FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

05月« 2020年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2020年06月

しんこちゃんの卒業

こんばんは。
昨日、雑種犬のしんこちゃんが卒業しました
少し長くなりますが、お付き合いくださいです。



しんこが保護されたのは、昨年11月。
カフェに来たのは2月11日でした。
地方の保健所からの保護。
体重7.6㎏。
その時推定7か月齢でした。



カフェに来たときの事を鮮明に覚えています。
キャリーケースの奥に身体を小さく畳んで怯えていて、
緊張からなのかよだれがいっぱい出ていて、抱っこすると腕にしがみ付いていました。

大きい身体でもまだまだ子供。
その夜、手からあげたおやつを食べれなかったしんこ。
あどけない瞳の奥には、警戒心と怖さが入り混じっていて・・。
でもそれが愛おしくて、思わず抱っこしてしまう程可愛いくて・・。

あどけなくて可愛い、初めましてでした。

人に慣れるより早くワンちゃんと馴染んでいて、時折遠慮がちにワンちゃん達に寄って行って遊んでいましたが・・。
その後すぐに人にも慣れてくれました。
フロアに座っているとお尻をゴッツンぶつけてきたり、もちろん抱っこも嫌がらずさせてくれて、おやつも気がつけば最前線でもらっていました。

ただし自由に過ごしてくれるのは、カフェのボランティアスタッフさんだけの空間に限りでした。

カフェでボランティアのお手伝いをしてくれた人を覚えていて、その人には心を許していたしんこ。
反面、お客様には絶対に心を許すことをしませんでした。
それから4か月間、しんこはお客様がいる時には頑なにずっと机の下で過ごし、

手を出すとさらにこれ以上奥に行けない場所にくっついて、時には震えていました。

お客様がいる時といない時のギャップ。
例えば・・・。
いない時には、他のワンちゃん達を遊びに誘います。
身体の差が何倍もあるのに、気持ちは同等。
ワンちゃん達が嫌がって怒られても怒られても平気。

しんこの遊び方は足や背中に甘噛みのつもりで歯を当てます。
絶対に本気噛みはしません。
そう、しんこは絶対に噛むことはしないのです。
お口の中に私が手を突っ込んでも、絶対に噛むことはない。
しんこの歯は決して人を傷つける武器ではありませんでした。
でも、綺麗に揃った歯は当たると痛いです。
「しんこ、ダメ」
「しんこ、あかん」
「こら、しんこ」
お客様が来られるまでの時間やお客様がいない時はワンちゃんにそれをしつこく繰り返すので、危ないからとスタッフにしょっちゅう叱られて。
結局、厨房前エリアに隔離されたことも何度も。

また、おやつ大好きなしんこは誰よりも食いしん坊さんでした。
一番前でしっかりたくさんもらっていました。

そしてフロアの真ん中のベッドで休み、時折おもちゃで遊び、自由に楽しく天真爛漫なしんこでした。


一方お客様がいらっしゃる時は、気配を完全に消して机の下。
あんなに大好きなおやつさえ、私が持って行ってもしんこは口にしないことも多々ありました。
警戒心が強いことは悪いことではありません。
でも、里親様候補の方が来られても懐く素振りどころか、机の下で頑なな態度。

抱っこは断固拒否ですぐ降りてしまう。

お家に行くと慣れてくれるのは間違いないと思います。
しんこにとって何が一番いい選択なのか。
しんこにとってどんなお家が幸せなのかをずっと考えながらの日々でした。

5月末には体重が10㎏を超え、カフェに来たときに比べて体つきも大きくなり、子供から大人へと着実に成長していきました。

⬇️

シャンプーもカフェのドッグバスに入らなくなり、お天気のいい日にボランティアさんのシャンプー隊にお外で綺麗にしてもらったり、換毛期なのでお外でブラッシングしてもらったり。

誰よりもみんなに可愛がられ愛されたしんこ。
初日こそお散歩は固まって一歩も動けませんでしたが、2日目から徐々に出来るようになり、時にはダッシュ
多少の雨でも、カッパを着せてもらってお散歩もしてもらいました。

里親様は緊急事態宣言が明け通常営業を再開した6月1日、お車で1時間以上かかるところから、Instagramを見てしんこに会いにカフェに来てくださいました。


お話を伺うと、お家には3頭のワンちゃんがいるとのこと。
チワワのコロンちゃん。チワポメmixのマルンちゃん。シェルティのリアンちゃん。
しんこをお迎えくださると、4頭目になります。
とりあえずは一度、気になるワンちゃんとの相性を見てみた方がいいとお伝えしました。
その他にも気になることもありましたので、たくさんお話をさせていただきました。

もし、本当にしんこを望まれているのであれば相性を見てくださるはず。
気になるところもクリアしてくださるはず。
この時はそんな気持ちでした。
4頭目でしたが、そこまでお話させていただいたのは里親様がとても優しくて素敵な方だったからです。
そして、ほぼ同い年で体格も対等なシェルティのリアンちゃん。
もし、しんこと相性が合えばいいお友達になるかも・。
そう感じたからだと思います。

そして6月7日。
お電話をくださって、リアンちゃんとマルンちゃんを伴われてカフェに再度きてくださいました。

早速マッチング・・。
場所をバックヤードからフロアに移して見ると・・・。
最初はリアンちゃんが遊びに誘ってくれて、それに応じたしんこ。
たくさんのお客様がいるのにもかかわらず、しんこはリアンちゃんと遊び出しました。

いつもは小さなワンちゃんとのワンプロは危ないからとストップされるのに、この日はみんなが見守る中でしんこはずっとずっと楽しそうに・・。
それは楽しそうにリアンちゃんとワンプロで遊び続けました。
嬉しかったです。
やっと一緒に遊べるワンちゃんがいて、それに夢中で遊ぶしんこ。
フロアにいた皆んながあげる歓声を聞きながら、胸がいっぱいで泣いてしまいそうでした。
「しんこにとって何が幸せなのか」
それを思い続けていた私は、このお家のためにしんこは頑なに人を拒んでいたのではないか。
そんなことを考えていました。

残る気になることもしっかり対応してくださった里親様。
遂に卒業の日がやって来ました。
平日でしたがしんこの卒業に立ち会うために来てくれたボランティアさん達に見守られ、大拍手で見送られたしんこ。

温かな涙が溢れる素敵な門出になりました。

里親様へ。
遠い場所からカフェまで何度も足を運んでくださいましてありがとうございました。


また私の申し出を快諾下さり、ひとつづつ条件をクリアしてくださったことに心からお礼を言わせてください。
諦められることなく対応してくださったことを心から感謝しています。
これからワンちゃん達を含めたご家族皆さんの毎日が楽しく幸せでありますように・・。
いつもカフェから祈っていますね。
また様子をお知らせいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

そして帰られてからすぐにメールをいただきました。
家に着いたら3ワンちゃんに囲まれて逃げるようにケージに入ったしんこちゃん。

ですが、ワチャワチャなみんなが気になり、少ししたら出て来たそうです。

そして翌朝は、しんこの好物のおやつをみんなで食べておやつパーティ。
ひょっこりケージから出たしんこもみんなと一緒におすわりして食べたそうです。

更に今日は、マルンちゃんコロンちゃんがトリミングに出かけたので、リアンちゃんと2頭きり。
ぎこちないけれど、一緒に遊んだようですヨ。


「卒業時、しんこちゃんに対する皆さんの愛情がとても伝わってきて涙してしまいました。一生を共にする覚悟と責任を再確認し、ずっと幸せに楽しく暮らして行けるよう、精一杯頑張ります」
とのお言葉を綴ってくださいました。

そして大好きなしんこちゃんへ。


初めて自分からお膝に乗ってくれた時や、初めて手からおやつをもらってくれた時。
もうずっと前のように感じられるくらいとっても成長したね。
じっと見つめてくれた可愛い目。
呼ぶと耳だけこっちを向けてくれた耳。
2か月たって初めて「バウッ」て鳴いたこと。
おやつもらえるからと、厨房にすぐ入ってしまうこと。

おやつもらうときのお座りを教えてもらったらすぐ覚えたこと。


その後おやつもらうときにいちいちお座りせず、ずっと座ったままおやつ食べてたこと。
小さなワンちゃんの足を噛みに行くから怒られても、全然聞いてくれなかったこと。
何より毎日快食快便。
楽しく過ごしてくれたこと。
しんこと過ごした4ヵ月は楽しかった。
私達を幸せな気持ちにさせてくれて、ありがとう。

お腹が弱いから、食べ過ぎに注意して。
そしてご機嫌な毎日過ごしてください。

しんこ、卒業おめでとう
幸せにね。

しんこちゃんの名前は、ずっと呼ばれていたからとそのまま・・。
「しんこちゃん」です。
里親様、ありがとうございました。

では。

デビちゃん卒業、まい子ちゃん卒業

こんばんは。
今日、シーズーのデビちゃんにご縁が繋がり、卒業となりました
そして、昨日里親様が決まったトイプードルのまい子ちゃんもお迎えにきてもらって無事卒業しました

雑種犬のしんこちゃんも今日卒業しましたが、残念ながら時間切れのため後日更新させていただきます。



デビちゃん



カフェに来たのは6月2日です。
小さなころにワンちゃんに噛まれて片目を摘出していたデビちゃんですが・・。

性格良好。
マイペースではあるけれど、2~3日」経った頃には駆け寄って来て抱っこしてほしくてお膝をかりかり。
名前を呼ぶと遠くからでも走ってきてくれるようになったデビ。

おもちゃで機嫌よく一人遊びしたりすることも多く、また抱っこも大好き。
ワンちゃんとの仲も問題ありませんし、

一人でベッドでおネンネも伸び伸びしていました。

ほとんど鳴くことも無く、ご飯は即完食。
おやつ大大抱き好きなとっても食いしん坊さん。
厨房への柵を背伸びしておやつ待ち愛嬌たっぷり(笑)。

お散歩も最初から歩いていて、徐々に上手に歩けるようになってます。
デビは片目のハンディキャップをつい忘れてしまうくらいの可愛くて、本当に手のかからないお利口さん。

とっても逞しい子でした。

里親様は今日初めてカフェに来てくださったご夫婦です。
それまでに2度お電話をくださっていました。
お話をさせていただくと、デビを見つけてくださったのはお子様達でした。
保護犬の存在を知ってくださったお子様達が、ワンちゃんを飼うのなら保護犬を引き取って育ててあげたい・・。
そう言ってくださっていたそうで、ご家族でもたくさんお考えになりお話合いもされていたそうです。
そんな時、ネットで見つけてくださったデビちゃん。
可愛くて毎日話題になり・・。
お母様がカフェにお電話をくださった・・ということでした。

優しいお家。
お話をさせていただいて感じた印象でした。
今日は学校があってお子様達はお見えになりませんでしたが、ご両親の優しい様子を拝見していて伝わってくる温かさ。

何より、デビをとても気に入ってくださっていました。
「可愛い、可愛い」
と今日何度口にされたことでしょう。

過ごしてくださって約1時間が過ぎたころにはもう、お心は決まっておられました。
既に動物病院に行かれてお話もされていて、準備万端。
心配することなど何もありませんでした。

里親様へ。

ご家族皆さんの優しい優しいお気持に心から感謝しています。
素敵なご縁をお繋ぎいただき、本当にありがとうございました。
デビちゃんとのこれからの生活をぜひ、ご家族で楽しんでいただければ幸いです。
少しカフェからは遠いですが、また遊びに来てくださいね。
お会いできませんでしたが、お子様達もぜひお越しくださいです。
どうぞよろしくお願い致します。

帰られてから送ってくださったメールには、
「初めての場所で、シッポフリフリ。好奇心旺盛であちこちの臭いを嗅いでいます」
とのご報告。

デビちゃんのやっぱり大物ぶりな様子をお伝えくださいましたよ。

デビちゃんへ。

ご飯をなかなか食べてくれないワンちゃんが今カフェにたくさんいて
その中で、ご飯を即完食してくれたことがほんとに嬉しかった。
そんな逞しさが頼もしく思えました。
素敵なお家が決まってほんとに良かった。
だから、皆さんに愛されて幸せになってね。
そしてご家族皆さんを幸せにしてあげてください。


デビちゃん、卒業ほんとにおめでとう

里親様が新しくつけてくださった名前は・・。
「チョコちゃん」です。
可愛い名前をありがとうございました


まい子ちゃん




まい子ちゃんは今週火曜日にカフェに来たばかりです。
小さな可愛いトイプードル女子。
オメメが可愛い癒し系ワンちゃんです。

性格は・・・。
怖がりさんではありません。
震えるわけではないし、ビビる様子もありませんでした。
とにかくふかふかベッドがお気に入りで、抱っこされていてもそこに戻って寝ていました。

マイペースなのかな、と思っていたのですが・・。
実はそうではありませんでした。
ケージの中で夜、鳴き続けていました。
少しの物音にも敏感で、鳴きました。
ご飯もとっても小食。
2日目からは全く手をつけずにいて、色々試しても朝までそのまま残っていました。
ケージの中が嫌いなのかな。
そう感じました。

カフェに来た翌日の水曜日。
一件のお電話をいただきました。
そのお電話は、昨年7月カフェから卒業したトイプードルのミカちゃん(現ミーちゃん)の里親様のお嬢様からでした。
昨年のミーちゃん卒業の際も、一緒に来てくださっていました。
里親様のお家とお嬢様のお家はとてもお近くです。
そして普段もしょっちゅう行き来があり、ミーちゃんはどちらのご家族にも懐いていました。
またカフェにも時折里帰りしてくださっていて、ほんとに明るく優しいご家族です。
そのお嬢様のご家族もワンちゃんを飼いたいと思っていらっしゃいました。
実は先日も違うワンちゃんを見に来てくださっていて、その時は残念ながら他に里親様が決まっています。

今回里親様は行動がとても速かったです
お電話をくださったのがカフェデビューの水曜日の朝。
その日の夕方にミーちゃんを連れてまい子ちゃんに会いに来てくださいました。


翌、木曜日にはお気持ちが決まりご契約。
そして今日の卒業。
・・・と、とんとん拍子に進めてくださいました。

でも、ただ急がれたのではありません。
水曜日にはご家族全員で来てくださり触れ合ってくださいました。

この日、ちゃんとミーちゃんとの相性も見てもらいました。
(全く問題ありませんでした)


木曜日はミーちゃんの里親様であるお母様もご一緒に来て会っていただいています。

しっかり皆さん全員で触れ合っていただいて決めていただきました。

今日の卒業の時、ご主人に抱っこされたまい子ちゃんはご主人の腕に顔を乗せて甘えていましたよ^ ^



里親様へ。
今回、まい子ちゃんとの素敵なご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。

保護犬へのご理解も深く、私は里親様の優しさや温かさもとても良く存じています。
それはミーちゃんをずっと拝見していて伝わるものがたくさんありました。
だから、今回里親様となってくださったことがとてもとても嬉しかったです。
まい子ちゃんはまだしっかりご飯を食べてくれなくて、その状態でお渡しすることが少し心苦しく思います。
ですが、どうかよろしくお願い致します。

帰られてから夜メールをいただきました。
お部屋を散策したり、皆について回ったり大忙しでした、とのこと。
ご飯はウエットと混ぜると少し食べてくれたようでした。
「様子を見つつ、のんびり見守りたいと思います」
温かなお言葉で綴ってくださいました。

まい子ちゃんへ

早くにお家が決まって本当に良かったね。
でもとても気になるのはご飯のこと。
今まで何を食べて来たのか分からないけれど、
まい子ちゃんは胆のうに泥が溜まっているからこれからは低脂肪食。
しっかり食べて、身体を治して欲しいです。
だから、お母さんを困らせないようにお願いね。

癒し系のまい子ちゃん。
とっても可愛くて大好きでした。

卒業ほんとうにおめでとう
幸せに・・・。

まい子ちゃんの新しいお名前は・・・。
候補がありすぎて、只今お考え中とのことです

では。

新メンバー(ワン194期生)

おはようございます。
昨日、ワンちゃん(194期生)2頭が、新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね

ワンちゃんの部
 ふくろうくん  ミニチュアダックスフンド ♂ 
2011年2月生まれ(9歳) 5.7㎏
色:クリーム

飼育放棄で保護されました。
だけど、とっても人懐こくて可愛いワンちゃんです。

まず人見知りがありません。
さらに場所見知りもなくて、初めての場所でも元気いっぱい。

ボランティアさんの後を一生懸命追いかけたり・・。
シッポはいつでもフリフリだったり・・・。
軽快なステップでフロア中を行ったり来たりしたり・・・。
小さな段差も上手に乗り越えることに成功したり・・・。

とにかく前向きでゴキゲン
仕草も可愛い、抱っこ大好き甘えた男子です。


まい子ちゃん トイプードル  ♀
2015年6月10日生まれ(5歳) 3.3㎏
色:レッド

小さめトイプードルのまい子ちゃん。
ちょっとタレ目なクリクリオメメが可愛い、優しい顔立ちの女の子です。
今日は、ふかふかベッドがとってもお気に入りな様子。
身体をいっぱいくねくねしたり、おネンネしたりとずっとベッドで過ごしていました。

抱っこもちろんOK。
他のワンちゃんともおそらく大丈夫。
おやつも大好き。
マイペースだけれど超ラブリー。

寂しがりやで甘えたさんの予感です


新しいワンちゃんが2頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。

「カフェ募集メンバー」

カフェの定員は約16~7名ですが、3密を避けるため、カフェに入っていただく人数を最大10名程度にさせていてだいています。

また、従来は時間で切らせていただくことはありませんでしたが、ご入店人数を制限させていただくため、混み合った場合には2時間程度でお時間を切らせていただく場合がございます。
入店規制中は里親様ご希望の方のご入店を優先させていただきます。
 なお、里親様ご希望の方はあらかじめ お電話にてご予約をお願い致します。その際、ご来店くださる日時、人数をお知らせください。

保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

譲渡には必要書類や審査等がございます。
また、面会いただくまでに家族が決まる可能性がございますので、カフェにお越しくださる前にお電話をいただければと思います。

引き続きご理解とご協力をどうぞよろしくお願い致します。

しんのすけくん卒業

こんばんは。
6月4日にお家が決まり、お迎え待ちだったチワワ×トイプードルのしんのすけくんが、今日無事卒業しました



1.8㎏の小さなしんのすけくん。
可愛いルックスな上にお愛想もよくて、年齢も5歳。
まだ入場規制中だった5月26日にカフェにやって来ました。

とにかく可愛いしんのすけくん。

壊れそうなほど小さいのに、意外にもいっちょ前。
おしっこは足を上げてする。
ごにょごにょ・・何かしゃべる。
ワンワンと鳴く。

女の子を追いかける。

走り回ると結構早い。
・・・と、童顔だけれど、しっかり男子。

でもお散歩は最初フリーズで動けず・・。
そのギャップも可愛いしんのすけくんでした。
(※お散歩は一週間後からテケテケ歩けるようになっています)


だから、やはり人気。
お問合せも多くいただきました。
でも、しんのすけには心臓疾患がありました。
僧帽弁閉鎖不全症ステージB2。
小さな命の心臓の鼓動は、触ると手に振動を強く感じ、
エコー検査で診てもらうと心肥大が少し始まっていました。

投薬のタイミングでしたが一度飲み始めたら止めるのは難しく、ミネルバ動物病院のH先生と慎重にその開始を検討することになりました。
カフェに来て2週間後の来週の火曜日にもう一度エコーを撮っていただく予定をしていたのですが・・。
6月4日木曜日に一組のご家族がいらっしゃいました。


お電話でのご予約でお越しくださったのは、ご姉妹。
お伺いさせていただくと、以前ヨークシャテリアを飼っていらっしゃったとお話くださいました。
一番多い時で6頭。
親子4代の飼育をされていて、見せてくださったお写真には可愛い顔がたくさん並んでいました。

私がしんのすけのご飯が定まらず、なかなか口を付けてくれないとお伝えすると・・。
食べムラがある子もいたそうで、その子が食べてくれるレバーはこのお店。
鶏はこのお店のなら食べる・・・。
と、あちこちお店を変えて買いに行かれていたそうです。
6頭の好みは色々で、それでもワンちゃんが食べてくれるならとの想いが伝わってきました。
里親様はそんな優しい方でした。


そして、しんのすけは亡くなったそのうちの1頭によく似ていました。
しんのすけはチワワ×トイプードルのmix。
ヨーキーではありませんが、拝見したお写真はびっくりするほど本当に似ていました。
そして心臓疾患についてもご経験がありますとお伝え下さった里親様。
何より、ご姉妹で一目惚れされていました。
しんのすけを見られる目が優しくて優しくて・・。
目がハートマークになっているように思いました(笑)

長くお考え下さり、その後お申し出くださった里親様。

しんのすけが幸せになる瞬間でもありました。

今日のお迎えには、可愛いハーネスご持参で来てくださいました。
それを付けたしんのすけくんは、ちょっと誇らしげ。


さらに私達にもお赤飯をたくさん焚いてお持ちくださいました。
「一緒にお祝いをしてもらいたくて」
そう言われて・・・。

優しくてご経験豊かな里親様。
心から嬉しく思い、やっぱり私は胸がいっぱいになりました。


帰られてから送ってくださったメールには・・・。
お家に帰って、早速ウンチしたとのご報告。
大物スタートでした(笑)
そしてその後のご報告では・・・。
早速病院に行ってくださり診察をしてもらい、心臓のお薬を開始したこと。
歯石取りと去勢のご相談をしてくださったこと。
夜ご飯はほぼ完食したことをお伝えくださいました。
同時にいただいたお写真には、ずっとお家の子だったみたいに寛ぐしんのすけが映っていました。

最後に「大切な命をお任せいただいたことを感謝いたします。楽しい思い出をたくさん作ります」
と綴ってくださいました。

里親様へ。
可愛いだけでは飼うことが難しい保護犬達のことをご理解くださったこと。
たくさんのワンちゃんを大切に育てられてきたご経験。
そしてワンちゃんを想うお気持がとても心強く、安心してお任せすることが出来ました。
この度は素敵なご縁を繋いでくださいましたことに、心から感謝しています。

頑張って来たしんのすけくんを、どうか幸せにしてあげてください。
そして、里親様も幸せになっていただけると幸いです。
またお写真などお送りいただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

そしてしんのすけくんへ


小さなその身体にたくさんのものを纏い、
それでも逞しく生きて来たのだと思う。
だけど、今までとは違った世界を知って欲しい。
美味しいご飯を食べて、
名前を呼んでもらって、
抱っこしてもらって、
お散歩に行って、
おやつをもらって、
一人だけを想ってもらって暮らすことを知って欲しい。
今日からはしんのすけが主役の毎日。
だからどうか幸せに。
それだけを願っています。



しんのすけ、卒業おめでとう

里親様が新しくつけてくださった名前は・・。
「陽向(ひなた)くん」
たくさんお考え下さり、これからは陽の当たる明るい未来を想い
素敵なお名前を付けてくださいました。
ありがとうございました

では。

ゆみなちゃん卒業

こんばんは。
今日、ロングコートチワワのゆみなちゃんが卒業しました



大きなオメメと可愛く出たベロがトレードマークのゆみなちゃん。

5月12日にカフェに来たときには、緊張でフロアで立ち尽くしていたことを思い出しました。
保護され間もなく移動してきたこと。
環境が変化して、その時はきっと何も分からなかったのだと思います。

そしてヒートでした。
男子のワンちゃんに追いかけられていましたが、ゆみなもそれを嫌がりませんでした・・。
それはずっとそうしてきたゆみなの切ない過去でした。


そしておむつに膿のようなものを見つけたので、子宮蓄膿症を疑いすぐに病院へ。
結果、子宮蓄膿症ではありませんでしたが、エコーで膀胱に沈殿物発見。
すぐに検尿で顆粒円柱と判明。
明らかな感染や白血球の減少は見られなかったので、様子を見て2週間後再度検尿。
結果は変わらずでした。
腎臓に疾患がある場合にでることがある顆粒円柱。
でもゆみなは腎臓疾患の症状がでていませんでしたので、様子をみてまた検尿をすることになりました。

ゆみなはカフェに来た夜からご飯を食べてくれませんでした。
色々な工夫をすれど、臭いを嗅いで少し口を付ける程度。

そんな夜がずっと続きました。
5月23日、何度も白い液を嘔吐。
ゆるい便も続いていたので、その夜病院へ。

アレルギー値が少し高いことも判明。
お薬と注射をしてもらいました。

歯石重度に欠歯多数。
両眼初発白内障。
両足パテラGⅢ。
お腹には帝王切開の跡。


可愛い可愛い笑顔のその中にたくさんの疾患を秘めているゆみな。
面会をしてもらってもお家が決まりませんでした。
でも日に日にカフェに慣れ、先輩になっていったゆみなは、強いチワワ女子へと変身。
いえ、もともと強かったのだと思います。
しんこちゃん(雑種、体重10キロ)が遊びたくて近づいていくと、全力で蹴散らしていました。
身体の大きさでは完全に不利でも、気持ちは負けていません。
結果、ゆみなの完全勝利
抱っこされているお膝に、他のワンちゃんが近づいても同じく威嚇。
「ゆみちゃん、怖いわ~」
って言われることもしばしばでした。


でも、ゆみなは人が大好きでした。
お膝も大好き。
じっと目を見つめながら、いつまででもお膝で過ごしました。

だから私もそうですが、ゆみなが大好きでした。
近くに来て抱っこをせがまれるとついつい抱っこして離せなくなりました。

可愛くて強くて、それは武器。
きっといいお家が見つかると確信していました。

里親様は昨日カフェに初めて来てくださったご家族です。
里親様と妹さんとおばあ様でした。
里親様はずっとずっとワンちゃんを飼いたいと思っておられたそうです。
ですが、飼わなかった。
それは、自分が責任を持てるようになってから飼う。
そう誓っていらしゃったそうです。
そして仕事を持ち、落ち着いたからと選んでくださったのは、保護犬でした。
飼うなら保護犬を選んであげたい。
そうお伝えくださった里親様。

とても堅いお仕事に就かれていたこともあり、多くを語られるわけではありませんでしたが、その優しいお気持ちは私には十分伝わっていました。

初めてワンちゃんを飼うお家でした。
でも、保護犬は色々あるからと受け入れてくださるお気持ちがありました。
おばあ様も優しいお人柄で、私のお伝えすることをご理解くださいました。

閉店間際までたくさんたくさんお話をさせていただき、翌日の今日ご契約。
そして今日はご家族全員でゆみなを迎えに来てくださいました。
それはとても温かな光景。

嬉しかったです。

里親様へ。
この度は素敵なご縁を繋いでくださいまして、本当にありがとうございました。

色々不安もおありだったとはと思いますが、それでもゆみなを可愛いと言ってお家の子にしてくださったことにお礼を言わせてください。
徐々にご飯も食べるようになってきましたが、まだまだ不安定なところもあります。
もし分からないことがありましたら、ご相談いただければと思います。
ゆみなの未来が愛でいっぱいでありますように。
ご家族皆さんが幸せでありますように。
心から願っています。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

そして帰られてから送ってくださったお便りには・・。
シッポを振りながら、広いケージ(豪邸)で過ごすゆみなの姿がありました。

まだこの時、ご飯は食べなかったそうです
「気長に頑張ります」
とのご報告でした。

可愛いゆみなへ


ご飯を何日もほとんど食べてくれなくて、
「お願い、食べて」
って怒ったこともあったけれど、
最近では食べてくれるようになってほんとに嬉しかった。
気弱な女子に見えて、ほんとは強いところ。
可愛いね、って言うとすっごく可愛いポーズをしてくれたところ。
病院でもお利口でシッポをフリフリしてしていたところ。

ゆみなのそんなところがとっても好きだった。
これからは優しい里親様達に囲まれて、
本当の人生を生きなおしてください。
ゆみな、卒業おめでとう。

幸せに・・ね

ゆみなちゃんの名前は・・。
そのまま「ゆみなちゃん」です

では。

ビンちゃん卒業

こんばんは。
今日はお迎え待ちだったトイプードルのビンちゃんが無事卒業しました


保護は5月21日でした。

その時、毛は伸び放題。
その後カットしてもらって来たビンちゃん。
5月26日、すっきり可愛い顔になっての初対面でした。

病院の診察はへっぴり腰。
動くのもへっぴり腰。

歩くと背中が丸まっていました。
抱っこも足を折り畳めずピーン。
でもしばらく経ったら落ち着いてくれたのか、オメメを閉じていました。


入店規制中のカフェではボランティアさんのお膝で抱っこしてもらうことも多く、
落ち着いた中で緊張がほどけていったビンちゃん。

抱っこすると身体全身を預けてくれました。

「こんな穏やかな顔をするんだ」

あどけない優しいビンちゃんの可愛さに、私は改めて気づかされていました。
過去はどうだったていい。
人を好きになって、人を信じて、人と生きる。
その日が早く来て、幸せになってくれればいいな。

ビンちゃんを見て、そう願いました。

ビンちゃんがカフェに来て3日後の金曜日、お電話をくださって一組のご家族がご来店になりました。
お母様とお嬢様ご夫婦でした。
お母様は8年位前までずっとワンちゃんと暮らしておられたそうで、今回ワンちゃんを飼いたくてカフェを訪れてくださったものでした。
この時ワンちゃんを探されているのはお母さまでしたが、しばらく過ごされた後、お母様はご用事のためお嬢様と一緒にカフェを後にされました。
でもご主人はカフェに残っておられたので、お嬢様は再びカフェに戻って来てくださいました。
その後、ビンちゃんを抱っこされていて・・・。

その後閉店時間になりましたが、ビンちゃんをお膝から降ろせなくなったお嬢様。
名残惜しそうに、後ろ髪を引かれながら・・・。
この日カフェから帰って行かれました。

翌日お電話をくださり、日曜日に再度カフェに来てくださった里親様ご夫婦。
ワンちゃんを飼ううえでの気になることをいくつかご質問くださいました。

ただビンちゃんを想うゆえ、びんちゃんを寂しい気持ちにさせないためのご質問。
安易な気持ちではいらっしゃらないことが伝わってきました。
優しい優しいご家族でした。


ご準備を整えての今日のお迎えには、お母様も一緒に来てくださいました。
最初、お母様に付き添って来られたカフェで出会ったビンちゃん。

もともとお嬢様もワンちゃんを飼いたいお気持ちがあったそうですが、
こんな出会いもまたご縁だと思いながら、私自身が幸せな気持ちでいっぱいになりました。

里親様へ。

素敵なご縁を繋いでくださいましたこと、本当にありがとうございました。
今日はご主人はお仕事でお越しいただけませんでしたが、ご主人も本当にありがとうござました。
まるで腫れ物に触るように、包み込むようにしてくださった抱っこ。
それが温かくて優しくて・・・。
素敵なご夫婦の元にビンちゃんを託すことが出来て、本当に良かったです。

ビンちゃんもご夫婦も幸せな毎日がずっと続きますように・・。
心から願っています。
またぜひ、ご一緒に遊びに来ていただければ幸いです。

帰られてからいただいたお便りには・・。
一旦寄られたご実家でお孫さん達の大騒ぎの様子と

お家に帰られてからは、ビンんちゃんが落ち着いた様子を

お写真でお伝えくださいました
ありがとうございました。

そしてビンちゃんへ。


お家見つかって良かったね。
里親様に抱っこされた時のビンちゃんの顔が
だんだん変わって行ったように感じるのは
私だけかな。
不安→安心→喜び
私にはビンちゃんの気持ちの変化が
顔に現れているように思ったよ。


これからは愛される毎日だけがあるから。
卒業おめでとう
いっぱい可愛がってもらって、幸せにね。

新しくつけてくださった名前は・・。
「あずきちゃん」
です。
女の子らしい、可愛い名前をありがとうございました。

では。

新メンバー(ワン193期生・ニャン37期生)

こんばんは。
今夜、ワンちゃん(193期生)2頭と、ニャンコ(37期生)1頭が、新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね~

ワンちゃんの部

デビちゃん シーズー   ♀
2014年1月21日生まれ(6歳) 3.8㎏
色:ホワイト&ゴールド


残念ながら左目はもうありません。
だけどそんなこと全く気にならないです。


一人でおもちゃで遊んだり、走り回ったり、ベッドで休んだり・・と元気、自由、マイぺース。
おやつも大好きなタフガールです。


名前を呼ぶと振り向いてくれて、抱っこも大好き。
小顔なとっても美人さんです。

モモちゃん ロングコートチワワ  ♀
2014年11月23日生まれ(5歳) 2.8㎏
色:ブラッククリーム


笑顔が最高に可愛いモモちゃん。
フロアではしっぽが上がって超ご機嫌さん。
さらに、大きなオメメでじっと見つめてくれます。


気がつけば側にきて、ピッタリ身体を寄せてくれるラブリーさん。
なでなでしたら、舐めてくれました。


抱っこは出来るけれど、まだ慣れていないので緊張気味。


でもすぐに慣れる予感です。

イタくん  トイプードル ♂  
2017年10月1日生まれ(2歳) 1.7㎏
色:レッド


小さな小さなトイプードルのイタくん。
フロアでは今日は動かず、抱っこしてもじっと動かず、ちょっとビビリん坊のスタートでした。


でも数時間過ごすうちにシッポが上がって、ちょっとだけ上手にご挨拶出来ました。


まだまだ幼顔で小さな子犬のよう。


綺麗にカットしてもらうと、もっと可愛くなりますよ。


ネコちゃんの部
はやとくん ロシアンブルー ♂
2013年3月26日生まれ(7歳)  4.2㎏ 色:ブルー 去勢済み


超大物がやって来ました(笑)
人見知り、場所見知り全くありません。


ネコ部屋も、フロアも、厨房も、すべて全力での行ったり来たりで興味津々。
じゃらし大好き。


触ってもOK。抱っこもOK。
まるで性格はワンちゃんです。
被毛は綺麗なブルーカラー。
とっても男前でお茶目なはやとくん。


爪立てたり、嚙み嚙みは全くありません。


新しいワンちゃんが3頭、ネコちゃんが1頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」

カフェの定員は約16~7名ですが、3密を避けるため、カフェに入っていただく人数を最大10名程度にさせていてだいています。


また、従来は時間で切らせていただくことはありませんでしたが、ご入店人数を制限させていただくため、混み合った場合には2時間程度でお時間を切らせていただく場合がございます。


入店規制中は里親様ご希望の方のご入店を優先させていただきます。
なお、里親様ご希望の方はあらかじめ お電話にてご予約をお願い致します。その際、ご来店くださる日時、人数をお知らせください。

保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

譲渡には必要書類や審査等がございます。
また、面会いただくまでに家族が決まる可能性がございますので、カフェにお越しくださる前にお電話をいただければと思います。


再開のお知らせです



保護犬•保護猫カフェ川西店は6/1(月)より通常営業を再開させていただきます。
ただ、新型コロナウィルスの感染が完全に無くなった訳ではありませんので、当面の間下記の通りの営業(入店規制)とさせていただきます。

①ご入店人数を制限
カフェの定員は約16~7名ですが、3密を避けるため、カフェに入っていただく人数を最大10名程度にさせていただきます。

②混み具合による時間制限
従来は時間で切らせていただくことはありませんでしたが、ご入店人数を制限させていただくため、混み合った場合には2時間程度でお時間を切らせていただく場合がございます。

③里親様ご希望の方の優先
行き場のないワンちゃんネコちゃんの里親探しのため開かせていただいたカフェですので、入店規制中は里親様ご希望の方のご入店を優先させていただきます。
なお、里親様ご希望の方はあらかじめ お電話にてご予約をお願い致します。その際、ご来店くださる日時、人数をお知らせください。


・皆様には引き続きご不便をおかけすることとなり本当に申し訳ございませんが、行き場のないワンちゃんネコちゃんの里親様を見つける場所として、これからも続けて行けるようにご理解をいただけますと幸いです。

・なお、店内は窓を開けながらの空調機運転と2基の換気扇、1基の空気清浄機にての換気を致します。
また常時アルコール等にて除菌を行い、私を含めたボランティアスタッフの体調管理とマスクを着用しての接客とさせていただきます。

・ご来店の際にはマスク着用と入口での手消毒のご協力をお願い致します。

・今後の状況により変更する場合がございます。

引き続き、ご理解の程どうぞよろしくお願い致します。

保護犬•保護猫カフェ川西店
📞072-755-1020