保護犬・保護猫カフェⓇ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

04月« 2018年05月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»06月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2018年05月

つけまちゃん、卒業しました

こんばんは。
今日夕方、スコティッシュフォールドのつけまちゃんの里親様が決まり、卒業しました


つけまちゃんは4月5日に川西にやって来た女の子です。
ペットショップ保護、6歳です。

ネコちゃんには珍しく、人見知りなし。
いえ、人大好きネコちゃんです。


最初ちょっとの間は警戒していたようですが、それも長くは続かなかったみたく・・・。
気が付くと、閉店後は私の半径1m以内で遊んでいました。

その後だんだん自由度が増し、
パソコンの近くをうろうろ。

椅子の上でごろごろ。

最後は、集計中の机の上でごろごろ。

仕事を邪魔しては、何度も下に降ろされました(笑)

猫らしく遊びも大好き。

抱っこも出来て、ナデナデも好きで、
自由も好きで、好きなように過ごしていました。

また抱っこするとか細い小っちゃな声で
「ミャ~ミャ~、うにゃうにゃ・・・」
可愛すぎる声。

適度な密着度。
適度な甘え方。
適度なかまってちゃん。

いわばネコ界の優等生。
そして愛されキャラでした。


里親様は先日日曜日に初めてカフェにお越しくださいました。
その時はご両親のためワンちゃんを探していらっしゃるとのことでした。
でもそこでつけまとの運命の出会いが待っていたのでした・・・。

里親様のおうちには昨年11月に21歳で虹の橋を渡ったねこちゃんがいたそうです。
カフェにはネコちゃんもいることをお知りになり、ネコ部屋を見ると・・・。
可愛いつけまちゃんがいて、ご家族にお見せになるためにお写真を撮られていた、と記憶しています。
それから帰られて3日経った今日、お昼過ぎにお電話をくださいました。
ご家族でお写真を見て、息子さんがつけまちゃんを気に入ったようなので、
今日息子さんを伴われてお越しくださる・・・とのお電話でした。

でも・・・。
つけまちゃんには既往症がたくさんあります。
腎臓や心臓。
特に、心臓についてはSAMという珍しい病気でした。
検査の結果、現在経過観察中。
そのことをエコーの画像でご説明しながらお伝えしました。

すると・・・。
「どんな子であっても病気のリスクはあります。大丈夫です」
と、返ってきたのは心強いお言葉。
それは、ネコちゃんの飼育経験からくるものだったかもしれません。
でも、その事実をご理解いただけたことは、やはり嬉しい、本当に嬉しい瞬間でした。


卒業写真を撮った後、ご用意くださっていたキャリーバッグにすんなりと入ったつけまちゃん。

あばれることなく、ちょっと不思議な顔をして卒業していきました。


里親様。
この度は素敵なご縁を繋いでくださり、本当にありがとうございました。

あの日、ネコ部屋に気づいてくださったことで、つけまちゃんの運命の扉が開きました。
その扉を開け、おうちの子に選んでくださり、心から感謝しています。
これからは天寿を全うするその日まで、ご家族に可愛がっていただければ幸いです。
また、時折お写真をお送りいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

そして帰られてから、お写真を送ってくださいました。

そこにはちょっとだけ緊張気味だけれど、やっぱりいつものつけまちゃんの姿が映っていました(笑)

車の中も静か。お家に着いたら探検しまくって・・・、ご飯も食べて落ち着いているそうです。
大物のつけまちゃん。
さすがです!

つけまちゃん。
これからが本当の暮らしが始まるね。
猫好きスタッフを虜にしたその器量と愛嬌で、これからはご家族に愛されて幸せにね。
短い間だけれど、つけまちゃんに出会えて良かったよ。
ありがとう。
そして、幸せにね~。

おめでとう

つけまちゃんの行先は豊中市。
名前はそのまま・・・。
つけまちゃんです

PS.またまた一人になったバーナスくん。
見送る姿はちょっと淋しそうでした。

バーナスくんにも、素敵なご縁が見つかりますように・・・。

では。
スポンサーサイト