fc2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

04月« 2018年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2018年05月

ケンくん卒業しました

こんばんは。
今日、ロングコートチワワのケンが卒業しました


里親様は三田市から来てくださったご夫婦です。
昨年6月にダックスフンドを亡くされていて、たぶん今年の初め頃にカフェに来てくださっていました。
お席にお伺いしてお話をさせていただいた事を覚えていたのは・・・。
昨年11月に卒業したトイプードルのアイトくん(前ジェットくん)のご家族の奥様のご両親だったからです。
アイトくんはとてもご家族に可愛がってもらっていると、その時お話しくださっていました。


そして、その時カフェにいたカニヘンダックスのポッキーの事を気にかけられていました。

それから数ヶ月が経ったの先週日曜日に、再びご夫婦でカフェにお越しくださいました。
お聞きすると、ケンのことを気になって訪ねて来てくださったとのことでした。
ケンはお膝が大好きです。
いつもお気に入りのお膝を探していています。
この時、お気に入りのお膝を見つけたケンは、ご主人のお膝にスルスルっと乗っていきました。

ただ・・・。
ケンは噛みます。
川西に来た時、申送りには「唸ります」「噛むこともある」と書かれていました。
確かに来た当初はケージに手をいれると唸って噛んできたりしていました。
でもお膝が大好きなケンは、自らお膝を探し、選び、ベンチに登り、お膝の上に絶妙のバランスでちょこんと乗ります。


それはたったひとつの楽しみのようでした。
それを強制的に降ろそうと手をかけると、激しく唸り、噛みました。
人が好きなのに噛む。
いえ、人が好きだからその場所にいたくて、甘えたくて、それを邪魔されるから噛むのではないかと思いました。

間もなくケージに手を入れても噛まなくなりました。
朝ケージから出してもらえる手。
ご飯をもらえる手。
その手の意味を理解できていました。

でも、お膝の上からケンを下そうとすると、激しく唸り噛みました。

噛んだり唸ったりするには必ず理由が存在していると思います。
過去のトラウマを抱えたまま成長したと思われるケンが自分を主張できる、それはたった一つの抵抗。
何がケンにあったのだろう。
その手はケンにとって、とても嫌なものだったのだろう。
その手を敵視し、噛む以外の方法がケンにはなかったのだろう。
そう感じました。
そして更に、不特定多数のお客様が来る場所、そしてたくさんのワンちゃん達がいる場所は、ケンにとって神経が休まることが無かったのだと思いました。

あどけない顔立ちでとっても可愛いケン。

特に目は本当に可愛いです。
お膝にのっていてくつろぐケンをみていると、激しく唸って噛む姿は想像できません。
ケンを見に来てくださる方もいましたが、そのギャップが信じられなくて、
また余りの激しさになかなか里親様のお申し出までには至りませんでした。
でもスタッフを含め、たくさんの方がそんなケンを気にしてくださっていたことも、また事実です。

ですがその日、そんなケンの事や既往症などをご説明しても、里親様は動じることはありませんでした。
そんなケンを見ても、そんなケンだからこそなおさら優しく愛おし気にケンと触れ合ってくださいました。

またご主人のお膝にいたケンも、不思議なことに隣のお席から手をだされた奥様にあまり唸ったりすることはありませんでした。

その日はお決めにならずにカフェを後にされた里親様でしたが・・・。
昨日お電話をくださり、ケンをお家にお迎えしたいとお申し出くださったのです。
今日、お決めくださった理由を改めてお聞きすると・・・。
「お家に来て穏やかに暮らして欲しい」
ただ一言そう言ってくださいました。

結石がぎっしり膀胱に溜まっていて危険な状態だったケン。

片方が腫れていた睾丸。
背中に2つ腫瘍のようなものがありました。

だからカフェに来て3日目に手術。


また毛は首から下を短くバリカンで刈られていて、頭だけがロングコート。

心臓にも疾患(雑音GⅡ)があり、
構ってもらえなかった過去は一目瞭然でした。

でもケンはやっと運命のご家族に巡り合いました。
それは待ち望んだ穏やかな暮らし。
これからは里親様のお家でゆっくり人生を取り戻していって欲しいと思います。


ケンケン。
もうこれからは唸たり噛んだりする必要がないからね。
たった5歳でたくさん苦労を経験してきたけれど、
これからは優しい優しいご夫婦の元で、ゆっくりゆっくり人生を取り戻してね。
本当におめでとう
噛み噛みしたけれど、大好きだったよ~(笑)


里親様。
ケンの事をご理解くださり、お家に迎えてくださいまして、本当にありがとうございました。
噛んでも全然大丈夫です。
そう言ってくださったことが、どれほど心強かったことかわかりません。
ケンを思ってくださる深いお気持ちに心から感謝しています。
また、アイトくんと一緒に遊びに来てくださいね。
お待ちしています

そして帰られてからいただいたメールには・・・。
「おしっこもうんちもシートでできて優等生です。お散歩も楽しそうです。でも私たちが一番楽しいかも・・」
そうご報告くださいました。


そう言ってくださって、私のほうこそ何より嬉しく思います。
ありがとうございます。
おしっこもうんちはカフェではシートで出来なかったのに・・・。
ケン、やりましたネ(笑)

そしてケンに新しくつけてくださった名前は・・・。
「ハル」くん

穏やかに過ごしてもらえるようにと、沢山の候補の中から穏やかな響きの名前を付けてくださったそうです!


では。
スポンサーサイト