保護犬・保護猫カフェⓇ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

03月« 2018年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2018年04月

つぼみちゃん、無事卒業しました

こんばんは。
今日、マンチカンのつぼみちゃんが無事卒業しました

tobomi009-1.jpg

お約束通り、開店一番で大学生の息子さんと一緒にお迎えに来てくださった里親様。
手には・・・・。
ギン・セニョの里親様がお迎えの時にお持ちになって以来、レオくんの里親様もお持ちになった、今や川西で流行しているスグレモノキャリーバッグをお持ちでした
tobomi010.jpg

どう生きていいかわからない。
どう振舞っていいのかわからない。
今までの環境はおそらくケージの中だけ。
広い場所は苦手でケージだと落ち着いていたつぼみ。
ケージから出して欲しいと鳴いたことはありませんでした。
tobomi008.jpg
それでも人は大好きで甘えん坊なつぼみ。
じっと目を見つめ逸らしませんでした。
抱っこも大好き。
今までたくさんのネコちゃんに出会ったけれど、これほど抱っこが好きなネコちゃんはとても稀なこと。
回り道を長い間してきたけれど、つぼみちゃんは、愛されるために生まれてきたんだなぁ。
そう思いました。
tobomi001.jpg


写真撮影の為にお入りいただいたネコちゃん部屋では、つぼみちゃんは息子さんのお膝でとっても甘えていました。
tobomi004.jpgtobomi003.jpgtobomi002.jpg

そして・・・。
今日帰られてから、メールをいただきました。
最初はお家を点検して、早速ご飯を食べてくれたつぼみちゃん。
「隅っこをさがしているようです」
とのことでした。
tobomi011.jpg

それから夕方にいただいたメールにはこう書かれていました。
「ずっと緊張しながら過ごしていました。少し寝て起きるを繰り返し、側に来ても触らせてくれることも無くて・・・」
でも・・・。
「5時間経ってやっと鳴きながら甘えて来てくれました」
と、息子さんのお膝でお休みしている画像を添付してくださいました。
tobomi007.jpg

つぼみちゃんの魅力はここからですからね。
もう大丈夫です!

以前飼っておられたポメラニアンのコロンちゃんを亡くされてから、心の底から笑顔になることはなかった里親様ご一家。
でも今日はご家族に笑顔が戻って来ました。
「つぼみのおかげで家族に笑顔の花が満開です」
そう書き添えてくださっていました。

SNSやネットが主流で、以前に比べて温かさが足りなくなりがちな世の中で、何の邪心もないワンちゃんやネコちゃんの温もりが優しさや笑顔を運んでくれる。
そして、亡くした淋しさから立ち直る元気を運んでくれるのもまた、ワンちゃんやネコちゃんの存在なのだと思います。

川西に来て出会ったご縁。
川西に来なければ出会ってなかったご縁。
そして、川西に来た夜のSNSで見つけてもらって、土曜日朝一番にカフェに会いに来てくださって繋がったご縁。
桜が満開の日に繋がったご縁でした。

tobomi006.jpg
里親様、カフェに来てくださり、つぼみをお家に迎えてくださって本当にありがとうございました。
また時折、お写真等お送りいただければ幸いです。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

tobomi005.jpg
だから・・・
つぼみちゃん、
いっぱい甘えて、いっぱいお膝で過ごして、
皆に可愛がってもらって、幸せにね。
おめでとう~

つぼみちゃんの行先は宝塚市です。
そして、名前はそのまま・・・。
「つぼみちゃん」です




ワンちゃんネコちゃんの寿命は人と比べ、とても短いです。
あくまで平均ですが、小型犬は14歳、猫は飼い猫で15歳と言われています。
今カフェにいる子達の平均年齢は約7歳。
ブリーダー保護のMダックスのツルちゃんは9歳、
oturu001.jpg
保健所保護のmix犬マリンちゃんは推定10歳です。
marin001.jpg

犬に生まれてきたけれど、飼い犬になったことがない子達。
猫に生まれてきたけれど、飼い猫になったことがない子達。
繁殖に使われ、自由のない生活を余儀なくされてきた子達。
また、捨てられ彷徨い、保健所に収監された子。
声帯を切られてしまった子。
今カフェにいる子達は、そんな過去を持っています。
それでも、人に懐き、人に寄り添う姿をみると、胸がいっぱいになります。

カフェは出会いの場。
私は頑張った子達だからこそ幸せになって欲しい。
そんな思いを強く持ち、カフェを開いています。
一頭でも多くのワンちゃんネコちゃん達に幸せが訪れますように・・・。
ぜひ一度、足をお運びいただければ幸いです。


では。


スポンサーサイト