FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

12月« 2018年01月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»02月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2018年01月

りぼんちゃん卒業しました

あけましておめでとうございます
今年はお天気に恵まれました穏やかなお正月でしたね。
昨年はお世話になり、ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、2018年戌年新年初の卒業は・・・・。
チワワのりぼんちゃんになりました

ribon016.jpg

里親様は年末営業最終日に、初めてカフェに来てくださったご家族です。
「実家でワンちゃんを飼ったことがありますが、今の家族でワンちゃんを飼うのは初めて。」
そう言ってくださっていました。

優しいお奥様と寡黙なご主人、可愛い息子さん。
温かな雰囲気を纏っていらっしゃるご家族でした。
最初、ご家族のお膝にりぼんちゃんを抱っこしていただきました。
その後少しだけ、ゆっくりお話しをさせていただきました。
ribon014.jpg
保護犬の事。
ブリーダーの事。
既往症の事。
頑張った過去がある子達だからこその未来。
そして、私たちの想い・・・。
真剣に耳を傾けてくださいました。

その後、他のワンちゃん達も順番にお膝に抱っこしてくださっていた里親様ご一家。
長いことお過ごしくださいましたが、その時ははっきりとお申し出にはならずカフェを後にされました。

ですが今日、開店と同時にカフェの戸が開き、再度ご家族で来てくださいました。
「りぼんちゃんが気になって」
そう口にされて・・・。

りぼんちゃんは年末12月28日に川西にやってきたロングコートチワワの女の子です。
保護して間もなかったせいか、移動や診察などの目まぐるしく変わる環境がおそらく初めて。
落ち着かないどころか、固まっていました。
床におろすとそのままフリーズ。
ribon012.jpg
ベッドにおいてあげても、そのままの状態でフリーズ。
でした。
ribon011.jpg
一方ケージの中だと少し動きます。
抱っこしても動かず、ご飯もみんなのように一気に食べることもなく、置いておくと朝完食している。
お水も飲んでる姿を見たこともなく、尻尾も下がったまま。
生まれてこのかた、ケージの中だけの生活だったからなのかなぁ・・・。
いつかフロアを走り回る時が来るのかなぁ。
尻尾を振る日が来るのかなぁ。
切ない気持ちになり、できるだけ落ち着いた環境に早く行かせてあげたい。
私たちの願いでした。

ribon013.jpg
でも可愛い顔立ちとくりくりおメメは「可愛い」そのもの。
トライカラーの毛並みは「美しさ」そのもの。
いつか笑ってくれる日が来て欲しい・・・。
そう思っていました。

その気持ちにまるで応えてくださるようかのように、再度カフェに来てくださった里親様ご一家。
今日お聞きしたところ・・・。
最初に来られた日の帰り、ご主人がこう言ってくださっていたそうです。
「りぼんちゃんの心を開いてあげたい。一緒に過ごしたい」

ribon015.jpg
優しく、お話ししやすい奥様の隣で多くを語られない寡黙なご主人でした。
でも私達の想いをご理解くださっていた・・・。
そのことが嬉しくて嬉しくて・・・。
言葉がすぐに出て来ませんでした。
もちろん、お家にお迎えくださる事に異論などありませんでした。

そして帰られてから、お写真とともにいただいたメール。
それを読ませていただいて、涙が溢れて来ました。

「たくさん抱っこさせていただいたワンちゃん達の中でも、やっぱり強烈に印象に残っているのが、一番最初に抱っこさせてもらったりぼんちゃん。目を合わせてくれないのは理由があるはず。どんな過去があったかは分からないけれど、家族になってりぼんちゃんのたくさんの変化や喜びを一緒に共有していきたいと思っている・・・。」とご主人が初めて来てくださった日の帰りのお車の中でそう話してくださったとのこと。
それは、同時に奥様もお感じになっていたそうで、ご夫婦の想いはりぼんちゃんを一目見た時から同じだったとのこと。
そして、りぼんちゃんの歩んでいた過去も全て含めて、今、未来を愛情いっぱいに育てていきます。
そう、書いてくださっていました。
(里親様、どうか無断掲載お許しください。)
ribon019.jpg
ribon022.jpg
ribon023.jpg
(↑家中の臭いを嗅いだり鼻でカーペットをめくったりして、そのうち伸びをして寝てしまったそうです。もしかして大物かも(笑))

里親様。
カフェに来てくださり、リボンちゃんに出会ってくださってありがとうございました。
沢山いるワンちゃんのなかで、りぼんちゃんだけが見えたこと・・・。
それはきっと出会うべくして出会ったご縁。
リボンちゃんが待っていた赤い糸が、時を経てやっと繋がったのだと思います。
私自身、本当に嬉しい瞬間でした。
ribon017.jpg
これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。
また落ち着いたころ、ぜひりぼんちゃんと遊びに来てくださいね~。

ribon0010.jpg
りぼんちゃん、おめでとうね。
強い味方が3人も出来たね。
しかも最強!
これからの未来を、幸せに暮らしてね。
ほんとにおめでとう

りぼんちゃんの行先は川西市。
そして、りぼんちゃんの名前は・・・。
ありのままのりぼんちゃんで、と、そのまま
「リボンちゃん」です


では。また。
スポンサーサイト