FC2ブログ

保護犬・保護猫カフェ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

10月« 2017年11月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»12月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2017年11月

フルポンくん無事卒業しました

こんばんは。
愛すべきヤンキーおじさん、猫ベンガルのフルポンくん、今夜無事卒業しました

furupon054.jpg

里親様がご夫婦でお迎えに来てくださいました。
営業時間を少し過ぎていましたので、お見送りは2人だけでしたが、
里親様が持ってきてくださったキャリーに自ら入り、ゴキゲンなご様子で元気に卒業していきました。
furupon067.jpg

スタッフのみんなに本当に愛されたフルポンくん。
愛された理由や魅力を一言で語ることは難しいです。
ワイルドとキュート。
やんちゃぶりとひょうきんさ。
強面のくせにへっぴり腰とヘタレぶり。
強そうで実は弱い。

皆にいただくチュール。
最初は食べたくて焦って袋ごと食べていたけれど、やっと落ち着いて食べれるようになったフルポン。
furupon066.jpg

食い気満々でご飯を用意している手を押しのけて食べてしまうこと。
furupon062.jpg
夜な夜なあちこちを探検して、結局キャットフードの棚に・・・。
furupon061.jpg
叱られても叱られても何度もガサゴソガサゴソ・・・。
furupon057.jpg
気がつけば袋には大きな穴が・・・(笑)
furupon072.jpg

そして甘えたで淋しがり。
などなど・・・。
挙げればキリがありません。

その全てが新鮮で可愛くてたまらなくて。

その全ての魅力に気づいてくださった里親様。
帰られてからいただいたメールの中の一言をご紹介させていただきますね。
「最初にフルポンを見て感じた「何か」を追い求めて良かったです」
そう書いてくださっていたのです。
(里親様、無断引用をお許しくださいです)
里親様は短い期間でそのことに気づいてくださっていた。
それがとてもとても嬉しくて・・・
気が付けば涙が溢れていました。

赤い糸があるとしたら、それは運命。
今まで辿った道は、里親様と出会うためのエピローグに過ぎないと思うのです。
ご友人からのSNSが回ってこなければ繋がっていない糸。
会いに来てくださらなければ繋がらなかった糸。

furupon068.jpg
里親様。
赤い糸を繋いでくださって、本当にありがとうございました。
やんちゃなフルポンくんを可愛いと言ってくださってありがとうございました。
暖かなお二人の元で、穏やかに季節を重ねていって欲しいと心から願っています。
また、時折お写真などお送りいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

帰られてから送ってくださったメールに添付していただいたフルポンくんの様子です。
furupon069.jpg
最初はソファの下に潜っていたようですが・・・。
チュールに釣られて出てきてしまったフルポン。
まんまと術中にハマっています(笑)
その後調子が出てきて、遊びだしたようです・・・( ̄m ̄〃)ぷぷっ!
furupon071.jpg
furupon070.jpg
さすがフルポン!
もう安心ですね

furupon058.jpg
フルポン、良かったね。
もう一人じゃないよ。
ずーーと一緒にいてくれる家族ができたんだから、
食べ過ぎに注意して元気で長生きしてね。
そして、カフェの皆に笑いをありがとう!
大好きだったよ~。

furupon055.jpg
フルポンの行先は西宮市です。
そして、名前はそのまま・・・。
「フルポンくん」です

ではまた。
スポンサーサイト