fc2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

06月« 2018年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2018年07月

クックちゃん卒業!

こんばんは。
今日、我らが隊長クックちゃんに里親様が見つかり、卒業しました



クックちゃんがカフェに来たのは4月26日。
ゴールデンウイークを間近控えた日でした。

小柄なミニチュアダックスフンドでとにかく可愛い顔。

ですが、新しい環境で緊張していました。

人見知りはないものの、間もなく「犬見知り?」が判明。
初めて会うワンちゃんには、一応前歯を出してちょっと威嚇。
ですが、その怖い顔さえ可愛いと思えるクックちゃんなのでした。

その前歯出しも長くは続きません。
しばらく一緒に過ごせば大丈夫になっていました。

最初は吠えたりすることはほとんど無かったように思います。
ただ楽しそうにフロアを行き来し、お客様のお膝にも抱っこされていました。

ゴールデンウイークは引っ張りだこ。
人気抜群で、先住犬を連れてこられたご家族のワンちゃんとマッチングをしたこともありました。

ですが、同期の聖子ちゃん(Mダックス)がすぐ卒業したのに、クックちゃんには里親様は現れませんでした。
それからは徐々に・・・。
お客様が来られると、真っ先に入口に走っていってワンワンと吠えるようになり、
その声は大きくて賑やか。
切り込み隊長の言われる所以です。
抱っこもお膝からすぐに降りてしまうこともありました。

でも慣れたスタッフの中にいるクックは、ただの甘えたさん。

呼べば駆け寄り、下から熱い視線でじっと見つめてくれました。

座れば短い足で一生懸命よじ登って来てくれました。

お腹を見せて安心したように眠ってくれました。

普段は威勢が良くても、こんなに甘えてくれるギャップがたまりませんでした。

里親様は先週金曜日の夕方に初めてカフェに来てくださったご家族です。
お母様とお嬢様でのご訪問でした。


お話をお伺いすると・・・。
以前Mダックスを飼われていたそうですが、先日虹の橋を渡ったとのことでした。
ほたるちゃん。享年18歳。

四十九日を終えた頃、知人の方にカフェの存在をお聞きになり
クックに会いに来てくださったとのことでした。

少しだけお話をさせていただいただけで伝わる深い動物愛。
ほたるちゃんをどれだけ大切に育てておられたかをお聞きしていると、
繁殖犬という回り道をしたけれど、
クックはこのご家族に会うために生まれてきたのではないか、と思えるほどでした。

この日はもう閉店間際でした。
でも、なかなかカフェから帰れない里親様。
後ろ髪を引かれるかのようにカフェを後にされました。

翌土曜日。
正午頃ドアが開き、再度ご来店。
お母様とお嬢様と、ご親戚の方と来てくださいました。

ほたるちゃんとクックが夢に出てきた・・・。
それでまた会いに来た。
そうお話しくださいました。
約3時間、クックと過ごされた里親様。
でもこの日もお嬢様のお仕事があるため、お帰りに・・・。

保護犬で、繁殖犬。
年齢も7月30日で8歳。
歯は歯槽膿漏と歯石重度。
お腹には帝王切開の跡。
大勢いるワンちゃんたちの中のたった一頭に過ぎない存在。
愛情はおろか、ケアもしてもらっていないクックの身体は
耳介、尻尾、踵。
あちこちの毛が抜け落ちていました。

たくさん子供を産み続けてきた身体でした。
そのことをお話したときに、目に涙をいっぱい溜めておられた里親様。
クックを想ってくださるお気持ちは本物でした。

土曜日は帰られたのですが、さらに翌日の日曜日。
閉店近くに再再度カフェに来てくださった里親様。
今度はお嬢様の夢にクックが出てきたそうです。
どうしてもクックにやっぱり会いたい・・・。
そうおしゃって急ぎ来てくださいました。
その時は、もうお気持ちは固まっていらっしゃいました。

私はそのお気持ちが嬉しくて、胸がいっぱいになりました。
クックがいい。
クックと家族になりたい。
そう言ってくださったのです。
クックを見つめてくださる目は、愛で溢れていました。


遂に出会ったご縁。
3か月という時間をカフェで過ごしたクックは、
望まれて、愛されて、
お家の子になります。

ご準備を整えられて、今日正式にご契約。
そして卒業となりました。

里親様。

クックに出会ってくださってありがとうございました
何度もカフェに通ってくださりありがとうございました。
素敵なご縁を繋いでくださって、ありがとうございました。
本当に感謝しています。
これからのクックの未来を、どうぞよろしくお願い致します。

帰り際、
もう、お家の子です!
と言わんばかりの顔で、お嬢様の腕の中で納まっていました。


帰られてから送ってくださったメール。
シャンプーをしてもらって、可愛いリボンを付けてもらったクックが映っていました。

可愛い飼い犬の誕生です。
「クックとの時間を大切に過ごしていきたい」
そうお言葉を添えてくださっていました。


クッちゃん。
カフェは静かになって、ちょっと寂しくなったけど・・・(笑)
素敵なお母さんとお姉さんが出来たね。
今度の誕生日はケーキを買ってくれるそうだよ。

クックにとって、これからが本当の人生なんだから、
いっぱい可愛がってもらって、幸せに暮らしてね。
本当に本当におめでとう

今まで呼んでもらっていたからと
名前はそのままクックちゃんです。
そして行先は尼崎市です。

では。

スポンサーサイト