fc2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

04月« 2018年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2018年05月

バーナスくんの里親様が決まりました

こんばんは。
今日、アメリカンショートヘアーのバーナスくんの里親様が決まりました


バーナスはやんちゃ小僧のレオくんと同期。
2月16日にカフェにやって来ました。
繁殖引退猫です。


記録によると、千葉県印西での保護。
おそらく関東のペット博に行き、その後大阪に移動してきたと思います。
第一印象は・・・。
大人しくて、自己主張できなくて、不器用。
孤独な男の子でした。

ケージを開け放していてもケージから出れなくて、撫でてあげようと思って手を出したら逃げる。
側を通るだけで、走り去る。

人に慣れず、どちらかと言えば怖がっていたように思います。
あくまで私の想像ですが、ずっとケージ暮らしで外の世界は知らず
今まで楽しい思いなどなにもなかったようなその姿は、切なさを背負っていました。
ネコらしいといえばネコらしいのだと思います。
でも、まるで野良ちゃんと対峙しているような気持ちになりました。
レオくんとは対照的なので、余計にそう思ったのも知れません。

レオが卒業していき、新しく来たつぼみちゃんを見て、突如猛アタック。

一日中、昼夜問わずつぼみちゃんをケージの外で待ち続けました。
でも残念ながら、相手にされないどころか、攻撃される始末。
それでもつぼみちゃんをずっと見つめる姿は切なすぎでした。
つぼみちゃんの次は、つけまちゃん。
更に次のタビちゃんにも、完全無視をされていました。


同室のネコちゃんに拒否られていた姿。
食べるだけが楽しみで背中を丸めてご飯を食べる姿。

ネコ鍋に一日中寝ている姿がなんとも切な過ぎ。

不器用過ぎでした。

それでも、とっても可愛いバーナスです。




同室のネコちゃんが卒業して次のネコちゃんが来るまでの間
1人でお部屋貸し切りになると、のびのびしていました。


そして2か月を過ぎたころ、ボランティアさんと猫じゃらしにも遊ぶようになり、
朝と夜のお部屋解放時の行動範囲も、徐々に増えていきました。




里親様は1ヶ月ほど前にカフェに来てくださいました。
「バーナスくんを見に来ました」
とおっしゃれて・・・。
なかなか里親様が決まらないことをご存知でした。
でも他も探されているとのことで、その時はしばらく触れ合われてカフェを後にされました。

でも・・・確か2週間前の日曜日。
「ネットで見た、つけまちゃんを見送るバーナスの姿が切なくて・・・。」
bakiti001.jpg

そうおっしゃって再度来てくださったのです。

ネコちゃんを飼いたくて、保護猫を探されていた里親様ご夫婦。
その時はもうお気持ちはほぼ決まっておられるおようでした。
ただ、少しアレルギーがあるかもと検査をされた結果が翌火曜日に判明するとのこと。
そして、結果は大丈夫でしたとお電話をくださったのが水曜日の事でした。、

今日、カフェにお見えになり正式にご契約。
バーナスの既往症や体調のことも、ご理解くださいました。
遂にバーナスのお家が決まったのです。

人懐こいネコちゃんが多い中、バーナスはネコらしいネコ。
警戒心が強いことは珍しいことではありません。

ですが、人懐こいネコちゃんが人気なのに比べて、
バーナスのようなネコちゃんは、飼い猫に選んでもらえるハードルが高いのも事実です。

けれど、里親様はお留守もあるので、大人しいネコちゃんを探されていました。
バーナスに出会って、触れ合って、そしてバーナスくんがいいとおっしゃりおうちの子に選んでくださいました。
やっと飼い猫になれるバーナス。
本当に嬉しくて嬉しくて・・感無量です。

そして、「ご主人に少し似ているので・・・。」
そう言ってくださった奥様。
確かに寡黙なご主人に少し似ておられました(笑)


バーナスくんの卒業は、ご都合で来週火曜日の予定です。
そして行先は伊丹市。
新しいお名前も、もうお考えくださっていて・・・。
「よしのりくん」。
愛称「よっしー」になるそうですよ。

では。
スポンサーサイト