FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

04月« 2020年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2020年05月

ルナちゃん卒業

こんばんは。
今日、ポメラニアンのルナちゃんにご縁が繋がり、卒業しました



ルナちゃんがカフェに来たのは4月28です。
「可愛い」に加えて、「愛想良し」。
側に来てじっと笑顔で見つめてくれるとハートがきゅんきゅんになりました。

人が好き。
だから抱っこも大好きです。
それは最大の武器。

自粛要請が出たこの時期ですが、お電話でのお問合せや面会もダントツでした。

でも、ルナちゃんには既往症がありました。
心雑GⅢ。
僧帽弁閉鎖不全症ステージB2です。
エコー検査で確認したところ、心肥大が少し出始めていました。

その日から投薬を開始しています。
更に、両足パテラGⅣ。
歯石も超重度で、真っ黒になった歯は何本かもうグラグラになっていました。


可愛い笑顔や懐こさの裏に潜む身体の状態。
ご説明させていただくと、悩まれてしまうことはもちろん理解出来ます。
特に心臓はナーバスな部分です。
更に避妊もしていただくことをお願いしますので
慎重にお考えいただく必要がありました。

カフェに来て1週間後の5月6日。
お電話をくださって、一組のご家族(お母様とお嬢様)が面会に来てくださいました。
お家にいる先住犬のカリンちゃんと猫のテトくんも一緒。

カリンちゃんは柴犬17歳の女の子です。
おばあちゃん犬でしたが、とっても元気な美人さんでした。

後ほどそう教えてくださったのですが、
「カリンは犬にはほとんど無関心だけれど、ダメな場合はイヤと意思表示します」
とのことでした。
その日の結果は、「〇」

無関心ではありましたが、鼻先でご挨拶も出来て上々。
後は、既往症へのご理解でした。

お嬢様はどんな既往症でも我が家で幸せにしてあげたいと言うお気持ちがありました。
それが伝わるお人柄。
本当に優しい方でした。

この日はもう一度ご家族とご相談をされるためにカフェを後にされたのですが・・。
2日後の昨日、メールで引き取ることをお伝えくださいました。
居ても立っても居られない・・。
短い文面にそのお気持ちが溢れていました。

尊い命なので悩まれて当然です。
でも、それを超えた愛。
だからこそ、幸せにしたいというお気持ち。
里親様から感じさせていただいた温かさは本物でした。

必要書類を整えられて、今日ご契約とお迎えにきてくださった里親様。
正直、とてもとても嬉しかったです。

里親様へ。
この度ルナちゃんとのご縁を繋いでくださったことに心からお礼を言わせてください。

簡単に決められた訳では無かったと思います。
でも一途にルナを想ってくださった。
一緒に幸せになりたいと言ってくださった。
そのお気持ち、本当に嬉しかったです。
これからのルナの未来をどうぞよろしくお願い致します。
またぜひ、お写真などお送りいただければ幸いです。

里親様は今後、カフェでお世話になっているミネルバ動物へ通ってくださるご予定とのこと。
定期検診や、治療の際には病院でまた会えるかもしれません

名前はそのまま・・・。
「ルナちゃん」
呼ばれ慣れているからと、そのままにしてくださいましたよ。


そして・・可愛いルナちゃんへ。
人懐こさはルナの最大の魅力。
その魅力はほんとにすごいと思う。
夜見回りに行った時には、シッポが回転。
朝ケージから出る時にはお腹出し。

お散歩では満面の笑顔。

フロアでは真正面からじっと見つめてくれて、
私もそんなルナちゃんが大好きだったよ。
だから、ちゃんとお薬も飲んでご飯もしっかり食べて
幸せになってね。

卒業、本当に本当におめでとう~

では。

まおちゃん卒業

一昨日、里親様が決まったトイプードルのまおちゃん
今日、ご家族皆んさんでお迎えに来てもらって無事卒業しました



まおちゃんが川西に来たのは4月21日でした。
初めっから抱っこが大好き。
人の温もりが大好きでした。

だから抱っこしてもらっている時、そのお膝に寄ってくる他のワンちゃんを威嚇します。
でもそれには理由があると、私は思います。
まおにとって、やっと知ることが出来た人の温もり。
大切なお膝は譲れなかった。
そう思います。


小さな身体で今までどれだけ頑張って来たのでしょう。

歯はほとんど抜けていて、目は対光反射が少なく日光が眩しくて目を細めていました。
乳腺腫瘍があり、未避妊。
自分で自分の道を選ぶことが出来なかった過去を身体いっぱいにまとっていました。
人に構ってもらう事、人に愛される事、人と暮らす事。
抱っこしてもらう事、身体のケアをしてもらう事。
おそらく、ほとんど何も経験していません。
お散歩も最初は歩けませんでした。
ご飯をもらうことだけしか知らない。
それが私達が預かる保護犬達の現実です。

私は全てを正直に伝えます。
全てを知ってもなお、この子と暮らしたい。
この子を幸せにしてあげたい。
そしてご家族も幸せになりたい。
そう思っていただけたなら・・・。

それがフェアであると信じているからです。

お家の子にと決めてくださるのは、ご家族。
私ではありません。
答えは決して一つでないことも理解しています。

ですが、ご理解くださって決めてくださった時には心が痺れます。
胸がいっぱいになります。

里親様は水曜日にお電話をくださり、ご家族でカフェに来てくださいました。
昨年11月にヨークシャテリアとトイプードルmixのカチくんを16歳で見送られていました。

カフェに来られてから出会ってくださった「まお」。
気がつくと、カフェの端っこでずっと息子さんが抱っこしてくださっていました。
長い時間ずっと息子さんのお膝で過ごす、まおちゃん。

優しいお膝でした。
そしてご家族に、既往症を全てお伝えさせていただきました。
それを真剣に聞いてくださった里親様。
決して軽くはない事実を受け入れてくださって、
その後出してくださった結論に、私は泣きそうになっていました。

優しいご家族の眼差しに、やっぱり心が痺れていました。

里親様へ。
ご契約時、まおちゃんを引き取られる理由を
「可愛いから」
そう書いてくださった一行。
それが持つ多くの意味をしっかり受け取らせていただきました。
ご縁を繋いでくださったことに、心から感謝しています。
本当にありがとうございました。

まおちゃんとの幸せな時間がずっと続きますように・・・。
いつも、ずっと願っています。

これからも、どうぞよろしくお願い致します。

帰られてから早速メールをいただきましたが、
ご飯も完食、ご自宅近くの公園で楽しそうに走り回っているとのご報告をくださいました。
ちゅーるを食べている動画とお家で寛ぐ写真も添付してくださいましたよ。



そして、可愛いまおちゃんへ
とっても優しいお家に行くことが出来て、ほんとに嬉しいです。
これからの毎日は、まおちゃんが中心になるから
もうお膝を取り合うこともないし、楽しいこといっぱい。
皆さんに可愛がってもらって、幸せにね。


卒業、本当におめでとう

まおちゃんの名前はそのまま・・・。
「まおちゃん」のままです

では。

新メンバー(ワン189期生)

こんばんは。
今日、ワンちゃん(189期生)2頭が、新しくカフェに仲間入りしました~
早速ご紹介しますね

ワンちゃんの部

まなちゃん トイプードル  ♀
2013年1月9日生まれ(7歳) 4.2㎏
色:レッド



ちょっとした音や仕草に、毎回びっくりしてしまうビビリなまなちゃん。
色んな事に興味はあるけれど、おっかなびっくり。

抱っこも最初は足がブルブル震えていました。
おやつをあげてみると、臭いは嗅ぐけれど最初は手から食べれずで、

フロアのケージ越しなら大丈夫。

まだまだ色んなことに慣れていないけれど、きっとすぐに変わってくれるはず・・。

お顔はあどけなくて、とってもキュート
守ってあげたくなる、何とも言えない可愛さです。



すみれちゃん トイプードル  ♀
2012年9月14日生まれ(7歳) 2.9㎏
色:ホワイト


人が大好きすみれちゃん。
構って欲しくてしょうがありません。

フロアは自在に走り回り、常に尻尾はフリフリのルンルンガール

抱っこは自分からお膝によじ登って、ちゃっかりちょこんと座ります。
そしてそのままご機嫌のご満悦。

サイズ小さめで、オメメくりくりで、ふわふわすみれちゃん。

おやつもとっても大好き。
初日からキラースマイル連発です🎵




新しいワンちゃんが2頭増えて、カフェでは7頭のワンちゃんと2頭のネコちゃんが皆様をお待ちしています。
「カフェ募集メンバー」

現在新型コロナウィルス感染予防のため、当面の間カフェの入場制限をさせていただいており、ご入店は里親希望の方、里親になることをお考えの方のみのご案内とさせていただいております。
触れ合いのみのご利用の方に関しましては、大変恐縮ですが当面の間入店をお控えいただいておりますので、何卒ご理解とご協力をいただけますと幸いです。

保護犬・保護猫の里親ご希望の方、または飼おうかどうか迷っている方は、お気軽にスタッフまたはボランティアにお声をかけてください。
気になった子とゆっくりふれ合えるように、ご配慮させていただきます。
またワンちゃん達は既往症もありますので、詳しくご説明をさせていただきます。
(土日祝は13:00~16:00の間は混み合っていることが多いですので、里親ご希望の方はそれ以外の時間、または平日ががお勧めです)

譲渡には必要書類や審査等がございます。
また、面会いただくまでに家族が決まる可能性がございますので、カフェにお越しくださる前によろしければお電話をいただければと思います。

では。

ティキちゃん卒業

こんばんは。
今日、トイプードルのティキちゃんにご縁が繋がり、卒業しました



ティキちゃんは今週火曜日に川西に来たばかりです。
でも、保護は2019年初め。
記録には1月とあり、それからは千葉県印西店で過ごしていました。
推定2012年生まれで誕生日はわかりません。
保護された時には不安で慣れなくて噛んでしまうこともあったという記事をSNSには書いてありました。
でもその後は慣れて、シッポを振って元気に甘える姿も映っていました。

関西への移動は今年3月20日。
川西店ではポメラニアンのこまじろうくん(2020.4.12卒業)も同じ移動組でした。
鶴橋店でのティキの動画はアグレッシブに動き回る姿がありました。
そしてそれから約1か月が経ち、4月28日に川西にやって来たティキちゃん。
川西では・・・。


静かでほとんど動かない・・。
お散歩も歩けない。
ボランティアさんが映してくれたお散歩動画は、ほとんど静止画像。

ケージの中では鳴くこともありましたが、フロアでは気配すら感じず隅っこのベッドでひたすら寝ていました。


里親様が決まらないので、そのチャンスを求めての移動ではありました。
でも、
慣れると→移動。
何度繰り返してもきっと慣れることがない。
表情がまるで無い顔つきと、眠るその姿に纏っている疲れと切なさ。
私はティキから目が離せなくなりました。


おやつ、ご飯はとても大好き。
寝ていても、おやつ時は別犬です。
食いしん坊さん。
それが嬉しかったです。
たいていのことは、食べれれば大丈夫。
そう思っています。

里親様は昨日お電話をくださっていました。
「面会希望はどなたですか?」
そうお聞きすると、
「ティキちゃんです」
そうお伝えくださいました。
シニア犬を探しているとおしゃられて、それだけで胸がいっぱいになりました。

シニア犬。
誰もが若くて元気な子達だけが好きとは限りません。
私もそうですが、シニア犬の可愛さを十分知っています。
シニア犬が持つ、穏やかさや賢さ。
一緒にいれる時間が短いかもしれないからこそ、大切な時間。
その時間を精一杯に愛することが出来ます。

カフェには今日、ご友人と一緒に訪れてくださいました。
お電話での印象と同じ、優しく穏やかな方でした。

既往症をお伝えし、後はゆっくり触れ合っていただきました。
抱っこするとそのまま何時間でも動かないティキ。
途中おやつを出してくださった時だけ、ハッスルしていたティキ。

「可愛い・・」
何度も何度もそう言ってくださり、引き取ることをお申し出くださった時には、私は胸が詰まってしまいました。
ご契約中も、ベッドにいるティキを気にして何度も名前を呼んでくださっていました。


里親様。
素敵なご縁を繋いでくださり、本当にありがとうございました。

見知らぬ街で出会ったご縁。
ですが、ティキは里親様に出会うために川西に来たのだと思います。
これからはどうぞ、ティキちゃんと素敵な時間を重ねてくださいね。
そしてまた、ぜひ変わって行くティキちゃんの様子を教えていただけると幸いです。
どうぞよろしくお願い致します。

ティキちゃんはお耳が劣悪です。
ずっと治療をしてもらっていたのに、真っ黒で大きな耳垢が溢れてくる耳。
そのことを気にされて、里親様はご自宅に帰られてから、すぐにかかりつけの獣医師さんにティキちゃんを連れて行ってくださり、耳と目のアレルギー用の目薬をもらってくださったそうです。
お家での様子もお写真を添付してくださいました。

早々にありがとうございました。
(やっぱりおネンネですね)


ティキちゃん。

たくさんの移動をしてきたけれど、
もうこれで最後。
これからは愛されるだけの毎日がまってるよ。
大切な時間を、大切な人との暮らしの中で
ゆっくり馴染んでいってください。
今までほんとうにお疲れさまでした。

卒業おめでとう。
ずっと幸せにね・・・

里親様が新しくつけてくださった名前は・・・。
「ピピちゃん」
ご両親がご高齢なので、ティキの響きを残した呼びやすい名前にしてくださいました。
可愛い名前をありがとうございました。

では。

パチットちゃん卒業

こんばんは。
今日、パピヨンのパチットちゃんにご縁が繋がり、卒業しました



パチットちゃんは5歳。
2日前の火曜日の午後、川西に来ました。

元気。明るい。楽しい。
可愛い。愛くるしい。
人大好き。ワンちゃん大好き。


非の打ち所がない・・・。
パチットはそんなワンちゃんです。
来た日の最初に行った病院の診察台でも、先生にシッポフリフリでご挨拶。

無駄吠え無くて、ただただ愛想良し。
パピヨン好きでなくても、魅力たっぷりでした。

里親様はSNSを見て、水曜日の朝にお電話をくださいました。
お聞きすると、とっても遠方からのお問合せでした。
「会いに行きます」
そう言ってくださったのが11時頃。
車を飛ばしてカフェに着かれたのはその日の15時過ぎ。
片道約4時間の距離を、お父様とお子様3人で会いに来てくださいました。

現在カフェは入店規制中で、お客様は里親様ご家族以外は誰もおらず、ゆっくりと過ごしてくださいました。

お父様は昔パピヨンを飼っておられたことがあったそうです。
代わる代わる抱っこしてもらったパチットちゃん。
まだ抱っこはそんなに得意では無かったパチット。
お子様達もワンちゃんを飼うのは初めてて、少しぎこちない抱っこ。

・・のはずでしたが、お子様達は大切そうにパチットを上手に抱っこをしてくださっていました。

ご家族全員同意が条件となるため、奥様とご連絡が繋がったのが閉店間際。

残念ながら時間切れのためにご契約は翌日へと持ち越しになりました。

そして翌日12時。
開店と同時にお迎えに来てくださにお父様と3人のお子様達。

遠い距離を2度。
見知らぬ街へパチットちゃんのために往復してくださいました。

いつも不思議に思うのですが、お家が決まったワンちゃんは何故かご契約席に顔を出します。
パチットちゃんもやはり、里親様の足元に来ていました。

言葉を超えた理解力。
パチットちゃんも感じていたのかもしれません。

里親様。
私の申し出を始終笑顔で受けとめてくださり、感謝しています。
出逢いは必然と言われていますが、パチットちゃんとのご縁は遠いところを会いに来てくださったから繋がりました。
そのお気持ちに心からお礼を言わせてください。

パチットちゃんと皆さんが幸せでありますように。
そして笑顔溢れる毎日でありますように。
心から願っています。
また時折、ご自慢のお写真をお送りいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

里親様が新しくつけてくださった名前は・・・。
「アゲハちゃん」
無事に帰宅されたご報告には、
「アゲハ中心の生活と、家族全員が幸せになれるよう心掛けて行きます」
と綴ってくださいました。


アゲハちゃんへ。

たった2日のカフェ滞在だったけれど、その魅力は十分過ぎるほど。
くるくる回転シッポで、とっても楽しませてもらったよ。
でも、フロアではあんなに元気に走り回っているのに、お散歩は初心者。
まだまだこれから未知の楽しさが待ってるから
ご家族と一緒に、ひとつづつ経験してね。

卒業、おめでとう
幸せに・・・

では。