fc2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

04月« 2019年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2019年05月

めいちゃん卒業しました

こんばんは。
先週の金曜日に里親様が決まった、トイプードルのめいちゃんですが、今日ご家族全員でお迎えに来てもらって無事卒業となりました


お迎えの今日、里親様に抱っこされためいちゃんは満面の笑み。

いつも隅っこにいた人見知りで怖がりさんな姿はもう、ありませんでした。

川西にやって来たのは4月25日。
たった一人の141期生でした。

小柄だけれど、ちょっとぽっちゃり。
だから、ダイエットから始めるつもりでした。

でも・・・。
ドライフードを食べません。
ウエットフードだけだと栄養が偏ってしまうと思い、ドライに混ぜるウエットフードを色々試してみましたが・・。
やはり、少しでもドライフードが入ると食べてくれませんでした。
ぽっちゃりだから、食べてきたはずでした。
でも分からない・・・。
それなら、ウエットフードだけを色々と試してみました。
それでも、1/3位を食べて放置。
朝もそのまま残っていました。
いったい今まで何を食べて来たのやろか・・・。

シーザ各種、グランデリ各種、ロイヤルカナンの缶詰、果てはデビフの各種。
それでも良く食べて、フードボウルの1/2でした。
5月9日に血液検査の結果が出て、ALPの数値が基準よりとても高くなっていました。
もしかしたら肝臓に問題があるかもしれないため低脂肪食に移行。
それで様子を見ることにしました。

すると翌日から、時間はかかるけれど完食するようになっためいちゃん。
療養食のまさかの完食・・・。
「めいちゃん、お利口やね。ありがとね、この調子でお願いヨ」

そう言いながらの毎日でした。

里親様はゴールデンウイークが終わった翌週の土曜日に、お子様2人と一緒にカフェにお見えになっていました。
この日も確か混み合う一日で、チワワのキュートちゃんが卒業していました。
ですが、里親様とはお席で少しだけお話させていただいていました。
ワンちゃんを飼いたいと思うけれど、ほとんど初めてのこと。
でも、めいちゃんが気になる。
めいちゃんが可愛い。

そうおっしゃられていたと思います。
でもこの日はご主人が不在でした。
「相談してまた来ます」
そうおっしゃられてカフェを後にされていました。

とても明るいお子様達とお母様。
めいちゃんとご縁が繋がればいいな・・・。
そう思いました。
実はめいちゃんは、カフェの営業中はベンチの端っこの更に隅っこが大好き。

いえ、大好きというよりは大勢の人が苦手なようでした。
抱っこも少ししたら降りたがり、すぐにその隅っこへ。
まるでそこに隠れているようでした。


次にカフェに来てくださったのは水曜日。
お見えになったのはご主人だけでした。
奥様とお子様が気になったワンちゃんを、ご自身の目で見に来てくださり、色々な説明を聞きに来てくださったものでした。
私はご主人に全てをお話させていただきました。
めいちゃんのいいところも、そうでないところも。
めいちゃんは心臓に疾患があります。
僧帽弁閉鎖不全症ステージB1。

そのうえ、カフェに来たときは耳ダニ+。
歯石重度、歯肉炎中等度。
パテラもありました。
そしてお決まりのような帝王切開の跡。
そしてヒートでした。
検便でカンピロバクター菌検出。
そして偏食。
実際には問題点ばかりをお話していたように思います。
でもそれは保護犬の現実。
何としてもご理解をいただきたい部分でもありました。
(※現在は耳ダニは完治し、便もほぼ問題ありません)

ですが、めいは本当に可愛いワンちゃんです。

ご主人が差し出すおやつを、隅っこの定位置で一生懸命もらっていました。
過ごしてきた過酷な日々。
今の環境とは違い過ぎる場所で何年も過ごして来たのです。

そんなめいちゃんに寄り添っていただけるのであれば、ぜひ。
そうお伝えさせていただきました。

翌日は奥様がお見えになり、
さらにその翌日には、
「めいちゃんをお家に迎えたい」
とご主人からお電話をいただき、その日ご契約させていただいたのです。


更に里親様は、そのご契約の翌日から今日の卒業の日まで毎日(定休日の火曜日以外)めいちゃんに会いにカフェに来てくださいました。
「めいちゃんがいい」
そう望まれて愛されて・・・。

めいにとってはそれ以上の場所はありません。
何よりの場所へ送り出すことが出来たこと。
それはめい自身が手繰り寄せた運命だと思います。

里親様。
めいちゃんを選んでくださり、お家の子にしてくださいまして本当にありがとうございました。

健康体とは言い難いめいちゃんの事をご理解くださり、お家に迎えてくださるご決断をしてくださったこと。
そして、それから毎日めいちゃんに会いにカフェに来てくださったこと。
その全てに、心から感謝しています。
カフェではいつも隅っこだっためいちゃんがお家ではいつも真ん中にいて、そしてお子様達に愛されて可愛がってもらって過ごしている姿を想像するだけで、胸がいっぱいになります。

これからのめいちゃんをどうぞよろしくお願い致します。

そして帰られてから、お写真をたくさんいただいています。
お家をルンルンで探索する姿や、皆さんに抱っこしてもらっている姿。



そしてめいちゃんのお部屋・・などです。
「見ているだけで可愛くて仕方がないです」
「これからしっかり責任を持って育てていきます」
のお言葉の数々。
仲良しファミリーの新しいご家族の形のスタートではありますが、めいちゃんの幸せのスタートでもあります。
「たくさんめいちゃんとの楽しい思い出をつくります!」
と締めくくってくださった中に、優しさと喜びをたくさん込めてくださった里親様。

めいちゃんとご家族の幸せを心から祈らせていただきました。
明日は早速めいちゃん、病院だそうですよ。

そしてそして・・・。
新しくつけてくださった名前は、
「明(めい)ちゃん」
悩まれた末に決めていただきました。


明ちゃん。
いままで頑張ってほんと良かったね。
名前の通り、明ちゃんの未来は明るく輝いている未来だから。
いっぱい可愛がってもらって、いっぱい思い出を作って、楽しく幸せにね。
卒業、本当におめでとう

では。

スポンサーサイト