FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

05月« 2020年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2020年06月

ゆみなちゃん卒業

こんばんは。
今日、ロングコートチワワのゆみなちゃんが卒業しました



大きなオメメと可愛く出たベロがトレードマークのゆみなちゃん。

5月12日にカフェに来たときには、緊張でフロアで立ち尽くしていたことを思い出しました。
保護され間もなく移動してきたこと。
環境が変化して、その時はきっと何も分からなかったのだと思います。

そしてヒートでした。
男子のワンちゃんに追いかけられていましたが、ゆみなもそれを嫌がりませんでした・・。
それはずっとそうしてきたゆみなの切ない過去でした。


そしておむつに膿のようなものを見つけたので、子宮蓄膿症を疑いすぐに病院へ。
結果、子宮蓄膿症ではありませんでしたが、エコーで膀胱に沈殿物発見。
すぐに検尿で顆粒円柱と判明。
明らかな感染や白血球の減少は見られなかったので、様子を見て2週間後再度検尿。
結果は変わらずでした。
腎臓に疾患がある場合にでることがある顆粒円柱。
でもゆみなは腎臓疾患の症状がでていませんでしたので、様子をみてまた検尿をすることになりました。

ゆみなはカフェに来た夜からご飯を食べてくれませんでした。
色々な工夫をすれど、臭いを嗅いで少し口を付ける程度。

そんな夜がずっと続きました。
5月23日、何度も白い液を嘔吐。
ゆるい便も続いていたので、その夜病院へ。

アレルギー値が少し高いことも判明。
お薬と注射をしてもらいました。

歯石重度に欠歯多数。
両眼初発白内障。
両足パテラGⅢ。
お腹には帝王切開の跡。


可愛い可愛い笑顔のその中にたくさんの疾患を秘めているゆみな。
面会をしてもらってもお家が決まりませんでした。
でも日に日にカフェに慣れ、先輩になっていったゆみなは、強いチワワ女子へと変身。
いえ、もともと強かったのだと思います。
しんこちゃん(雑種、体重10キロ)が遊びたくて近づいていくと、全力で蹴散らしていました。
身体の大きさでは完全に不利でも、気持ちは負けていません。
結果、ゆみなの完全勝利
抱っこされているお膝に、他のワンちゃんが近づいても同じく威嚇。
「ゆみちゃん、怖いわ~」
って言われることもしばしばでした。


でも、ゆみなは人が大好きでした。
お膝も大好き。
じっと目を見つめながら、いつまででもお膝で過ごしました。

だから私もそうですが、ゆみなが大好きでした。
近くに来て抱っこをせがまれるとついつい抱っこして離せなくなりました。

可愛くて強くて、それは武器。
きっといいお家が見つかると確信していました。

里親様は昨日カフェに初めて来てくださったご家族です。
里親様と妹さんとおばあ様でした。
里親様はずっとずっとワンちゃんを飼いたいと思っておられたそうです。
ですが、飼わなかった。
それは、自分が責任を持てるようになってから飼う。
そう誓っていらしゃったそうです。
そして仕事を持ち、落ち着いたからと選んでくださったのは、保護犬でした。
飼うなら保護犬を選んであげたい。
そうお伝えくださった里親様。

とても堅いお仕事に就かれていたこともあり、多くを語られるわけではありませんでしたが、その優しいお気持ちは私には十分伝わっていました。

初めてワンちゃんを飼うお家でした。
でも、保護犬は色々あるからと受け入れてくださるお気持ちがありました。
おばあ様も優しいお人柄で、私のお伝えすることをご理解くださいました。

閉店間際までたくさんたくさんお話をさせていただき、翌日の今日ご契約。
そして今日はご家族全員でゆみなを迎えに来てくださいました。
それはとても温かな光景。

嬉しかったです。

里親様へ。
この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。

色々不安もおありだったとはと思いますが、それでもゆみなを可愛いと言ってお家の子にしてくださったことにお礼を言わせてください。
徐々にご飯も食べるようになってきましたが、まだまだ不安定なところもあります。
もし分からないことがありましたら、ご相談いただければと思います。
ゆみなの未来が愛でいっぱいでありますように。
ご家族皆さんが幸せでありますように。
心から願っています。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

そして帰られてから送ってくださったお便りには・・。
シッポを振りながら、広いケージ(豪邸)で過ごすゆみなの姿がありました。

まだこの時、ご飯は食べなかったそうです
「気長に頑張ります」
とのご報告でした。

可愛いゆみなへ


ご飯を何日もほとんど食べてくれなくて、
「お願い、食べて」
って怒ったこともあったけれど、
最近では食べてくれるようになってほんとに嬉しかった。
気弱な女子に見えて、ほんとは強いところ。
可愛いね、って言うとすっごく可愛いポーズをしてくれたところ。
病院でもお利口でシッポをフリフリしてしていたところ。

ゆみなのそんなところがとっても好きだった。
これからは優しい里親様達に囲まれて、
本当の人生を生きなおしてください。
ゆみな、卒業おめでとう。

幸せに・・ね

ゆみなちゃんの名前は・・。
そのまま「ゆみなちゃん」です

では。

スポンサーサイト