fc2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

11月« 2020年12月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»01月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2020年12月

RUKAちゃん卒業しました

こんばんは。
Xmasの今日、トイプードルのRUKAちゃんにサンタクロースさんが素敵なご縁を繋げてくれました


RUKAちゃんは飼育放棄犬。
飼主死亡のため引き取られたご家族にアレルギーが出たためとのことでした。

やむを得ないとはいえ、保護2日目に川西に来たRUKAにとってどれだけ不安だったことでしょう。
飼育放棄犬は、飼い主がいたことを覚えています。
そしてその飼い主との別れを知っています。
見知らぬ場所の団体生活。
夜はケージにも入らねばなりません。
慣れないケージの夜はずっと鳴き続けていて、
昼はたいていのワンちゃんは通りが見える入口で飼い主が迎えに来てくれることを待っています。

私達が譲渡条件に二次的飼育場所を求める所以は、そんなストレスを経験して欲しくないから。
絶対に最後まで一緒にいれるとは限らず、万が一にもそんなことがあったときの事を考えての事です。

RUKAも夜は大音量でケージで鳴き続けていました。
出してあげたくても出してあげられない・・。
RUKAも我慢でしたが、私も我慢。
慣れてくれることを祈りながら、RUKAが寝付くまで帰れませんでした。
初日5時間。
翌日4時間。
翌々日3時間・・。
と徐々に無く時間が少なくなり、1週間経った頃には鳴かなくなりました。

「RUKA偉いなぁ」
って何度も誉めてあげました。

ワンちゃんは賢くて、我慢を覚えていきます。
覚えるまでの時間は様々ですが、またそれも切ないです。

飼犬経験7年。
だから、お散歩は得意でした。
走る走る・・。

また、情報では犬があまり好きでないとのことでしたが、
気がつけばメンマくんやふくろうくん、チャロともワンプロで結構楽しく遊んでくれました。

11月19日、お誕生日を迎えた時にはボランティアさんが持ってきてくれたケーキで、みんなでお祝い。

ちょっと得意気な表情もとっても可愛いでした。

そして人が大好き。
最初はお散歩してくれたボランティアさんにその日一日くっつき、後追いし、しがみついていて、

帰るときにはずっとその姿を入口から見ていました。

徐々に好き嫌いがはっきりして、贔屓のボランティアさんには自分からお膝に乗って
降ろしても降ろしても乗っていました(笑)

でも大変だったのはご飯です。
出したご飯を、他のワンちゃんはすぐに完食するのに、全く手も付けずでした。
何を食べて来たのかわかりません。
何種類かを並べて置いていても、臭いを嗅ぐだけ。
朝までそのまま残っていました。
朝は手からだと少し食べてくれるのですが、それでも遊びながらちょっとだけ。
反面おやつは食べました。
ここからは根競べ。
でもすぐは食べませんでしたが、10日を過ぎた頃から朝になったら完食していました。
比較的早くに完食できるようになったのはここ数日の事です。

里親様は最初12月12日にカフェに来てくださったご家族です。
お車で2時間余りの少し遠方から。
小さなお嬢様2名がご一緒でした。

その時、RUKAはお嬢様のお膝に上手に乗っていました。
長く過ごしてくださった後、RUKAの事を気に入ってくださっていて
飼うならRUKAちゃんかな・・とおっしゃられていました。

次に来てくださったのが12月19日。
この日、渋滞に巻き込まれてカフェに着かれたのが17時20分くらいでした。

ご契約には少しお時間が足りずのこの日、再確認でRUKAの既往症や譲渡条件をお伝えしました。

そして今日、開店と同時にカフェを訪れてくださったご一家。
RUKAを連れて帰ってくださるために来てくださったのです。
ご契約の時に、RUKAを選ばれた理由をお聞きすると・・。
「人懐こいから」
と言ってくださいました。

ほんとにRUKAは人懐こいワンちゃんです。
その可愛さに気づいてくださったこと。
お家のワンちゃんに選んでくださったこと。
今度こそ、絶対に離れることのないお家が出来たこと。
そして今日がXmasだったこと。

サンタさんの粋な計らいと全てが嬉しくて胸がいっぱいになりました。

里親様へ
この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして本当いありがとうございました。

色々お話をさせていただきましたが、そのことを一生懸命ご理解くださり感謝しています。
懐こさやお散歩は得意ですが、ご飯については少しご苦労を掛けるかもしれません。
でも、RUKAちゃんは賢いワンちゃんです。
絶対に慣れてくれると思いますので、どうぞ気長にお願いできれば幸いです。
年末年始、温かなお家で過ごせることが出来て感無量です。
これからもよろしくお願いします。

そしてRUKAちゃんへ

きっと不安でいっぱいだったと思うのに、
いままでカフェで頑張ってくれてありがとうね。
大きな鳴き声がもう聞けなくなってちょっと寂しいけれど(笑)
皆さんに可愛がってもらって
楽しくご機嫌で、健康で幸せに・・。

素敵なお家が決まって、本当におめでとう

RUKAちゃんの名前はそのまま・・
「RUKAちゃん」です
里親様、ありがとうございました。

では。

スポンサーサイト