FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

05月« 2020年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2020年06月

イタくん卒業 モモちゃん卒業

こんばんは。

今日トイプードルのイタくんと、ロングコートチワワのモモちゃんの同期2頭にご縁が繋がり卒業しました

イタくん



イタくんは月6月2日、今日同じく卒業したモモちゃんと一緒の日に川西に来ました。
最初からモモちゃんとは仲良しコンビ。

そして卒業の日まで一緒の日になりました。

たった1.7㎏の小さすぎるワンちゃん。

毛があるので目立ちませんが、ウエストは片手の人差し指と親指を丸めて足りるくらいの細さ。
触ると骨もゴツゴツしていて、とても痩せていました。

2歳での早い保護の理由は、片側停留睾丸。
おそらくブリーディング不向と思います。

初日ご飯拒否。
ドライもウエットも、混ぜてもどれも食べてくれません。
鼻を使ってご飯の器にペットシーツを掛けてさっさと隠してしまいました。
次の日も全く食べず、ペットシーツで早々に蓋をしてしまうイタ。
ふやかしてもダメでした。
「嘘でしょ」
まさかの完全否定。
何を食べて来たのか、いや、食べないから痩せているのか。
もはや分からなくなりました。

このところカフェに来る子達はご飯をしっかり食べてくれない子が多くいます。
小さくすれば高く売れ、また今の住宅事情に合うように小さく改良を繰り返した結果なのか。
繁殖犬の楽しみは食べることだけであるはずなのに、とても胸が苦しくなりました。
でも、食べてもらわないと・・・。
私は必至であれこれを試行錯誤していました。

それから3日後の夜。
食に興味のない子用のドライをいただいたので試してみたところ、25粒手から食べてくれたイタ。
さらに2日後ウエットを食べ始めました。
量的には足りていませんがまず安堵。

それ以降、量は少ないけれどふやかしフードとウエットを食べるようになってくれました。
もちろん食べムラはありましたが・・・。

またカフェに来て4日後の土曜の朝、ケージに血。
肛門袋が破れていて・・。

気付いてあげれずにかわいそうなことをしてしまいました。

でも、イタ本人はいたって元気。
日中は元気に走り回り、女子大好きワンちゃん。

特に同期のモモちゃんにはずっとご執心。
常に側にいて一緒にくっついて過ごしていました。


小さくて可愛いのでお問合せや面会も多くありました。
ちょこまかとフロアで過ごすイタは本当に可愛いワンちゃんでした。

里親様は昨日初めてカフェに来られたお母様と2人の息子さんでした。
ワンちゃんを飼いたいと思ってはおられたそうですが、とりあえず遊びに来てくださったようでした。
前日デビちゃん、しんこちゃん、まい子ちゃんの3頭が卒業したので、フロアには4頭のワンちゃんがいました。
ご家族で長く過ごしていただくうち、お席にお伺いしてお話もさせていただきました。

そしてご質問くださったのは、イタの事でした。
私はイタについての全てをお話しました。
特にご飯については御苦労をお掛けすると思う、とお伝えしました。

ですがその後
「イタをお家に迎えたい・・」
そうお申し出くださいました。

その時、閉店間際でしたので、
一度今日はお家に帰られてご主人に話していただき、お気持が変わらなければ明日いらしてください・・。
そうお伝えしました。

そして今日、開店直後にカフェに来てくださった里親様。
イタの全てを受け入れてくださいました。


里親様へ。
この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして、ありがとうございました。

ご飯ではきっとご苦労をお掛けすると思います。
でも、「大丈夫」と言ってくださり、とても心強く思いました。
イタの全てを受け入れてくださったことに心から感謝しています。
どうかご家族皆さんで、イタくんとの生活を楽しんでください。

また、楽しい思い出をご家族でたくさん作っていただければ幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

そして夜、里親様からお便りが届きました。
帰りにお母様のお家に寄られたそうで、お母様にもイタくんをご披露。
とても喜んでくださったそうです。
気になるご飯ですが、ウエットを少し食べてくれたようです。

「根気よく頑張ります」
そう言ってくださいました。

イタくんへ


新しいお家の居心地はどうですか?
快適ですか?
イタくんにひとつだけお願いです。
ご飯をたくさん食べて、体重をせめて2㎏にして欲しいです。
ちょっとづつでいいので。
そしてみんなに可愛がってもらって、楽しく楽しく過ごしてくださいね。

卒業、ほんとにおめでとう

イタくんの新しい名前は・・。
「パンチョくん」になりました


モモちゃん



モモちゃんもイタくんと同じ6月2日にカフェに来ました。
愛くるしい目に加えて、性格もとっても可愛いチワワちゃん。

抱っこが大好きで、お膝を選ばず小さなお子様のお膝にでも上手に乗ってくれました。

そのままおネンネも得意技。
そしてシッポはいつでもたいていはフリフリ。
「モモちゃん!」
って呼ぶと、駆け寄ってくれるようにもなりました。


でもお耳には耳ダニがいて、声帯もカットされていました。
鳴いてもわずかな音しか出ていません。
お腹には帝王切開の跡。
「頑張って来たんやね・・」
そうモモちゃんに向かって労いの言葉を伝えました。
でもそれさえもシッポをパタパタ振ってご機嫌で応えてくれたモモちゃん。

人懐こくて、穏やかなモモちゃんなのでした。
そしてモモちゃんの母性に惹かれるイタくんは、いつでもモモちゃんにくっついて過ごしていました。


緊急事態宣言解除後のカフェでは人気。
昨日もモモちゃんはとっても引っ張りだこでした。

里親様は昨日初めてカフェにきてくださったお母様とお嬢様です。
ふれあいでお越しくださったため、お話をほとんどさせていただいていませんでしたが・・。
今日お電話をくださっって、モモちゃんをお家にと考えているのでお話を聞かせて欲しい・・。
そうお伝えくださいました。
今日はお父様もご一緒にカフェにお見えになり、ゆっくりお話を伺ったところ・・・。
お嬢様はずっとワンちゃんを飼いたいとおっしゃられていたそうですが飼えないお家だったそうです。
でも最近一軒家にお引越しされたご一家。
でも・・ワンちゃんは命。
だから、ご両親は一生懸命考えてから飼うつもりでいらっしゃったそうです。

ですが昨日モモちゃんと出会ってしまったお嬢様は、モモちゃんにぞっこん。
私がお伝えする厳しい言葉にも、真剣な表情頷いてくれて、そしてその意思はとても堅いものでした。
その後ご相談され、引き取ることをお申し出くださった里親様。
ご契約に必要な書類を一度ご自宅にとりに帰られた後、ご契約となりました。
その時のお嬢様の嬉しそうな表情が印象的でした。
望まれてお家が決まった瞬間でした。

里親様へ。

お嬢様なら、絶対に大丈夫。
そう感じさせていただきました。
きっとお嬢様にとってモモちゃんは運命のワンちゃんだったのですね。
これからはワンちゃんと一緒の生活をぜひ楽しんでくださいです。
また、初めてで分からないことがありましたら、ご遠慮なくお聞きいただければ幸いです。
そして、よろしかったらぜひまたカフェに遊びにきてくださいね。
どうぞよろしくお願い致します。

そして可愛いモモちゃんへ


いつもご機嫌で怒ることなんてなかったね。
ワンちゃんも人も、大好きでいてくれたモモちゃん。
ほんとに可愛いかったよ。
ありがとう。
新しいお家のお嬢さんのお名前もモモと一緒。
モモ・モモコンビ誕生やね。
それもきっと運命だと思う。

しっかりご飯を食べて、皆に愛されて
飛び切り幸せになってください。

モモちゃん。
卒業ほんとにおめでとう

新しい名前は・・・。
今のところ、お嬢様の強いご希望で
「モモちゃん」のままの予定です。

では。

スポンサーサイト