保護犬・保護猫カフェⓇ 川西店

保護犬・保護猫ちゃん達の新しい家族を探しています!

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2017年10月

チェリーちゃん、わちゃちゃん卒業しました。

こんにちは。
昨日、ポメラニアンのチェリーちゃんと、チワワのわちゃちゃんにご縁があり、卒業しました

チェリーちゃん
cherry014.jpg
里親様は昨日、ご家族でカフェに来てくださいました。
以前飼っておられたワンちゃんを今年亡くされ、その後一度カフェに来てくださった事があったそうです。
でも、そのワンちゃんは病気で寿命まで届かずに亡くなってしまったため、その時はまだ新しいワンちゃんを迎えるお気持ちが整っていらっしゃいませんでした。
でも・・・。
昨日、ご主人とお嬢様を連れてカフェに来てくださいました。
そしてチェリーと出会ってくださいました。
cerry016.jpg

亡くなったワンちゃんはポメとチワワのMIX犬。
その面影をチェリーに見つけてくださったのでしょうか。
チェリーの既往症に加え、ブリーダー犬として辿って来たであろう経緯をお話しをさせていだくと、
「残りの人生を幸せにしてあげたい」
そうおっしゃって、チェリーを抱きしめてくださったのです。
そして、ご主人もご同意くださいました。

チェリーちゃんは先週の木曜日の夜カフェにやって来ました。
性格良し、器量良し。
cherry011.jpg
最初っから人懐こくて、名前を呼ぶとこちらを向いてくれました。
なでなですると、お腹だってみせてくれます。
cherry010.jpg
抱っこも大好きです。
ご飯もちゃんと食べてくれて、おやつも大好き。
本当に可愛いワンちゃんです。
ただ・・・。
毛がパサパサでした。
毛量も少なくて、栄養状態があまり良くないように思いました。

そう里親様にお伝えすると、
「大丈夫です。任せてください」
そう力強く言ってくださいました。

cherry012.jpg
前のワンちゃんも、色んなところの連れて行ってあげたそうです。
チェリーちゃんも
「いっぱい色んな所へ連れて行ってあげてもいいですか?」
そう言ってくださいました。
もちろんでした。
いままでおそらく閉ざされた空間の中だけで生きてきたであろうチェリーちゃん。
ご趣味のお寺巡りに、これからはチェリーちゃんを同行してくださるそうです。

犬として生まれて来た楽しみを知らずに過ごして来た過去。
それを、帳消しにするくらいの幸せを、ぜひお願いします。
そう、お伝えさせていただきました。

cherry015.jpg
里親様。
チェリーを見つけてくださり、お家に迎えてくださって本当にありがとうございました。
チェリーの残りを幸せにしてあげたい・・・。
そう言ってくださった事、本当に本当に嬉しかったです。
これからのチェリーちゃんをどうぞよろしくお願いいたします。

チェリーちゃんの名前は、
変わらず 「チェリーちゃん」 になりました。
呼ぶと答えてくれるので、チェリーのままで・・・。
そう言ってくださいました。
そして、行先は川西市です。

cherry013.jpg
チェリー、おめでとう
元気で幸せにね。
また遊びに来てね~


わちゃちゃん
wacha015.jpg
里親様は今日初めてカフェに来てくださったご家族です。
朝一番でお孫さんと一緒にカフェに来てくださいました。
前から一度カフェに来たかったそうで、運動会の代休なので、やっと来れました・・。
そう言って少しお話をさせていただきました。

以前、雑種犬を2頭飼っておられたそうです。
「最期は病気で介護をして見送りました」
17歳まで長生きだったワンちゃん達を見送ったご経験がありました。

楽しそうにワンちゃんと過ごしてくださっていたお孫さん。
おじいちゃんが待っているからと、カフェを後にされたのは、来られて1~2時間を過ぎた頃だったと思います。
そして、チェリーちゃんの里親様が決まり、ご契約と卒業を終えて一息ついたころ・・・。
再び、今度は里親様とお孫さん、おじいちゃん(まだお若いのにすみません^^;)と一緒に戻って来られました。
「どうしてもわちゃちゃんを飼いたいと言うので・・・」
そう入口に立たれていたのです。

wacha013.jpg
わちゃは7歳。
来た日はちょっと震えていました。
いままでの環境と違うところに来て、怖かったのだと思います。
でも、少しすると慣れてコロコロわちゃわちゃ。
wacha011.jpg
wacha010.jpg
フロアでも抱っこしてもらいたくて、足に手をかけたりと、走り回っていました。

こんなに可愛いわちゃがお孫さんの目に留まり、そしていったん帰られてから、どうしてもわちゃを引取りたい・・・。
そう懇願されて再度ご主人も一緒にカフェに来てくださったのです。
もちろん、お孫さんのお母様にも同意を取ってくださってのご来店でした。
命を預かることの責任と大切さを何度も何度もお孫さんに確認された里親様。
そのお孫さんの意志は固く、
「大丈夫」を繰り返していました。

こんなに望まれて、懇願されていくわちゃ。
幸せにならないはずはありません。
そう確信した私は、お嬢様と約束をしました。
何があっても、絶対守って欲しい。
そうお願いしました。
何度も頷いてくれたお孫さんでした。
wacha014.jpg
わちゃを抱っこしているお孫さんは、本当に嬉しそうでした。

wacha016.jpg
里親様、わちゃをお家にお迎えしてくださって本当にありがとうございました。
また、ぜひワチャと一緒にカフェに遊びに来てくださいです。

わちゃ、おめでとう
wacha012.jpg
お友達、いえお姉ちゃんが出来たよ。
良かったね。
お膝を探しながらフロアをもうウロウロしなくてもいいね。
専用のお膝でこれから楽しく幸せにね。

わちゃの名前はそのまま。。。
「わちゃ」 になりました。
ブリーダー時代からついていた名前のようなので、引き継いでくださいました。
そして行先は・・・。
豊中市です。

wacha009.jpg
わちゃ、またね~。


それから、先週金曜日に卒業したリンダちゃん。
rinda019.jpg
新しい名前は・・・。
「とうふちゃん」 になりました。
ふわふわっのイメージでつけてくださったようですよ
里親様、ありがとうございました。

ではまた。

スポンサーサイト