアピールしたり、激しさはありませんでしたが、地味に懐いてくれた。
それが私の知るブーちゃんでした。

カフェに来たときからくしゃみするたびに青っぱなが出ていたブーちゃん。
そのお鼻をティッシュで拭いても一切怒ることなく、目ヤニを取っても同じでした。

でもそのために、最初から病院通いでした。
ネブライザー治療も全く大丈夫。
抗生剤をもらっての服用も、ちゅーるに混ぜれば楽勝で完食。
更に、お口の中にできものが出来てしまい、最初はメラノーマかと慌てましたが

その時も病院ではお利口さんに診察を受けてくれました。
幸いメラノーマでは無かったので本当に嬉しかったです。
また、その治療のための塗り薬も全く問題なく塗らせてくれました。

そして・・・。
人にも穏やかでしたが、ネコちゃんに対しても穏やかでした。
リーちゃん、メイルちゃん、エリーちゃん、あきつきちゃんと、猫部屋には今まで4頭の同居ネコちゃんが一緒でしたが、一度ももめたことがありません。
時折、相手からネコパンチが飛んできてもケンカにはなりませんでした。

だから、どんなお家でも馴染んでくれると思いました。

7年間、足りないご飯で繁殖をして来たブーちゃん。
食べることは大好きでした。
特におやつが大好きで、ちゅーるも大好き。
時折あきつきちゃんのご飯も食べていました。
昨日測った体重測定では3.4㎏。




やっとネコらしい体重になっていました。

カフェに来て4ヵ月が過ぎた1月14日。
遂にブルコの運命が動き始めました。
この日、お電話をくださって会いに来てくださった里親様とお嬢様。
実は2019年7月に卒業したスコティッシュフォールドのポッケちゃんのご家族でした。
最初はポッケちゃんに激似のあきつきちゃんを2頭目にと思われて会いに来てくださいました。
でも、触れ合ってくださった時に同室のブルコちゃんに目を留められた里親様。
写真でだけでは分からないブルコちゃんの可愛さに気づいてくださいました。
でも、やはりポッケちゃんとの相性は気になるご様子。
ブルコちゃんもあきつきちゃんも穏やかさでは引けを取らないタイプ。
それでは・・・もし大丈夫でしたらポッケちゃんを連れて来ていただいてはいかがでしょうか、とお伝えしました。

それから約10日後の23日、里親様はポッケちゃんと一緒にカフェにきてくださいました。
結果的には・・。

元いた場所のカフェの猫部屋でしたが、興味津々のブーちゃんが近づくとポッケちゃんは「シャー」。
タワーの上に登ってしまいました。
ポッケちゃんは飼い猫さん。
もう、カフェはアウエイでした。
お家とは全く違う様子のポッケちゃんを見られた里親様は少なからずともびっくりされていたようでした。
でも、それはネコちゃんあるある。
最初は少しぎこちないかも知れないけど、もしお家に迎えたとしても時間がきっと解決してくれると思う。
ご家族でどうかご相談いただければ・・。
そうお伝えさせていただきました。

帰られてやはり里親様は悩まれたたと思います。
28日、メールをいただきました。
今まで順調に過ごしてくれていたポッケちゃん。
おそらくシャーも初めてのこと。
お迎えしたいが8割。
不安が2割。
でも・・。
「ブルコちゃんをお迎えしたい」
というお便りでした。
「時間を掛けながら頑張ってみようと思います」
と言ってくださいました。
ブーちゃんの穏やかな性格が決め手になってくれたようでした。

一昨日の土曜日にご契約してくださった里親様。
この日はご主人もご一緒に来てくださいました。

そして昨日、お嬢様と一緒にお迎えにきてもらったブルコちゃん。

お迎えのキャリーバックには自ら進んで入っていきました。

里親様。
この度も素敵なご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。

初めての多頭飼いでご不安もあることと思います。
ですが、きっと時間が解決してくれるはずですので、ゆっくり見守っていただければ幸いです。
何かありましたら、ぜひご相談くださいね。
一緒に頑張りましょう。
どうぞよろしくお願いいたします。

そして今朝、様子をご連絡くださいました。
お家に着いて、ポッケちゃんと対面せずにブルコちゃんは和室に直行。
ブルコちゃんは部屋をうろうろしたり、寝たりと自由。

一方、気がついたのかポッケちゃんは和室が気になる様子。

思い切ってふすまを開けてみられると・・。
ポッケちゃんはタワーに登ってしまったそうです。

ブルコちゃんは物おじせず自由。
撫でるとゴロゴロしたり、毛布をふみふみしたり、ご飯も完食。
「今までと違う生活にポッケが慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、焦らず見守りたいと思います」
と綴ってくださいました。

ブーちゃんへ

ブーちゃんと過ごした5か月は本当に楽しかったよ。
お利口過ぎて、大物過ぎて、
私達を困らせることも無くて、
その穏やかな性格は、私の癒しでした。
ありがとう。
そのブーちゃんの良さに気づいてもらえて本当に良かった。
お家には先輩ポッケちゃんがいるけれど、仲良くしてもらって
どうか幸せに。


卒業おめでとう

ブルコちゃんの新しい名前は・・。
「ルウちゃん」
ブルコの「ル」の字を残してくださいました。
里親様ありがとうございました。

では。
スポンサーサイト